無料ブログはココログ

« 中国の社会保障制度(6)               全省で普及した最低生活保障制度 | トップページ | 医療と統計学 - 海外での日本人死亡が過去最高数に »

2011年6月22日 (水)

新茶歌仙 しおり花前句、花句ともに回文です

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘         姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて     沢 都
  明治に学ぶ父の帳面       中島 倶
満月は眠らぬ街を通り過ぎ    青翠えめ
  日本列島風が身に入む      八山呆夢

射抜かれし林檎の行方見失ふ       山下整子  
  おむすびころりん欲張っちゃだめ  竹橋乙四郎  
夕暮の指やはらかき三毛の猫       都 
  着信音は『恋のフーガ』で       八山呆夢 
遅遅早・遅遅遅遅・遅早遅         恭子  
  もうじき上がる欄干(おばしま)の雨  都    
寒月の下に黙せり地震(なゐ)の塔婆   倶   
 おとなくるま座夜咄が暖       整子  
バーガー屋深海ブルーの椅子ありぬ   神崎さくら 
 愉快な河馬と儚い粥          ぽぽな  
老い門のいま花は舞い長閑庵(いお) 乙四郎    
                            春 

春の短句をおねがいいたします。おりはし句。

« 中国の社会保障制度(6)               全省で普及した最低生活保障制度 | トップページ | 医療と統計学 - 海外での日本人死亡が過去最高数に »

コメント

おりはし句

東をどりの取りを勤めむ

春塵掃ひ磨く文鎮

 種を浸して田打ち畔塗り

はい、あえて、季語三つで。笑

 緑化週間樹の苗を買ふ

ぽぽなさ~ん!
おげんきですか。
かささぎ、勝手に無断引用してしまいました。
ぽぽなさんの回文迷宮の過去の作品をピックアップして紹介してくれたのは、竹橋乙四郎さんです。
そのなかから、短句風のおもしろい句をいただきました。いいでしょうか?かばとおかゆのとりあわせが、新鮮です。なんとなく、かばのぴんく色の肌と水の中からあらわれるときの羞恥心(笑)みたいな奥ゆかしさをかんじる。つぎの花句への回路がちゃんと開けている句だと感じました。
前句にバーガー屋があり、すぐまたおかゆが出るのは気になりません。

ふつう、おりはし句は前句によりそい、それから次の面への橋渡しをする役なので、どこかに大きな揺れや波瀾を呼び込むにおいがあります。
その視点でみますと、

東をどりの取りを務めむ  ぼん

これ。都をどりではなく、東踊り。江戸っ子芸者のばばあが、いけない、姐さんが、とりのまいをまう。
一度もみたことないけど、なんかさ、すごくいいです。前句ともつかずはなれず。ゆとりの一句。風格がただよう。そのひとのかおのしわ、法令線までがはっきりみえるようだ。あ、三味線を弾いている。正座の足がいたくてもじいっと崩さずに。

えめさんのほこりをはらう句もよくついていました。
前句との関係が発句と脇みたいで自然です。
せいこさんの農作業句だと画面がひきしまるが、浸すという詞とカバが通いそう。

バーガー屋深海ブルーの椅子ありぬ   神崎さくら 愉快な河馬と儚い粥          ぽぽな  
老い門のいま花は舞い長閑庵(いお) 乙四郎
 東をどりの取りを務めむ        呆夢

さあ、ようやく、二の折に入ります。
おったて句をください。
春の発句風の。
どなたでもどうぞ。

  

秘やかに生ひ立つ蝌蚪の紐うごく

何か障ってませんかね。

あ~ かっぱさんが出たばかりでした。
何で出したあとに気がつくんでしょう。 
すみません。

あらら 二重事故

かばですね。

>ぽぽなさんの回文迷宮の過去の作品をピックアップして紹介してくれたのは、竹橋乙四郎さんです。

「回文迷宮」ブログでは、前月の投句の中から指名選者が優秀作品を抄出するという運営をされており、抄出作品はどれも傑作です。
ぽぽなさんの投句は完成度が高いものばかりで、ほとんどが抄出されておりピックアップは容易だったのですが、愉快な河馬は選に漏れて埋もれていたものを発掘したものです。
回文は、時間をかけて作る割には、自分の作品を覚えていないものです。自分で作る、というより、たまたま着想した「言葉」に作らされる、という微妙な主体性のせいかも知れません。
そういうわけで、愉快な河馬はご当人も忘れられている可能性があります。2009年11月の作品でした。
なお、愉快な河馬と儚い粥は(七、六)の字足らずです。これを連句へ引用するのはぽぽなさんの美意識と価値観に反するかもしれません。
また、河馬の「バ」が「儚い」の「ハ」に濁清転位しているのは、回文ルールとしては許されているものの、ぽぽな作品では少ないので、ぽぽなさんの美学に反している可能性があります。

ぽぽなさん、許していただけますでしょうか?

花句
検索約306,000,000件中、2位でした。
なんででしょう。
あ、そうか。ぽぽなさんの人気かもね。

花句約180,000,000件中2位だった。
すげえびっくり。
3位は↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新茶歌仙 しおり花前句、花句ともに回文です:

« 中国の社会保障制度(6)               全省で普及した最低生活保障制度 | トップページ | 医療と統計学 - 海外での日本人死亡が過去最高数に »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31