無料ブログはココログ

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(23)             医療と統計学 静かな津波シミュレーション | トップページ | アクセス解析 五月上半期 »

2011年5月19日 (木)

「雲ひとつなき」  ぽぽなさんの発句に脇をつけました。選句をして第三をつけてください。

青空に雲ひとつなき新茶かな   月野ぽぽな

  都の人と聴ける老鶯       姫野恭子
  山の日のさす野いばらの道 
  ところどころに茨咲く丘
  畑の隙(ひま)に茨咲く丘  

日本へ帰る支度で慌しいぽぽなさんから、一句いただきました。
わき、つけました。
いばら。
今年たいそう心うばわれた花です。

職場のある小山のあちこちに自生しています。

余りに可憐で手をのばして一輪とろうとすると、棘が刺さりました。

与謝蕪村に

愁ひつつ丘に登れば花茨

の句があります。

鶯の鳴くやちいさき口開けて  蕪村

というような句もあります。

うぐいすが、行きに帰りにきれいな声でなくのです。
だんだん緊りのいい声になっていきます。

では、第三。
発句、脇が夏ですから、三句目は雑、季語はいりません。

て、にて、に、もなし、らん

のうちのどれかで句を留めてください。
それが第三句目の形です。
たいがいが「て止め」です。

脇句、どうか選句をなさって、それにおつけください。
おもてですから、強い印象を残すもの、不吉なもの、恋、無常、述懐、地名人名などは禁忌です。格調高い句をお願いいたします。なお、第三のむかいに五句目がきますが、五句目で秋の月をよむ予定です。ですから、光りものや天象はお出しにならないでください。
という視線で脇をみますと、二つ目の山の日のさす・・・はあまりいい選択ではないですね。月と日が同じ面にくるのは・・・

(歌仙まきはじめ平成23年5月17日)

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(23)             医療と統計学 静かな津波シミュレーション | トップページ | アクセス解析 五月上半期 »

コメント

選句

都の人と聴ける老鶯

収穫の喜び籠に表れて

畑の隙(ひま)に茨咲く丘
漕ぐを止むカゴに着信音のして

青空に雲ひとつなき新茶かな
ところどころに茨咲く丘
櫂をさし急流下りわけもなし

ぼん、発句にもどっていますよ。籠に収穫するのがお茶だよ、こういう付は「三句がらみ」といいます。
乙四郎。飛躍しすぎです。漕ぐってんだから、舟でしょうが、そこまで省略したらやりすぎでは。前句をきっちりうけたほうがいいところ、少し離れなければいけないところありまして、ここは後者ですが、疎句としては略しすぎ、句としてひとりだちできないように感じる。ひとりだちの意味は、一句のみの鑑賞ができかねるって意味です。景としてはよくみえます。舟から見えているのですね、茶畑の段丘が。
ぼんとおなじで、籠は片仮名のカゴでたぶんびくのことかな、でも、茶摘みカゴまで連想してしまいます。なぜなら、これも労働の句だとおもえるから。

ぽぽなさんの句は、茶畑句とは限りませんが、青空の下の茶摘み風景まで内包します。うれいなどひとつもない、そんなすっきりとした五月のお茶のさわやかな心象風景をよまれている。

転じるというのは、むずかしいものであります。

えめさん
櫂をさし、の櫂は漕ぐ竿のことですね、急流下り、球磨川などを連想します、そんで、わけもなし、ときましたか。
わけもなし、というのは、楽々だという意味なんだろうか?思ったほど大変でもなく、べつにどうということもなかったよ、といういみかな。
一度芭蕉七部集で集計とりました。「もなしどめ」ってのをさがした、ひとつもなかった。
それほど難しい留め方なんでしょうね。
ついでに、櫂と櫓の違いをしらべました。
かいはさんねん、ろはみつき。っていうらしい。
わからなかった。なまえはりつけました。

お邪魔してもよろしいでしょうか。
やはり、「かささぎの旗」の連句は私にとって拠り所となっているようです。とても勉強になります。
勝手ばかりで申し訳ございません。

都の人と聴ける老鶯
すずやかに違う鼓動を耳にして

省略しすぎで伝わらない見本を示してしまいました。

漕ぐ、は(自転車を)漕ぐ
カゴ、は(自転車の)カゴ

でした。自転車のカゴに放り込んでた携帯が鳴ったので自転車を停めた光景をイメージしてました。

ところどころに茨咲く丘

ラジオ局曲がれば毛虫降ってくる 宙虫


来月は行けないようです。すんません。

ラジオ局曲がれば午後の波立って

きごなしだったげな

すみません。私も すずやかを入れてました。
全部取り消します。

乙句の読みは、私のほうが正しかった。・・・と、自慢している場合じゃない。茶摘を知らなさ過ぎますね。出直します。

未確認飛行物体遠のいて

これも空につきすぎですかね。

放射能 帽子とマスク 気休めに

乙さんも自転者のらっしゃるとですか?
さっき帽子にマスクして杉並縦断して自転車で帰宅したもんですから。
テレビで見て最小限帽子とマスクぐらいはしたほうがいいらしいよ、、、、って連れ合いが言うものですから、素直に実行してるんですが、言った本人は絶対しません。

恭子さま、れぎおんと新茶お送り下さいまして有難うございました。

長崎原爆の俳句投稿へのお誘いも頂きました。

ラジオ局曲がれば路地に波見えて

↑修正

みなさま、どうもありがとうございます。
そらんさん、訂正句もありがとう。
今度の座は古賀邸の新築祝いを兼ねるので、ちょっとご遠慮なさりたいお気持ちは重々わかります。だけどね。べつにきばったことはしてくれるなとつたえてありますし、らんさんもそうするっていってたし、いつもの連句会とおなじこころをもってきてくださればよいのですじゃ。鯛や酒をさげてこなくてもいいっちゃ。身一つできてくれれば。と、そう思っていましたが。すんまへん。ことばたらずで。

ひよこさん、中島ともさん、いつもとっても印象的な句をありがとうございます。なぜかわたしはあなたの句に弱い傾向がある。なぜだろうとおもってみた、それはたぶん、時代性。失礼かもしれませんが、さくらさんより年上の年代のひとたちが身に着けておられる品格のようなもの、それが自然と句に備わっていて、それがいつも感じられるのです。まさに文は人なり、句は人なり、であります。
すずやかに、は、夏でしたか。そらんさんの毛虫も夏でしたか。
夏が三つ続いても問題はありません、式目違反ではありません。
でも、もう少しまってください。
せいこさんがでていないし、もう少し待ちたい人もいますので。
乙四郎さんの句が自転車だったとは想像もしませんでした。たまたまぼんさん、おつしろうさん、えめさんの三人の句がでていましたが、その三つが連句的に連結していたのがとってもおかしかった。
ぼんの句のカゴが乙四郎の句にあり、そこからえめさんの櫂さばきの句がでたようにかんじられた。ちがうのだけどね。そういうふしぎなところがあるよね。

さくらさん。放射能から離れてくださいな。笑。
せめてオモテロックのあいだだけは。
分類したら、放射能はなにに入るかな。
病態に近いのでは。あるいは悪魔。
だけどもさ。放射線治療の場合は救い主。
わけわからんけん。

はい、はい、過激なのはダメって後で知りました。

お早うございます。
コメントうれしいです。有難うございます。

第3句目はいろいろきまりがあるので気をつけなければいけないと思いつつ…
自分だけでなく皆さんの句でもとても、いい勉強になります。皆さんよろしくお願いします。

ひよこさんのそういうところ。そういうところです。
いま、私は職場でいつもしかられています。
くちごたえをしない。いいわけをしない。と。
にがわらいすると、「わらったらいけないでしょう?」
ときます。笑。
にげばしょがどこにもないのです。
なのにかささぎは心中にたにたしてるよ。

さくらさんじゃないけど、これが年の功っていうのでしょね。いいのかわるいのか。

さくらさん。
「はいは一回でいい。」ともいわれましたよ。笑。
こどものときに、いわれませんでしたか?とダメ押しまで。苦笑以外になにがあるだよ。まったくう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(23)             医療と統計学 静かな津波シミュレーション | トップページ | アクセス解析 五月上半期 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29