無料ブログはココログ

« 東妙寺らんの俳句~俳句誌『樹(たちき)』より | トップページ | ノルウェー王国の社会保障制度               日本と同じ皆保険制度 »

2011年5月 1日 (日)

東日本大震災をよむ (1)  「樹」の俳句

地震禍で消えし街並氷雨降る    宮川三保子
氷雨降る瓦礫に残る親子犬

麦青む被爆の国の被曝者たち    瀧 春樹
洋館も舎宅も瓦礫目刺焼く      
被曝地に咲いて菫はスミレかな

画面から溢れる津波只見ている   太田一明
少なくてごめんね義捐金入れる

津波後の日本半壊涅槃西風     依田しず子
春の日があまねく注ぐ津波後(あと)

山河喪失慟哭の犬ふぐり        林 照代
雪が降る被災地に嗚呼雪が降る

鈍痛の張りつく壁よ春の地震      堀井芙佐子
春怒涛千変万化のごとくなり

震災の爪あと今朝のやぶ椿       魚返サツ子
大津波風に狂いし春の雪

« 東妙寺らんの俳句~俳句誌『樹(たちき)』より | トップページ | ノルウェー王国の社会保障制度               日本と同じ皆保険制度 »

コメント

山河喪失慟哭の犬ふぐり        林 照代
鈍痛の張りつく壁よ春の地震      堀井芙紗子

俳句でも時事句というのが読めるんですね。
短歌の専売特許かと思ってた。

わたくし的には、この二句をいただきます。

画面から溢れる津波只見ている  太田一明

これも。まったくその通り。

堀井芙紗子さんは瀧春樹の奥さんですが、瀧先生より上かもしれない、と感じるときがあります。
柔よく剛を制す、その柔。
鈍痛のはりつく壁、ということばで、あの津波のすさまじい力をまざまざとおもいうかべることができる。また、春怒涛句も波だけに的をしぼって出色。

川幅の中に川ある寒さかな   芙紗子

忘れがたい句であり、女歌です。

むすめが今かえりました。
今日すみよし神社に結婚の報告にいくそうです。
大安吉日。
黄砂はふるけど街はにぎわっているのでしょう。

川柳です
「よく起こる あってはならぬ 想定外」

想定外ではなく、想定拒否というのもあるらしい。

結婚した日というのは、婚姻届が受理された日のことでしょうか?
それとも挙式日でしょうか?
式をしない人たちもいるし、やはり婚姻届を出しに行った日なのでしょうね。
むすめはぐうたらにみえて、(顔濃いし、昨日はわざと絵の具で汚したようなマイクロミニはいていた、年幾つだ。まさかあの恰好で神社いったんじゃあるまいな)地道で堅実な生活を送っている。
三十までに結婚したかったなんて、ふつうの女の子だったんだね。
しないのかとおもっていました。

私の場合3つあります。婚姻届を出した日→新婚旅行に行った日→結婚式をした日。当時は、順番が違うと批判する人もいたな。
婚姻届が一番早いのは、扶養手当を2ヶ月分早くもらうため。セコさでは誰にも負けぬ。それに結婚記念日忘れても誤魔化せる。
ホントは結婚式・披露宴などしたくなかったんだけどね。その点うちの姉は立派、もし親からちゃんとせんといかんと言われたら、いっぺん離婚届出して…と考えていたらしい。その男勝りの性格を受け継ぎたかった。幸い今入院中の父は、そういう格式ばったことはどうでも良いと思ってる人で、いやはや、性格的に姉は父に似て、弟は母に似て、私は隣のおじさんに、ちゃうちゃう、大洪水の時に拾われて…これは私の年代のほとんどが言われた冗談で、顔と声だけはイヤでもオヤジに似とる。
てなわけで、明日からまたしばらく、久留米にカムバック。

てことはたいがい結婚記念日といえば挙式した日をさすのですかねえ。

こんなよふけにおきだしてなにしているときかれたら。労働で疲れて早く眠ったら翌朝の早出が眠りの中でもきになってこんなに早く目がさめました。
今ねむったら、もうおきれない。ごくろうなこってす。

おはようございます。
ろいりさん、ひめさん、おつかれさまです。
連休、今日から日曜日まで3日間ってとこも今年は多いみたい。
今朝はこの03:03に感動☆ 偶然に数字が揃うの好きよ。
で、そのご起きてたですか? 今日もお気をつけて^^

おはよう。
今日から彦さんも出勤です。(息子は8日まで9連休中)
結婚記念日>>
実は私もろいりさんと同じで3回あります。「つっこんじんさんが西へ回るので、16日までに」と言う義母の言葉に従い、二人だけで仏前で。入籍は21日で披露は23日。
子どもたちには23日と言っております。

つっこんじん>>ぼんさん、わが家も義母のおたっしで建てた新居のわが家に3ヶ月待って入居しました(5月→8月@@)しかも8月・引越し日に義父が心筋梗塞で倒れて大変でした

こんにちは!
はじめまして!
今、デジブックで大震災の作品を作っているのですが、いろいろお伺いしているとき、ここにたどり着きました。是非、私の花の写真にここに掲載の俳句を載せさせていただけないでしょうか。
皆さんにこのすばらしい俳句を知って欲しいです。
宜しくお願いいたします。
    廣江重臣

廣江重臣様、
お立ち寄りくださり、ありがとうございました。
さてさっそくでございますが、ここにアップしました作品はかささぎの旗がかつて所属していた俳誌より敬意をもって引用をさせていただいたものでございます。お目にとめていただいたのは大変にありがたいことでございますが、かささぎの旗からの引用はご辞退申し上げます。作者たちの了解も得ぬままの転載なのです。ですから、一切責任を負えませんので、どうかその辺のところをお察しください。
申し訳ないのですが、どうぞ気を悪くなさらないでいただきたいと思います。あしからず。

おはようございます。
残念ですが、あきらめます。
ありがとうございます。

おはようございます。
残念ですが、あきらめます。
ありがとうございます。

すみません。
みなさま、ごめんなさい。

ところで。ぼんさん、えめさん。
つっこんじんさん。というのはなあに?
しらないので、おしえてください。

私は何も知らないのです。ごめんなさい。神様の事、言われるままです。

うしとらのこんじんさんのことでしょうか。
ファンでもあった太田龍さんもちらりとでてきます。

こんにちは
つっこんじん>>義母から何百回と聞かされたけど続く話が話が毎度の親戚の悪口だったので真剣に聞かないままのうろ覚えですが、
>>1月、3月、5月、9月に神様が真北にいらっしゃいます。 時計回りに動かれるので神様が完全にその場所から過ぎてから行事ごとや引越しなどを行わないといけないとか。神様は「三月(みつき)待たれんか」と言われるので3ヶ月待つことを守らないとバチがあたるとか。みつき過ぎると神様は東にいらっしゃるからいいんだって。

えめさん、詳しいご説明、おありがとうござんす。
あきのかた、という方でしょうかね。
つっこんじんさん、の「つっ」ってのは接頭語でしょうか?つっかかってくる、の「つっ」だろうかなあ。
途中からいつも愚痴だったので話をきいていなかった。ってのが笑えた。
あのね。うちの長男とばあちゃん、この世でこんなに不仲なものはない。ってくらい、いっつも互いにつっかかっていがみあっている。私からいわせればどっちもどっち。顔見ればののしりあっている。やれやれ。よくもあきないことで。あきのかたに頼まねば。

こんばんわ
>>ののしりあいって、息の合う漫才コンビみたいに丁々発止じゃないと続かないので息子さんとおばあちゃんはすばらしいコンビだと思います♪
普通はうまいとこ返せませんし続きません。どちらかが合わせて我慢することになりますからね。愛と血が通ってるってことかも(^_-)-☆

えめさん、みごとなフォローをありがとうございます。
みっともなくいぎたなくくらしておりまする。
もうね、とってもいそがしくて、でも低賃金肉体労働のわりにはみなさんプロ意識がすごくて、あたしはいつも学習させられています。たまごの扱いひとつとってもすんごいふくざつですねえ。びっくりしました。割る角がきまっておるのだぞ!うやうやしくおしいただいて一礼してたまごさんたちを割るのです。殻は丁重にいんぎんにビニールに入れてしばって埋葬するのです。ははは。

ところで、結婚記念日、わたしは届を出した日とおもう、という人、栄養士。挙式日という人、調理師。
アンケートをとってみました。笑

こういう離縁理由もあるようです。
(週刊文春今週号 小沢和子さん)
「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げ出しました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本のためになる人間ではないとわかり離婚いたしました。」

ニュースソース(↓)

わらってもいいのだらうか?

検索サイト Yahoo  検索ワード つっこんじん

2位
1位のを帰ってゆっくり読みたいな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災をよむ (1)  「樹」の俳句:

« 東妙寺らんの俳句~俳句誌『樹(たちき)』より | トップページ | ノルウェー王国の社会保障制度               日本と同じ皆保険制度 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31