無料ブログはココログ

« ひよこ豆 メキシコ産 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(25)            介護保険法の一部改正法案 »

2011年5月20日 (金)

コノハナダッタノダロウカ?

みせてあげたい。

杉の中に高々と樹をよじ登って白い花がびっしりと咲いています。
山藤などと同じ蔓性の植物ではなかろうかとおもいます。
勤務先駐車場は山を切り拓いてできたもの、そこから見える森。

昨夕、野茨の咲いている道を通って駐車場へ向かっていると、いばらではない白い花がこちらへ身を乗り出すように咲いているのが目にとまりました。
もしや、あの花?
はっとして、一つとってきました。
まるで、わたしがあなたの気にしているあれですよ。
と、こたえてくれたみたいに。

花のなまえをどなたかごぞんじでしたら、教えてください。

« ひよこ豆 メキシコ産 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(25)            介護保険法の一部改正法案 »

コメント

わかりました。
ていかかずら。藤原定家の名前が冠された蔓でした。

和名は、式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説(能『定家』)に基づく。また古典に「まさきのかづら」とあるのも本種のことといわれる。

とかいてあります。有毒植物らしい。
昨日はジャスミンっぽい芳香がふわっとしました。
それにしても、写真のくちなしの花を小型化したような可憐な花が、遠目ではあんなに豪勢に真白く盛っているように見えるものだろうか?なにしろとっても高いところにありまして、近寄ることができません。
おなじ花とおぼしき樹がほかに数本、どうということもない杉の疎林にまじっているので、いやでも目をひきます。

テイカカズラ↓

[テイカカズラが花を咲かせるほどになったものに出会うことは、多くはない。木に登れるチャンスは結構あるはずなのに、健全な森林ではテイカカズラが高木層にまで登っていることはほとんどない。林縁や樹木が枯損したりして形成されたギャップでは、高木層にまで到達することができている。健全な樹木に取り付いて登るには、相当な明るさが必要なのであろう。]

おお。なるほどそうなんですね。
かささぎ、いつもきょろきょろしているので、これを発見できました。
よかった。そんな珍しいものが自生しているような地へ毎日通っていることは支えになります。

teikakazuraについて調べていたら、こういう説に出遭いました。
謡曲の定家葛とは真反対の、じつは式子内親王が定家を忘れられずに葛となって化身したんだろう。それを天皇家への畏怖心から逆にして表現したものでは。と。
かささぎ、このショクシナイ親王のことを思うとき、ほの語らひしの歌をまず真っ先に思い出す。
それは山本健吉の夏の俳句でこの歌をエロティックですらある恋の歌として紹介していたことが忘れられないからだけども、しょくしない、という名前が、食しない、職しない。にも通じるからもあるかもしれない。加茂の斎宮だった人、しょくしないしんのうは。

大河ドラマの西行の恋も、どこかでこの禁断の恋に連なっている。
このブログがおすすめです。西行の恋歌。↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コノハナダッタノダロウカ?:

« ひよこ豆 メキシコ産 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(25)            介護保険法の一部改正法案 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31