無料ブログはココログ

« フランスの社会保障制度(3)              国家による統制の強化が招くもの | トップページ | 消毒作業 »

2011年5月30日 (月)

新茶歌仙 裏1

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘         姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて     沢 都
  明治に学ぶ父の帳面       中島 倶
満月は眠らぬ街を通り過ぎ    青翠えめ
  日本列島風が身に入む      八山呆夢

射抜かれし林檎の行方見失ふ   セイコ

フクシマ後の日本。みえない。

ってのが深層にあるのかないのか。
恋の行方でもあるかのように読める。
林檎はハートのマークみたいにみえてくる。
これを恋前とするか、なんとするか。
なにをつけられてもかまいません。
雑(季語なし)77.

どなたでもかまいません。軽くつけてみてくださいませんか。
チェルノブイリとフクシマというニガヨモギ、の見出しで小出裕章記事を書いていたら、結構ヒットしてるので、逆に気になって検索。
聖書的にはにがよもぎとは姦淫を意味すると言う記事が出ます。http://www.637200.net/2011/02/post_85.html

また、こんなブログともあえました。http://nagata-kozo.com/?p=1932
高木仁三郎も山岸涼子(さんずいでなくにすいのりょう)もでてこられます。

林檎は聖書的には深い意味があるものです。http://homepage3.nifty.com/onion/labo/apple.htm

にゅーとんがばんゆういんりょくを発見したのもりんごでしたね。

« フランスの社会保障制度(3)              国家による統制の強化が招くもの | トップページ | 消毒作業 »

コメント

おむすびころりん 欲張るべからず

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新茶歌仙 裏1:

« フランスの社会保障制度(3)              国家による統制の強化が招くもの | トップページ | 消毒作業 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29