無料ブログはココログ

« 何年たっても 年下のひと                キャンディーズ『微笑がえし』 | トップページ | 小出助教にまなぶ瀬戸際の現実 »

2011年5月 4日 (水)

山下家の庭 平成23年晩春

山下家の庭

« 何年たっても 年下のひと                キャンディーズ『微笑がえし』 | トップページ | 小出助教にまなぶ瀬戸際の現実 »

コメント

オープンおめでとうございます。
昨日友人と、seikoさんちのお庭に行ってみたいねと話したばかりでした☆

どれもこれも美しいけれど、榊の大木の下に群生しているヒメシャガ(でしょ?二枚目の写真の右側)が盛りで、美しかった。
つるばら八女津姫、玄関に置かれていました。
こぶりのつぼみがたくさんついていました。
写真をとりそこねたのは、御姑さん、お孫ちゃん連れのご主人、御舅さんと次々に帰って見えたので、そのせいです。
またゆっくり。えめさんもぜひ、。
そうそう、夫妻の写真よく撮れているでしょう。
むすこさん手製の看板がおかれていたので、記念に一枚だけ思いついてとらせていただきました。いいお顔。

せいこさんちに行く前、ぼんさんちにもいきました。
彦山がいらした。水仕事されていました。
なつかしかった。三年前のいまごろ、ろいりさんと四人でこうらさんいきました。あのときとおなじかおでした。笑。

かわいー!seikosan!
大草原の、、、、、、、なんとかみたいです。
胸にしっかり抱えたものはなんだろう?ときになります。

せいこさん、かわいいでしょ。
山下家にいくとうちと正反対だなあとおもいます。すべてがですね。
まあ、しやなかたい。そうなってたってことでさ。ひとえにひめののふとくのいたすところでございます。
かささぎはさびしいっておもった。このふうふのしゃしんをうつすとき。ふだんはまったくおもわないんだけど、うらやましかった。ま、じぶんもひとなみでありますかねえ。笑。

きのうもグリストラップ掃除、こんどは私一人で。
仕切柵をつるりと水の中におっことしてしまい、引き上げることができず往生しました。かれこれ一時間はそれやっていた。ついに困ってゴールドさんを呼んでき、そのお方がレイキで引き上げてくださいました。よかった!!レイキがあったことがおどろきだ。
あのぬめぬめの狭くて臭いところに決死で降りなきゃいけないところでしたよ。温かくなってくるとだんだんこの掃除をひんぱんにしなきゃいけなくなるのかな。
まいったまいった。ひめの専属になりそうな予感。

ギョギョギョ!!!
またもや、肖像権が・・。笑

この日は、農作業のまんまの姿。
かわいーもおしゃれもへったくれもない。

さくらさん、わたしの手にある荷物は、デイサービスから帰宅したばかりのしうとめのせんたくものと血糖値を計ったりするインスリンセット一式。ロマンもなにもありませんわよ。笑
帰宅したら嫁がすぐに受け取る。
でないと、どこかに紛失してしまうのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山下家の庭 平成23年晩春:

« 何年たっても 年下のひと                キャンディーズ『微笑がえし』 | トップページ | 小出助教にまなぶ瀬戸際の現実 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31