無料ブログはココログ

« 山下家の庭 平成23年晩春 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(17)          病院医療従事者の負担軽減 »

2011年5月 5日 (木)

小出助教にまなぶ瀬戸際の現実

http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/hiroshima_nagasaki/fukushima/20110327.html

小出助教へのインタビュー記事、今夜はこの三回分をよみました。

よめばよむほど、政府には怒りがこみ上げる。

ことに、この部分。

―B:余裕もない?

 はい。ただ、隠している情報もあるんですよ。昨日だったかな、一昨日だったかな、はじめて「SPEEDI」という放射能影響予測評価シュミレーションのデータが出て来ましたよ。』

「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について」と題する3月23日付内閣府・原子力安全委員会発表のプレスリリース(<http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf>)を参照のこと。

あんなもの、今出してどうするんだ。あれは事故が起きたら刻々と公表して、放射能がどっちへ流れていっているかを知って、対策を取るためのものだった、わけですよ。
 
 それを事故が起きて2週間もたって、「こうでした」なんて云っても意味ないわけです。彼らはそのためにほぼ20年近い時間をかけて研究してきたわけです。時間をかけて、厖大なお金をかけて作ってきて、今使わなければ一体いつ使う(声が裏返っている)のかというようなものなのに、それをずーっと秘密にして口をつぐんでここまで来ている。』

―C:もうオーストラリア気象庁とか他の国はインターネットで予測を公表している・・・。

 そうですよ。どんどん流しているのに、日本の「SPEEDI」だけがデータを公表しないまま、来た。ホントに情けない連中だと私は思います。』

―C:本当に一言もないですね、その批判には。

 ええ、本当に悲しい国ですよ。』

« 山下家の庭 平成23年晩春 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(17)          病院医療従事者の負担軽減 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/39864884

この記事へのトラックバック一覧です: 小出助教にまなぶ瀬戸際の現実:

« 山下家の庭 平成23年晩春 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(17)          病院医療従事者の負担軽減 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30