無料ブログはココログ

« 新茶歌仙おもて6句目 | トップページ | アストロリコの動画。 »

2011年5月28日 (土)

京都三条ラジオカフェでの小出助教のお話。

« 新茶歌仙おもて6句目 | トップページ | アストロリコの動画。 »

コメント

参考まで
   ↓

うっ・・・

こんな世界的な災難のとき。
これをよんでかんがえる。

4号機は、燃料棒の4分の1を入れ替える作業などのため定期点検中ということですが、入れ替え作業で、ホントに、全部の燃料棒を取り出して使用済み燃料プールに移動させているのだろうか?
もし原子炉内に4分の3が残っていたら大変です。
取り出した燃料棒をプールへ移すため、原子炉の蓋は開いています。

(共同通信)
 31日午後2時半ごろ、東京電力福島第1原発4号機の原子炉建屋南側で、遠隔操作の無人重機によるがれき撤去中に大きな爆発音がした。

参考まで
   ↓

まだ隠しごとが・・・
日本人には見せずに、査察団に渡した写真。
3号機の原子炉の蓋が転げています。
    ↓

茹で日本さん。
いつもどこかが爆発しているようなニュース記事ばかり。だんだんなれっこになってきつつあります。よくそんな危険なところで作業員のみなさんは、逃げ出しもしないで、決死の修復作業をなさっていることだと驚きを禁じえません。

どうなっているのか、ほんとうのことをいわない体制は不安を増長させる。いうとパニックになるから。というのでは、後の祭りです。
こどもにとっては酷な数値なら、一刻も早く避難勧告をすべきだったのに、なにもなされませんでした。一度で収束したのなら、それでも許されたかもしれませんが、まだ「増悪中」なのです。にげてほしいとおもいます。どんなに土地に愛着があっても。

やはり、この薄気味のわるい寒さは、放射能の冷えだろうとかささぎは思います。なんと表現しようもない感覚の寒さ。はじめてです。でも、にんげんはそれを感じ取ることができるのではなかろうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/40172210

この記事へのトラックバック一覧です: 京都三条ラジオカフェでの小出助教のお話。:

« 新茶歌仙おもて6句目 | トップページ | アストロリコの動画。 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31