無料ブログはココログ

« 神津呂伊利氏一件落着の顛末から、小出助教のお話に耳を傾ける。 | トップページ | 山下家の庭 平成23年晩春 »

2011年5月 4日 (水)

何年たっても 年下のひと                キャンディーズ『微笑がえし』

この歌がすきでした。
歌詞がすごいとおもいました。
春らしく明るくてものがなしい。さびしさのなかには見知らぬ希望がつまっている。
軽快なメロディー、ものに語らせた歌詞。
これまでのヒット曲をぜんぶ入れ込みつつ、よくもこんだけの季節感あふれる歌詞をかかれましたなあ。
あきようこさんは天才ね。

すうちゃんのご逝去をいたみ、ご冥福をお祈り申し上げます。

« 神津呂伊利氏一件落着の顛末から、小出助教のお話に耳を傾ける。 | トップページ | 山下家の庭 平成23年晩春 »

コメント

顔はスーちゃん、スタイルはミキちゃん、性格はランちゃんが好きでした。ヨメはそのどれにも似てない、というより、あまりにもかけ離れている、現実とはそんなもの。
阿木燿子・阿久悠・なかにし礼、70年代は作詞家の天才だらけ?あとの2人は60年代後期からだが。おっと、忘れちゃいけねぇ、松本隆。

さだまさし、井上用水字が違う、吉田卓郎字が違う、も歌詞すきですえ。それぞれ、いいですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神津呂伊利氏一件落着の顛末から、小出助教のお話に耳を傾ける。 | トップページ | 山下家の庭 平成23年晩春 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31