無料ブログはココログ

« 奥八女・下横山の西光寺へいったこと | トップページ | 安らぐために小出助教の不安な話をまた聴く »

2011年5月 1日 (日)

デンマーク王国の社会保障制度

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 1 日 デンマーク王国の社会保障制度

16世紀初頭まではスウェーデンを支配していた国ですが、第二次世界大戦ではドイツの占領下に置かれ、戦後も中立政策を放棄してNATOに加盟するなど、国としてはまったく違う道を歩んでいます。

しかし、保健医療サービスが税によって公的機関で運用されていること、自治体に責任の主体があることなどはスウェーデンと共通です。

病床数の削減、予約受診の待ち期間が長いことなどの問題点も共通です。

税金で賄われる基本的な医療(救急医療を除く)は、すべて登録医による診察、あるいは登録医による紹介が必要です。

ほとんどの医療は税金によって賄われていますが、患者負担が要求される付加的な医療については医療保険が発達してきています。

割高な保険料を払ってでも、より充実した医療を求める傾向がデンマーク国民に見られます。

医療分野への市場原理の導入、病院選択の自由による競争促進なども検討されています。

自由経済基調の欧州諸国と国境を接した国としては抗しきれないことかもしれません。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽スウェーデンの場合についたコメント

福祉問題では何かとすぐに持ち出されるスエーデンなので、どうなっているんだろ?単に税金が高いだけだろうぐらいに思っていました。

無駄のない考え方税金の使い方を実行し、みんなが助け合えるシステムが出来ているんですね。

中立国であること、戦争をしない国であること、教育が大事であることが鍵のようですね。
移民が多いのにいさかいも起きないのは、生活が安定して不満の起きようがないということでしょうかね。
そうすると軍隊はあるのだろうか?と思ってしまいます。

« 奥八女・下横山の西光寺へいったこと | トップページ | 安らぐために小出助教の不安な話をまた聴く »

コメント

検索サイト Yahoo  検索ワード デンマーク 社会保障

4位

1位京都産業大学の

検索サイト Google  検索ワード デンマーク税制度

8位
1位は、わきもと茂紀

デンマークの社会保障法
検索で、昭和女子大から見えていたので、私もググると、これ⬇長文なれども、読ませます。
あと、山梨との比較論や久留米大学のサイトも面白いです。
あ、そうそう、今日はめずらしく定時帰宅、ラジオから、山梨ではしゃっくりをひゃっくりというのだ、ってよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デンマーク王国の社会保障制度:

« 奥八女・下横山の西光寺へいったこと | トップページ | 安らぐために小出助教の不安な話をまた聴く »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31