無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

亀井文夫監督作品『戦ふ兵隊』昭和14年

抄出(ユーチューブ動画)

新茶歌仙 裏3

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘         姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて     沢 都
  明治に学ぶ父の帳面       中島 倶
満月は眠らぬ街を通り過ぎ    青翠えめ
  日本列島風が身に入む      八山呆夢



射抜かれし林檎の行方見失ふ       山下整子
  おむすびころりん欲張っちゃだめ  竹橋乙四郎

夕暮の指やはらかき三毛の猫      沢 都

※つぎは、恋。77.季語なし。

付案

中山宙虫

ラジオからいつものように幕があく
モノクロの女優の紅に囚われる
草原に尼僧をさがす風の午後

八山呆夢

カーテンは薄日まといて揺れはじむ
手を伸ばしカーテンを引く西の窓
手を伸ばし出窓の鉢をそっと抱き

沢 都

(1)潜り戸の結び目ふとき棕櫚(しゅろ)の縄 
(2)夕暮れの指やわらかき三毛の猫
(3)雨の日の観音堂の反りし跡

三人の付案、ありがとうございました。
沢都さんの観音堂の句、そらんさんの尼僧の、これらは釈教句です。
そらん句、風が大打越にあるので、没。
句の流れとしては景句がほしいところです。
その視線でみたときに、沢都さんの観音堂はいい句ですが、そりしあとって何が反っていたのか、屋根か板塀か、具体的にイメージが浮かばず、気になります。
で、夕暮の三毛猫の指に目線が釘付け。
おむすびから三毛猫の指へ。
句の世界ですが、前句といっしょによめば、おむすびを握った女性のやわらかな指が三毛猫をそっとなでる、夕暮である。
おむすびは結び=産び。
指のやわらかさは三毛猫みたいな女性のものだというふうにもよめる。
これをいただきます。ありがとう。

それから、おもてオリハシの日本列島。


地名人名、おもてロックでは避ける、と学びました。
けれども、芭蕉の冬の日歌仙のなかに、

朝鮮のほそりすすきのにほひなし  とこく

ってのがあります。5句目です。

狂句木枯らしの身は竹斎に似たるかな   芭蕉

って発句のまき。冬、冬、秋の月、秋、秋、秋と、一句も雑をはさまぬ季移りの手法でおもてをおえる異色のまきです。
日本列島も、おりはしだし、かまわないと判断しました。

なーんてさ。ほんとはね。そうじゃなくて、すっかりわすれていた。
こないだ、言ったばかりなのに。
地名人名は表にださないことを。
ごめんなさい。ときにそういうポカをします。でも、よしとしよう。

昨日かささぎに二冊の本が届きました。
1つは、谷口慎也主宰の同人誌『連衆』、もう1つは、大畑健治著『次世代の俳句と連句』(おうふう)でございます。
谷口先生、かささぎへ俳句誌をお送りくださって、ありがとうございました。
末子がうまれたころに所属していたので、懐かしかったです。
1度大牟田文化会館での句会に参加したことが思い出されます。
大奥のあるじみたいだった谷口慎也先生。美女に囲まれてらして。
ちょうど亜の会の竹橋乙四郎や中山宙虫みたいなものです。(笑。冗談きついっす)
ほへえ・・とおののきつつ、内心ではこんなことをおもっていた。
この空気のなかで、毎月句会をやっておられるんだ。
匿名であっても少数であれば、どれがだれの句かすぐにわかる。
点を入れあうの、これはキツイわ。ひ~ってもんだわ。いやらしいよな。
まいるよなあ。ばってん、ようそれにたえておられる。おとなだ。・・・・。

それからあっという間に20年近くたちました。
昔かっこよかった谷口先生も初老になりかけです。
じつにめでたい。
谷口さん、かささぎの旗が読んだあなたの原子炉とあやめのあのすごい一句は、だからその、こういうような記憶すべてへの同情の思いとともにありました。
そういうことは書けませんでしたが、そうなんです。
つつしんで、一句をささげます。

はらはらとじいさま泣かすほととぎす   かささぎ

つぎに。

大畑健治さん。
はて、どなただろう?
著者紹介をみて、はっとしました。
東めいが先生とともに東京堂の『連句辞典』を編まれた三人のうちのお一人でいらっしゃる。http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4490102127/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&condition=used
連句辞典は辞典でしたので、妙に硬かったんですが、これはルビもふられて、よみやすい。初心者にもベテランにも両方に受け入れられる親切で分け入った内容であります。

連句テキストはいろいろあるようですが、連句辞典が絶版になっている今、みなさん、この「次世代の俳句と連句」大畑健治著をどうぞ手に取ってお求めいただきたいと思います。2000円と税。

大畑健治さま、かささぎの旗への御恵贈、まことにありがとうございました。
よませていただきます。

まなばせていただきます。

八女眺望

 八女丘陵(磐井の丘)からの眺望

フランスの社会保障制度(4) 議会vs労組          医療機関でストライキ

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 31 日 フランスの社会保障制度(4)

制度構築の思想がしっかりしているとはいえ、フランスの社会保障の現実は必ずしも行き届いたものではありません。
300万人以上の失業者の存在が大きな社会問題になっています。
普遍化原則に基づく国民皆保険についても、社会保障財政法の施行によってようやく普遍的医療保障制度が確立し、やっと1999年に実現しています。
議会が社会保障財政をコントロールすることになっても、時の内閣と対立する労組や経営者代表が常に金庫側におり、そのため、フランスの医療機関ではストライキが頻発しています。
混合診療の超過診療分や自由診療は自己負担であることにより、多額の自己負担を請求する医師や医療機関が数多く存在しています。
そのため公的医療保険だけでは十分ではなく、民間共済保険への加入が多くなっています。
薬剤費は総医療費の2割弱を占めています。
医師の処方箋の必要ない薬剤についても調剤薬局での購入ルートしか存在しません。
患者による医師や医療機関(病院、開業医)の選択は自由であり、医師の収入は診療報酬の出来高払いであるなど、日本と同様に医療活動の制限が少ない利点がありますが、患者のドクターショッピングや重複処方など非効率性があることは否めません。

任意加入のかかりつけ医制度(外来窓口支払いが償還払いでなくなる利点があります)や医学部定員抑制による医師数抑制など、効率化への模索が続いています。

入院医療の多くを担っている公立病院については、国立公衆衛生学校で病院管理を専攻した者の中から病院長が任命されています。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽ストライキの実際の例、参照としてつけさせてもらいました。
ブロガーさん、どうもありがとうございます。

http://ameblo.jp/boule-de-poils/entry-10848743980.html

▽かささぎの独り言

ドクターショッピングって何だろう。医師を選ぶことかな。
調べたら、いろんな医師やいろんな病院を転々としたり、重複して受診したりすることらしい。別名、青い鳥症候群。

最近の母のぐち。
父がお世話になっている病院が連携しているのが隣町の病院なので、「なぜ近くにいい病院があるのに、あんなに遠いとこへ行かんといけんのやろう」。
その近くにある病院へ母の同級生が昨日受診にきたそうです。
わざわざ福岡市からこんな八女まで下ってみえたのは、その病院があるためだそうです。ふうん。そういえば黄金週間の号の週刊誌にも載っていた。
灯台もと暗しってこのことかも。

父みたいに年老いた患者は自分では医師や病院を選ぶことはできません。
与えられたものをおしいただくだけです。
日本はありがたいなあ。どれだけえらいお医者様でも値段は一緒です。
どれだけ手術代がかかっても、支払うのは一部。
ふっかけられることはありません。
普段めったに感謝のきもちが起きませんが、フランスのことをよんで、感じました。

2011年5月30日 (月)

新茶歌仙 裏2

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘         姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて     沢 都
  明治に学ぶ父の帳面       中島 倶
満月は眠らぬ街を通り過ぎ    青翠えめ
  日本列島風が身に入む      八山呆夢


射抜かれし林檎の行方見失ふ     山下整子
  おむすびころりん欲張っちゃだめ 竹橋乙四郎

附かず離れずでついています。
弁当の中身になってしまったね。
下7「欲張るべからず」がコチコチなので、口語にしました。
どうぞ了解ねがいます。

こっから、どうころぶんだろ。

ぽぽなさん、都さん。
あなただったら、どう駒をすすめますか。

恋句、五七五へ展開できるでしょうか。
あるいは。

どなたか付けてくださいな。
どなたでも。たくさんおだしください。


亀井文夫の反核作品『世界は恐怖する  死の灰の正体』

亀井文夫は俳人・石橋秀野の文化学院大学部時代の学友だった人で、秀野とは懇意にしていたらしいのです。
それでかささぎはこの監督がずうっと気にかかっています。
ユーチューブで見られるとはすごい世の中になりましたね。
ありがたいです。
かささぎがうまれたころの時代のフィルム。
時代の証言です。


消毒作業

消毒作業

新茶歌仙 裏1

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘         姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて     沢 都
  明治に学ぶ父の帳面       中島 倶
満月は眠らぬ街を通り過ぎ    青翠えめ
  日本列島風が身に入む      八山呆夢

射抜かれし林檎の行方見失ふ   セイコ

フクシマ後の日本。みえない。

ってのが深層にあるのかないのか。
恋の行方でもあるかのように読める。
林檎はハートのマークみたいにみえてくる。
これを恋前とするか、なんとするか。
なにをつけられてもかまいません。
雑(季語なし)77.

どなたでもかまいません。軽くつけてみてくださいませんか。
チェルノブイリとフクシマというニガヨモギ、の見出しで小出裕章記事を書いていたら、結構ヒットしてるので、逆に気になって検索。
聖書的にはにがよもぎとは姦淫を意味すると言う記事が出ます。http://www.637200.net/2011/02/post_85.html

また、こんなブログともあえました。http://nagata-kozo.com/?p=1932
高木仁三郎も山岸涼子(さんずいでなくにすいのりょう)もでてこられます。

林檎は聖書的には深い意味があるものです。http://homepage3.nifty.com/onion/labo/apple.htm

にゅーとんがばんゆういんりょくを発見したのもりんごでしたね。

フランスの社会保障制度(3)              国家による統制の強化が招くもの

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 30 日 フランスの社会保障制度(3)

フランスでは、憲法改定を経て1996年末に社会保障財政法が制定されました。
社会保障財政法は、国家(議会)が社会保障や保健医療の方針を承認し、社会保障金庫の収支計画を明示し、特に医療保険については支出の全国目標を定めるものです。
憲法改定と新法提案に際しては「民主主義において、経済・社会問題の重大な選択の責任は第一に議会にある」「経済、保健医療および社会問題の相互依存が、社会保障に関する政策選択における国家責任の再定義を強く求めることとなった」と説明されています。
政府と医療機関に保険金庫の運営を任せるのではなく、労使がお互いの利益を守るべく、自分たちの拠出金の運用を管理するという考え方は民主的だったのですが、それまでの社会保障の赤字を返済するために目的税である社会保障債務償還拠出金が導入され、財源の拠出者に国民が加わったことにより、議会が社会保障財政をコントロールすることになりました。
社会保障に国家が強く関与することにより、ラロックの自律性原則は後退しました。

国家による統制の強化は、社会保障制度の運営責任のウェイトが、保険料負担者(労使代表)から税金負担者(国民代表=議会)へとシフトしたことを意味します。
日本でも社会保障は公助・共助・自助の区分で論じられますが、日本では制度発足当初から財源に税金が投入されていますので、社会保険と社会扶助の性格が混在した制度となっており、運営責任のあるべき姿についてフランスのように憲法改正に及ぶような議論を招くことはありませんでした。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」転載)

▽かささぎの独り言

ラロックの聖母・・・ダヴィンチの一枚か。http://laroque.exblog.jp/

ラロックの自律性・・・という言葉からひきだされるもの。
以下かささぎの恣意的な一方的な部分引用です。
PDFファイルを資料として貼り付けます。どなたさまもありがとうございます。
もしご都合が悪い場合は削除するのにやぶさかではございません。
かささぎの旗は著作権をおかすものではございません。

1橋爪章

第二次世界大戦後のフランスの社会保障制度の出発点は、1946年にピエール・ラロックが策定した社会保障計画(ラロックプラン)です。
ラロックは、社会保障はすべての国民を対象としなければならないとし、国民連帯の理念のもと、普遍化原則、単一金庫原則、自律性原則という三原則に基づいた社会保障制度を構想しました。
すべての国民に適用が及び、単一の管理運営組織(全国社会保障金庫を頂点とした保険金庫網)のもと、保険料を唯一の財源として、当事者が制度の管理運営を行うという社会保障制度構想です。

▽社会保障法制における国家の役割
――フランスにおけるアンチエタティスム――
多田一路

現代のフランスの福祉国家形成については,ピエール・ラロック(Pierre Laroque)の業績に負うところが大きいことはよく知られている。そこで,ラロックが社会保障を具体的に制度化するに当たっての基本原理である「国民連帯solidarite nationale」の理念と,そこから導き出される三つの原則について,指摘しておきたい。
ラロックにあっては,社会保障とは「同じ国民社会の全ての構成員によって組織される連帯」)である。この「社会の全ての構成員」は,手工業職人や商人,農業開拓者をも含む)もので,必然的にそれは国民的規模になるのであり,特定の業種や職種に限定されるものではない。ラロックの言う「国民連帯」とは,このような意味合いを持つものであった。
そして,この「国民連帯」の理念からでてくるのが,一般化原則,統一組織の原則,当事者参加の原則である。
一般化原則とは,社会保障の対象範囲を全国民とすることであり,統一組織の原則とは,社会保障が単一の組織によって統一的に管理されなければならない,ということであるが,この両者はラロックにあっては不分離の関係)であった。
社会保障を担う金庫caisse がバラバラだと,それぞれにより享受する利益にも偏差が生じてしまうのであり,すべての国民が
社会保障による利益を享受するという一般化原則が機能するためには,その組織が単一でなければならない,ということになるのである。

▽フランス社会保障研究の現在
藤井 良治

社会保障はきわめて多様な要素によって構成される現代の巨大な社会的構造物である。
その多様性は,社会保障が含んでいる対象や領域によっている。平たく言えば,社会保障は,揺りかごから墓場までということばに代表されるように,われわれが生涯において遭遇するさまざまな生活上の危険,すなわち,出産,育児,教育,就労,失業,病気,障害,退職,死亡などに由来する経済上,生活上の不安をもたらす,いわゆる社会的リスクに対処するためのものである。しかし生活上の不安に関わるものはすべて社会的リスクであるわけではなく,どれを社会的リスクとするかはそれぞれの社会によって異なる。また社会的リスクに対してどのような仕組みで対応するかも異なる。(途中すっとばしますすみませぬ、かささぎの旗)このことは社会保障が社会によって国によって異なる大きな理由でもあるう点からの制度論的アプローチなどのアプローチがあり得る。こうした研究アプローチという点からフランス社会保障研究を見た場合研究の多くが制度論的アプローチに軸足を置いている

▽フランス社会保障制度の現状と課題

江口隆裕

1946年1月、ピエール・ラロックは、悲惨な戦争が終わり、古い秩序は破壊されたとして、新たな社会・経済秩序と社会保障制度再建の必要性を訴え、戦後フランス社会保障の基本的方向を示すラロック・プランを公表した1)。そこでは、まず完全雇用を目指し、社会保障は労働収入では不足する場合にこれを補うものと位置づけた。そして、国民連帯(※)の理念に基づきすべての国民に社会保障を適用するとともに、社会のあり方として社会民主主義を標榜し、労働者の経済生活や企業管理への参加の
促進だけでなく、社会保障制度への参加も謳った。さらに、労使関係者が自ら制度を作り上げるためにも、税方式ではなく社会保険方式を採用することによって、効率性の最大化をも目指すとした。
それから60年余りが経過した。政治的には、1958年に第5共和政に移行し、ド・ゴール将軍の身の丈に合わせるように大統領の権限が強化され、ポンピドー(1969-74年)、ジスカール・デスタン(1974-81年)、ミッテラン(1981-95年)、シラク(1995-2007年)と5人の大統領が統治してきた。この間、左派(社会党)のミッテランおよび保守派(共和国連合)のシラク両大統領の時代には、大統領と首相の政治的立場が左右に分裂する保革共存(cohabitation)も経験している。他方、経済では、栄光の30年(Lestrente glorieuses)と呼ばれる戦後の高度経済成長期を経て、1970年代後半以降、オイルショックなどを契機に低成長への転換を余儀なくされる中で、失業者は増大し、国家財政も赤字基調が続き、社会保障財政も赤字に苦しみ続けることになる。この間、1993年に欧州連合条約が発効し、2002年1月にはユーロへの通貨統合が始まり、フランスは、ヨーロッパにおける偉大な国家フランスからEU の一員としてのフランスへの道を選択する。
このような変化の中で、ラロック・プランの理念がどこまで貫徹されているかを概観してみよう。まず、雇用の状況をみると完全雇用の理想からはほど遠く、失業は常に大きな社会問題になっている(2007年8月現在、318万人)。わが国の皆保険に相当する社会保障の一般化(※)は、1999 年の普遍的医療保障制度(Couverture Universelle:CMU)の創設によって半世紀ぶりにようやく実現した。また、社会保障財源についても、1991年には新たな財源として社会保障目的税たる一般社会拠出金(※)が導入され、さらに、1995年には、それまでの社会保障の赤字を棚上げし、その債務を10年以上かけて返済するための目的税である社会保障債務償還拠出金(Contribution Remboursement de la Dette Sociale:CRDS)が導入された。そしてその代償として、社会保障全体の予算をコントロールすることを目的とした社会保障予算法の仕組みが導入され、これによって議会が社会保障予算をコントロールすることになった。このように、フランスの社会保障2)は、その前提となってきた政治的、経済的、社会的諸条件の変化とともに、自治ないし自律(Autonomie)という特色を失いつつあるが、それでもなおラロックが示した連帯の理念は失われていないようにみえる。
以上のような変化の中にあって、フランス国民は、2005年5月の国民投票でEU 憲法の批准を拒否し、EU 市場(至上)主義にNon !を突きつけたかのようにみえた。しかし、それでも物価の上昇、移民問題、治安の悪化、教育問題などの課題は解決せず、今年になってアメリカ流市場主義を標榜するかのようにみえる国民運動連合(UMP)のサルコジ氏を大統領に選出した。
市場主義者からの挑戦は、ここ数年来、わが国の社会保障に対しても激しく行われている。それゆえにこそ、わが国でも連帯の意義が改めて問われなければならず、その母国たるフランスの連帯に関する研究は近年勢いを増しつつある。

※少し古い文書ではございますが、簡潔にまとめられてあるとおもいました。
   (かささぎの旗)

藤井良治というかたの、

社会保障はきわめて多様な要素によって構成される現代の巨大な社会的構造物である。

なるほどなっとくのいく、いいことばです。

アダブリーダーではよみとれぬ部分は□で変換されまして、それをそのままアップしようとすると、待ったがかかります。どうしようかと思いましたが、その部分は(※)で代替いたしました。どうかお許しください。フランス語が入るようでした。まるで虫食い問題みたいですな。

2011年5月29日 (日)

フランスの社会保障制度(2) 人口高齢化のスピードの違いが教えてくれること

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 29 日 フランスの社会保障制度(2)

65歳以上の高齢者が総人口の7%以上を占める社会を高齢化社会(Aging Society)といい、14%を越える社会を高齢社会(Aged Society)といいます。
フランスは世界に先駆けて1860年代に高齢化社会へ移行していますが、高齢社会に移行したのは1980年代です。
7%から14%に移行するのに一世紀以上を要し、高齢化の進行は緩慢です。
日本が高齢化社会に移行したのは1970年で、高齢社会への移行は1994年でした。
このような人口高齢化のスピードの違いは、日本とフランスの社会保障制度の発展に大きな違いをもたらしています。
フランスでは後期高齢者医療制度のような高齢者に固有の医療保険は存在していません。
フランスの保険財政の悪化は、オイルショックによる低成長によってもたらされています。

1970年代に入り、財政基盤の脆弱な保険金庫が生まれ、職域間連帯に基づく財政調整によっても相互救済に限界が生じてきました。
自律性原則によれば保険料率を引き上げなければなりませんが、それは企業の国際競争力の低下を招きます。
そこで、欧州連合条約の発効を前にした1991年、社会保障への拠出を目的とした福祉目的税(一般社会拠出金)が導入されました。
導入当初の一般社会拠出金の賦課率は1.1%でしたが、その後、大きな引き上げが2回実施され、現在は7.5%になっています。
一般社会拠出金は保険金庫の財政収支の悪化を契機として導入され、高齢者に対する最低限の所得保障とすべての者に対する医療アクセスの保障のために引き上げられるという経過を辿り、社会保障への国家の関与が次第に強まってきています。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽かささぎの独り言

昨日、学長が間違って下さったおかげで、出会えたサイト。

はりつけようとして、おや、もう時間がありませぬ。

今朝、早番です。
では一人で三十八人分の朝ご飯を作りにいってまいります。

アストロリコの動画。

もう一つは『台風』の動画もみつけましたが、こっちのほうが生できれい。
東京のさくらさんはりかさんの舞台をみたことがあるのですよね。
りかさんは一番左。
ひさびさにりかさんブログへいってきました。
イギリスへ演奏旅行にいってらしたみたい。
パディントン駅のこととか書かれていた。
おお、子ぐまのパディントンの名付けとなったあの。
アガサクリスティーのミステリーにも、パディントン発なんとかいうのがあったな。
っていうようなことをチラリとおもいださせていただきました。
パディントン絵本、娘がこどものころ、すきだったから。

おげんきそうで、安心しました。
すこし、ふっくらされてました。

京都三条ラジオカフェからの連想で、ご紹介、。

さてと。台風はもういってしまったのかなあ。

2011年5月28日 (土)

京都三条ラジオカフェでの小出助教のお話。

新茶歌仙おもて6句目

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘         姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて     沢 都
  明治に学ぶ父の帳面       中島 倶
満月は眠らぬ街を通り抜け     青翠えめ
  日本列島風が身に入む      八山呆夢

折端案

八山呆夢

日本列島鮮やかに浮く

1  一本足の案山子ふんばる
2  運動会の席取りに燃ゆ
3  運動会は予定通りに

山下整子

1、桐のひと葉はビル風に舞ふ
2、ままかり鮨が店の看板
3、古い花舗あり桔梗が揺るる

という一句と通じるものがあります。
月句をうけての俯瞰する視線という意味です。
なんとかこれを生かしたい。
だけど季語がない。
では、たとえば、
鮮やかに、という言葉を今、爽やかに、という
秋の季語で補うことができるかといえば、とてもとてもそんな言葉では受けるべくもないような現状、心情であります。

今。

日本がつぶれるかどうかの大きな瀬戸際なんです。
心も風も、さわやかなはずがない。
こんなときにゆったりと連句なんか巻いている場合ではないんです。
だけど、武士たちは明日は死ぬというときにも俳諧をやっていた。

連句のおりおりの受け皿に「今」をひそませることはできる。
ここがまさにそうだとおもう。
なぜなら、折端とは変化をよびこむ役割をになう受け皿だから。


では、何ならすうっと無理なくこの気分をうけることができるだろう。

さがしました。
ありました。

みにしむ。というのがそれです。
古句に、こんなのがあります。

身に沁みる風や障子に指の跡  千代女

(かささぎは荻原朔太郎の、じゃなかった、ごめん、いつもオギとハギを間違えちまう。ハギワラ朔太郎の「郷愁の詩人・与謝蕪村」から引用しています。)

ということで、季語部分をいれさせてもらいました。
御了承ください。

せいこさん、なんどもだしてくれてありがとう。
桐一葉の句、とろうかと思いました。
だけどいまひとつ、ためらいました。
裏に入ります。
どうか晩秋、あるいは三秋の句をおねがいいたします。
竹橋乙四郎さん、そらんさん、出ませんね。
なにかできましたら、どうぞおねがいいたします。





『郷愁の詩人 与謝蕪村』  萩原朔太郎

昭和二十年十月五日印刷
昭和二十年十月十日発行

小学館(小學館)発行所
会員番号330098 配給 日本出版配給株式会社

フランスの社会保障制度(1)                 事業主の負担が重い医療保険

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 28 日 フランスの社会保障制度(1)

フランスの国家体制は、中央集権的で、日本と似ています。
また、社会保険を社会保障の根幹にしている点も日本と同様です。
しかし、日本とフランスは、社会保障の制度設計において隔たりがあります。
フランス憲法にはわが国の生存権に相当する明文規定は存在しませんが、社会保障法典に「社会保障の組織は国民連帯の原則に基づく」と規定されています。
すなわち日本では、国家に国民の生活保障義務があるとして制度が構築されていますが、フランスでは、社会保障は労使双方の協力によるとの認識のもとで制度が構築されています。
フランスの社会保障制度は19世紀後半のドイツで創設されたビスマルク社会保険に起源を持っています。
1870年の普仏戦争でドイツ領となったアルザス・ロレーヌ地方が第一次世界大戦後にフランス領に戻ってきたとき、社会保険の思想もフランスへ持ち込まれ、フランスでも社会保険が創設されました。
第二次世界大戦後のフランスの社会保障制度の出発点は、1946年にピエール・ラロックが策定した社会保障計画(ラロックプラン)です。

ラロックは、社会保障はすべての国民を対象としなければならないとし、国民連帯の理念のもと、普遍化原則、単一金庫原則、自律性原則という三原則に基づいた社会保障制度を構想しました。
すべての国民に適用が及び、単一の管理運営組織(全国社会保障金庫を頂点とした保険金庫網)のもと、保険料を唯一の財源として、当事者が制度の管理運営を行うという社会保障制度構想です。
国庫には依存せず、財政面でも運営面でも自律を保つことを原則としていた点がフランスの社会保障の特色でしたが、1990年代からは国家(国税)の関与が強まり、原則が崩れてきています。
フランスの社会保障は、民間企業労働者を対象とする一般金庫、特定の業種や職種で組織される特定業種金庫、自由業者や自営業者を対象とする自由・自営者金庫、農業を対象とする農協金庫の4つに大別されます。
また、保険金庫とは別に、相互扶助の補足制度(民間共済保険など)があります。
補足制度は、公的年金や公的医療保険の法定給付に上乗せ給付を支給する制度です。
保険料の負担については、労災補償は、日本と同じく、全額を事業主が負担しますが、
年金保険、医療保険は、日本と異なり労使折半ではなく、事業主の負担割合が高くなっています。
たとえば医療保険については、労使の保険料率は0.75%と12.8%です。
財源をより多く負担するほど発言力が大きいのは世の常で、フランスの社会保障は、他のヨーロッパ諸国の社会保障に比べて事業主側(日本の経団連に相当する組織)が大きい仕組みとなっています。

保健医療経営大学「学長のひとりごと」

▽かささぎの独り言

学長。最後の数行がわたしにはちっともこなれません。

「年金保険、医療保険は、日本と異なり労使折半ではなく、事業主の負担割合が高くなっています。
たとえば医療保険については、労使の保険料率は0.75%と12.8%です。
財源をより多く負担するほど発言力が大きいのは世の常で、フランスの社会保障は、他のヨーロッパ諸国の社会保障に比べて労働側の発言力が大きい仕組みとなっています。」

他国と比べて労働側の発言力が大きい仕組み、ってありますと、いかにも労働者側の発言力が大きいような印象をもちます。しかし、全体の文脈上からは、事業主の発言力が大きい(お金をたくさん出す方が発言力が大きくなると書かれていますよ)ような気がしませんか?労使の保険料率の数字、労働者側が0・75%で使用者側が12.8%とありますし。

このねじれた表現、なぜでありましょう。

訂正された部分をあらためました。(22:44現在)

コメント、貼り付けておきます。(かささぎ)

コメント

学長の書き間違いでした。
修正するそうです。

こんにちは、はじめてコメントさせていただきます。
学長様が訂正される際には、是非とも0.75+12.8=13.55%
と100%との差(86.45%)の部分の負担主体のことも説明して欲しいと思います。
この差異は国庫税収からの支出と言うことでしょうか?

その意味では、最近、国の言い分が巾をきかせていると言う最初のコメントは正しいですね。
問題は、誰が税金を払っているのでしょうか…

http://blog.livedoor.jp/personofleisure/

コメントありがとうございます。
保険料率とは、個人所得の何パーセントに相当する額を拠出するかの率(日本の場合は、保険者によって異なりますが協会けんぽの場合は9%前後)ですので、100%から引いた分を他の誰かが拠出、というようなものではありません。
しかしながら、ご指摘のように近年はフランスでも税による補填が大きくなってきていますので、国の発言力が強くなってきているのは事実です。

労働側
  ↓
事業主側(日本の経団連に相当する組織)

に修正しました。

麦の雨

配給のむかしありけり麦の雨   恭子

2011年5月27日 (金)

コイデ助教核語りき&元官僚かく語りき&呂伊利さんはこげんいわっしゃったげな。


コメント
メルトダウンが2か月間もわからなかったなんて、見え透いた嘘。
政府発表がなにひとつ信じられない。
4号機は燃料棒を全部プールに引き上げて定期点検のため停止中だった、という当初発表は信じていいのだろうか?もし嘘だとしたら、日常的な杜撰管理が問われ、原発維持には致命的となります。また、停止中だったということで、冷却水対策もなされていません。
4号機で謎なのは、建屋が今にも壊れんばかりの大爆発が起きているというのに、使用済み核燃料プールの中の燃料棒が原因ではなさそう、という調査結果。
じゃ、どこに原因が?
宮崎学氏が4号機を追っています。
ブログコメントに、防衛省が上空から観察した温度計測データがありました。(↓)
この画像で問題のプールが熱を帯びていることがわかるのですが、休止しているはずの原子炉の上あたりも熱を帯びているように見えます。燃料棒の取り残しでもあったのでしょうか?
4号機には、もうひとつ謎があります。
震災直後に行方不明となっていた2人の東京電力社員(運転管理部に勤務する20代前半の男性)が全身外傷失血で死亡されているのが発見されたのが4号機でした。報道によると、2人は、震災当日、中央制御室から4号機タービン建屋地下1階の調査に行ったまま行方不明になっていたということですが、なぜ運転休止中のタービンを2人がかりでまっさきに調査に行かなければならなかったのでしょうか。震災直後の一刻を争う危機管理でしょうから、稼働中の1~3号機を優先し、他は1人ずつ手分けして点検に走ればいいような気がします。
この二人は、数週間前までイスラエルのMagna BSP社で研修訓練を受けていたといくつかのブログにありました。被災地に早々と駆け付け、外国人医師団として唯一診療許可を得たのもイスラエルの医師団でした。普段、日本とはあまり接点のない国が唐突に出てくるのも変な感覚です。
ブログに、4号機の定検工事中に震災に遭遇された方の証言があり、4号機ではその時、漏水があったそうです。作業現場は、死角なく常にカメラで録画監視されているが、録画されたVTRデータが公開されないのはおかしい、とも書かれています。

投稿: 茹で日本 | 2011年5月25日 (水) 19時17分

ん。イスラエル。
うーん。最近イスラエルって国、何かでとりあげました。なんだっけ?
そうだ!ぞろ。くすりの後発品で世界一のシェアをもつ会社はイスラエルの会社、手羽社だったと。この会社、世界一の製薬会社ファイザー社の高血圧薬の後発品を売ろうとしてファイザー社に差し止められたというニュースもあります。んが、日本はのみこまれちゃったのです。アメリカさんの懸命なきもち、わかります。すきあらば、のっとられちゃう。ゆだやに。
ほかにもまだなにかあった。
ちょいまった。
香川宜子先生のエッセイ。
旧約聖書のお話。
「イサクにはエソウとヤコブという息子が生まれ、ヤコブには12人の息子が生まれました。あるときヤコブは天使と相撲をとり、みごと打ち負かしました。天使は「これからは、神と戦う者という意味で”イスラエル”と名乗りなさいと言いました。
この天使と相撲をとったのが相撲の起源で、相手が神の使いなので神事となるわけです。日本の相撲で行司が「ハッケヨイ、ノコッタノコッタ」というでしょ。日本では単なる掛け声だと思われていますが、ヘブライ語で、「ハッケ」は撃ってしまえ、「ヨイ」はやっつけろ、ノコッタは、あなたは敵を打ち破った、という意味だそうです。なぜ日本の神事として相撲が定着したのでしょうか。不思議ですね・・・・。
「イスラエル」と改名したヤコブの家系は「イスラエル12支族」と呼ばれるようになり、それぞれ独自の気質がありました。
中略、防衛的で正義感に富むカド族、日本はこのカド族が中心になっているといわれ、御カド族だから「ミカド」、カド族の最初に生まれた長男の名前は「ニェッポン」というのです。

かささぎの旗はまったく関係ないことばかりかきますが。
どこか以前竹橋乙四郎ってひとがかいていたこととつながりませんか。

投稿: かささぎ | 2011年5月25日 (水) 20時32分

関係あることもかきます。
今すぐにも管直人を退陣させよという参院議長にしおか氏の発言録から。


「記者:改めて総理に不満が募られた発端は

西岡氏:不満じゃないですよ。冗談じゃないですよ。怒りですよ。

記者:その発端は?

西岡氏:尖閣以来ですね。ずっと。今度の東日本大震災については初めっから私、怒っているんですよ。3月13日に定例の記者会見があったんですよね。そこで私は福島の、東電福島の原発が、言葉はそういう言葉を使わなかったが、メルトダウン起こしているんじゃないかという趣旨のことを13日に述べているんです。で、皆さん方には書いていただけなかったけれども、結局、そうだったわけでしょ。何日か前にわかったわけですね。そういうこともぜひ思い起こしていただきたい。」

投稿: かささぎ | 2011年5月25日 (水) 20時40分

小出さんの職名「助教」って何だろうと気になっていた。助教授という名称はなくなり、今は准教授というはずだが…と思いつつ、今日初めて調べたら、「大学の場合、現行の学校教育法では、教授、准教授の次の職階に位置する」ということ。つまり昔でいう助教授より下っ端で、でも助手よりましってことか。しかし年齢といい、実績といい、どう考えてももっとランクが上だと思う。しょせん、御上に逆らうとこうなるということか?
そういや水俣病を初めとする公害問題の第一人者だった宇井純も、東大の万年助手だったしな。
昨日、同い年の同僚で京大工学部出身の数学の教員に聞いた話、それでもまだそういう叛骨的人物の居場所があるだけ、東大より京大がまし、と、それは私もそう思う。だからノーベル賞も、科学的分野では、東大関係者より京大関係者が多いのかな。

投稿: 呂伊利 | 2011年5月25日 (水) 21時50分

うん。
コイデさんたち反原発派御一行は、たしかにすばらしいのですけども、実証派ともいえる、ナガサキ被爆者二世の山下長崎大教授の姿勢も、なかなか立派だと思う。われらが竹橋乙四郎先生も、この先生の観点とほぼおなじであるように見受けられます。いま、まだまったく出口がみえないこのような非常事態のときに、あえてこのような意見をもって現場へ出ていくことのしんどさは、はかりしれない。
これ。ユーチューブでみれます。↓

投稿: かささぎ | 2011年5月25日 (水) 22時41分

山下先生はセミパラチンスクでの国際協力の同志です。誰よりもたくさん、放射線で健康被害を被った患者を診ておられます。頭の中で健康被害を作り出す人たちと同じ土俵の人ではありません。
同姓の柔道選手のご親族です。笑顔がよく似ておられます。

投稿: 乙四郎 | 2011年5月26日 (木) 00時33分

国会はきちんと議事録を残しますので隠蔽はできません。
次の議事録は社民党の福島党首が浜岡原発停止の判断を迫った時のものですが、それに続く次のくだりが、今回の「水かけ論」以前の政府の認識を知るのに役立ちます。
この頃は、海水注入は12日の18時に総理命令ということで口裏が合っていた形跡があります。(誤った前提のもとで質問しないよう、国会質問に先立ち、質問者は政府当局に事実関係を確認する習慣があります)
3月28日(月)参議院予算委員会議事録
<福島みずほ君>
(前略)
次に、なぜ初動が遅れたのか。ベントや海水注入が遅れた理由についてお聞きをします。
十一日、地震が起こってしまった十時に、政府の報告書によれば、二時間五十分後、燃料溶融、二号機が炉心溶融すること、三時二十分にベントの実施をすることが予測をされています。一、二号機とも炉内圧力を下げるためベントの必要性が出てきた、これが二時半です。四時に保安院に実施を相談しています。しかし、実際、ベントが行われたのは十時間半後です。
私は九時半に保安院に連絡をして、事情を聞きました。燃料棒が損傷している可能性がありますねと聞いたら、そうですと言って、これからベントをやります、ベントの一つは開けましたという答えでした。なぜベントがこのように遅れたんですか。
<大臣政務官(中山義活君)>
前回の御質問でもありましたけれども、海水注入が遅れたというようなことも言いましたよね。私たちはちゅうちょなく、早く炉心を冷やすということが一番大事だということで、ベントも圧力が高いうちは水が入らないということで、順次安全をよく監視しながら、私はできる限り早くやったつもりでございます
<福島みずほ君>
答えになっていません。四時にはもうベントをするということを、朝の四時に言っているわけです。私が九時半に電話したときも、今からベントをするという答えでした。
私は国民が聞いたら怒ると思うのは、十一日の夜十時に、二時間五十分後に炉心溶融するというふうにもう予測を立てているんですよ。一刻を争うときに、一刻も早くベントをして、一刻も早く海水注入すべきじゃないですか
<大臣政務官(中山義活君)>
初動に関しましてはいろんなやっぱり見解があるとは思いますが、とにかく止める、冷やす、閉じ込める、これについて全力を尽くしているわけですから、その冷やすということにおいて、ベントをして圧力を下げて水を注入すると、これについては時間をちょっと、いろんな意味で慎重になり過ぎた部分もありますが、早く冷やすということに関しては一刻のちゅうちょもしたことはありません
<福島みずほ君>
いや、理解できないのは、もう夜、前の日の、地震が起きた十時に、二時間五十分後に炉心溶融と予測しているんですよ。四時には保安院に実施を相談しています、朝の。もうこれはやるという状態じゃないですか。なぜそれが十時間半後になったのかということです。
<大臣政務官(中山義活君)>
繰り返しになりますが、少しでも早く冷やそうという気持ちは我々は一番、みんなが思っていることです。できる限り早くやろうと思っていたことを皆さんに申し上げたいというふうに思います。
<福島みずほ君>
答えてください。九時半にこれからベントをすると聞いて、二時半なんですよ、ベント開始が。なぜそんなに遅れるんですか。しかも、もっと早くできるでしょう。
<政府参考人(深野弘行君)>
ベントでございますけれども、一番優先してベントをしようとしたのは福島第一の一号機でございました。これにつきましては、ベントをしなければならないということで、ちょっと詳細な時間、あれでございますけど、夜中のたしか一時半ぐらいだったんではないかと思いますが、もうベントはこれやるべきだということを大臣等々で判断をいたしまして、東京電力にはその旨を伝えたところでございます。その後、東京電力でどういう手配が行われたか、これはよくまた検証する必要があろうかと思っておりますけれども、ベントを実際に操作をしてもなかなか弁が動かなかったというようなこともあったやに聞いておりまして、その辺は改めて検証することが必要ではないかと思っております。
<福島みずほ君>
二つあるうち一方は開いたんですよ。なぜそれでできないんですか。
<政府参考人(深野弘行君)>
二つあったうち一つは電動弁であったかと思います。電動弁は電気が電源喪失になっておりました。もう一つは、いわゆる圧縮空気で動かすようなタイプでございまして、こちらの方もなかなかうまく動かなかったということのようでございます。これについては、いずれにしても、まだ詳細な検証が必要かと思います。
<福島みずほ君>
前の日の十時に、あと二時間五十分後に炉心溶融と出ているわけですよね、予測。だったら一刻も早くやるべきであって、ベントをしてとにかく注水しなくちゃいけない。なぜ、ですから九時半でも遅いと思いますが、なぜ朝方とか四時とかできないんですか。
<政府参考人(深野弘行君)>
ちょっと今の段階で私ども承知しておりますのは、当省で夜中の一時過ぎにそういう判断を官邸も入れて行いまして、それを東京電力に伝えたということでございます。
<福島みずほ君>
班目さん、東電幹部と二時半に協議をし、一、二号機の炉内圧力を下げるため、ベントの必要性を確認していますね。
<政府参考人(班目春樹君)>
そのとおりでございます。
<福島みずほ君>
じゃ、なぜやらないんですか。なぜあなたは総理と一緒に現地に行くんですか。
<政府参考人(班目春樹君)>
私の知っている限りのことを申し上げます。私のすぐそばに海江田大臣がいらっしゃいまして、東電にとにかく早くベントしろと言い続けておりました。その結果なぜベントができなかったということについては、私は、申し訳ございませんが、今のところまだ承知してございません。
<福島みずほ君>
いや、ちょっと唖然となってしまいます。もう炉心溶融かという事態で、何で班目さん、
大丈夫とか言って総理と一緒に行くんですか。そのことそのものも問題じゃないですか。
<政府参考人(班目春樹君)>
総理が現地を視察するということについては、私は、決まるまでいきさつを存じ上げませんので、ちょっと答弁は控えさせていただきます
<福島みずほ君>
二時半にちゃんとそういう話しているんだったら、あなたが安全委員長としてちゃんとイニシアチブを取ってやるべきじゃないですか。東電がやらないんだったら、やれとやるべきじゃないですか
<政府参考人(班目春樹君)>
私の知る限り、海江田大臣が東電にとにかく早くベントしろと言い続けていたことだけは確かでございます。
<福島みずほ君>
東電の社長を、東電について、いずれ集中審議で参考人として呼んでください。
<委員長(前田武志君)>
理事会において協議いたします。
<福島みずほ君>
今、放射性物質が広がっている。やっぱり、なぜここで、十一日、十二日でできなかったのか、これは本当に大きな問題だと思います。
海水注入がなぜ遅れたかについてもお聞きをします。十二日の朝やっていればもっと変わったんですよ。
十二日の夜、少なくとも十八時、総理は、福島第一原子力発電所について海水注入せよと言っている
んですが、二号機については二日間遅れます。なぜこの時点で全部海水注入が行われないんですか。
(後略)

投稿: 元官僚 | 2011年5月27日 (金) 14時52分

   ↑
次の「メモ」が福島党首に渡っていたのでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
枝野官房長官は24日の記者会見で、震災翌日の3月12日に東京電力福島第一原子力発電所1号機への海水注入が一時中断したことに関連し、菅首相が海水注入を指示する2時間近く前の午後6時頃に、首相が注入の指示を出したと受け取られるようなメモが首相官邸内で作成されていたことを明らかにした。実際には、首相は海水注入の可否を検討中だった。メモは首相官邸の危機管理センターで関係省庁の担当者らに配布、回覧されたが、誰がメモを作成したのかは不明という。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「海水注入は俺の英断ということにしておけ」
「かしこまりました。実際の注入開始は現場判断で午後7時4分でしたので、午後6時の指示ということで口裏を合わせておきます」
(2か月後)
「あの日、東電が勝手に注水を始めたとお怒りだったので、注水が7時25分に中断され、注水再開は午後8時20分だったみたいです」
「そうか、じゃ、怒った理由を考えてくれ。廃炉になるのをためらったとかいうのではないのを」
「再臨界の危険性とか」
「おお、それだ、それがいい」
「でも、再臨界の危険があるのに指示を出したというのでは持ちませんよ」
「では、指示時刻を、班目が可能性ゼロと判断した8時にしておけ」
「再臨界の危険性は誰が言ったことにしますか?専門家が言ったことにしないと持ちませんよ」
「それも班目だ」
「班目氏が7時25分には危険だと言い、8時には安全だと言うんですか?」
「そういうことだ」

(数日後)
「現場判断で中断はしていなかったそうです。24日から来日するIAEA専門家には、ばれてしまいます。どういたしましょうか」
「隠せ。時間を稼げば国民は関心が薄れる」
    ↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京電力福島第1原発の事故に関して政府が作成を進めている国際原子力機関(IAEA)への報告書の内容について、経済産業省など関係省庁が、秘密の確保を徹底し報道機関からの質問に対して「ノーコメントと答える」との“かん口令”を申し合わせていたことが22日、分かった。(共同通信)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿: フィクション作家乙 | 2011年5月27日 (金) 16時05分

この件、現場責任者のヨシダさんがやっていたことらしくて。
現場のことは現場じゃないとわからない。
じぶんは安全なところにいて、あれこれ難しい指示だけだしてくるおえらいさんや政治家に、いいかげん頭にきていたのだろう。
こういう人がいてくれるから、まだなんとかもちこたえているんだな。
しりたくないほど、おそろしいことがいっぱいおきている。(かささぎ)

『雲ひとつなき』新茶歌仙4句目5句目

コメント

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘         姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて     沢 都
  明治に学ぶ父の帳面       中島 倶
満月は眠らぬ街を通り抜け     青翠えめ

たくさん句案をだしてくださいまして、ありがとうございました。
こういうことにハタときづきました。
えめさんの出してくださった付句でビル街の谷間探してのぼる月という句がありました。が、すぐに、脇句の「隙」と谷間がさわると。
隙と書いて、すきと読む場合もありますが、ひまと読む場合もあります。
むかしの暦は時間と空間がしっかりと結びついていたんだと思えるのが、この「隙」です。すき、というのは、隙間のことで空間であります。ところが、ひまと読むときは、時間的なものまでがすうっと入り込んでくるのです。
古語的な使い方でありますので、ひまはひまでも、すきまという意味です。
石橋秀野さんの句にあるのです。戸の隙に音なく積もる根雪かな、みたいな句が。
戦前の句を学ぶと、おおきなものとつながることができます。
わたしたちが忘れてきてしまったもの。
国語はだいじなわすれものをしてたんだ、ってのが、わかります。
昔の人の書かれたものをていねいによむのは、すごくいいです。
ということで、中島倶さんが出してくださった四句目があるおかげで、五句目の月は少々冒険ができます。えめさんの眠らぬ街をいただきたいと思います。
ともさん句とあわせてよみますと、この句の作者は父の帳面をじいっと見ている。
なにか教えられるものがあるのです。眠れないわたし。
眠れない街。
そして眠れない満月がゆっくりとした早足で通り過ぎて行く。
どこか蕪村の有名な月の句を思い出させるえめさんの月でした。
さて、六句目です。秋。
おりはしです。変化を内包するような句をおねがいします。
以下は、4句目、5句目案が出たコメント集成、まとめておきます。
ぼんさん、せいこさん、ありがとう。
とらなかったのは、よくなかったからではなく、えめさんの句がここにぴたっと納まったからです。またじゃんじゃかだしてね。
乙四郎はん、そらんさん、ろいりーさん、さくらさん、たからさん、らんちゃん、どうか一句でもいいから、だしてくだされ。(つぎの裏の一句目も秋です。)

明治に学ぶ父の帳面
少年の吹くチューバの韻き
字の由来などわからぬままに

ともさん、さっそくありがとさんにござんす。

1明治に学ぶ父の帳面
2少年の吹くチューバの韻き
3字の由来などわからぬままに

このうち、リズムがシサンでおわる2(ちゅーばの・で四、ひびき、で三)を除外。かささぎが例としてあげていたもののなかにもシサンが一つありました。おとさわやかにひづめをけずる。ひづめをけずるおとさわやかに。、ってすればきにならなかったのにねえとやはりおもいました、これ、連句人だから仕方ない。
おもてぶりということで、1をいただきますが、どれをとっても、いい句でした。

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘         姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて     沢 都
  明治に学ぶ父の帳面       中島 倶

明治に学ぶ、といういいかたは、明治の先人に学ぶ父というような意味と、明治時代に学んだ父の残した帳面、というような意味と、二つ読めます。
都さんの第三、波が寄っている辺りにさっきまで鳥がいて啼いていたんだという風にも読めますので、それとあわせれば、明治に生まれ学んだ父のかたみの帳面みたいな読みをするのがいいのでしょうね。うまい付句です。びっくりしました。

さて、五句目にいきます。
月です。秋。
乙四郎先生、呂伊利さん、男性のみなさん。
どうか句をだしてくださいませんか。
どんな月でもいいです。ただ、おもてですから、無常や宗教じみたものは控えてください。
ぼん、4句目とれずにごめんね。いい月ができたらおだしください。

こんにちは
ビル街に谷間探して月のぼる

すみません。
ビル街に谷間探してのぼる月

すみません。
谷間と隙はさわりますねsweat01

5句目

1  月赤く丸く大きく美しく
2  月満ちて天守の影の長きかな

あやまらんでよかばい。

月赤く丸く大きくうつくしく
これ、よさげなのにねえ。
もう。
色はでています、発句に。
かなどめ?
ばーろー!ざけんじぇねえ。
かおあらってでなおしてこい。

悪かったねーきづかんで。
今顔を洗ったけど、明日にするわー。

月熟れて丸く大きく美しく
月眩し丸く大きく美しく

ぼん、一直はできましたか。
こんなのはどうでしょうか。
熟れて、のほうが元句に近いな。
完熟とまとみたいな月。
ふれなばおちんとす。
線香花火のおわりがけみたいな。

えめさん、月句ありがとうございました。
ビル街に谷間探してのぼる月
おもしろい月ですね。なんとなくこの月のきもちがわかる。めだちたくない月だってあるよね。
ひなびた景色から一転、都会の月へ。
隙間と谷間がたしかにさわるのですね。
きにならなかったのですが、えめさんが自らおっしゃったので、きになってきました。谷間を変えればいいのですよね。
たとえば、凹みさがして。あんまりかな。
ここが工夫のしどころで、ことばを探し回る過程で、名句が生まれるのだとおもう。一日、がんばってみませんか。
まちます。
そういうものですね。
月も、連句に出会うまではさほど気にならなかったのに、常にどこにあるか、出ているのか?ときになる。

恵みの雨。
ってことは、農作業もひと息。
ってことは、パソコンの前。
のわたくしであります。笑

おっ、ともさんの明治に学ぶ父の帳面って、これ、ばりばり捌き好みの一句ではありませんかー。
さすがですねえ。

ぼんの月の句。
これ、いいよ。一直なさいませ。
 月○○○丸く大きくうつくしく

→月のぼる丸く大きくうつくしく
平凡かしら?

人間も地球も月もやや傾ぎ

あらら、まだ表でした。
傾いじゃいかんでしょう。

こんにちは。
>>直しってかなりエネルギー要りますね。しかもなかなか浮かばないし・・。
>>
ビル街に静寂捜しのぼる月
ビル街に夜空探してのぼる月
満月は眠らない街通り抜け
満月は最上階を照らしおり

やっと孫が帰り、一寝入りしてパソコンの前に来る事ができました。

一直

月まろし強く大きく美しく

いかがでしょうか。エメさんの眠らない街の句もいいです。

医療人材の共通原理                 法によって規定され守られるもの

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 27 日 医療人材の共通原理

医療に携わる職種はたくさんあります。
医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、看護助手、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、管理栄養士、栄養士、調理師、臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、診療情報管理士、医療経営士、医療事務・・・などです。
これらの職種の多くに共通することを挙げてみます。
1、顧客(患者)のいのち(精神、身体)を対象としていること
2、顧客(患者)を背景事情(家族、社会、生活)から切り離せないこと
3、顧客(患者)が経過中に亡くなることがあること
4、職場のボス以外にも行為を支配する存在があること
   法(職種ごとの身分法)
   患者
5、技術的専門性が高く、かつ、日進月歩であること

これらの職種のうち国家資格にはそれぞれ身分法がありますが、目前の患者に留まらず、国民、公衆に裨益することを最終目的とする法が多いようです。

<医師法>
第一条 医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。
<保健婦助産婦看護婦法>
第一条 この法律は、保健師、助産師及び看護師の資質を向上し、もつて医療及び公衆衛生の普及向上を図ることを目的とする。
<薬剤師法>
第一条 薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。
<診療放射線技師法>
第一条 この法律は、診療放射線技師の資格を定めるとともに、その業務が適正に運用されるように規律し、もつて医療及び公衆衛生の普及及び向上に寄与することを目的とする。
<臨床検査技師等に関する法律>
第一条 この法律は、臨床検査技師の資格等を定め、もつて医療及び公衆衛生の向上に寄与することを目的とする。
<理学療法士及び作業療法士法>
第一条 この法律は、理学療法士及び作業療法士の資格を定めるとともに、その業務が、適正に運用されるように規律し、もつて医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。
<視能訓練士法>
第一条 この法律は、視能訓練士の資格を定めるとともに、その業務が適正に運用されるように規律し、もつて医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。
<言語聴覚士法>
第一条 この法律は、言語聴覚士の資格を定めるとともに、その業務が適正に運用されるように規律し、もって医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。
<臨床工学技士法>
第一条 この法律は、臨床工学技士の資格を定めるとともに、その業務が適正に運用されるように規律し、もつて医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。
<義肢装具士法>
第一条 この法律は、義肢装具士の資格を定めるとともに、その業務が適正に運用されるように規律し、もつて医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。
<救急救命士法>
第一条 この法律は、救急救命士の資格を定めるとともに、その業務が適正に運用されるように規律し、もって医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。
<あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律>
(目的規定なし)
<柔道整復師法>
第一条 この法律は、柔道整復師の資格を定めるとともに、その業務が適正に運用されるように規律することを目的とする。
<歯科医師法>
第一条 歯科医師は、歯科医療及び保健指導を掌ることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。
<歯科衛生士法>
第一条 この法律は、歯科衛生士の資格を定め、もつて歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的とする。
<歯科技工士法>
第一条 この法律は、歯科技工士の資格を定めるとともに、歯科技工の業務が適正に運用されるように規律し、もつて歯科医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。
<栄養士法>
(目的規定なし)
<調理師法>
第一条 この法律は、調理師の資格等を定めて調理の業務に従事する者の資質を向上させることにより調理技術の合理的な発達を図り、もつて国民の食生活の向上に資することを目的とする。
<精神保健福祉士法>
第一条 この法律は、精神保健福祉士の資格を定めて、その業務の適正を図り、もって精神保健の向上及び精神障害者の福祉の増進に寄与することを目的とする。
<社会福祉士及び介護福祉士法>
第一条 この法律は、社会福祉士及び介護福祉士の資格を定めて、その業務の適正を図り、もつて社会福祉の増進に寄
与することを目的とする。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽かささぎの独り言

遅番でした。一人で遅番をするのですが、洗い物をして、乾燥機に入れて、温冷配膳車に入所者のトレイを人数分セットし、あしたはパンの日なのでパン皿とジャムをセットし、お箸とスプーンとフォークをセットし、名札を入れ、献立をみて、お皿を準備して帰ります。
七時までの勤務なのですが、七時半になります。
遅番のときは料理を作りませんが、早番だと作らねばなりません。
こないだ、はじめて二十五分で四十人分のごはんとお味噌汁を盛って配膳することができました。一人ずつ分量が異なるので量りつつ、とろみが必要な人へはとろみ剤をいれて。
刻みの人がいつも四分の一はおられる。
時間というのはじつにふしぎなものだと実感します。
おなじ十分がまるで二十分にも感じられる。
一分はこんなにもいろんなことができる時間だったんだね。

2011年5月26日 (木)

コローの絵

なつかしき家の匂ひや若葉雨

なつかしいひとは丘の上にとどまって
裏からじいっとみまもってくれる

医療と統計学~平成22年の死亡数の急増(2) 月ごとの数字をみる

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 26 日 平成22年の死亡数の急増(2)

死亡数の増加について、季節性の特徴があれば、その要因が推測できます。
たとえば冬季に増加していれば、インフルエンザの流行による超過死亡を疑います。
厚生労働省が毎月発表する速報値から、対前年同月と比較した増加率を算定してみました。

各月の死亡数と対前年比増加率
平成20年  21年       22年       23年
1月111,394 115,257 (+3.5%)114, 018 (-1.1%) 122, 892 (+7.8%)
2月103,169  95,246 (-7.7%) 98, 804 (+3.7%)  102, 551 (+3.8%)
3月103, 596 101, 661 (-1.9%)104 ,351 (+2.6%) 113 ,094 (+8.4%)
4月 95, 410 94, 930 (-0.5%) 99, 480 (+4.8%)
5月 92, 769 93 ,831 (+1.1%) 99, 022 (+5.5%)
6月 85, 027 85, 760 (+0.9%) 91, 338 (+6.5%)
7月 88, 584 87, 661 (-1.0%) 95, 862 (+9.4%)
8月 88, 844 89, 268 (+0.5%) 96, 619 (+8.2%)
9月 85, 803 88, 301 (+2.9%) 92, 671 (+4.9%)
10月93 674 95 705 (+2.2%) 99 108 (+3.6%)
11月 98, 516 97, 824 (-0.7%) 104, 860 (+7.2%)
12月106, 480106 732 (+0.2%)111, 518 (+4.5%)

23年の3月の速報値には東日本大震災で届出があった死亡診断書・死体検案書の数が加わっていますので対前年同月比8.4%増となっていますが、来年に発表される確定値ではそれ以降の届出数がさらに加わります。
23年2月までの26月の統計について、増加率が目立つ月は次の通りです。

①22年7月  9.4%増
②22年8月  8.2%増
③23年1月  7.8%増
④22年11月 7.2%増
⑤22年6月  6.5%増
⑥22年5月  5.5%増
⑦22年9月  4.9%増
⑧22年4月  4.8%増
⑨22年12月 4.5%増

季節性の特徴はなく、平成22年度に入ってからの増加が顕著です。もし、このような増加率がずっと続けば10年も経たないうちに死亡数が倍増してしまいます。

保健医療経営大学「学長のひとりごと」

2011年5月25日 (水)

小出裕章助教の国会報告


コメントコメント
官邸の現在の言い分は、賠償責任は東電にある、と。
次ぎに、電力自由化です。
本気なら、東電に会社更生法が適用される流れが決定的。
会社更生法で、まずカットされるのは損害賠償請求権です。
これで損害賠償がチャラになり、損害を被った方々は泣き寝入りです。

・・・要するに、こういうことですね。


投稿: 元官僚 | 2011年5月24日 (火) 10時13分
コメント
こんなの見つけました。
官邸の神様(↓)

震災の頃からなぜだか
被災者を無視してた
もらった献金こっそりと
パチンコ屋に返してた

毎日パフォーマンスをして
支持率を気にした
でも原発対策苦手なおいらに
被災者がこう云った

官邸にはそれはそれは無能な
菅直人がいるんやで
だから毎日祈ってみても 民主党政府に
見殺しにされるんやで

その日からおいらは
政権延命に努力した
大連立絶対やりたくて
谷垣に声かけた

被災地に出かけた時には
いちごとキュウリを食べた
放射能漏れで土下座する東電を
怒鳴って責めたりもした

官邸にはそれはそれは無能な
菅直人がいるんやで
だから毎日祈ってみても 民主党政府に
見殺しにされるんやで

少し天狗になったおいらは
西岡氏とぶつかった
小沢ともうまくやれなくなって
居場所がなくなった

休みの日も料亭に出かけ
伸子と贅沢した
期待感も信頼感も
みんなの心から消えてった

どうしてだろう おいら人を傷つけ
大事な支持をなくしてく
いつも味方をしてくれた報道陣引き連れ
ぞろぞろと 福島行った

震災から2ヵ月過ぎても
被災者は避難所暮らし
痩せて細くなってしまった
被災者に会いにいった

「皆さん、お元気で!」ってわざと
いつもみたいに云ってみたけど
ちょっと話しただけだったのに
「もう帰りー。」って避難所を出された

投稿: 茹で日本 | 2011年5月23日 (月) 15時32分

「海水注入は俺の英断ということで発表しておけ」
「海水入れたら廃炉になるとか言って躊躇しておられたじゃないですか」
「わかるものか。東電の連中も廃炉を心配してたぞ。東電の抵抗をはねのけて英断した、ということにしておけ」
(2か月後)
「まずいことが起きました」
「何だ?」
「実際の海水注入開始時刻が総理判断の前であったことがマスコミに漏れてしまいました」
「何だと?あれはすぐに止めさせただろうが」
「止めさせたことまで漏れています」
「その短時間の海水注入と中止は東電が自主的にやったことにしておけ」
「現場の所長が本社の指示を仰がずに自主的に判断して注入を開始したのは事実ですが、現場が勝手にやったのをけしからんと怒られたことは議事録に残っています」
「それでも、あのとき現場に中止の電話を入れたのは東電本社だろう」
「事故対策の最高責任者にあれほど怒鳴られては、一旦中止を指示するしかないでしょう。中止指示の理由づけが必要です」
「海水注入で再臨界の危険があると原子力安全委員会が注進したことにしておけ」
「そんなのが理由になるんですか?」
「国民は再臨界の知識などないから簡単に騙せるぞ。専門的知見から東電が自主的に判断したことにしておけ」
「議事録はどういたしましょうか」
「そんなの破棄しておけ」
「いいんですか?」
「私の正しさは歴史が評価してくれる」
「記録もないのにどうやって評価されるのですか?」

投稿: フィクション作家乙 | 2011年5月23日 (月) 18時05分

贅沢なんかしてません。笑

投稿: 伸子 | 2011年5月23日 (月) 20時05分

のぶこってだれ?
ぼんでしたね。

投稿: かささぎ | 2011年5月23日 (月) 23時26分

たちばなあきら。 週刊プレイボーイってまだあるんだ。へえ。↓
http://www.tachibana-akira.com/2011/05/2533
よみまひょな。

投稿: かささぎ | 2011年5月23日 (月) 23時30分

政府発表では、3月12日夜の海水注入について、菅総理が原子力安全委員会の班目委員長に「再臨界」の可能性を問い、斑目氏が可能性ありと答えたために東電判断で注入を55分間中断したと。
12日午後3時の水素爆発後の事態収拾の非常に大事なポイントです。
停止直後の原子炉は、冷却水がなくなると1時間あたり1000度近く上昇するので、55分間の注入中断は、融点が1000度台の燃料棒保護素材が溶けてワーストシナリオに向かうかどうかの運命の分岐点であった可能性があります。
斑目氏は、当初、そんなことは聞かれていない、と反論されていましたが、後に翻しました。聞かれていようがいまいが注水継続を進言すべき立場の人なので、注水が中断されたことの結果責任から免れることはできませんが、真実は、(危機管理マニュアルに従って)現場の判断で既に海水注入を始めていることを聞いた総理が「俺は聞いてない」と激怒したことがコトの発端だったようです(複数の証言者がおられるようです)。
誰かが嘘をついています。
なお、後日、官邸へ招き入れた原子力専門家に菅総理が「臨界ってなんだ?」と質問したということがニュースで流れていました。
誰が嘘をついているのでしょうか。

投稿: 茹で日本 | 2011年5月24日 (火) 12時01分

茹でたまごが朝ご飯につくことがあります。
はんぶんにゆでられたたまごで、温泉たまごといいまして、やはり殻つきです。たれもついてます。こつんと割って、小鉢にいれ、たれをかけて供します。たいがい大根おろしもつけます。

ゆで日本さん、ひびわれた管がたくさん通っている原発でゆでたまごしたら人気商品になるでしょうか?名付けてげんぱつたまご。うりは、どこより濃い放射能であなたもからだの内側から放射能を放射できる。ってのですが。いわば、迎え酒みたいなセオリーのたまご。これを一つ常備しておけば、だいじには至らないお守りとしてどうぞ。っての。

すんまへん。らちもないことでした。おこられる。

したの文章は、橘玲さんです。

「2004年12月のスマトラ沖大地震で、タイのリゾート地プーケットは大津波で壊滅的な被害を受け、ビーチにいた観光客を中心に5000人を超える死者を出した。当然、そんな場所に「観光」に行くひとは誰もいないから、現地の旅行業者はすべて廃業するしかないといわれた。

ところが震災後1週間くらいで、ドイツなどヨーロッパから旅行客がやってくるようになった。彼らがプーケットを選んのは善意からではなく、ただ安かったからだ。こうした損得勘定の観光客によって、プーケットは世界的リゾート地として復活した。

というわけで私も、4月下旬に福島に桜を観にいくことにした。

東北へ向かう新幹線の車内は、建設関係らしいビジネスマンで満席だった。郡山で降りると、街のあちこちに地震の傷跡が残り、出入口を封鎖されたビルも目立った。福島市郊外の温泉に宿泊したのだが、休業中の旅館も多く、週末だというのに街は閑散としていた。

旅館には神奈川と京都から応援の警官隊が宿泊していて、一般の旅行客は私たち以外に地元の家族連れが数組だった。宿のひとたちからは、こちらが恐縮するくらい歓待してもらった。

被災地の復興や支援は大事だけれど、たんにお金を配ればいいというわけではない。丹精込めてつくった野菜を政府が買い上げても、廃棄場に運ばれるだけなら農家のひとはどう思うだろう。旅館や飲食店なら、お客さんが来てくれたほうがうれしいに決まっている。そのためにも、損得は有効に活用すべきなのだ。」

これ、とてもいいはなしです。
行きたいなあ、フクシマ。
車でいく勇気はないが、新幹線ならいける。

投稿: かささぎ | 2011年5月24日 (火) 18時22

八女のお茶屋さんで

八女のお茶屋さんで

「雲ひとつなき」新茶歌仙四句目

青空に雲ひとつなき新茶かな      月野ぽぽな 
  畑の隙に茨咲く丘          姫野恭子
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて      沢 都
  オープンガーデンおなじみの客  八山呆夢

四句目案

ぼん

1  カフェのパラソル少し斜めに
2  オープンガーデンおなじみの客

ぼんさんがだしてくださった四句目。

オープンガーデンは自宅の庭を解放することらしくて、イギリスで流行しているのかな。
山下整子宅の御庭がやがてそうなるであろうという期待をこめて、ゆうじょうというなのうるわしき圧力もかけて、未来先取りで出た句のような感じがします。ついとろうとして、また待った。
こういうとき、さわるのどうのというのはどこを見て言っているかと申せば。
うちこし、です。ちがうちがう、のりこしではありません、打越です。
ひとつはさんだ隣の句のこと。四句目とうちこしは脇。
脇には畑や丘があります。
連句用語分類では山類になるのかなあ。
それにガーデンはかぶさります。
では、カフェのパラソルはどうか。
わるくありませんが、かといって、あまり気がすすまない。

なぜといいますに、発句は主観まじりの人情自の句ですが、脇、第三と叙景句、つまり場の句、四句目でまた叙景はねえ。夏の季感があり、それも躊躇する理由です。

ここは、人情の句でさりげない雑の句をください。

ええっと。ここに『草門帖』の古い号があります。
優れた作品が掲載されていまして、そこから気ままに引いてみます。

歌仙などのおもて四句目例

サーの称号犬に与へて 浅賀淑代

音さはやかに蹄を削る  高岡粗濫

近づいてくる驢馬のパン売  安永沙羅

親父ゆづりのパイプくゆらす  島村暁巳

隣の部屋で羊羹を召せ    吉田梨恵

舞台化粧の器用不器用   野尻涼悦

釜動き出す山の鳴動    中西ひろ美

胸にワッペン背にゼッケン 川野蓼艸

千階建てのビルの窓拭く   葛城真央

運動靴の裏表裏     大橋俊彦

方一丈の壁に囲まれ   村松定史

ねぢれオブジェに運ばれてくる  川野蓼艸

草履のことを鼻緒サンダル    村田実早

想像界のともづなを解く   工藤 繭

遠海鳴りに耳を傾け    佐々木けん

氷砂糖のとける負の刻   狩野康子

漫画の顔はいつもまんまる  大橋俊彦

ソナチネを弾くさらさらと弾く  山路春眠子

部屋片付けぬ理由あれこれ  野尻涼悦

ステップうまきニグロ少年   井上鶴鳴

ポストに笛を聞かせたりして  上野遊馬⁂

長き客車を児の駆け抜けし  坂本孝子

預かった猫相客にして     坂根慶子⁂

(⁂四句目が「てどめ」の三句目は「に止め」です。)

まだうんとありますが、この辺で失礼します。

  

せからしかねえ。

イタリアの社会保障制度(3)                効率化と医療の質と

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 25 日 イタリアの社会保障制度(3)

イタリアでの保健医療の供給体制(SSN)は独立行政法人(ASLと称されおおむね県に1つずつ配置)と病院公社が実施しています。

ASLと病院公社は州によって財政運営がチェックされ問題があれば独立性が取り消されます。

運営が独立行政法人に委ねられているのは効率化のためで、平均在院日数や病床利用率などの諸指標がチェックされます。

基準病床数が定められており、病院は入院率を人口1000対160以内に収め、かつ、病床利用率を75%以上に保つことが求められます。

また120床以下の小規模病院は統廃合されています。

SSNの財源はすべて、州税である生産活動税、個人所得税、ガソリン税、付加価値税(消費税)によって賄われています。

また、必須の扶助基準を超えた付加的サービスの費用は利用者負担などを財源としています。

ASLへの財源の配分は、管轄人口に基づく人頭予算算定方式で、年齢構成や山岳人口割合、特定疾患罹患率などが加味されます。

配分された財源の範囲内で予防から介護サービスに至る幅広い活動を行うことになりますので、医療費支出の抑制に効果がある予防活動にも力点が置かれることになります。

また、管轄を超えた地域への患者の流出分だけ予算が削られますので、患者を引き留めるために医療体制の整備と医療の質の確保が必要となっています。

一般医(ホームドクター)と小児科医については、患者は自由に医師を選択できます。

ただし、一般医は1人で1500人以上の住人を受け持ってはいけません。

小児科医は800人までです。

医師は受け持った住人について、診療のほか、往診や学校保健、労働衛生、保健教育などの業務も行います。

これらのサービスはすべて無料です。

専門医療は専門医によって提供され、患者は自由に専門医を選択できますが、一般医が専門医の受診の必要性を認めなければなりません。

また、ASLの予約センターで診察数の調整がなされます。

専門医療については一部負担金が求められる場合があります。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽ドイツの保険制度についたものをご紹介します。

コメント

「政権交代に揺れるドイツ医療最新報告」 
真野俊樹・レポート。

社会保障を効率化充実化させつつ、経済競争力も高めようとする視点はどこの国もいっしょみたいで、日本が手本としてきたドイツもおなじです。
ことわりもなく失礼とは存じ上げますが、本を送って下さった徳島のジャンヌダルクこと、香川宜子先生へのお礼の意味もこめて、また、かささぎの旗が私淑する竹橋乙四郎先生への恩返しの意味もこめて、連句的に、この真野俊樹さまの御文章を引用させていただきます。以下、全文が引用であります。(おおっと途中のかっこ書きはかささぎ脚注。)

「官僚主義的規定にかわって信頼の文化を必要としているという連立政権の方向に乗り、ドイツにおいては保健大臣であるレスラー氏が人頭保険料という考え方をうちだした。すなわち、思想的には社会保障の再分配機能を排除し、フラットな保険料率にする。一方では保険者機能を維持するために疾病金庫が赤字にならないような保険料構造にし、さらに企業の負担を減らす。そして保険料を支払えない人には、税金から補填するというものである。」
(※その改革のあり方をめぐっては、やりすぎと批判されできない部分もあるようで、一部が導入されているだけのようです。
おおきな病院を現地訪問されてのざっぱざっぱとした、けれどもきちんと見どころを押さえたレポートで、デュッセルドルフには医師会が二つあることなど、さりげなくはさまれたさりげない一言の重みにもうなりつつ、文末のしめくくりのところを、そのまんま引いてまとめとしたい。文章・真野俊樹、引用文責・かささぎの旗姫野。)

「最後に、現地でお話を伺ったマイデル教授の意見を踏まえ、ドイツの医療、中でも医療保障の将来を考え、そのあとで著者の考えを日本の状況に即してのべて、この報告書を終えたい。

マイデル教授によれば、厳しい財政状況を踏まえ、支配的な考え方が3つあるという。
1つの考えは人頭定額制。これはスイスのようなモデルで現在ののCDUとFDPが推している考え方。2つ目が日本型の市民保険という考え方で、これは皆保健のようなものでSPDの考え方。ここにおいてはすべての市民が保険の制度に組み込まれるため、結局民間保険を撤廃することになります。すべての収入が保険料の査定の基礎になるという考え方にもなります。3つ目の考え方はフランス型で、税金によって賄う保険制度。医療基金が作られましたが、これは連邦保険庁という国の役所に属しているため、自然に税金が注入されていくことになります。
前政権の保健大臣はおそらくこれを想定していたのでしょう。」
効率化の一つのあり方として、米国などではITの活用が議論されている。ドイツでもE‐ヘルスということで、診療所や病院、歯科医師、薬局をITでつなぐ構想がある。そのために2007年から国内7地域で7万人規模の実証実験を試みているというが、予算の問題もあって、いったん中止になっているようだ。
 なお、ドイツでのIT環境は両都市(※デュッセルドルフとベルリン)ともよくなかった。泊まったホテルはそれほど悪いホテルではないと思うが、どちらも無線LANはあるものの、かなりスピードが遅かった。ドイツでの病院IT化の遅れを象徴しているような感じがした。このように、政権のぶれ、IT化の遅れなど、日本とドイツは予想以上に似ている部分が多かった。」

引用元 Scheneller 77号
株式会社ファルコバイオシステムズ2011年元旦発行

2011年5月24日 (火)

八女のうどんやさんで

八女のうどんやさんで

病院をハシゴする、3つ!

筑後市立病院の4階病棟の北窓からの景色。
ちょうど新幹線が通過してゆくのがみえました。
父は看護師さんに最後の清拭をしてもらってました。

父がいた2週間をずっと付き添ってくれた見習い実習生。
かんじがよくて明るい素直な娘さんでありました。
おせわになりました。

父が家に帰りたいというので、いったん家に連れて帰り、安堵したところで、転院先へ。
リハビリ専門の丘の上の病院へ舞い戻ってまいりました。2週間ぶりです。
すっかり葉桜がその影を濃くしてました。
遠くになべ底山がぷっくりとしたおしりのような形で横たわってました。

さいごに、市内の泌尿器科へ。
父の大腿骨なんたらかんたらいう手術(覚えきれない)は成功したのですが、その手術の際、尿道に入れていたステルス・・・じゃなかった、ステントっていう管のことをお医者さんに話すのを忘れていたようで、手術、本来なら2時間で済むというのに、4時間もかかりました。先生が途中で出て見えて、管をいれてありましたね、それがこわれてしまって、あぶないので、取りました、退院したら、かかりつけのお医者さんに行かれてください。と説明されました。

すぐにでもステントを埋め込まなければいけないのかなあ。
と思って、筑後の先生とリハビリの先生とが書かれた紹介状をもって、八女市内のかかりつけの泌尿器科へいきました。まだ昼休みでした。パソコン画面が、お茶のコーナーを案内してくれ、そこへ行くと、煎茶、玄米茶、白湯、と3種のお茶のセルフサービスができます。せっかくだからかささぎは煎茶と玄米茶を飲みました。観葉植物がたくさんあって、とってもきもちのいい病院です。

で、先生がおっしゃるには、歩けるなら埋めたほうがいいけど、車椅子でトイレに自分でいけないようなら、急ぐ必要はないのじゃないか。とおっしゃいました。

父をめぐって、たくさんのお医者さんたちと出会いましたが、どの先生も、手術に関しては、すべきかすべきではないか、と、真剣に迷われています。今回も、泌尿器科の先生は、ウーン・・・といって、迷っておられるご様子です。

やれやれ。

イタリアの社会保障制度(2)              公営医療を国の発展の礎に

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 24 日 イタリアの社会保障制度(2)

イタリアの社会保障体系において「保健医療」は他の社会保障制度とは一線を画しています。

イタリアでは1978年の医療改革において社会保険方式を放棄し、公営医療方式(SSNと称される国民保健サービス)に転換しました。

地方分権なので、公営医療とは「州営」医療ということになります。

なお、この州営のSSNでは、医療サービスだけではなく予防・公衆衛生サービスや児童・障害者・高齢者などへの介護・福祉援助サービスも給付対象に含まれています。

保健医療を公営で行うことについては財政的には困難を伴い、1978年の医療改革以降も紆余曲折がありましたが、種々の議論の末、医療改革の理念が再評価され、現在では保健医療はイタリアの「発展」の基礎として財政問題よりも高次に位置づけられています。

憲法にも「共和国は、個人の基本的権利であり共同体の利益としての健康を保護し、貧困者に対し無償の医療を保証する」とあります。

SSNは保健計画に基づいて運営されますが、保健計画には国が策定する全国保健計画と州が策定する州保健計画とがあります。

全国保健計画はSSN運営の基本方針を明示し、全国で統一的に達成すべき到達目標や最低限の扶助基準を定めたものです。

州保健計画は、全国保健計画に沿って州の方針と目標を定めるものです。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」転載)

2011年5月23日 (月)

あべしげさん動画 『原発賠償のまやかし』

ザリガニおっちゃん

ザリガニおっちゃん

第三、発句の茶に朝めしは障るか?

函館の杉浦清志先生のブログへいきましたら、つぎのようなコメントがついていました。

「打越の茶と飯は差し合うような気がしますが、かささぎさんは気にならない?」

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/kiyoshi0302/comment/20110521/1305990002#comment

前田師と巻くときでも、飲食物の打越がかち合わないようにと配慮してつけていました。
いまさら何を言っているんだか、基本のキです。
一応、この際だから、連句辞典ではどう書かれているか、詳しくみてみますか。
なにを見れば…膨大な式目の・・とりあえず、これを。

▽越不嫌(こしきらわず)

似たようなもの・あるいは極めて近いものでも、打越を許容されるもの。

これにはずらずらっといろんな例が書かれます。・・・・
釈教に神仏、たとえば、お経の句の打越にメシアがどうのと出たようなとき。
無常(お墓)の打越に卒塔婆(釈教)がでたとき。
異時分・夜に朝が、異生類・虫に鳥が、異肢体・身に毛が、あるいは目に涙が、異山類・埼と山が、・・・と延々とかまわないとする例がでています。芭蕉の例があるので、つぎつぎとそれに式目を拡張して許容範囲をひろげたんじゃないかとおもえてくるほどです。芭蕉が完全だったわけではないということ、それでもそんなことでは測れないほど作品がよかったということなのでありましょうか。
このでんで、お茶は飲むもの、めしは食うもの、異食物、とやりたいかささぎなれど、どちらも口に入るもの、そのようなことは書かれておりませんでした。残念也。笑。

かささぎは、第三をだしてくれた沢都さんに一部訂正をお願いいたしました。

本人の訂正句です。

朝支度早き庵に客ありて

呼び鈴の音ゆるやかに客の来て

それでもまだきれいな転じとは言い難い。
根がきれない、とよくいいますが、それです。

なぜか。

お茶は客人と深い関連がある縁語だったから。
とやっと今頃になってハタとわかりました。

もういちど、やり直します。

青空に雲ひとつなき新茶かな 
  畑の隙に茨咲く丘
水鳥の鳴きし辺りに波寄りて 

この水鳥の句も、もう一句の帆の先の句も、内容はちがいますが、おなじ心情を詠んでいるとおもわれる。

波がよる、ふだんは波が立つとはいいますが、寄るとはあまりいいません。
でも、歌の世界では、波よる藻草かきためて、といったひとがいます。

ここで調べる。

あれまあ!八女戦国百首の孫七さんではありませんか。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/cat33636509/index.html

(19番の三月尽です。)

ふしぎな句ではあります。ぎこちないと最初に感じたのは、

水鳥の鳴いている辺りでは波がきっとさざめいているだろう。
と見て詠んでいる句ではなく想像して書いている句だからです。

かような歌の世界、古歌の世界に多いですね。

ひさぎおふる清き河原に千鳥しば鳴く  赤人

ちょっと上半分度忘れ。ここ。ここにちやんとある。http://tmkc.pgq.jp/manyou/0925.html

ひさぎ、かささぎは以前れぎおんで何かエッセイをかいていたころ、「きささげ」(ぜんそくの薬)を調べて、それで「ひさぎ」木へんに秋の字、と同じものをいった、とあるのを知り、この歌も知りました。山本健吉の深い読みがある歌でして。

赤人は深夜に起きだして、清き河原に生えている久木のことを思っている、それを健吉はなんとかいていたっけなあ。深夜幽谷の情?なんか、そんなようなことば。

とにかく、むかしのひとたちって、常に樹になったり、いろんな動物になったり、いろんな立場の人になったりして、うたをよんでいなさったようですじゃな。

うわ。もう時間がない。

四日連続の遅番勤務です。遅番ばかりやるうち、かなり上手になってきた。
ひよこさん、ぼん、昨日は四句目せっかくいい付け句を出してくださったのに、なにもコメント残せずごめんね。ぼん、ちゃんと昼休みにみているよ。車止めの句、いいな。とおもったよ。さりげなくついていて、しかも軽いのにきちんとしていた。靴も前向きに脱ぐってどういう意味かいなとおもったけど、わかるわかる。

ひよこさん、一句目はさわるんじゃないけど、おもてにはむかない。

ひさぐ(うる)、このことばも、おもてにはむかないような気がするのは、きっとどこかに、春をひさぐという古来えいえいとある職業を連想させるからでしょうか。ひさぎ、ひさぐ。あれ、どこかにていましたね。今日の連句的でした。

では、四句目にやっといきますか。

四句目から連句ははじまります。

イタリアの社会保障制度(1)               神聖ローマ帝国の「sacrum」が今も残る国

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 23 日 イタリアの社会保障制度(1)

ドイツとイタリアと日本とは第二次世界大戦では同盟関係にありましたが、わが国の社会保障制度はドイツの影響を大きく受け、イタリアの影響は小さかったようです。

イタリアの歴史的特徴は、イエズス会など、慈善活動を行う組織や団体が古くから発達していたことにあります。

また、中世以降は、職業団体を中心に相互扶助制度も展開されています。

第二次世界大戦では敗戦国となってしまいましたが、わが国と同様、高度成長期を経て、戦後に現在の諸制度の原型が形成されています。

イタリアは、高齢化や少子化の進行の早さも、先進国の中ではわが国と肩を並べるほどの突出した存在です。

従って、やはりわが国と同様、近年は、めまぐるしく社会保障制度改革を行っています。

しかし、イタリアの社会保障制度は、わが国とは大きく異っています。

イタリアでは、カトリック教会の理念が社会保障の理念に大きな影響を与えています。

カトリック社会には「補完性原理」という基本原理があります。

これは、小さな組織を包括する団体は小さな組織で処理できないことのみを補完的に担当する、という原理です。

下位組織が履行できることには上位組織は介入しない、という当事者の主権を尊重する考え方ですが、このため、民間の慈善活動や非営利活動、ボランティア活動、家族なども社会保障の担い手に位置づけられています。

特に家族の役割は福祉において中心的な存在であるとイタリアの福祉白書で謳われています。

イタリアでは、年金、労災、失業などの「社会保険」制度を除いては、福祉も医療も地方分権が進んでいます。

わが国では全国的な平等の実現を求めて中央集権的に社会保障制度が発展してきましたが、イタリアでは州(人口100万人規模)ごとの社会保障です。

結果として地域格差(特に北部と南部の差)が生じています。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

イタリアといえば、離婚率が低い国ということしか知りません。
それにこれを読み、やはり神聖ローマ帝国のボス国なんだと感じた。

イタリアの離婚と結婚に関するあれこれ

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1126368246

▽かささぎの独り言

きのう、神津呂伊利さんから介護中であられた御父上が突然亡くなられたことを報じる長文のコメントをいただきました。

それをここにアップしたものかどうか思案しております。
世に偶然は一つもないのであれば、これまで通り、呂伊利文書として公開いたしたい。
一読後、どういうわけか、わたしはすぐ学長が書かれていた死亡数の急増についての文章を連想しました。数字というのはそれ自体に感情はありませんが、どう読むのかで深い意味をもちます。統計と政策や制度、そして世情をそれに絡めなければ正確には読めないという事だろうと思います。

死亡数の急増。
その理由をおもうともなくおもっています。
今現在のかささぎ父の入院生活や介護や看護や、、、も背景にあり、いつもいろんなことを感じながら想いながら暮らしているからでありましょう。
ヒントがそこにはぎっしりと詰まっています。
そして、きょうの学長ブログのイタリアの特徴としてあげられたことのなかにも、連句仲間の山下整子の現況http://tanka-souko.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-5c4a.htmlのなかにも、その答えがひそんでいるように感じるのは、わたしだけでしょうか。

▽神津呂伊利氏のコメント

コメント

5/2に、「もうこのへんで、この病院関係のことは打ち止めにしたいが」と書いたが、それでは許されぬ事態が続出した。みなさん、魔狸蛙様への信仰深い方には、しょせん異教徒の戯言と思われるかもしれぬが。

父は4/4に「緊急入院」させられ、しかし手術は4/12、それには医療上の様々な事情があるのでしょう。そして内視鏡による手術も成功した、と明るい表情で家族に宣った若い医者。手術後だから無理させない方がいいかと思いお見舞いも差し控えていたら、いや実は腸閉塞起こしているので、むしろ毎日来てもらって少しでも歩かせた方が、って、早よ言わんかい…そして家族の側から見たら、その腸閉塞がだいぶ悪いにも関わらず、食事制限の継続などで数日間「様子見」してたのかどうかしらんが、4/21に、いきなり緊急開腹手術の一報入る。
手術後、ICUに勝手に家族以外の人間を入れていた(そしてお見舞い金行方不明事件があり、弟が父の認知症を疑った)のは先述のとおり~姉が怒りの抗議をして、その後は身元を確かめてからしか入れてないらしい。

さて問題はこれからです。父は5月初旬に一般病棟に移ったけど、何だか様子がおかしい、ICUに入ってる時はまだまともに受け答えしてたのに、何だかそれこそ認知症状態になり、それでも医者・看護師は、順調に快復していて特に問題はないですと答えていた。いきなり術後の経過説明をしましょうと気安く言う医者に、いやそれは最低子ども2人以上で聞きたいと、あちらの時間の都合に合わせて決めた、その4/11朝、突然病院から危篤状態との連絡が入り、結局1時間後ぐらいには帰らぬ人となってしまった。
医療上、いろいろ不測の事態があることはわかりますよ、年が年だからというのもわかりますよ、しかしいかに言い訳されても、今回の入院後から急逝までの出来事には納得いかん。以前ここに、病院も人次第と書いたし、脳外科にすばらしい先生がいらっしゃるというのも書いたが、肝心の病院としてのシステムがなってない。それはもう、あっちこっちで感じた、病棟や診療科ごとの横の連絡が、放射性物質に汚染されてるわけじゃあるまいが、ちゃんと機能していない(要するに伝わっているべきことが伝わっていない)。弟の友達というので頼りにしていた院長は、三陸地震・津波だか原発関係だかしらないが、長期不在。いや、それは大切な仕事ですよ。でもそれで肝心の、お膝元の、しかも助かると言われた患者を死なしてどうするんですか?

かくしてその後は、認知症で父の死を告げることさえ難しい母に代わり、喪主代理として葬式準備やとりあえずわかる範囲での連絡。日田のお寺は無住職だし、久留米には西本願寺系の寺が1つしかなく、ここは甥の葬式やった時、姉も私もイマイチ良い印象が持てなかったのを覚えてる、西も東もあるか、同じ親鸞上人の教えではないか、と、割と真っ当そうな、いわゆる葬式仏教を超えた活動をしてるお寺に突撃依頼、友引なんて迷信に構っちゃいられねえetc.etc.
そういうわけで、今やっと一段落かというとそうでもないのです、預金の解約の複雑さ、母を今後どうするか、そんな問題山積みの中で、生活費のためにはいつまでも無給の介護休暇取ってはおれないので、とりあえず仕事にカムバックして、月に2回ほどの行ったり来たりとなるでしょう。

あ、近況報告が眼目ではなかった。
ようするに、なぜ手術がうまくいき、ガンを除去して転移もなく、腸閉塞がひどかったはずなのに放置状態にされ、いきなり緊急手術で、素人目には悪くなってるように見えるのに、順調に回復してますのお言葉、その舌の根も乾かないうちに突然の危篤の知らせ→急逝というのが納得いかんのです。
そういや、「手術は成功したけど患者は死にました」というブラック・ギャグを聞いたことあるけど、それに近かったかも。

セカンドオピニオンの希望を無視されたのも気に食わん。食通で、入院直前まで食欲旺盛だった父が、1ヶ月以上も口からものを食べることができず、持病の喘息にもちゃんと対応してくれず、おそらく入院後の体力の衰えが、直接の死因(誤飲性肺炎?)になったらしい。だったら父が最初に希望したとおり、余命数ヶ月、いや数日でもいいから、うまいもん食って、酒飲んで、行きたいところに行って、会いたい人たちと会って死んだほうが、本望だったのではないか。今後の医療のありかたを考える上で、参考にしてください。

蛇足ながら、死後退院して5日目ぐらいだったでしょうか、お見舞い客の持ってきたお金を預かってましたという連絡あり、またかよう!開いた口が塞がらぬとはこのことだ。自分や親族が同様の病気になった時は、少なくとも久留米ではもっと評判のいい病院を紹介しますよ。

追記:父は上広川の梯出身で、旧姓大森、その墓は「願正寺」というところだそうです。分骨しようとかいう気は、父にもなかったけど、せめて1度父方のお墓にお参りしたいと思ってます。どなたか場所を御存知でしょうか?

ああ、ロイリさん。お父様の急なご逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。
度重なる病院の不手際、さもありなんといいたし。
家の父も有名な脳外科B病院に入院していたが、食事を数日与えられず、栄養剤みたいな点滴もされぬまま転院。新しい病院では顔を見たとたん栄養剤の点滴が開始された。数日後、帰らぬ人となった。未だにB病院の判断ミスだと思っている。大事にはしなかったけど。

東京との往復、たいへんでしょうが、体を労わりつつ、お勤めください。

呂伊利さんへ

御父上のご逝去を悼み、慎んでお悔やみを申し上げます。
五月十一日にお亡くなりになったのでしょうか。
いろいろあってたようで、ずいぶん心残りでありましょうね。
ですが、それももう、すんでしまったことです。
こころの整理がつくまで、時間がかかられるとおもいますが、ろいりさんたちごきょうだいは、御父上をとてもだいじにおもわれていたのだなあ。とコメントをよみながら、あらためてかんじたことです。

ろいりさん。
わたしの父もこのところ、なんども転院、手術とやっていて、家に帰りたいと口癖のようにいいます。
あさって、またリハビリのほうに転院しますが、その前に一度、わたしは家につれて帰ろうとおもっています。ろいりさんコメントをよんでよかった。ありがとうございました。

上広川のお寺のことは、せいこさんなら知っていると思いますが。だけど彼女も今、お義父上のことでいっぱいいっぱいらしくて、どうにも聞きづらいですよ。

  1. sac・rum-ランダムハウス英和大辞典

    n. (pl. sac・ra[-kr]) 〔解剖〕 仙骨.⇒PELVIS (図)[1753.<後期ラテン語(os) sacrum 聖なる(骨)(ギリシャ語 hieròn ostéon の翻訳)] ...

2011年5月22日 (日)

どーらいご。

今朝、資源ごみの回収の日だと思い、山とたまったペットボトルや空き缶をせっせとまとめて、息子大のほうにもっていってと命ずれば、今からバイトと逃げたまふ。

しかたなく両手にかかえてもっていけば、だれもおらず。

はれ?

みなさんはせっせとどうらいご中。

道路愛護ね。

しまった。と逃げ帰り、草刈り機はつかったことないので、アルミレイキをもって作業する。
草刈り機が刈った草を溝の上に引き上げる仕事をせっせと小一時間。

おわって、お宮でみなさんと今後の村の予定。
都さんのご主人にひさしぶりにばったり。
ひげ。かっこええ!!笑

それからすーみーくん、じゃない、スミ先生!最近なぜ?

妻が小指を骨折してまして。とのこと。

たからさんそそっかしくて、椅子かなんかにぶつけて足の指をおったって。

ははは。わらっちゃいけんがわらっちゃう。

おだいじにね。連句まただしてね。

証拠写真をとろうとおもったけど、あわててたので携帯ふけいたい。

いまからしごと、その前にいそいでこの稿、しるす。

わが寺田村はなべてこともなし。うつくしいのー。

角先生は体重を十きろ近くもおとしたそうで、おなかすっきりでした。

りっぱだ。どこのどなたかとえらいちがい。

医療と統計学 ~ 平成22年の死亡数急増理由は。

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 22 日 平成22年の死亡数の急増

一昨日(20日)、厚生労働省は「平成22年における死亡災害・重大災害発生状況等」について公表しました。
平成22年の
労働災害による死亡者数は1195人で11年ぶりに増加しています。
前年比11.2%増で、異常事態であるといえるでしょう。
業種別では、
建設業が365人で最多です。

次いで、製造業が211人、陸上貨物運送事業が154人となっています。
事故の型別では、「墜落・転落」が311人で最多です。
次いで、「交通事故(道路)」が278人、「はさまれ巻き込まれ」が171人、「激突され」が73人、「崩壊・倒壊」が67人となっています。
重大災害(一時に3人以上の労働者の業務上災害)についても、平成22年の発生件数は245件で、前年比7.5%増でした。
労働災害の増加は全国的傾向です。
何らかの労働災害予防体制の緩みが全国的に生じたのだとすれば、現場単位ではわずかな増加かもしれませんが、全国的に集計すれば統計に現われます。
労働災害に限らず、死亡数の急増は全国的傾向です。
たとえば、神戸市の死亡統計は次のようになっており、前年比7%以上の増加となっています。
大震災の年を除いては、これほどまで増加した年はありません。

平成 死亡数  前年比増加率
5年 10809    1.2%
6年 10780   -0.3%
7年 15351   42.4%←大震災
8年 10251  -33.2%
9年 10421    1.7%
10年 10887    4.5%
11年 11247    3.3%←インフルエンザ
12年 11146   -0.9%
13年 11296    1.3%
14年 11360    0.6%
15年 11910    4.8% ←インフルエンザ
16年 11963    4.5%
17年 12545    4.9% ←インフルエンザ
18年 12748    1.6%
19年 12973    1.8%
20年 13391    3.2%
21年 13489    0.7%
22年 14458    7.2%

神戸市以外では、統計史上最大の伸び率の地方が多いようです。
国民の生存権を護る社会保障体制の全国的な緩みを危惧します。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

コメント

「消えた高齢者」の発覚数は、死亡数にも死亡率の計算にも影響を及ぼすほどの数ではないので、昨年の死亡数急増の原因ではありません。
政権交代の成果について、総理は口癖のように「歴史が証明する」と言っていますが、早くも数字で証明が出てきたというわけです。何万人も余計に死なせてしまったのは、大虐殺ともいえるかも。
厚生労働省の官僚たちは、救える命を丁寧に拾い上げる施策を積み重ねています。部署ごとにはわずかな数かもしれませんが、全省的にはかなりの数となるはずです。政権交代以降、官僚たちの手足が縛られているのは事実です。

そうなのですか。
ぜんぜんわからない。
だけど、きになる。
あの大々的に方向転換してダム建造を途中で放棄したりした、その後どうなってるかの報道はいっさいありません。どうなったのかなあ。建設現場で働いていた、あるいは今後もはたらくはずだったひとたちは、しごとをなくして、どうなったのでしょう。
そういうひとたちがたくさんいたら、自然と生命力の枯渇につながっていきそうなかんじはします・・・

2011年5月21日 (土)

「雲ひとつなき」  新茶歌仙第三

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな

 畑の隙(ひま)に茨咲く丘      姫野恭子

沢 都 

1水鳥の鳴きし辺に波よりて

2朝めしの早き庵に客ありて

3帆の先は大円周に潮満ちて

八山呆夢

都の人と聴ける老鶯

収穫の喜び籠に表れて

未確認飛行物体遠のいて

竹橋乙四郎

畑の隙(ひま)に茨咲く丘

漕ぐを止むカゴに着信音のして

青翠えめ

ところどころに茨咲く丘

櫂をさし急流下りわけもなし

中島倶

都の人と聴ける老鶯

すずやかに違う鼓動を耳にして

中山宙虫

ところどころに茨咲く丘

ラジオ局曲がれば毛虫降ってくる 宙虫

ラジオ局曲がれば午後の波立って

ラジオ局曲がれば路地に波見えて


神崎さくら

脇句の選句はありませんが、

放射能 帽子とマスク 気休めに

以上が、出してくださった句です。

冒頭に置いた、沢都(さわ・みやこ)の三句は、今朝届いたものです。
この冬から九州俳句に所属していまして、キラリと光る句を書きます。
久しぶりに連句でもどうかと誘ってみました。
体調が優れないようで、連句をすれば気がまぎれるんじゃないかと思ったのが一つ、もう一つは、この人の句の持つ、厳しくもうつくしい韻律を、みなさんに知ってもらいたかったのです。甘えがなく、ぴんと張った弦楽器のようによい音がなります。
独特であり、だれにもまねできないものがあるのです。
東妙寺らんもはじめから俳人らしい句を書きましたが、この沢都も、最初から俳人として存在している人種です。世の中には、まれにそういうひとたちがいるのですねえ。

亜の会きっての付句の名手、山下整子がまだ出ていませんが、きっと何かの事情があるのでしょう。心配ですが、また加わってくれるときを待って、第三を選びます。

青空に雲ひとつなき新茶かな    月野ぽぽな

 畑の隙(ひま)に茨咲く丘      姫野恭子

朝めしの早き庵に客ありて      沢 都

これを。
彼女は連句人らしく、必ずきっちり三句それぞれ趣向をかえて、つけてくれました。
うち、三句目は、帆の風も群青色に潮満ちて。が初案でしたが、色が発句に障っていたことに気づき、さらに風と天象とのさわりにも気づいて自ら訂正をしたものです。
三つとも丈高くしらべのうつくしい句ですが、俳諧的な朝めしの句をいただきます。
朝めしが早いいおり、きっと働き者の庵主なのでしょう。
ついており、はなれてはいません。
んが、一句に、身辺雑記が容易に描けるような雰囲気をしっかりと内包しています。
まるで短編小説でも読んでいるような雰囲気があります。
自然な展開。無理がない。

帆の先に大円周の波ありて
これもね、とっても余人にはまねのできない玄人の句なわけですよ。
だけど、あまりにもスケールが大きくて、発句にもどるように感じました。
ぽぽなさんの句は、素直な表現ながら、なにか突き抜けている処があり、大きな句柄なんです。ちまちまこせこせはしていないのよね。そこにかぶさる。だからいただきませんでした。
水鳥の句は、すこしぎこちないかんじがしました。
ほかに、中島ともさんの、
すずやかに違う動悸を耳にして
という句にも、こころ惹かれました。
ほかの生き物を「動悸」としてとらえる。耳の一句。
秀逸です。俳句らしい省略のきいた一句で、四句目に問いの答えを誘うような調子の句でした。ただ、初夏の句が二つ出ていて、三句目は雑で行きたかったので、季語のないものにしました。
そらんさんのラジオ局、貞永まことをなぜか連想しました。
それとどこかに東北大震災を連想させる隙があります。
いま、波という文字をみたら、それから離れることができない。

ぼん、未確認飛行物体はおもてむきではありません。
放射能もしかり。
それから、乙四郎さんの句ですけど、
ペダル漕ぐ耳に着信音のして
であれば、きちんとイメージできます。
籠までいわずとも、あるいは漕ぎやめるまで言わずとも。
表現、ひとりよがりにならないように
何度も言い換えて最適の言い方を探します。
真逆のことを書けば、伝わる場合もありますので、ほんまにおもしろい。
ということで。つぎは、四句目です。
四句目は軽くつける。
雑でいきます。
どなたでもどうぞ。77で季語なし。





平成24年度診療報酬・介護報酬改定(25)            介護保険法の一部改正法案

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 21 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(25)

今国会に提出されている「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」は、「高齢者が地域で自立した生活を営めるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスが切れ目なく提供される「地域包括ケアシステム」の実現に向けた取組を進める」というのが法案提出理由です。

地域での自立を支援する切れ目ないサービス、がキーセンテンスです。

法案提出時の概要説明資料の記載事項は次の通りです。

次期介護報酬改定も、ここに書かれていることが具体化されるものだと考えて狂いはないでしょう。

1 医療と介護の連携の強化等

医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスが連携した要介護者等への包括的な支援(地域包括ケア)を推進。

日常生活圏域ごとに地域ニーズや課題の把握を踏まえた介護保険事業計画を策定。

単身・重度の要介護者等に対応できるよう、24時間対応の定期巡回・随時対応型サービスや複合型サービスを創設。

保険者の判断による予防給付と生活支援サービスの総合的な実施を可能とする。

介護療養病床の廃止期限(平成24年3月末)を猶予。(新たな指定は行わない。)

介護人材の確保とサービスの質の向上

介護福祉士や一定の教育を受けた介護職員等によるたんの吸引等の実施を可能とする。

介護福祉士の資格取得方法の見直し(平成24年4月実施予定)を延期。

介護事業所における労働法規の遵守を徹底、事業所指定の欠格要件及び取消要件に労働基準法等違反者を追加。

公表前の調査実施の義務付け廃止など介護サービス情報公表制度の見直しを実施。

高齢者の住まいの整備等

有料老人ホーム等における前払金の返還に関する利用者保護規定を追加。

社会医療法人による特別養護老人ホームの開設を可能とする。

※厚生労働省と国土交通省の連携によるサービス付き高齢者向け住宅の供給を促進(高齢者住まい法の改正)

認知症対策の推進

市民後見人の育成及び活用など、市町村における高齢者の権利擁護を推進。

市町村の介護保険事業計画において地域の実情に応じた認知症支援策を盛り込む。

保険者による主体的な取組の推進

介護保険事業計画と医療サービス、住まいに関する計画との調和を確保。

地域密着型サービスについて、公募・選考による指定を可能とする。

保険料の上昇の緩和

各都道府県の財政安定化基金を取り崩し、介護保険料の軽減等に活用。

自民党による修正意見は、3-②の社会医療法人の特別養護老人ホーム運営への参入の撤回と2-④介護サービス情報公表制度の見直し内容の再検討などです。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」転載)

コメント   

「平成22年の生命表が7月に公表されますが、どういたしましょうか?」
「どう・・・って例年通りでいいんじゃないの」
「例年通りということになりますと、平均寿命が短縮した年には短縮理由も付して発表いたしておりますが」
「理由づけの前例は?」
「インフルエンザの大流行、阪神淡路大震災、自殺の急増などがありました」
「そういうのはないのか」
「日本人がたくさん、昨年に限って亡くなるような出来事は見当たりません」
「昨年を特徴づける、何か変わった出来事はないのか」
「口蹄疫が日本中を揺るがしました」
「それだ、口蹄疫を理由にしろ」
「口蹄疫では人は死にません」
「ほかに何かないのか」
「前半が鳩山総理で後半が菅総理、これは特徴といえるかもしれません」
「平均寿命の短縮と関係あるのか」
「平均寿命は社会保障施策の代表的な成果指標ですので、政権運用との関連性はあるはずですが」
「それじゃ、俺たちのやり方が死亡率を高めたというのか?」
「昨年、厚生労働省の動きが鈍かったのも一因かと・・・」
「じゃ、官僚が悪いんじゃないか。官僚のせいにしておけ」
「政治主導の結果責任を官僚に、ですか?」
「そうだ。つべこべ言うな」

昨年でしたね。とっくにこの世にいなくなっておられる高齢者の死亡届が何年も何十年も済んでおらず、全国で問題化したのは。たしかに厚労省がらみの事件ではありました。あれが最大の原因なんじゃないの?あの事件、なにがもっとも問題だったのか、何年もそれに気づかなかった制度だろうとおもいました。(かささぎ)

2011年5月20日 (金)

コノハナダッタノダロウカ?

みせてあげたい。

杉の中に高々と樹をよじ登って白い花がびっしりと咲いています。
山藤などと同じ蔓性の植物ではなかろうかとおもいます。
勤務先駐車場は山を切り拓いてできたもの、そこから見える森。

昨夕、野茨の咲いている道を通って駐車場へ向かっていると、いばらではない白い花がこちらへ身を乗り出すように咲いているのが目にとまりました。
もしや、あの花?
はっとして、一つとってきました。
まるで、わたしがあなたの気にしているあれですよ。
と、こたえてくれたみたいに。

花のなまえをどなたかごぞんじでしたら、教えてください。

ひよこ豆 メキシコ産

ひよこ豆 メキシコ産

「チェルノブイリ越えといふ未体験ゾーンに突入」、コイデる。

ほぼ毎日「小出」で検索、はじめて小出裕章非公式まとめサイトがトップにたちました。
これまで柴舟小出だった。(小出恵介が三位。)


コメント

お金がないのに、何でもかんでも賠償する、補償すると聞こえのいい約束をし続けている人がいます。
被災・避難した人たちはその言葉を信じています。
やっぱりお金がないのであげませ~ん、みたいなマニフェスト破りとは次元が違います。
約束した以上、必ず、実行できる筋道を作らなければなりません。
残念ながら国庫はすっからかんです。無駄の排除だの埋蔵金だのである程度は捻出できるかもしれませんが、たかが知れています。
東電は会社存亡の危機で、商品(電気)を作る生産ライン(原発)をコスト高の生産ラインに置き換えたり他社から商品を買ったりして出費増の中、これまた多くは出せません。
幸い、東電には「電力料金値上げ」という打ち出の小槌がありますので、賠償金支払いを一般消費者に転嫁することで、かろうじてある程度の賠償財源が捻出できます。
政府と東電の捻出分だけではとうてい賄いきれませんので、「原子力賠償機構」なるものを作って、ここに他社(全国の原発依存電力会社)に出資も求めよう、そのため他社の原発稼働は認めようというのが、約束を守るためのシナリオです。
他社も生産ラインの稼働に大きなダメージを受けていますので、台所事情は厳しいのですが、「電力料金値上げ」という打ち出の小槌を使えば出資できるかも知れません。
ところがこのシナリオの実現に責任を持つべき最高権力者が、昨日、このシナリオの実現性を自ら崩してしまいました。
発電と送電を分離して地域独占の現体制を改め自由化すると。
通信事業の自由化の手法で、消費者にとっては料金値下げ競争が期待できます。
「電力料金値上げ」に対する消費者の厳しい視線を意識し、消費者の人気取りのため、思いつきで自由化への舵取りを行ったものと思われます。
自由化するとなると、今となっては金食い虫の原子力発電に手を付けない発電事業所が圧倒的に有利となり、原発依存電力会社は顧客獲得の厳しい競争に晒され、打ち出の小槌が出せなくなります。
これで、賠償シナリオが破綻してしまいました。
一般消費者にとってはメリットかもしれませんが、約束の実現を信じる人々にとっては裏切りです。
最高権力者たるもの八方美人であってはならず、やるべきことを誠実に実行するためには一般消費者を敵に回さなければならないこともあります。
これほど判断力が欠如した人に権力を委ねていいものでしょうか。

投稿: 茹で日本 | 2011年5月19日 (木) 12時50分

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(24)             介護療養型医療施設廃止に6年の猶予

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 20 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(24)

平成18年の医療制度改革で平成23年度末までの6年間をかけて療養病床を大幅に再編することが決められ、法定事項として、介護療養型医療施設が本年度末に廃止されることになっています

関係法が改正されない限り廃止のタイムリミットは動きませんが、4月5日に「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」が国会に提出され、その中に、「健康保険法等の一部を改正する法律の一部改正」として「介護療養型医療施設について、平成二十四年四月一日の時点で指定を受けているものについては、平成三十年三月三十一日までの間、介護療養型医療施設に係る規定は、なおその効力を有するものとする」ことが記載されています。

従って、本法が国会で成立すれば、介護療養型医療施設の廃止は6年間猶予されることになります。

ねじれ国会下での成立は危ぶまれるところですが、法案に対して自民党がいくつかの修正を提案し、民主党もそれに応じる姿勢であることから、この介護保険法等改正案は一部修正された上で今国会で成立する見通しです。

介護療養病床から介護老人保健施設などへの転換は想定通りには進んでおらず、廃止を猶予しなければ、受け入れ先が見つからない介護難民が生じます。

6年間という長い猶予が認められる運びになったのですが、6年後に介護難民が出ないようにするための仕組みが、次期診療報酬・介護報酬改定に盛り込まれることになります。

さて、6年後の高齢者を取り巻く状況はどうなっているでしょうか。

昨日の記事で、平成21年簡易生命表を適用したシミュレーションの死亡数より、発表された平成22年の年間推計死亡数は7万人も超過していると書きましたが、これは、平成22年の各年齢別死亡率が一気に平成18年の水準まで後退していることを意味します。

かつて、インフルエンザの大流行などで何度か平均寿命の延びが足踏みした年はありましたが、これほどまでに後退した年はありません。

今後も平成18年の各年齢別死亡率の水準が続くと仮定すると、介護療養型医療施設が廃止される平成30年までの推計死亡数は次の通りです。

年 死亡数(万人)75歳未満  75歳以上

22      118          39      79

23      122         39       83

24      126         39      87

25      131         40      91

26      135         40            95

27      138         40      98

28      142         40      102

29      145         40     105

30      149         40      109

死亡数の周辺には、その数に比例して、有病者や要介護者が存在します。

75歳未満の死亡数はほぼ一定ですので、75歳未満を対象とした医療・介護体制を量的に拡大する必要はなさそうですが、75歳以上の後期高齢者の死亡数は3割増し以上となりますので、75歳以上の有病者数も要介護者数も3割以上の増加が見込まれます。

増分を施設の増床で賄おうにも、増床に対応できるだけの財源のゆとりはありません。

大きく在宅医療・在宅介護へと舵を切るしかないようです。

次期改定ではその舵切りが行われることでしょう。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」転載)

コメント

「もうすぐ平成22年の死亡数が発表されます。119万人だそうです」
「それで?」
「前年より5万人も増えています」
「高齢者が増えたからだろう」
「そんなに急には増えませんよ」
「死亡者数は毎年増えてるんじゃないか?」
「前の年は減りました」
「シミュレーションの想定数は?」
「112万人です。7万人オーバーです」
「想定外だな。去年、何かあったか」
「おととし後半からわが党が政権に就いています」
「・・・」
「官僚が自主的に動くのを封じています」
「・・・」
「隠蔽しますか?」

▽かささぎの独り言

震災の影響がいろんなところに色濃くでてきている。
アメリカとの軍事予算も緊縮されて、

私はかじか文庫でよみました。

そこでついでによまされた、そして感動した、つぎの文、はりつけます。
ジェロニモって作戦名がついていた、アメリカのビンラディン殺害。

「ジュエロニモを思う」
     西村眞悟
ジェロニモ、あの狼と新撰組の近藤勇をくっつけたような顔をしたアパッチの戦士!
ジェロニモの名を口にするとき、私は敬仰の思いが湧くのを禁じ得ない。

彼は内に霊的なパワーを秘めた不屈の「戦争のシャーマン」であった。
彼は、一九〇九年二月十七日に、投降して収容されていたシル砦で死んだ。

死ぬ前にジェロニモは、愛馬に鞍をつけて木に繋いでくれと頼んだ。
そして、影の体を去ってから三日後に馬を取りに来る、と言った。

彼の影の体はシル砦のアパッチ共同墓地に葬られたが、アパッチの多くは、ジェロニモは、どこか別の所に旅立った、「高い山の中の盆地」へ行ったのだと言った。

アパッチは、死の歌を歌って死ぬといわれるが、ジェロニモは、死が終わりであることを認めず、死の床で次のように歌った。

 オーハレ 
 オーハレ
 おれは 待っている
 おれは 今 生まれ変わる

ジェロニモは、アメリカ合衆国がインディアンの土地を奪うために制定した「インディアン強制移住法」が連邦議会を通過した翌年の一八二九年六月十六日に生まれた。

その時は、まだ平穏だったのだろう。彼には、ゴヤスレイ「あくびをする男」という牧歌的な平和な名が付けられた。

現在のアリゾナやニューメキシコがアパッチの故郷であった。従って、そこに住むアパッチには、南のメキシコと北のアメリカと戦う運命が待ち受けていた。

彼は、メキシコ兵に母と妻そして三人の幼子を殺された。彼は、その時から終生、戦闘に明け暮れる戦士となった。

故郷では、彼の家族のように、年々多くの仲間がアメリカとメキシコに殺されていった。南のメキシコは単純だった。ただ戦うだけだった。

しかし、北のアメリカは、狡猾だった。アパッチを追い詰めておいて「弱者が生き残るための選択」を迫る。そして話し合いの為におびき出された大酋長をなぶり殺しにしてリーダーを奪い、残った者を砂漠の居留地に押し込めた。

これは生かしておくだけましな方で、和平の為に星条旗を掲げてキャンプしていたシャイアン族をアメリカ騎兵隊が突如襲い、子供も女性もことごとく皆殺しにした。アメリカ兵達は、手柄を競うためにインディアンの男の頭皮をはぎ、耳と鼻を削ぎ、睾丸を切り取り、女性の性器をえぐり取って帽子に吊した。

バッファロー・ビルは、「動物記」の作者であるシートンに次のように告白した。「私は何度も遠征隊を率いてインディアンと闘ったが、そのたびに我が身を恥じ、我が政府を恥じ、我が軍の旗に恥ずかしい思いをしたものです。

正しいのはいつも彼らインディアンであり、間違っているのはいつもわれわれアメリカ軍だったからです。彼らが協約を破ったことは一度もありません。我らが協約をきちんと履行したことも一度もなかったのです。」(シートン作「レッドマンのこころ」より)

ジェロニモは、このような相手と戦い続けた。彼と三十数名のアパッチの戦士は、荒野を徒歩で一日百キロ以上移動することができた。

そのジェロニモ率いる三十数名の戦士を、マイルズ准将は五千名の兵士、数百人の投降したアパッチ斥候そして、数千名の民兵を動員して何年も追いかけ続けた。ところが、彼らは一人のアパッチ戦士も殺すことはできなかった。

しかし、一八八六年、六十歳近くになって終にジェロニモは投降した。時のクリーブランド大統領は、ジェロニモを縛り首にせよと命じたが、ジェロニモ投降の場に居合わせた勇気ある将校が、彼の投降の条件を公表したので縛り首の命令を撤回した。

囚われの身となってからもジェロニモは仲間を助け続けた。彼は、万国博覧会やショーの出し物にされた。足鎖を付けられて「人間虎」として見せ物にされたのである。何十万という白人が彼を見物した。

此の「人気」の故に、ジェロニモは、セオドア・ルーズベルト大統領の就任式に出席するよう大統領から要請された。その為、彼は、その就任パレードに護衛付きの乗馬で参加した。

その後、ジェロニモは、大統領と会見するためにホワイトハウスに連れて行かれた。そこでジェロニモは、臆することなく、アパッチを故郷の南西部に返すように要求した。

大統領が、それはできないと告げると、ジェロニモは、背を向けて歩み去った。以上、フォレスト・カーター著「ジェロニモ」より。

私は、此のジェロニモを尊敬している。彼の闘魂、不屈の闘志、そして家族と部族への愛と誇り、日本人は、「戦争のシャーマン」であるジェロニモを見つめなければならない、一度、戦争に負けたからといって、何時までもアメリカにヘイコラするな、と、ジェロニモを見る度に思う。

それをだ!アメリカという人種は、テロリストの首魁オサマ・ビン・ラディンという標的をジェロニモという作戦名で呼んでいたという。そして、ジェロニモ作戦成功を小躍りして喜んでいる。

さらに、アメリカ人は、この作戦の成功は、山本五十六連合艦隊司令長官をブーゲンビルで殺害したのと同じ成功だと論評している。
 
此処に私は、アメリカの一番嫌な独善を感じた。侮辱されたようにも感じた。彼らは、未だに、ジョエロニモという最も勇敢な戦士を、見せ物の「人間虎」として見ていることが分かったのだ。

ここから、日本人として何を学ばねばならないのか。それは、アメリカ政府が、十九世紀に、インディアンを消滅させるために、如何に狡猾で陰湿で残虐な手法を用いたかということである。

この手法に関して、アメリカ政府は、自らを美化することはあっても、反省は微塵もない。このことは、オサマ・ビン・ラディンを、ジェロニモや山本五十六と同列と見ていることで明らかだ。
 
ここに、二十世紀から現在まで、アメリカが我が国に仕掛けてきたことの真意を見抜くヒントがある。アメリカは、投降した日本を、「日本国憲法」という不毛の「居留地」に押し込めた。そして、多くのインディアンと同じように、多くの日本人にもその居留地が安楽だと懐柔し思い込ませた。

現在のアメリカのグローバリズムというもっともらしい理屈付けの対日要求、つまり、郵政民営化、自由化、そして、TPPの要求は、まさに、曾て、住みやすいインディアンの故郷を奪って自分達が住み着こうという、狡猾なやり方と同じである。
 
なお、アメリカ軍が、インディアンキャンプを襲って男と女を皆殺しにして遺体の一部を切り取って弄ぶ光景は、第二次大戦中、南太平洋の戦場で、アメリカ軍兵士が日本軍兵士と日本人居留民にしていた光景とそっくり同じである。それを大西洋を単独で初めて横断した飛行士であるリンドバーグが報告している。「ヨーロッパでナチスがしていることを太平洋ではアメリカがしている」と。

今でも、アメリカでは、南太平洋から「贈り物」として送られ持ち帰られた日本兵や日本人の頭蓋骨や骨から造ったアクセサリーが多くあるはずだ。
 
また、アメリカは我が国の「戦犯」を多数殺したが、その遺体を遺族に引き渡さなかった。東条英機ら七名の遺体は灰にされ海に捨てられた。他の戦犯として処刑された人々の遺体もアメリカはどこかに投棄した。
 これと、同じことを、アメリカはオサマ・ビン・ラディンにした。遺体をどこかに捨て去るアメリカの理屈も全く同じだ。

以上が、オサマ・ビン・ラディン襲撃殺害作戦に関し、思ったことだ。指の動くまま入力した。ジェロニモという名前が出なかったら此処まで書かなかった。

しかし、アメリカがジェロニモを作戦名にしたことで、彼らのマインドの底にある本質が分かったのだ。アメリカは、狡猾で残忍な手法でインディアンを討伐していた時から変わっていない。アメリカこそ、要注意である。

これだけでは片手落ちだ、嘘つきで狡猾で残忍なシナは、もっと変わっていない。アメリカ以上に、要注意である。

同胞諸兄姉、我々は、実に、此の東西に「要注意」が位置するその真ん中に存在する。まことに、のっぴきならない状況である。

しかし、西はチベット、ウイグル、モンゴルそして満州の無念を思い、東はインディアンの無念を思い、ジェロニモを見習って断固として独立自尊を貫く体勢を構築しなければならない。それが、日本民族の世界史的使命である。

杜父魚文庫より転載

戦争のとき、敵のにくたいをめちゃめちゃにこわして、ものとして見せしめにしたり、もちかえったりするのは、いつの世もどの民族でも、あったことのようです。

『花の慶次』とか『無限の住人』とか『ヒストリエ』とかの漫画にもでてきます。

これがジェロニモ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%A2

どこか北京原人風、かささぎのおとっつぁん風であります。
アパッチは略奪部族だったとも書かれているし、古代の誇り高きスキタイ民族ともつながる回路がある。空からたべものを自在にかっさらってくる、かささぎ族とも同じコード。

売電と買電つりあふ聖五月

一万をすこし超える売電。はじめてかも。

売電金額、ねあがりしたのだろうか。

いずれにしても動力分もある我が家は、太陽光発電が使用料を上回ることはない。

2011年5月19日 (木)

アクセス解析 五月上半期

2011年5月1日(日) 291644
2011年5月2日(月) 351641
2011年5月3日(火) 248628
2011年5月4日(水) 261639
2011年5月5日(木) 283489
2011年5月6日(金) 465832
2011年5月7日(土) 390711
2011年5月8日(日) 345547
2011年5月9日(月) 491864
2011年5月10日(火) 499849
2011年5月11日(水) 486808
2011年5月12日(木) 565992
2011年5月13日(金) 440749
2011年5月14日(土) 319570
2011年5月15日(日) 307525

五月に入りました。
継続は力なり。と申しますが、それはまことです。
今回、ふたつの数字を分離していません。
アクセス解析の表示では色が違いますので、わかりやすいのですが、コピペだと同じ色ですので、わかりにくいかと思います。適宜、区切ってお読みください。
ほとんど真ん中できれます。
前半分の三ケタの数字は訪問者数、あとの三ケタはアクセス件数です。

ページ別アクセス数

どのページが多く見られているかがわかります。
(二つの数字がお団子状に表示されてるのでご注意。)

アクセス数: 21,881
訪問者数: 16,675
解析ページ 訪問者 アクセス
1 トップページ 6522,209 3.9% 10.1%
2 放射線・放射能と健康被害(3) 許容被曝線量ってあるの? 668810 4.0% 3.7%
3 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 634722 3.8% 3.3%
4 診療報酬のおおもとにある人員配置基準数を求める数式 450511 2.7% 2.3%
5 平成22年度診療報酬改定(14)         退院調整加算見直し 356427 2.1% 2.0%
6 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(18)         医師と他職種との役割分担 264326 1.6% 1.5%
7 京都三条ラジオカフェでの小出裕章先生のお話を聴く。 206250 1.2% 1.1%
8 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(16)             24年度改定の力点を予想するために 183246 1.1% 1.1%
9 原発事故避難者からの被曝             放射能は移るの? 168239 1.0% 1.1%
10 放射性降下物の増減(1)               逃れられぬ核の時代の降物(ふりもの) 195230 1.2% 1.1%
10 数字で生きているわけではない、とはいえど。杞憂の意味を考える。    広瀬隆+小出裕章vs 竹橋乙四郎 164230 1.0% 1.1%
12 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(8)    新規事業 198229 1.2% 1.0%
13 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(17)          病院医療従事者の負担軽減 193224 1.2% 1.0%
14 平成22年度診療報酬改定(13)        医師事務作業補助体制加算 146204 0.9% 0.9%
15 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(6)   それでも今やらねばならぬ改定 176189 1.1% 0.9%
16 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(13)            中医協の新旧会長挨拶から 142184 0.9% 0.8%
17 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(19)              外来医療の役割分担について 141176 0.8% 0.8%
18 東日本大震災をよむ (1)  「樹」の俳句 61142 0.4% 0.6%
19 平成22年度診療報酬改定(41)         回復期リハビリの質の向上のために 124140 0.7% 0.6%
19 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(4) 122140 0.7% 0.6%
19 2011年04月 100140 0.6% 0.6%
22 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(15)            静かな津波を日銀はどう受け止める 127138 0.8% 0.6%
22 小出裕章助教かく語りき 105138 0.6% 0.6%
24 病院の人員配置・構造設備の基準 110133 0.7% 0.6%
25 人工放射能による海洋汚染と健康被害     核汚染水の海への投棄は、ものごとを相対化するということに似ている 95127 0.6% 0.6%

あいかわらず、「幻の命」と「診療報酬のおおもとにある・・・」、強い。
あと、京都三条ラジオカフェでのコイデるが、健闘していますね。
(アナウンサー、かんじのよいお方です。)
十位の「数字で生きているわけではない、とはいえど。杞憂の意味を考える。
 広瀬隆+小出裕章vs 竹橋乙四郎」、これもなかなか。
おなじ十位には、「放射性降下物の増減(1) 逃れられぬ核の時代の降物(ふりもの)」が入っていますけれど、どちらも、放射能が人体に与える影響を、じっさいのデータとかけあわせて、どう読むのか。ということにかかっていく話でして、その「読み」が、今、問われているというわけです。
反原発派、推進派とも、もう一歩、全力で駒をすすめなければならないのかもしれない。

アクセス地域

訪問者がアクセスしている都道府県がわかります。
集計対象アクセス数:5,783

都道府県 割合
1 東京 1,191 20.6%
2 福岡 539 9.3%
3 大阪 440 7.6%
4 愛知 296 5.1%
5 神奈川 263 4.5%
6 埼玉 227 3.9%
7 兵庫 218 3.8%
8 北海道 183 3.2%
9 千葉 179 3.1%
10 京都 148 2.6%
11 静岡 146 2.5%
12 長野 140 2.4%
13 茨城 111 1.9%
14 広島 110 1.9%
15 福島 103 1.8%
16 熊本 93 1.6%
17 鹿児島 90 1.6%
18 大分 82 1.4%
19 三重 79 1.4%
20 長崎 65 1.1%

東京がいつも一番多い。なぜだ。人口が多いから?

国・言語

訪問者が利用しているブラウザの言語設定がわかります。

集計対象訪問者数:11,826
言語 割合
1 [ja] Japanese 11,235 95.0%
2 [en] English 516 4.4%
3 [zh] Chinese 41 0.3%
4 [ko] Korean 12 0.1%
5 [fr] French 11 0.1%
6 [de] German 5 0.0%
7 [pt] Portuguese 2 0.0%
7 [fi] Finnish 2 0.0%
9 [sv] Swedish 1 0.0%
9 [it] Italian 1 0.0%

生ログ、行きましょう。

番号は意味をもつものではございません。

1江崎悌三http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%B1%9F%E5%B4%8E%E6%82%8C%E4%B8%89&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

2退職者医療制度の廃止http://home.search.biglobe.ne.jp/cgi-bin/search-web?start=10&sub=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&num=10&q=%E9%80%80%E8%81%B7%E8%80%85%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AE%E5%BB%83%E6%AD%A2&lr=lang_ja&loc_host=www.zaq.home.ne.jp&loc_flg=1

3がん治療連携http://www.ask.com/web?q=%E3%81%8C%E3%82%93%E6%B2%BB%E7%99%82%E9%80%A3%E6%90%BA&search=search&qsrc=0&o=0&l=dir

4退院支援計画http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%80%80%E9%99%A2%E6%94%AF%E6%8F%B4%E8%A8%88%E7%94%BB&rs=3&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%84%E3%82%93%E3%81%97%E3%81%88&fr=top_ga1_sa 163,000中1位

5放射能 許容量http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%80%80%E8%A8%B1%E5%AE%B9%E9%87%8F&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=2,250,000件中4位

6糸大八http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B3%B8%E5%A4%A7%E5%85%AB&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=635,000件中5位。ちょいエッチ。エッチなはなしって元気がでるのはなぜ。

7 許容被曝量http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%A8%B1%E5%AE%B9%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E9%87%8F&rs=3&aq=2&oq=hibakuryou&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa492,000件中3位。この2位の記事、必読。http://rocketnews24.com/?p=91660

8国保 財政調整交付金http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%9B%BD%E4%BF%9D+%E8%B2%A1%E6%94%BF%E8%AA%BF%E6%95%B4%E4%BA%A4%E4%BB%98%E9%87%91&rs=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1_sa&b=11

9平成24年 医療改正http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B9%B3%E6%88%9024%E5%B9%B4%20%E5%8C%BB%E7%99%82%E6%94%B9%E6%AD%A3&sp=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&SpellState=2位3位

10気象庁気象研究所 放射性降下物 グラフhttp://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%B0%97%E8%B1%A1%E5%BA%81%E6%B0%97%E8%B1%A1%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80+%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E9%99%8D%E4%B8%8B%E7%89%A9%E3%80%80%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95&ei=UTF-8&fr=top_ga1&x=wrt

11渋谷幽哉http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLL_jaJP370JP371&q=%e6%b8%8b%e8%b0%b7%e5%b9%bd%e5%93%89

12放射能 利点http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%80%80%E5%88%A9%E7%82%B9&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt  4,260,000件中1位。

13 平成22年度診療報酬改定 再診料http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B9%B3%E6%88%9022%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A%20%E5%86%8D%E8%A8%BA%E6%96%99&rs=2&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=2&fr=top_ga1_sa2位

14日本医療経営学会http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%B5%8C%E5%96%B6%E5%AD%A6%E4%BC%9A 4位

15平成24年度 介護保険改定http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B9%B3%E6%88%9024%E5%B9%B4%E5%BA%A6+%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%94%B9%E5%AE%9A&aq=-1&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1_sa&b=1 1,480,000件中1位ほか

16スウェーデン 社会保障http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%80%80%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%9A%9C&hl=ja&rlz=1T4GPTB_jaJP287JP372&prmd=ivns&ei=FILUTdr5E4rIsgaGvfndAg&start=10&sa=N&biw=1260&bih=862

17 中医協 診療報酬改定 2011http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%AD%E5%8C%BB%E5%8D%94%20%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A%202011&rs=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

18累積放射線量 50ミリhttp://www.bing.com/search?q=%e7%b4%af%e7%a9%8d%e6%94%be%e5%b0%84%e7%b7%9a%e9%87%8f%e3%80%80%ef%bc%95%ef%bc%90%e3%83%9f%e3%83%aa&src=IE-SearchBox&first=11&FORM=PERE

19核実験による海洋放射能汚染http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADSA_jaJP381JP381&q=%e6%a0%b8%e5%ae%9f%e9%a8%93%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e6%b5%b7%e6%b4%8b%e6%94%be%e5%b0%84%e8%83%bd%e6%b1%9a%e6%9f%93 2位

20 健康被害報告書http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%81%A5%E5%BA%B7%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq= 1,290,000件中5位

21平成23年度介護報酬改定http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B9%B3%E6%88%9023%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A&rs=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

22 あうん田中裕子http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%82%E3%81%86%E3%82%93%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%A3%95%E5%AD%90&hl=ja&rlz=1T4DBJP_jaJP297JP298&prmd=ivnso&ei=PoDUTfqnDo_ovQOer8n7BA&start=30&sa=N

23中世ようろつぱで用いられたイスラム教徒をさす言葉http://ocnsearch.goo.ne.jp/ocn.jsp?encode=euc&SM=MC&IE=sjis&from=ocn_Default&PT=ocn_Default&MT=%92%86%90%A2%82%E6%82%A4%82%EB%82%C2%82%CF%82%C5%97p%82%A2%82%E7%82%EA%82%BD%83C%83X%83%89%83%80%8B%B3%93k%82%F0%82%B3%82%B7%8C%BE%97t&submit.x=36&submit.y=15

24一條和泉 詩http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%80%E6%A2%9D%E5%92%8C%E6%B3%89+%E8%A9%A9&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=slv1-slvlt&x=wrt

25 平成22年度の診療報酬改定看護補助者http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B9%B3%E6%88%9022%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%81%AE%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E8%80%85&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

26 一條和泉http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%80%E6%A2%9D%E5%92%8C%E6%B3%89&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq= これを読んで、岩明均の漫画「剣の舞・雪の峠」の上泉伊勢守をなぜか連想した。かささぎの旗という命名は、彼の漫画「七夕の国」からとっています。

27 小規模多機能型居宅介護 介護報酬http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&biw=1338&bih=588&q=%E5%B0%8F%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E5%A4%9A%E6%A9%9F%E8%83%BD%E5%9E%8B%E5%B1%85%E5%AE%85%E4%BB%8B%E8%AD%B7+%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%A0%B1%E9%85%AC&aq=4&aqi=g10&aql=&oq=%E5%B0%8F%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E5%A4%9A%E6%A9%9F%E8%83%BD%E5%9E%8B%E5%B1%85%E5%AE%85%E4%BB%8B%E8%AD%B7

28平成24年度診療報酬改定http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B9%B3%E6%88%9024%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A&rs=2&aq=1&oq=%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

29診療報酬 感染対策http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC+%E6%84%9F%E6%9F%93%E5%AF%BE%E7%AD%96&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

30パラオにいる珍しい昆虫http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%E7%8F%8D%E3%81%97%E3%81%84%E6%98%86%E8%99%AB&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

31平成24年 介護保険改正 吸引http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%94%E5%B9%B4%E3%80%80%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%80%80%E5%90%B8%E5%BC%95&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq= ほう。痰の吸引もできるようになるのですね。こないだ股関節の手術後、丸一日父は痰がつかえたようになって食事が通りませんでした。吸引をしてもらいました。苦しげでした。

32介護報酬改定 震災 http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A%E3%80%80%E9%9C%87%E7%81%BD&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

33 70歳以上 凍結 小学生http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%EF%BC%97%EF%BC%90%E6%AD%B3%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%80%80%E5%87%8D%E7%B5%90%E3%80%80%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E7%94%9F&lr=&aq=f&aqi=&aql=&oq=

34社会保障と税の一体改革 介護 http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E3%81%A8%E7%A8%8E%E3%81%AE%E4%B8%80%E4%BD%93%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%80%80%E4%BB%8B%E8%AD%B7&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt 404,000件中1位

35放送作家・石井彰http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%94%BE%E9%80%81%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%83%BB%E7%9F%B3%E4%BA%95%E5%BD%B0&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1_sa&b=11

36赤道ギニアのスペイン語http://www.google.co.jp/search?q=%E8%B5%A4%E9%81%93%E3%82%AE%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%AA%9E&hl=ja&lr=lang_ja&tbs=lr%3Alang_1ja&sa=2  ふうん。赤道ギニア。まいないおうこく、ってかいてあるよ。

37冬日 冬の日 冬帝 虚子http://www.google.co.jp/search?q=%E5%86%AC%E6%97%A5%E3%80%80%E5%86%AC%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%80%E5%86%AC%E5%B8%9D%E3%80%80%E8%99%9A%E5%AD%90&hl=ja&biw=1042&bih=492&prmd=ivns&ei=8pLUTeDrEIWgvQP70rz7BA&start=60&sa=N

38古賀達也 紫宸殿http://green.search.goo.ne.jp/search?MT=%E5%8F%A4%E8%B3%80%E9%81%94%E4%B9%9F%E3%80%80%E7%B4%AB%E5%AE%B8%E6%AE%BF&PT=stickjsoftcustum&OE=UTF-8&isGreen=true&IE=UTF-8&from=query ここにきて、まっくら画面になる危険あり。でも命まではとられません。きっと悪い虫がいるんでしょう。ししんでん。しししんちゅうの虫ありて。

39"過去の中国の核実験のなごりです。"http://www.google.co.jp/search?q=%22%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E6%A0%B8%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%94%E3%82%8A%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82%22&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&hl=ja&lr=&tbas=0&prmd=ivns&ei=AZLUTeqXMoGIvgOi-ZX8BA&sa=N

40政府 新予算 医療http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLL_jaJP336JP336&q=%e6%94%bf%e5%ba%9c%e3%80%80%e6%96%b0%e4%ba%88%e7%ae%97%e3%80%80%e5%8c%bb%e7%99%82 6,250,000件中6位。一位は、これ。http://dm-net.co.jp/calendar/2011/02/011114.php(糖尿病対策に二億円)

回を追うごとに、橋爪章学長ブログは確実に読者層を獲得しています。
派手ではありません。しかし、堅実な歩みです。
かささぎの旗はそれに乗っかって、楽隠居させてもらっています。
すみません。アクセス解析は御恩返しのつもりです。

累計アクセス数: 549196 1日当たりの平均: 278.07

平成23年5月19日13:48現在

「雲ひとつなき」  ぽぽなさんの発句に脇をつけました。選句をして第三をつけてください。

青空に雲ひとつなき新茶かな   月野ぽぽな

  都の人と聴ける老鶯       姫野恭子
  山の日のさす野いばらの道 
  ところどころに茨咲く丘
  畑の隙(ひま)に茨咲く丘  

日本へ帰る支度で慌しいぽぽなさんから、一句いただきました。
わき、つけました。
いばら。
今年たいそう心うばわれた花です。

職場のある小山のあちこちに自生しています。

余りに可憐で手をのばして一輪とろうとすると、棘が刺さりました。

与謝蕪村に

愁ひつつ丘に登れば花茨

の句があります。

鶯の鳴くやちいさき口開けて  蕪村

というような句もあります。

うぐいすが、行きに帰りにきれいな声でなくのです。
だんだん緊りのいい声になっていきます。

では、第三。
発句、脇が夏ですから、三句目は雑、季語はいりません。

て、にて、に、もなし、らん

のうちのどれかで句を留めてください。
それが第三句目の形です。
たいがいが「て止め」です。

脇句、どうか選句をなさって、それにおつけください。
おもてですから、強い印象を残すもの、不吉なもの、恋、無常、述懐、地名人名などは禁忌です。格調高い句をお願いいたします。なお、第三のむかいに五句目がきますが、五句目で秋の月をよむ予定です。ですから、光りものや天象はお出しにならないでください。
という視線で脇をみますと、二つ目の山の日のさす・・・はあまりいい選択ではないですね。月と日が同じ面にくるのは・・・

(歌仙まきはじめ平成23年5月17日)

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(23)             医療と統計学 静かな津波シミュレーション

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 19 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(23)

先週、WHOが世界保健統計(World Health Statistics 2011)を公表しました。
http://www.who.int/whosis/whostat/2011/en/index.html
これによると、世界の平均寿命は男性が66歳、女性が71歳です。
WHO加盟国193か国を対象とした2009年時点の統計ですが、日本人の平均寿命は、男性が80歳でサンマリノ(82歳)に続きオーストラリア、アイスランド、イスラエル、スイスと並んで第2位、女性は86歳で第1位です。
平均寿命は年齢別死亡率から導かれる指標で、国の医療水準を反映する指標です。
社会保障体制とりわけ医療供給体制が充実すればどの年齢においても死亡率が改善して平均寿命が伸び、医療が後退すれば死亡率が高くなり平均寿命が縮みます。
医療水準は、国民1人あたりどのくらいの医療費を費やしているかを反映します。
数年前、経済協力開発機構(OECD)は1人あたり国民医療費と平均寿命との間に強い正の相関関係があるという報告をしました。
横軸を1人あたり国民医療費、縦軸を平均寿命としてOECD加盟国のデータをプロットすると、例外的な2か国を除き、ほとんどの国は右上がりの直線に沿った分布をしています。
例外的な2か国とは、1人あたり国民医療費が飛び抜けて高いのに平均寿命が短いアメリカと、平均寿命が長いのに1人あたり医療費が飛び抜けて低い日本です。
日本の医療費が低いのは、医療の自由化を阻む国家統制と、医療従事者の自己犠牲的労働強化の賜物であり、日本が例外的だからといって、医療費と平均寿命との相関を否定できるものではありません。
経済成長期には医療費の伸びに呼応して平均寿命も大きく伸び、近年は医療費の伸び悩みに呼応して平均寿命の伸びも鈍化してきています。
以前(4月24日)、このブログで「静かな津波(Silent Tsunami)」という言葉を紹介しました。
津波はいっぺんに数万人、数十万人の命や生活を奪いますが、社会保障の後退でも数万人、数十万人の命や生活が奪われるかもしれない、という話題です。
必要な社会保障予算や医療費が抑制されることは、人為的に生じる「静かな津波」ではないかという仮説です。

この仮説を検証するため、平均寿命すなわち各年齢別死亡率が(最新発表の)平成21年簡易生命表の水準で固定した場合の死亡数の推移と、平成24年から各年齢別死亡率が後退して平成20年簡易生命表の水準で固定した場合の死亡数の推移とをシミュレーションしてみました。
なお計算の基となる各年齢別日本人人口は(最新発表の)平成21年10月現在のデータを平成22年1月1日の近似値としています。

平均寿命が固定あるいは後退した場合の年間死亡数の推移
   1、平成21年水準固定と仮定
       ↓ 2、平成24年から平成20年水準に後退と仮定
22年 112万人   ↓
23年 116万人
24年 120万人 125万人
25年 125万人 129万人
26年 129万人 133万人

各年齢別死亡率の水準が1年後退するだけで、毎年、4万人以上の超過死亡となってしまいます。
毎年の死亡数の増加要因は高齢者の増加によるものですので、超過死亡の多くは75歳以上の後期高齢者ですが、74歳以下でも、毎年、1万人以上が超過死亡することになってしまいます。

74歳以下の年間死亡数の推移
    1、平成21年水準固定と仮定
       ↓ 2、平成24年から平成20年水準に後退と仮定

22年 36.7万人   ↓
23年 36.9万人

24年 37.0万人 38.2万人
25年 37.1万人 38.3万人
26年 37.4万人 38.6万人

「静かな津波」による犠牲者数は相当な数に及ぶ可能性があります。
なお、年初の速報値では、平成22年の年間推計死亡数は119万人と発表されています。
上記シミュレーションの推計値を7万人も超過していますので、早くも平成22年の平均寿命は後退している可能性が濃厚です。
「静かな津波」がわが国を襲っている真っ最中かもしれません。

保健医療経営大学「学長のひとりごと」転載

▽かささぎの独り言

だけどもさ。量と質とは別問題です。

ながけりゃいいってものじゃないでしょう。

いまがその分岐点かもしれません。

ひくこともだいじなんでありましょう。

引くときの波黒黒とありしかな  かささぎ徒歩子

2011年5月18日 (水)

『訪れ』

訪れ 

  姫野恭子

黄色の水仙が
固い蕾を解き始めた三月の朝
春一番は突然に
大きな風を巻き
たくさんの雨を降らせ
稲妻を地にはべらせた

いまの雷どこに落ちた・・・?
「黒土じゃろうのう・・」
ふいにじっちゃんの声がする
昔 かみなりが鳴り始めると
どんな農作業をしていても
ほっぽりだして家に駆け込み
茂平じっちゃんは
神棚のしたに隠れたっけ

不思議なことに雷はいつも
くろつちという村に落ちた
雷が落ちるたび土が焦げるから
こんな地名がついたのだろうか
そこには昔から
雷神様を祀る祠があった

永いこと雷神さまは
風雨に晒されていたので
珍しい朝鮮風の
赤松で彫られた像は白っぽくなり
村人の目に
とってもみすぼらしく映った

村人は皆で話し合って浄財を募り
この素朴な像に彩色を施し
ちっぽけなお堂の奥に
ガラス戸を付けて
丁重に収納した

古色蒼然として
気骨のある
野武士みたいだった雷神さまは
ドサ廻りの旅役者のように
思い切り派手な化粧を塗られて
泣きたいような
笑いたいような
怒り出したいような
そんな神妙な表情に見えた

星野川支流の山の井用水で泳いでいると
突然
夕立がくる
夏休みも半ばを過ぎるころ
笹藪の後ろの田んぼに
ぼつぼつと太い雨玉が刺さり
みるみるうちに
澄んだ川が濁流に変わる
ちかくの椎や欅で鳴いていた蝉の声も
鳥の囀りも止み
ただ雨の音 水の音 雷の音
祭りのような嵐の匂い

少女をすり抜けてゆく
生温かい汚れた水
さっきまで一緒に泳いでいた
どこかよその村の子どもたちも
メダカやフナたちも
ちりぢりになって退散する

黒土にしか雷さんは落ちんとよ・・・
いつしか増水した川は
十三歳になったばかりの少女を
力尽くで押し流そうとする

「こん横道者が!はよ逃げんか!」
不意に 死んだじっちゃんの声がして
シャリシャリカキーン
雷が落ちたー

くろつちの雷神さまの方角だ

雨脚が緩くなる
妙によそよそしげに吹く風が寒い
紺色の水着のかすかな胸の隆起が
ちくちくと痛くて少女は
乳首に触れぬよう水着を摑んだままで
ぬるぬるした川藻の土手を蹴り上がる

その夜少女は夢を見た
あの旅役者の雷神さまが燃えている夢
翌朝 
少女に初潮が訪れた

『俳句ざうるす』平成5年?6年?の春の号より引用。
鍬塚聰子さんよりコピーが送られてきました。
ありがとうございます。
なつかしい。
少女時代も、俳句を始めたばかりのざうるすの時代も。

俳句ざうるすで、連句のおっしょさんとであった。
それが窪田薫先生であり、先生からたくさんの連句の本とれぎおんをいただき、私は夢中になりました。

ところで、この自分のつたない詩をよんで、おなじくらいの長さの、福島の詩人の詩をおもいだした。なぜかといえば、原発のことがきになってわざわざ買った週刊誌の一冊に引用されていたからです。さすが一流週刊誌の記者になると、ちがうな。とびっくりしたことをわすれない。それは草野比佐男の『村の女は眠れない』という詩です。なにもない地方、農閑期、おとこたちは仕事を求めて街へ出ていく。残された妻たちの切なさを歌って秀逸でした。
かささぎはこの詩人を何で知ったかといえば、日本農業新聞でです。
米作農家だったころ、(ついこないだまでそうだった)一時期読んでいました。
ちょうど朝日の折々のうた、みたいな詩歌の欄があり、その担当者でした。
私の句もひとつご紹介してくださった。

ぜんたーいとまれ 遠くで虫すだく   恭子

亡くなられました。お悔やみもうしあげます。合掌。

定家蔓

高々と定家蔓はにほひけり    恭子

茶摘み作業

軽トラはいつもバックで出し入れされているようです。

軽トラの幅に道あるお茶畑     恭子

朝日

小出助教による「三つのメルトダウン」

放射線、放射能と健康被害(11)            WHO総会開幕 報告書よりこの部分を

2011 年 5 月 18 日 放射線、放射能と健康被害(11)

16日、193の加盟国代表が参加してWHO総会(第64回世界保健総会)が開幕しました。

本年は、福島原発事故を受け、放射性物質による健康被害の予防対策なども話し合われる予定です。

WHOは、チェルノブイリ事故から20年目の2006年に健康影響についての概況報告書を発表しています。

http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs303/en/index.html

福島の現時点での汚染(放射線量)はチェルノブイリより少なく、基準値を超える飲食物も流通が制限されていますので、住民の健康リスクはチェルノブイリ以下ということになりますが、当のチェルノブイリの健康影響がどうであったかということが客観的に把握できなければ不安は払拭できません。

チェルノブイリの健康影響については様々な情報が溢れており、中には数百万が癌になるという情報まで流布していますが、種々の情報の中で最も信頼に足る情報は、世界中の健康影響評価の第一人者により、20年間の間に収集した科学的根拠に基づいて分析評価が行われたこの報告書であろうと思います。

This fact sheet gives an overview of the health effects of the Chernobyl accident that can be established from high quality scientific studies. For people most affected by the accident, provision of sound, accurate information should assist with their healing process.

(この報告書は、質の高い科学研究に裏打ちされた、チェルノブイリ事故の健康影響の概況です。事故によって最も影響を受けた人々にとって、信頼おける合理的で詳細な情報の提供は彼らの立ち直りに役立ちます。)

チェルノブイリ原発が爆発して、大気中に膨大な量の放射性物質が放出されたのは1986年4月26日のことです。

放射性物質はベラルーシ、ロシア連邦、ウクライナの広域にわたって堆積しています。

また、薄い濃度の放射能汚染は、ヨーロッパ全域のみならず世界中に拡がりました。

WHO報告書によると、原発周囲で放射能軽減作業等に従事した軍人、発電所従業員、警察官、消防士等の数は1987年までに35万人で、そのうち30km内での作業従事者は24万人でした。

周辺住民については、11万6千人が1986年に非汚染地域に避難し、23万人がその後の数年間で移住しました。

現在は、約500万人が放射性セシウムの堆積量が37キロベクレル/平米以上の地域に住んでいます。

このうち約27万人が厳戒制限区域(放射性セシウムの汚染が555キロベクレル/平米以上)の地域に住み続けています。

WHOの専門家グループは3つの被災国での研究を実施した多くの科学者から構成されています。

WHOの専門家グループは、特に科学的な質を重視しました。

日本の被爆者研究との比較も行われました。

チェルノブイリでの20年間の蓄積線量は次の通りです。

なお、自然放射線量は20年間で48ミリシーベルトですので、汚染地域居住者の500万人は自然放射線のレベル以下の被曝が自然放射線に加わったということになりますが、合計線量は、地球上の自然放射線の分布変動範囲内です。

放射能軽減作業従事者(1987年まで)24万人・・・100ミリシーベルト以上

避難者(1986年)11万6千人・・・33ミリシーベルト以上

厳戒制限区域居住者27万人・・・50ミリシーベルト以上

汚染地域居住者500万人・・・10~20ミリシーベルト

24万人の放射能軽減作業従事者のうち134人が急性放射線症の発症の可能性がある高線量の被曝を受けています。

このうち28人が1986年に死亡しました。

急性放射線症以外の死亡は、100ミリシーベルトより低い被曝では仮説にしかすぎませんが、専門家グループは、最も被曝量の高い3つの集団に確率的影響があると仮定し、生涯の癌死亡者が4000人超過すると結論しています。

なお、被曝がなくても、この3つの集団では12万人以上が癌で死亡すると推計されています。

汚染地域居住者500万人についても確率的影響を当てはめると、さらに5000人の癌死亡が追加される可能性があり、薄い汚染のヨーロッパでも死亡追加の可能性はありますが、これほど低い線量での確率的影響は実証困難です。

増加が実証された健康影響は、住民(こども)の甲状腺癌と放射能軽減作業従事者の白血病くらいです。

先天奇形や死産などの生殖への影響については、汚染地域と非汚染地域での比較において、被曝との関係を示す統計は出ていません。

以上がWHO報告の要点です。

報告書では、甲状腺癌や白血病など、さらなる調査が必要とされている事項もありますが、チェルノブイリ事故で数百万人が癌になるというような情報は、500万人の汚染地域住民の生涯の癌発生率(3人に1人)をそのまま事故影響と短絡させたか、ヨーロッパ人口や地球人口を母数として、自然放射線レベルの被曝に確率的影響を当てはめた結果であろうと思われます。

保健医療経営大学「学長のひとりごと」

▽筆者・保健医療経営大学学長・橋爪章氏について

橋爪 章 (はしづめ あきら)

●略歴・業績
◆略歴
福岡県八女市生まれ
真和高等学校卒
気象大学校中退
山口大学医学部医学科卒
山口大学大学院医学系研究科神経精神医学専攻博士課程中退
1981年 厚生省(現厚生労働省)入省 公衆衛生局地域保健課
1981年 神奈川県出向(衛生部予防課、厚木保健所)
1982年 厚生省児童家庭局母子衛生課主査
1985年 厚生省健康政策局総務課課長補佐
1986年 和歌山県出向(衛生部健康対策課長)
1989年 厚生省薬務局血液事業対策室長
1990年 厚生省薬務局医療機器開発課課長補佐
1991年 厚生省大臣官房厚生科学課課長補佐
1991年 タイ王国保健省派遣
1993年 厚生省保健医療局企画課課長補佐
1995年 広島市出向(衛生局長、社会局長)
1997年 国際協力事業団(JICA)出向(医療協力部医療協力第一課長)
2000年 国立医薬品食品衛生研究所医薬品医療機器審査センター審査第三部長
2002年 厚生労働省医薬局血液対策課長
2003年 国際協力機構(JICA)出向(医療協力部長、人間開発部技術審議役)
2006年 国立精神・神経センター運営局長
2007年 国立精神・神経センター武蔵病院長
2007年 厚生労働省退省
2007年 聖マリア病院経営企画室
◆資格・免許
医師免許、医学博士
◆主な業績
国民衛生の動向(厚生統計協会)、世界の公衆衛生体系(日本公衆衛生協会)等、教材の分担執筆多数。
東京大学講師(併任)、聖マリア学院短期大学講師(非常勤)や金沢大学、信州大学、群馬大学、横浜国立大学等の特別講義講師を歴任。
日本医学教育学会シンポジスト等、学会講演多数。
「新生児死亡のリスクファクター」(山口医学:博士論文)、「Outcome of 25 neuroblastomas revealed by mass screening in Japan」(Lancet)等、学術論文の単著、共著多数。
国際協議のための海外派遣50回以上。
◆専門分野
社会保障、保健医療行政、国際協力

コメントをよめばこの人がみえる。
かささぎ推薦コメント↓

細かくは計算してないけど、我々昭和人は、福島原発で避難勧告がなされている人たちよりは、はるかにたくさん被曝してると思う。なにせ、十数年にわたってず~っと今の一万倍の放射能が天から降ってた時代だから。
当時は農作物からも牛乳からも水からも、たくさん放射能を取り込んでいました。摂取規制がなかった時代です。
福島原発が地球を汚しているのは事実ですが、大気圏内核実験をやってた国々にはそれを批判する資格はありません。
それにしても、なぜ気象庁は昭和32年以降の観測データを現在の観測データまで連続したグラフにして発表しないんだろう。
昔のデータはベクレル/平米で、最近の報道発表データはベクレル/kgなので比較もしにくい。

下のほうの
>平成以降、人工放射能の観測値は小さくなりましたが、それでも10ベクレル前後の降下物が観測されています。
は単位間違いで10ミリベクレル。
(学長ブログは修正済)

ところで私の学年は、最も放射線感受性の高い胎児の時に、ビキニ核実験の放射性降下物で大量の被曝をした特異的な学年なのですが、だからといって先天異常がこの学年に多いという統計はありません。(変な人は多い?)
それを思うと、当時よりも少ない被曝線量で避難勧告だの20年住めないだのと大騒ぎするのもどうかと思いますが、現代の価値基準ではそういうことになるのでしょうか。

知らぬが佛。ってことばは味わい深いですね。
なーんもしらんかったときは、だれもうらむでもなく、平和でありました。
しかし、そういうことをしってしまえば、もしやこれはその影響ではとか迷いのこころがおこります。

仕事帰りに週刊誌を立ち読みしまくりました。どっこも震災特集記事でいっぱい。げんなり。
もうしわけないけど、テレビでみたやん。ってゆうような、写真記事ばかりです。
そんな中、あれは週刊文春だったかなあ。原発現場技師ボスと官邸、東電との闘いを見事に緊迫感あふれる筆で書いているのがあった。
これだ。とおもった。
なにが、これだ。なのかよくわからんが。

2011年5月17日 (火)



共同幻想と時代をみつめる個の目~うたげと孤心~新茶歌仙を巻きましょう。

「九州俳句」詩が届いた日、同時に大牟田の名ある俳人・谷口慎也先生から礼状が届いた。

こんどの文章で

原子炉もあやめも濡れているところ   谷口慎也

この一句を絶賛したのです。
時代性を持った深い句であると。
そうしたら、俳人はうれしかったのでありましょう。とても喜んでくださいました。
わたしのほうがびっくりしました。
この句にはふしぎなところがあって、鬼の一句なんですよね。
いつできた句なのか知りませんが、去年みかけた句でした。

現実は俳句に追いつけないんだ。

と呻くように書いていたのは、ほかならぬ山本健吉でした。
これがまさにそういう類の一句であります。
善悪なんぞははるかに超えている。

さあ。おまえはどうする、とばかり
ぬれてきらきら光る熱い熱い核がその裸身をさらす。

福島原発事故をめぐって、相当の被曝を覚悟しなければならない都民である神崎さくらさんが、ある日、こんな印象的なことを書かれていました。印象にのこった言葉でしたので、ここに書き留めておきます。

広瀬隆+小出裕章vs 竹橋乙四郎

VSとは見ていません。
どちらも本当だと思って読んでいます。

私も単位はどうしても理解できません。
ラジオで大竹まことがわかりやすい単位で言ってくれ・・なんて言っていましたが、そういうもんじゃないと思います。
専門家の間ではそれが当たり前で、一般の人がついていけるような世界ではないのだと思います。

で、乙四郎さんは違う側面があることをそのまま言ってくださっているので、とてもほっとしたりなーんだと思ってしまいます。
ちょうど、戦争中の出来事はすべて日本が悪かった事しか知らなくて、卑屈になりそうになった時、
良いこともたくさんあった、こういう良いことをした人も居たんだよ・・と知っていくうちに安堵したのと似ています。

が、これは今現在わが身に降りかかることなので
かささぎさんのように真剣に知るべきことはすべて知るべきと思いますが、じゃ知ったからと言って現実にどうするのか、とても難しいです。
強制的にここへ避難してくださいと命令が下れば着の身着のままでも行くと思います。
だけど疎開先がある人は自主的に行って下さいなんて困る。
一家で九州へ行って弟の家にずーっと何日も何日も居られるだろうか?
私たち夫婦だけ助かっても、娘夫婦・孫・息子・嫁が
東京に残っていては意味がない、自分だけ命があっても生きる意味がないのです。
仕事を放り出して東京を離れることが一番難しいような気がします。
今までどおり身近な人と一緒に運命を共にするのが
いいのではなかろうか・・・なんて毎日考ています。(さくら)

さて。

月野ぽぽなさん。
この人の句をもっと知りたくて。

えめさんが前回の連句の座に「俳句2月号」を持参してくださったので、拝見。
でもそれはあまりよくなかった。ごめんなさい、正直にかきますよ。

ところが、ネットでみていたら、数年前のハイヒールの句とかさくらの句とかに新境地がいくつも見いだせました。わたしはなにか文章を書きたいと思っています。

そのぽぽなさんから、来週は日本へ帰ります、とメール。
発句も一つくださいました。

コメント編集で失礼いたします。

第三句からはじめますので、みなさまご用意をおねがいいたします。

恭子さま
お誘いいただきありがとうございます。前の巻の興奮が覚めやりませんが、お言葉にあまえてこちらに発句候補を置いて参ります。

青空に雲ひとつなき新茶かな   ぽぽな

難ありでしたら次を作りますのでお知らせください。

ぽぽなさん、ありがとうございます。
超いそがしそうでしたのに、手際よく作ってくださって、ありがとさんきゅうへりまっち。

御句ですが。
青空に雲ひとつなし、と切るべきだろうか。
ときってみました、でもこれは一気によむところにキレができ、字面でキレをいれると逆にきれなくなる句なんですね。
八女の新茶のお味をこう表現してくださいました。
さすが新鋭の目はするどいです。

わき、ごぶさたしている函館のすぎさく先生に依頼しました。
みなさん、ちょっとまっててくださいね。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/kiyoshi0302/comment/20110516/1305536632#comment

ドイツの社会保障制度(5) 日独の制度の相違点

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 17 日 ドイツの社会保障制度(5)

日本の介護保険制度はドイツの制度を参考にしたものです。

しかし、日独の介護保険制度には、次のような相違点があります。

ドイツの介護保険制度は、

・サービス要員不足に対応するため、家族介護に対する現金給付があります

保険者は疾病保険と同一です。

医学的サービスは対象外で、疾病保険の対象です。

高齢者だけではなく全年齢が対象です。

要介護認定は州単位に設置された独立した医学判定機関の専門医師が行います。

施設介護は居宅介護が不可能である場合のみの限定給付です。

・要介護状態になってから保険加入する逆選択を防止するため、保険加入期間要件(申請前10年間に少なくとも5年以上の保険加入期間)があります。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

放射能地図を作る科学者たちの記録をユーチューブから。必見。

これを聞かなきゃ眠れない。今夜もコイデる。


▽コメントまとめ

コメント
帰宅したら、郵便受けに幸福実現党の号外。
菅制不況を食い止めよう、浜岡原発をかってにとめた現政権、エネルギー需給見通しも何のあてもなく、暴走する菅総理を即刻やめさせようと書かれていました。
党首は大川さんではなくなったみたいです。(かささぎ)

りゅうほうさんは一度も党首にはなってません。
党首が数十日で交代するのがここの特徴です。

投稿: 乙四郎 | 2011年5月14日 (土) 22時36分

(朝刊トップ記事)
「津波前、揺れで損傷か」
・・・東電関係者は「地震の揺れで圧力容器や配管に損傷があったかもしれない」と、津波より前に重要設備が被害を受けていた可能性を認めた。
第1原発の事故で東電と経済産業省原子力安全・保安院はこれまで、原子炉は揺れに耐えたが、想定外の大きさの津波に襲われたことで電源が失われ、爆発事故に至ったとの見方を示していた。

これも2か月もの間、隠蔽されていた情報。

投稿: 茹で日本 | 2011年5月15日 (日) 22時31分

一年後、どういう報道がされるのでしょう。
また、十年後、さらに五十年後、百年後。

投稿: かささぎ | 2011年5月16日 (月) 08時18分

富士山噴火関連コメントまとめ

コメント
三億円事件~グリコ・森永事件~日航機墜落事件
の繋がりに見え隠れする宮崎学氏が、ついに福島原発に首を突っ込みました。
    ↓

http://miyazakimanabu.com/2011/05/15/1054/

(あれ?こんなコメントあった。今気づきました。・・・丸一日、時空をさまよっていたようですね。
・・・・かささぎ徒歩子)

投稿: 茹で日本 | 2011年5月15日 (日) 21時20分

毎日更新されている富士山の観測サイトですが、10日以降のデータが出てきません。
頻発してた地震がぱたっと止まったのか、それとも・・・

投稿: 茹で日本 | 2011年5月15日 (日) 21時28分

各観測地点の地震波情報は出ていました。
データの隠蔽ではなさそうです。
3月11日から5月9日まで爆発的に集中して起きていた微小地震が10日から今日まで、ぱったりと止まっています。3月10日以前でも、連日、なにがしかの微小地震があったというのに、これだけの長い期間の沈黙は不気味です。

投稿: 茹で日本 | 2011年5月15日 (日) 21時48分

10日以降の地震波情報をずっと見てみました。
相変わらず微小地震が頻発しており、不気味な沈黙などありませんでした。
10日以降のグラフに情報が書き込まれていないだけでした。(なぜ書き込まれていないのかは不明)

投稿: 茹で日本 | 2011年5月15日 (日) 23時19分

非科学的な推測で恐怖を煽るのはよくないので、少し調べてみました。
富士山の噴火は地震と違って予報が可能なのだそうです。
なぜなら、要所要所に100メートルの穴を掘って、地震計と傾斜計で観測を続けているから。
噴火の前にはマグマがせり上がってくるので、その動きは低周波地震の観測で推測できます。
また、低周波地震の震源も浅くなってきます。
また、マグマがせり上がると、それによる山の膨らみを傾斜計が捉えることができます。
火山のマグマは一挙に噴出するのではなく、数か月かけてせり上がるので、地震計と傾斜計で常時観測すれば、ある程度の予報が可能だということです。
富士山のマグマだまりは地下15~20キロの深さだそうです。
観測を開始して以降、低周波地震は地下15キロあたりで起きています。

さてここで、富士山観測サイトの最近のデータを見てみます。
低周波地震は10~15キロの深さで3月11日以降に数回起きています。
頻度はそれ以前とあまり変わらず、最近では4月16日と5月7日に起きています。
震源が浅くなってきてはいるものの、この程度の頻度だと、近日中に噴火するということはなさそうです。
傾斜計については、明らかな変化が3月11日以降に見られます。
富士山は少し膨らんでいるようです。
マグマが少し上がってきているのは間違いないかもしれません。
あとは、観測データに基づいて近日中の噴火が予報される場合、それを政府が隠蔽しないことを祈るのみです。

投稿: 茹で日本 | 2011年5月16日 (月) 00時50分

阿蘇山が噴火しましたね。
地球は何を怒っているのか。

投稿: 乙四郎 | 2011年5月16日 (月) 14時34分

阿蘇山がふんかした?
阿蘇山はいつも噴火してたのではありませんか。

では最近の小さな地震はそのせいでしたか。

病院からかえったら、九州俳句が届きました。

あしたより今日の重たさ冬菫   澤田都紀子
冬晴の風の軽さは耳で知る     〃

何もかも飲み込んでいく三月十一日  東妙寺らん
今生きて今逝くだけか泡雪と        〃

ところで、反核でも推進でもいいんです。思想信条いっさいきれたところで、つくってみませんか。また今年も平和祈念の俳句を。お待ち申し上げます。
また、余力のあるおかたは、もう一つ募集中です。
それは中村重義さんのほうから、ご案内がとどきました。
反核平和詩歌句集作品募集
発行八月予定
締切今月末
資格不問
詩、一人一編
短歌、一人七首
俳句、七句
川柳、七句
いずれも参加費は三千円です。
400字詰め原稿用紙使用、
冒頭にジャンルを明記、
別の用紙に
郵便番号、住所、氏名、生年月日、電話番号、著書を100字以内でまとめてください。小歴をいれます。100字以上はカット。
参加費は小為替、現金封筒いずれでも。
送り先はここへおききくだされ。
と自分の目るアドをかこうとして、まてよ。
そのときは、このコメント欄でおたずねください。
メルアドを記入してくだされば、こちらからお知らせいたします。

投稿: かささぎ | 2011年5月16日 (月) 15時18分

2011年5月16日 (月)

春惜しむ

八山ぼん(呆夢とかいて、ぼん。)のブログから期間限定公開されていたのをかっさらってきました。(せいこさんがいないのは、カメラマンだから。せいこファンのみなさま、ごめんなさい。ぺこぺこり)
これは二枚目だそうで、もう一枚あったらしい。みていない。


時間はお昼前の十一時半、それとも十二時半。

用事があったぼんさんが中座して帰るので、記念撮影したような。

ど中年にまじって、ひとり、二十代風のかわいい女の子がいます。

それが東妙寺らんでございます。どうか皆様お見知りおきを。

花より男子はどうみょうじ、花より美しいのはとうみょうじ。


けっ、いつもなら、歯の浮くようなことばじゃねえか!と

けたくそわるいのでありますが、こと、とうみょうじらんに限っては、

何といって褒めても、きもちわるくない。

いよいよふしぎな人徳です。すべてがまるくて、やさしいのですよねえ。

ちょうど一年前の昨日、めでたく歌人・古賀の音彦さんの妻になりました。
らんちゃん、音彦さん、綿婚式おめでとう。

さがしだしてきました。三々九度、の写真、これです。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-f182.html

影だけがゆるぎなきもの春惜しむ   恭子

   Dscf0027

ドイツの社会保障制度(4)                経費高騰を抑えるさまざまの工夫

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 16 日 ドイツの社会保障制度(4)

ドイツの医療給付は、医師費用、薬剤費用、病院費用に大別されます。

医師費用については各州の保険医協会と金庫連合会とが契約する「団体総額請負制」によって支払われます。

総額の範囲内で、保険医協会は各医師に報酬を配分します。

薬剤費用は出来高払いで薬局に支払われます。

病院費用については一件当たり包括払い制が導入されています。

薬剤費用と病院費用の高騰を抑えるため、1997年、「構造契約」制度が導入されました。

加入者が選択した家庭医が薬剤費用や病院費用の削減に協力すれば、その削減額の半額の報奨金を家庭医が受け取ることができる疾病金庫との任意契約です。

医師が薬局や病院と経営的に分離されていれば、医療費抑制に有効な手法でしょう。

日本では、医師報酬は施設収入と一体化しており、医薬分業も不完全ですので、構造契約制度を導入するためには、医師報酬の独立から着手しなければなりません。

医師だけを切り分けることができない「チーム医療」が定着しつつある現代としては、医師報酬の独立は時代錯誤でしょう。

保健医療経営大学「学長のひとりごと」

▽かささぎの独り言

日本の制度には日本の制度のよさがあり、あちらの制度にはあちらにしかない合理性がある。というところも多いのですね。

ところで、毎度のことながら、まったく関係ないことを書きます。
昨夜、ねむいのをがまんして、母が作ってくれたごはんをたべながらテレビをみていたら、森永製菓のチョコボールやハイチュウ製造工場へ取材していました。森永卓郎っていうあんぱんみたいなおっさん先生がです。
小枝チョコ、96本の大枝が二箱分の小枝にきりわけられる過程を映像でみました。
また、ピーナツチョコができあがっていくまでもみました。
ヒット商品、売れなかった失敗作。
開発部ではライバル社の商品も買ってきて、食べながら新商品へのヒント探しをしていました。
これらは時代へぴんとアンテナをはる、ということですよね。
えっと、・・・何がいいたかったのかな。

わすれてしまったところで、さいなら。

ドイツといえば、カッター。
調理器具で安くていいものがある。
そいつを会社はかってくれんだろうかなあ。

とかささぎはひそかに切望している。
二千円くらいじゃないだろうか。
それというのは、きゃべつの千切り機です。笑。

2011年5月15日 (日)

今朝の早番  炒り豆腐

炒り豆腐とかぼちゃとたまねぎのお味噌汁、そして奈良漬。
これが献立でした。主菜は一品ですが、意外とめんどうでした。
豆腐にスチームをかける(中心温度を測る)、たまご2パックを塩素水に五分つけて五分流水で流し、決まったシンクの角にラップをしき、その角にこつんとして一個ずつ小さな深皿にわり入れ、殻が入ってないか確かめながら、さらにそれを一個ずつ大ボールに移し、ようやくここで掻き混ぜる。やれやれ。。。。理科の実験気分だよ。
この下準備は家ではやらないこと、でも、ここではしなければならない。

なにしろ、衛生がもっともだいじな世界。

けさは40人ぶん。うち、極小刻みさん3名、普通の刻みさんが6名。
粗刻みさんが2名。
ミキサーさん1名。
これ、ぜんぶ、カッターかけたりミキサーかけたりします。
ミキサーさんにはさかなアレルギーがあり、炒り豆腐のなかのちくわがだめ、一人分は小鍋で別につくりました。
わずか二時間弱で(ほんとは定刻なら一時間半です)料理を仕上げ、三品の切り分け、もりわけが可能だったのは、途中からたのみの栄養士さんが応援で来てくださったからでございます。よかった!

検食も仕事です。
ところが、今朝は味噌汁がぎりぎりの量。
私と栄養士さんのぶん、なし。
休憩室(おそるべき狭さ)で一人いただく朝ご飯。
炒り豆腐のお味は絶品でした。みそしる、たべたかったよ。

先に食べてきてください、と先輩はいわれますので、
そのとき、後輩は仕事中の先輩方にお茶をいれて、
「お先にいただいてまいります」と一言もうしあげてから。

というのがきまりです。なんか、こういうのうるわしいですよね。
朝の検食は八時におだししたごはんの食器が帰ってくるまでにすませます。

*いりどうふの作り方

とうふはほぐして水分をとばしておく。
重しをしているだけでも水分はぬけます。
油を熱し、にんじん、しいたけスライス、いんげんの輪切りなど適宜いためまして、さらに豆腐を加えて、いため、混ぜます。
豆腐が均等にくずれ、熱が通ったら、味をつけます。
みりん、砂糖、薄口しょうゆです。
味をみながら整えます。薄口しょうゆはてごわい。
薄口どころかとっても塩っ辛いので、用心します。

たまごを全体にまわしかけ、固まったらできあがり。

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(22)             OECDの対日審査報告書の観点に違和感

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 15 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(22)

OECD(経済協力開発機構)が対日審査報告書の2011年版を公表しました。
OECDは加盟国の経済・社会情勢を調査し、報告書をまとめていますが、日本についてはGDP比で200%まで増加した公的債務残高を「極めて厳しい状況に達している」とし、財政健全化のため「消費税率を20%相当まで引き上げることが求められるかもしれない」「11年度中に税制改革の詳細を公表し、増税はできるだけ早く始めるべき」と強調しています。
また、社会保障支出の増加抑制策が優先事項になるとも指摘しています。
日本の社会保障費が今後10年間にわたり対GDP比で2%程度増加すると見込まれることなどから「医療、介護分野における改革などを通じた社会保障支出の増加抑制策が優先事項となる」と分析しています。
具体的には、
・介護サービスをより厳密に監視し、病院から適切な介護施設へのシフトを促すこと
・病院が効率性を高める動機づけのため、診療報酬を疾病ごとに設定する診断群分類の改革により、支払方式の改善を図ること
・後発医薬品を報酬支払の基準とすることで利用を拡大すること
・専門医による不必要な診断を減らすために、ゲート・キーパー制を導入すること

の4点が社会保障支出の増加抑制策として提言されています。

国際的には、日本の医療費はコストパフォーマンスの良さが評価されています。
対GDP比で他の先進諸国よりはるかに低い医療費で世界最高水準の平均寿命を維持していることが賞賛されています。
日本の社会保障費の対GDP比が欧州諸国より低いことも、国際比較統計で明らかです。
にもかかわらずOECDが日本の社会保障費を槍玉に挙げて増加抑制すべきだと提言するのには違和感があります。
ポリシー・ロンダリングという言葉があります。
省庁や世論の抵抗で実現困難な政策課題を国際的なレベルでの合意事項にして、国際機関の提言であるからと国内の反対勢力を説得する手法です。
OECDには経済産業省や財務省の出向者がたくさんいます。
介護サービス制度については介護制度が整っていない多くの欧米諸国がそのあり方を提言できるはずもなく、ましてや病院と介護施設とのデマケをイメージできるとは思えません。
診療報酬の支払い方式の改善(診断群分類の改革)についても、ほとんどの国でいまだ試行錯誤中であり、断定的に提言するのは行き過ぎです。
後発医薬品についても、先発医薬品メーカーの開発力の維持への配慮が必要で、国際社会では「後発医薬品を報酬支払の基準とする」ことは必ずしも合意されていないはずです。
ゲートキーパー制についても、フリーアクセス制の利点を否定しきれるほど国際的合意は得られていません。
日本の医療費のコストパフォーマンスは、専門分化した開業医へのフリーアクセス制によって達成できているとの評価もあります。
OECDの対日審査報告書がポリシー・ロンダリングであるのか否かはわかりませんが、日本の財務省や経済産業省によって主張されてきたことが色濃く反映している印象は否めません。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽かささぎの独り言

むずかしくて、さっぱりわかりません。

だけど、たりないからとよけいむしりとるとうらみしかのこらない。

というのだけはよくわかるよ。あら、そのはなしじゃないの。

では、はやばん、いってきます。きょうはしっぱいしませんように。

夢~黒澤明監督と茹で日本の杞憂

美術館の招待券をいただいていたのに、行けなかった。
青木繁展、今日までです。

お世話になった画家杉山洋先生のブログを読んでいました。
すると、つぎのようなことが書かれた文章をみつけました。

(黒澤明監督作品の、「夢」について。5月1日付です。http://ameblo.jp/yameyobanashi/theme-10026558076.html

冒頭の狐の嫁いりを題材にした「日和雨」の少年の家の門柱には「黒沢」とあった。

夢談義のなかで一番今日的だつたのは「赤富士」。

あえて日本を代表するのに北斎の「赤富士」をえらび、富士が原発の連鎖爆発により崩壊しょうとする映像。

日本の将来を予言して「赤富士」を選んだのは黒沢の先見の明。

作品は二十一年前のもの。

竹橋乙四郎の心配とぴたっと重なることに気づく。

もう一度引用します、このコメント

どちらかといえば優柔不断で決断力のない人が、浜岡だけは決断力を発揮した、という経緯には、「裏に何かある」と考えるのが順当。
「30年以内の地震発生」が理由であるのなら、この夏場の電力供給の不安を配慮すれば、夏場のピーク明けくらいに停止目標を設定すれば混乱はずいぶん小さくなるのが明らかなのに、あえて、直ちに停止させる必然性がよくわかりません。
浜岡だけ、という理由も整合性が乏しい。
これだけの状況証拠が重なれば、「官邸が隠している情報があり、それを考えれば浜岡だけは急を要する」という推論が成り立ちます。
私は、これ(↓)じゃないかと。てっぺんから南西、頻発。

http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_datalist_fuji.html

    ↑
3月11日を境に、明確な変化があり、その変化がずっと続いています。

茹で日本さん
難しい図表ですね富士山の地震
はああぷ ていう米国の兵器のせいだと書かれたサイトがありました
怖くて吐き気がします
何を隠してるのだろうか


2011年5月14日 (土)

かささぎの旗、今日のコイデる・チェルノブイリの避難範囲


コメント

どちらかといえば優柔不断で決断力のない人が、浜岡だけは決断力を発揮した、という経緯には、「裏に何かある」と考えるのが順当。
「30年以内の地震発生」が理由であるのなら、この夏場の電力供給の不安を配慮すれば、夏場のピーク明けくらいに停止目標を設定すれば混乱はずいぶん小さくなるのが明らかなのに、あえて、直ちに停止させる必然性がよくわかりません。
浜岡だけ、という理由も整合性が乏しい。
これだけの状況証拠が重なれば、「官邸が隠している情報があり、それを考えれば浜岡だけは急を要する」という推論が成り立ちます。
私は、これ(↓)じゃないかと。てっぺんから南西、頻発。

http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_datalist_fuji.html


投稿: 茹で日本 | 2011年5月14日 (土) 12時10分
 
帰宅したら、郵便受けに幸福実現党の号外。
菅制不況を食い止めよう、浜岡原発をかってにとめた現政権、エネルギー需給見通しも何のあてもなく、暴走する菅総理を即刻やめさせようと書かれていました。
党首は大川さんではなくなったみたいです。(かささぎ)


『さくらガール』

さくらガールという歌を毎日聞いています。

いえ、以前むすめがくれていたcdです。

こんな歌。無料動画できけます。
http://pv6pvnewspv6pv.blog102.fc2.com/blog-entry-2652.html

歌声が複数で、この声はだれのだろう?と思いながら聞いています。

ニュースというグループが歌っている。有名なんでしょね。笑。

「ちょんまげプリン」で主役をはった子がとってもよかったのです。
で、その子をマーク。動画のなかで女の子にほっぺた張られてます。

歌詞、ヒロイズム、って人の作詞。

まって、まって。

待って、待って、とおもっていましたら、

舞って舞ってでした。

はかないからきれいなんだってさ。

そんなこと知らない僕になにができるっていうのさ。

ここんとこ、いいですね。日本人のこころ、もののあわれ、です。

歌詞;http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND91269/index.html

では、五時十分、早番、いってきます。げんきだしていこうじぇ。

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(21)         社会保障と税の一体改革

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 14 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(21)

社会保障と税の一体改革については、民主党も独自の調査会を設けて会合を開いています。
民主党の調査会は10日の会合で、少子高齢化の進展に伴って若い世代に医療費の負担が集中している現状を改める必要があるとして、医療政策の見直しの方向性を議論していますが、具体的な論議は医療機関での窓口負担の軽減にとどまっています。
現在、窓口負担の割合は、小学校に入る前の子どもは2割、小学生から69歳までは3割、70歳以上は1割と3つの区分に分かれているのを、中学生までは1割、20歳未満は2割に引き下げ、20歳から69歳の世代と75歳以上は今の負担のままとし、70歳から74歳を施行凍結を解除して2割に引き上げる案が検討され、この案が政府に提言されるようです。
しかし、この案では、目先の窓口負担の軽減で負担軽減策に見えても、勤労者世代の保険料負担あるいは税負担が増すので、若い世代の負担軽減策とはなりません。
「医療費負担」のうち窓口負担は一部にすぎず、主役は保険料負担と税負担です。
また、これとは別の会合で、民主党は、法的に廃止されることになっている社会保険病院と厚生病院の存続について、地域医療機能推進機構(仮称)を新設して両病院を運営させる法案を、今国会にも議員立法として提出する方向で調整を進めています。
病院運営の経費は国民医療費の構成要素ですので、公的病院が非効率に温存されると、その皺寄せは他の医療機関に及びます。
わが国の医療提供体制を効率化して医療崩壊を回避するためには、公的医療機関が率先して病院の統廃合など効率化の範を示さなければなりませんが、両病院の単なる温存のための独立行政法人の新設ということであれば、行政改革の流れに棹差すことにもなりかねません。
次期改定は、効率化や地域医療貢献を追求しない医療機関には辛い改定となると予想されますので、新設される独立行政法人には高度な医療経営のノウハウが必要です。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」転載)

▽コメント(原発)

コメント

WSPEEDIのデータの一部が公表されているようです。結構、広域に汚染が広がっています。
    ↓

http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-49.html

元官僚様、
数字をみたとしても、よみとくちからなどござんせん。
あなたは以前かかれていましたよね、あなたと、ナガサキの学者グループだけでした、チェルノブイリでの死者は四千人だとしていたのは、。かささぎの旗が日頃きょろきょろする範囲内で出合った限りではそうです。
データとはかくも無惨にもおおきな幅ができるものですねえ。
ところで、やはり浜岡原発廃止、あっしらにはかかわりない、と原発保安院がいっているようですね。これはどういう意味をもつものでしょうか。利害関係?
国民世論は今冷静ではありませんよ、当然。

以下、時事ドットコムより丸写し失敬いたします。

見出し、原発はとめていても危険(小出裕章)

中部電力は、政府の要請を受け入れて浜岡原発(静岡県御前崎市)を全面的に停止する。東海地震の想定震源域のほぼ中央にあって極めて危険との指摘を踏まえての決断だ。しかし、定期検査中で核燃料棒を原子炉から保管プールに移していた東京電力福島第1原発4号機ですら、地震・津波によって冷却用電源を失い、高温の危険な状態に陥った。原因は不明だが爆発に至っている。
 浜岡原発の場合も、運転を停止しても津波の直撃を受ければ制御不能に陥る懸念は排除できず、危険が去ったわけではない。
 これまで中部電は、浜岡原発付近を襲う津波は最大8メートル程度と想定。高さ10~15メートルの砂丘が堤防の役目を有するとしてきた。しかし、福島での「想定外」の事態を受けて原子炉建屋屋上に非常用発電機を設置するなどの緊急対策の実施に加え、15メートル規模の防波壁の建設を決めた。
 防波壁が完成する2、3年後まで、浜岡原発4、5号機を停止する。燃料棒は原子炉内に当面保管し、その後、定期検査中の3号機、廃炉に向けて停止済みの1、2号機とともに、原子炉内に置き続けるか、燃料プールで保管するか判断する。
 福島第1原発は、稼働していた1~3号機が地震発生を受けて停止したが、定期検査中で停止中だった4号機を含めて津波により冷却用の電源が失われて事故を起こした。
 浜岡原発も、防波壁が完成するまでは、津波で危険にさらされる状況が続く。小出裕章京大原子炉実験所助教は「原発は動いていようと止めていようと危険はある。動いているよりは止まった方が危険が少なくなるが、他の原発も(含めて)即刻止めるべきだ」として、原発廃止を訴えている。(2011/05/13-22:18)


2011年5月13日 (金)


schneller-久々の乙四郎スウィッチとジャンヌダルクさんからのお便りとのシンクロ

震災復興祈念歌仙『雪を桜を』(平成23年3月26日)で「ノストラダムスは忘れられ」というのを詠みました。(※さわりがあり、すてられましたので表にはでてきません。)http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-17.html
1999年が過ぎた途端に忘れられてしまった大予言です。
「1999年7か月、空から恐怖の大王が来るだろう、アンゴルモアの大王を蘇らせ、マルスの前後に首尾よく支配するために」(『予言集』(百詩篇)の第10巻72番)
この予言集が出版されたのは1555年で、3797年までの予言が収められています。
散文+四行詩×百詩で構成された短詩作品集です。
1555年といえば、日本では天文24年。
やはり百詩の短詩作品集である八女戦国百首が出ています。
ノストラダムスの大予言には12年程度の誤差があるとも。
戦国百首にも暦表示に12年の誤差があります。
1999年が12年の誤差なら、恐怖の大王が来るのは2011年、今年です。

恐怖の大王=放射能
アンゴルモアの大王=怒りっぽい(アンガー モア)大王=菅さん???
マルス=3月(の神)

さて、気になって、戦国百首の72番を見てみました。

七十二  不逢恋   鑑冨
今は我見る目も隠す言ふ甲斐も
なく/\袖のうらなみぞたつ

津波災害を暗示していると言えなくもない。
この歌に続く73番は、

七十三  来不逢恋  嵐竹
とひきてもねぬときなれやくやしくて
おもひわすれじ庚申かな

今年は7庚申の年(旧暦で庚申の日が年に7日ある年)なので、庚申信仰では不吉なことが起きる年なのだそうです。

沖つ波 来寄する荒磯(ありそ)を 敷袴(しきたへ)の 枕とまきて 寝(な)せる君かも  (柿本人麻呂)

「津」波は、港を襲う波
「浦」波は、海岸に打ち寄せる波

・・・だそうです。

   ↑
名前、入れ忘れました。

「津波(浪)」の最古用例は『駿府記』で、1611年に発生した慶長三陸地震についての記述「政宗領所海涯人屋、波濤大漲来、悉流失す。溺死者五千人。世曰津浪云々」だそうです。

従って、万葉集にも戦国百首にも「津波」は出てきませんが、人麻呂の歌は津波被害を詠んだものかもということです。

歴史上の大災害を調べていたら、またもや天文24年(1555年)が出てきました。
中国史上最大の地震記録だそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~
明朝嘉靖三十四年(1555年1月23日)夜间,在陕西渭南一带和山西蒲州等地发生了强烈地震,死亡83万多人。这次地震是我国历史上有明确文字记载的最大的一次地震。
~~~~~~~~~~~~~~~~
戦国百首の武将たちに、この隣国での大事件のニュースは届いていたでしょうか?

天文24年(1555年)の世界の出来事。
またまた見つけました。
1555年の7月12日、ローマ法王パオロ四世が法王教書でゲットー(ユダヤ人居住区)設置を宣言しました。
・ユダヤ人はキリスト教徒の居住区から離れ、入口と出口がひとつずつある居住区の中で暮らすこと
・ユダヤ人であることを表すために、男性は黄色の帽子、女性は黄色のハンカチを携帯すること。
・キリスト教徒を奴隷化することを禁止する。
・キリスト教徒相手の高利貸し、および架空契約は厳禁。
・キリスト教徒と遊興にふけったり親しく食事をしたり会話をすることを禁じる。
・キリスト教徒との間に結ばれた商業上の契約書や勘定書はすべてイタリア語で記すこと。ヘブライ語で記されたものは法王領内では法的に無効とする。
・最低の生活の資を得る以外の商業活動を禁止する ( 古着商は認める ) 。
・ユダヤ人の医師はキリスト教徒の治療をしてはならない。
などが定められています。
ユダヤ人迫害の歴史の幕開けの年ともいえます。
かささぎの旗でのいろんなことが繋がってきます。

1555年。
パキスタンでもカシミール大地震。

1555年か1543年か
まだわかりませんね
だけどきになる
とてもきになる
こよみも
ゆだやもきになる

ひさびさの竹橋乙四郎スイッチがはいりました
八女戦国百首にであったことは
石橋秀野にであって三年後くらいでしたが
どっちも運命的なものをかんじます
百人一首よりなにより
すいこまれます

また何かあればおねがいします
文句なくおもしろい!

乙四郎。
これをよんでください。↓

http://seisyotonihon.seesaa.net/article/198156967.html#comment 

「シュネラー」医療雑誌です。ジャンヌダルクさんの連載、あります。
よめば、つながっているではごじゃんせんか!いそのさわがでてきます。
いそのかみでした。磯上。秀野さん。

えめさん、せいこさん、みなさまにもコピーをもっていきます。

投稿: かささぎ | 2011年5月 9日 (月) 21時24分

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(20) 厚労省の発表から

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 13 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(20)

厚生労働省は昨日(12日)、省としての社会保障改革案を「社会保障と税の一体改革に関する集中検討会議」に示しました。
医療・介護関連の主な課題は次の事項です。
中医協でのこの一年間のトピックがほぼそのまま盛り込まれており、次期改定に向けての具体的作業は、これらの提言が具体化されてゆくものと思われます。
<提供体制の効率化・重点化と機能強化>
地域で医療・介護サービスを継続的・一体的に受けられる「地域包括ケアシステム」の確立が課題とされています。
医療については、急性期医療に人材、財源などを集中投入して機能分化を図り、入院期間を短縮できる体制を整備すること、在宅医療の体制を強化することが提言されています。
介護については、在宅サービスの充実・強化や、サービス付き高齢者住宅などの居宅系サービスの整備などにより、介護サービスを量的に拡充すること、特別養護老人ホームの待機者を解消すること、介護職員の人材確保と資質向上のためキャリアパスの整備や処遇改善などを進めるべきことが提言されています。
<保険者機能の強化を通じた保険制度のセーフティーネット機能の強化、給付の重点化>
国民健康保険の財政の広域化、高度医療や長期にわたる高額な医療への給付の重点化、高齢者医療費、介護費の高齢世代と現役世代の公平な負担、後発医薬品のさらなる使用促進などが提言されています。
「高齢者医療費、介護費の高齢世代と現役世代の公平な負担」は、後期高齢者医療制度を創設した時の基本方針ですので、高齢世代の負担軽減を訴えて後期高齢者医療制度を見直すとした政権政党のマニフェストに抵触する提言です。
<医療イノベーションの推進>
日本発の医薬品・医療機器の開発と実用化を推進するため、がんや再生医療、個別化医療などの個別重点分野の研究・開発への支援、日本の臨床研究の質・量の向上が課題です。
質・量向上のための具体策として、臨床研究中核病院などの創設や人材の育成、ITの活用などが挙げられています。
また、薬価を設定する際に、医療経済的な観点を踏まえたイノベーションの評価などを検討することとしています。
<東日本大震災からの復興>
「震災前の姿を復旧・復元することにとどまらず、少子高齢化が進むこれからの日本社会の先進的モデルになるような『新たなまちづくり』などを構築しなければならない」とし、地域包括ケアシステムを被災地域の新たなまちづくりの中に取り込むなど、「新たな安心地域モデル」を提示し、全国に先駆けた体制整備を検討するよう提案されています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▽かささぎの独り言

わたしは管総理を見直した。

それがどういう心情によるものでもかまわないと思う。

浜岡原発、とめてくれる。

こうまで大きな被害をださねば、できなかった。

重く受け止めています。

この決断を管総理にさせた裏の人たちがいるはずです。

かん総理のもとでは、以下にコメントをよせてくださっている方のような優秀な官僚が粉骨砕身して働いているのでありましょう。かれらに大いなる感謝をいたしつつ。

原発コメントまとめ

コメント

「日本の原発はすべて廃炉にします」
「計画停電を国民に強いることになるのでは?」
「太陽光発電と風力発電で代替します」
「それだと、雨の日と無風の日は電力が不足しますよ」
「はい、計画停電は無計画停電で代替します」

けっきょく、原発はどうしても、いるのですか。

筑後まで母を送り届けてきました。
あたしはなにがいやかって、ちちがははにあまえるのがいやです。げげきしょくわる、っておもうよ。むかしのおとこはおんなにあまえすぎ。

いまから出勤です。
逃げずに地道にたちむかうしかありません。

たとえば、こどもが積み木ブロックで、半日かけて高い塔を作ったとします。
この塔を、解体するのには二通りの方法があります。
ひとつは、塔をぐしゃぐしゃに崩して片付ける方法。これだと、そんなに時間はかかりません。
もうひとつは、塔が崩れないように、ブロックをひとつづつ丁寧に取り外してゆく方法。半日かかるかもしれません。

30年かけて現在に至っている原発依存のエネルギーバランスは、この積み木みたいなものです。
エネルギーバランスがいっぺんに崩れないように解体するには、長い時間がかかるのは当然。
後先考えない頭の悪い子なら、エイヤッと塔を蹴って英雄気取りでドヤ顔するかも。
原発依存脱却が「正解」だとしても、そこに辿り付くための過程については、慎重な手順を踏む必要があります。
歴代の総理大臣で一番「リーダーシップ」を発揮した人といえば、小泉さんだったり田中さんだったりが思い浮かびますが、この方々は到達目標をしっかりと明示される代わりに、そこに至る手順については、民主主義のルールを逸脱するようなことは希有でした。
審議会にも閣議にも諮らずに、ましてや国会で討議することもなしに、長年の国のエネルギー政策の大転換につながる法的根拠のない行政指導を唐突に行うなどという手法は、独裁者の手法です。この人に「民主」を語る資格はありません。

「浜岡原発の停止を要請します」
「わかりました停止します」
「要請に応じていただき感謝する」
「ところで、いつまで停止したらよろしいのでしょうか」
「安全性が検証されるまでだ」
「わかりました、ではこれから防波壁と防潮堤を建設し、安全性の向上に努めます。膨大なお金が必要となりますが電力料金値上げで対処します」
「ちょっと待て」
「待てません。一刻も早く再開するのが電力安定供給責任がある私たちの責務です」
「防波壁と防潮堤だけでは安全とはいえないだろう」
「では、耐震度を上げる補強工事をします。何千億円かかるかわかりませんが、運転再開に向けて頑張ります。電気料金はかなり上げざるを得ませんが仕方ありません。直ちに着手します」
「待て待て、運転再開を認めるつもりはないぞ。無駄な投資はするな」
「え?廃炉せよってことですか?」
「そうだ」
「それなら、ちゃんと廃炉を要請してくださいよ」
「・・・」
「法的根拠もお願いしますね。私たちは政府の方針に従って浜岡で原発を稼働させてきたわけですから、それを廃炉するということになれば、それなりの根拠を示していただかないと損害賠償を請求しなきゃならなくなってしまいます」

今日のニュース
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
菅直人首相が今月21、22日に東京で開かれる日中韓首脳会談の開会式を福島市内で行う案を中韓両政府に打診したことが分かった。東京電力福島第1原発事故による風評被害を和らげる狙いがあるが、中国側は「原発事故は収拾しておらず、温家宝首相にそこまでのリスクは負わせられない」と難色を示しており、実現の見通しは立っていない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
来賓はカイワレとは違います。
思いつきでこんな外交をしてはなりません。
恥ずかしい・・・

昨夜の、各国の支援に感謝する会合での菅首相挨拶のニュース
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(前略)
「必ず、我が国が元気に再建をされた時には、この削った(ODAの)金額を何倍にも増やして、多くの国の応援に充てていきたいと、このように決意いたしております。皆さんともお約束したいと思います」と述べた。
 しかし、この将来のODA増額について、政府内で議論された形跡がないことから、民主党内では「また菅首相の独断専行だ。悪い癖が出た」と批判の声も上がっている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・この人に予算の仕組みを教えれる人はいないのでしょうか。

法治国家である日本においては、日本の原子力政策は「原子力基本法」を遵守しなければなりません。
この基本法では、「民主」「自主」「公開」の三原則が掲げられています。
「民主」は、政府が独占せず、国民の意思に基づいて民主的に政策決定すること。
最近の政府の政策決定は、「国民の意思に基づ」く民主プロセスを飛ばしています。いろんな基準値の設定も浜岡原発停止要請も、すべて密室で決められています。
重大な違法行為です。
「自主」は、外国から強制されないよう自主的な運営をすることです。
浜岡原発停止の政策決定は米国の指示に従ったものだという報道がありますが、もしそうだとすれば、これも重大な違法行為です。
「公開」は、疑惑を招くような秘密をつくらないことです。
小佐古教授が「守秘義務」違反を仄めかされて会見を中止されるということがありましたが、原子力基本法に照らせばおかしな話です。
小佐古教授の辞任表明に「WSPEEDIシステム(数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)のデータを隠さず開示し、福島県、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである」とありましたが、これは公開されていません。これを公開すれば守秘義務違反というのであれば、これもまた重大な違法行為です。
このように、今、政府は、あからさまに原子力基本法の三原則を踏みにじっていますが、そういう視点での報道が皆無なのは報道機関の勉強不足でしょうか、それとも報道規制なのでしょうか。

ひ~!!・・なんやねんこれはっ!!
あいたくちがふさがらんわ。ゆでにほん、元官僚、元外交官僚・・・
めが天になる。
あ、その天で急におもいだした。
よかった、おもいだして。だいじなことだった。
天まことくんから、今朝、電話があったんや。
天まことって、漢字で書くとね、天真実ってかくんやで。かれがこういうんや。
「ひめのさん、ひさしぶりです。ぼくね、俳句が川柳のコーナーにえらばれて載ったんよ!!」
「え~そりゃあよかったねえ!なんて本?」
「週刊とらさん」
「は?」
「二週間に一回でているdvdつきの本で、おとこはつらいよのとらさんの本。最後に川柳コーナーがあって、ぼくも応募してたん。

亡き祖父の思い出写す寅の旅  天 真実」

「ほ~、いい句ねえ。まことくん、きっと天国でまことさんもうれしがっているだろうねえ!」

「ありがごうございます」

というやりとりをしました。
(朝電話での話ですから、多少のまちがいがあるやもしれませんが。)
その本、しらべたら、こんな本でした。↓
まことくんは9・11生まれの28歳です。
べんがら村の前のおとうふやさんにつとめているユニークな青年です。
かつて彼も「樹」で俳句をかいていました。
厳密にいえば、かれだけがわれわれのなかで俳人と名乗ることができる人です。なぜなら、句集をだしているからです。笑。

※天真実句集『光』
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_76c3.html

2011年5月12日 (木)

フクシマ原発事故後二か月、コメント二つ

コメント

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/3-6d54.html

2~3マイル遠方で燃料棒の破片だとか、日本で発表されてないことがたくさん語られているビデオですが、それが本当だとすれば、それを隠している政府はおしまいでしょう。犯罪的隠蔽です。
原発から数キロの医療機関従事者からの個人的伝聞情報でも、原発の「破片」が飛んできたと言ってたので、相当な爆発力だったかも。
ところで、いよいよ日本も茹で上がりそうなニュースです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(前略)
菅首相や枝野幸男・官房長官、各首相補佐官らの執務室が並ぶ官邸の4、5階は記者の立ち入りが禁止されているが、そこでは細野豪志・首相補佐官、福山哲郎・官房副長官らがある部屋に頻繁に出入りしていた。部屋の主は、米国政府から派遣された「アドバイザー」で、名前も身分も一切明らかにされていない。
官邸の事務方スタッフは、その素性と役割についてこう説明する。
「その人物は米原子力規制委員会(NRC)のスタッフとされ、官邸に専用の部屋が与えられ、細野補佐官とともに原発事故対応の日米連絡調整会議の立ち上げ作業にあたった。常駐していたのは原発対応のために横田基地で待機していた米海兵隊の特殊兵器対処部隊(CBIRF)が帰国した4月20日頃までだが、その後も官邸に顔を出している。福島第一原発の水素爆発を防ぐために実行された窒素封入や、格納容器の水棺作戦などは、そのアドバイザーとの協議を経て方針が決められた」
原発事故対策統合本部長を務める菅首相に代わって、“決裁権”を握っていたというのだ。
(中略)
外国の政府関係者を官邸に入れてその指示を受けるなど、国家の主権を放棄したも同然であり、GHQ占領下と変わらない。
しかも、その人物は「ただの原子力の専門家」ではなかったと見られている。
(中略)
「原発事故対応のスペシャリスト」だというなら、統合対策本部や連絡調整会議に参加する方が、情報収集という意味でも効率的な働きができるはずだ。にもかかわらず、その後1か月間も官邸に常駐する必要があったのは、原発対応以外の「特別の任務」を帯びていたからだろう。
米民主党のブレーンから興味深い証言を得た。
「ホワイトハウスが、菅政権に原発事故の対処策を講じる能力があるかどうかを疑っているのは間違いない。だが、すでに原発処理についてはいち早くフランスのサルコジ大統領が訪日したことで、同国の原子力企業アレバ社が請け負う方向で話が進んでいる。
むしろ米国が懸念しているのは、これから震災復興を手掛ける菅政権が危うい状態にあること。オバマ大統領は、普天間基地移設をはじめ、日米間の懸案を解決すると約束した菅政権が続くことを望んでいる。
そのため、ホワイトハウスでは国家安全保障会議などが中心になって、日米関係を悪化させることがないように指導するオペレーションを震災後から展開している。“特別な専門家”の派遣もそのひとつと考えていい」
(後略)

全文はこちら
   ↓

http://www.news-postseven.com/archives/20110509_19848.html

コメント

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e989.html#comment-83231990

確かに逃げ場がないことはつらいことですが、逃げ場がないからこそクソ力が出せることもあるようにおもいます。
こんご、ほうしゃのうとうまくつきあうために、ほうしゃのうに支配されないために。この放射能事故を知恵を出し合って乗り切るしかない。
現場で働く東電社員さんが数多くおられることでしょう。リーダーとなっておられるかたの苦悩は計り知れません。現場でいまなおイノチの危険にさらされながらほうしゃのうじこを収束させるべく働いておられる現場リーダーの苦悩をおもいながら、逃げ場がないからこその底力を出していただきたいと願うばかりです。

逃げ場がない、といや、ほら、トップリーダー菅さんももう逃げ場がないったい。彼もクソ力を見せてくれるんかなあ。

ドイツの社会保障制度(3)                 各保険者の財政上の競争条件を均す調整制度

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 12 日 ドイツの社会保障制度(3)

日本の保険制度の非効率性は、個々の保険者の規模の小ささにも由来します。

規模が小さければ、たまたま高額の医療費を要する加入者が集中すれば、外部資金による財政調整が必要となるか、さもなければ保険料の上昇を招くことになります。

ドイツもかつては小さい疾病金庫が乱立していましたが、保険者選択の自由が導入されて以降は、急速に統合が進んでいます。

特に地域疾病金庫は州単位での合併が進み、20分の1くらいの数になっています。

日本にたとえれば、市町村ごとの国民健康保険が、いっぺんに県単位の運営に切り替わったようなものです。

なお、疾病金庫が互いに健全な競争を行うためには、競争条件を揃える必要があります。

そうでなければ、高所得者や若い人を囲い込んだ保険者が圧倒的に有利となってしまいます。

ドイツでは、疾病金庫間で財政調整を行う「リスク構造調整」制度が整っています。

加入者の所得分布や年齢構造などを加味した公平なルールのもとで、有利な疾病金庫から拠出金を徴収して不利な疾病金庫へ交付金を交付することによって疾病金庫間の財政上の競争条件を揃える制度です。

日本にも「調整交付金」などの国庫補助等による財政調整制度がありますが、競争条件を揃えるのではなく、結果(給付費)に対する財政調整なので経営努力を促す仕組みにはなっていません。

なお、ドイツのリスク構造調整制度では、エイズや血友病など特定の疾病を除いては、健康状態の違いは考慮されません。

年齢構造が同じでも、加入者全体の健康状態が悪い疾病金庫は負担が重くなります。

従って、健康状態の良い者だけを加入させる選択がおこりかねませんが、法的には、疾病金庫は加入申込を拒否できません

疾病金庫は加入者に診断書の提出を求めてはなりません。

健康状態まで考慮して財政調整すれば、保険者が加入者の疾病を予防しようとする動機が弱くなってしまいます。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」転載)

▽かささぎの独り言

ドイツのリスク構造調整制度。
保険者がさまざまの条件を抱えることをゆるしながら、マイナス財政へ傾く保険者への補助をプラス財政の保険者のところから持って行って埋めるしくみ、なのですか。
日本の保険制度も保険料だけでは半分の医療費しか支払えないので、税金からあとの半分は持ってくる、っていうのを以前学びました。

と、ことばでかけば、言い回しは違うけれど、おんなじことにおもえる。
どう違うのかは、じっさいに具体的な事例をみないとわからないですが。

連句的に。

きのう、父の手術がおわるのをまっていた家族控室で、べつのご家族のお話を聴く機会がありました。そのお方がおっしゃるには、八女公立病院は黒字、筑後市立病院は赤字なんだそうです。八女が黒字になったのは、保険者が合併統合して大きくなったからだ。と。

それをきいて、はっとしました。
うかつにも、八女はずうっと万年赤字の保険者かと思い込んでいました。
町村合併で赤字は解消していたのでしょうか?
と、こういう仕事をしているくせに、さっぱり目が届いていないかささぎの旗でございました。
工夫、改善を常に怠らない、ということがだいじなのでありますね。

さらにもう一つ、やわらかいはなしを。

やっと昨夜遅く、借りていた「大奥」をみました。
男女逆転の、見たかったのです。くたくたでしたが、根性でみました。
(返さなきゃならないので、もったいなかった)
原作の面白さに勝つことはできていない。
原作;http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_bcbe.html
が、それはそれとして、将軍吉宗役の柴崎コウのさばさばしたおとこぎと主役の水野役の二宮和也の弱そうに見えて筋の通った男ぶりが好対照であった。
疫病で男の多くが死に絶え、国の財政は大きく傾き。
という、どことなく今現在に通じる時代設定が内容のとんでもなさをリアルに均す。
華麗に華美に着飾って居並ぶ大奥の美男たち、その中で黒一色の水野の質素が緊縮財政をめざす将軍にうける。
出る、引く。すべてにおいて、このプラスとマイナスの描写が効果的でした。

2011年5月11日 (水)


ドイツの社会保障制度(2)                日本がお手本とした制度、日本との相違点

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 11 日 ドイツの社会保障制度(2)

日本の医療保険制度はドイツの制度にならって発展してきました。

また、東西統合後のドイツは、少子化や高齢化など、日本の抱える諸問題に先行して直面していますので、日本の医療保険制度の改革のヒントも見出すことができます。

ドイツの疾病保険(医療保険)は、日本と異なり、皆保険ではありません。

国民の約1割は公的疾病保険に加入せず、民間の保険に加入しています。

一定以上の所得額を超える被雇用者は、民間保険への加入を条件に、保険加入義務が免除されています。

また、自営業者には公的疾病保険への加入義務がありません

従って、ドイツには無保険者が存在しますが、実際は低所得無保険者はごくわずかです。

日本の生活保護対象者に相当する低所得者については、日本と異なり、ドイツでは保険適用者として保険料相当額が福祉事務所から直接疾病金庫に支払われていためです。

公的疾病保険を扱う疾病金庫には、地域疾病金庫、企業疾病金庫、同業組合疾病金庫、海員疾病金庫、鉱山従業員金庫、労働者代替金庫、職員代替金庫、農業者疾病金庫の8種類があります。

これらはいずれも独立した事業体で、地域疾病金庫も日本のように自治体直営ではありませんので、政治や選挙の影響は受けにくくなっています。

なお、保険制度はすべて保険料で運営されています。

本来的には当たり前のことですが、日本では税金による補填がなされているのとは対照的です。

疾病金庫は、その支出状況に応じて自主的に保険料率を決定しています。

税金による補填がないため保険料率は日本の倍近くなるのですが、被雇用者や雇用者が税金として払うのか保険料として払うのかの違いにすぎないともいえ、本質的な違いではありません。

日本の医療保険との決定的な違いは、国民には加入する保険者(疾病金庫)を選択する自由があるということです。

加入者が多いほど経営効率がよくなりますので、各疾病金庫は合併統合で大規模化するとともに、顧客満足度と価格の改善による加入者争奪競争を行っています。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽かささぎの原発に関する独り言

あのね。今号のれぎおん(春号)に調布市の医師・川野蓼艸(かわのりょうそう)先生が医師・森鴎外のミス・クレームノートを書いておられます。
ミスクレームノートってのは、かささぎの職場でしくじったときに書かされるノートの名前なんです。(いい名づけです。)
鴎外は脚気に十分な対応ができず、陸軍兵士に白米ばかり食させて、みすみす脚気による死亡を増大せしめた。一方の海軍は白米と麦飯とをバランスよく食させたことで脚気による死亡は少なかった。だそうです。
当時はまだ脚気という病気の原因が究明されていませんでした。
しかし、あきらかな数字はあがっていたわけです。
ところが最後まで誇り高き鴎外はそれを認めることができませんでした。
あれほどの文学者でも、いや、だからこそかな、そういうことがあったんですね。
みな、自らのミスを気づいても訂正するのには勇気と困難を伴います。

かささぎも、まずはいいわけをして、合理化しようとします。
でもすぐつっこまれます。ほら、いいわけをする、って。
逃げ場がないっていうのは、つらいものです。

かささぎは橋爪章学長にかれこれ三年の長きにわたり、政治についてのじっさいを学んできました。事件がおきたとき、折々に書いてくださるコメントから、かれの背後にある行政官としての実体験や苦悩がありありとみえてくることがあります。そこに最も教えられるのです。

苦しみがあれば、なんとか人は救われる。
事故が大きければ大きいほど、苦悩量もおおきい。
ほうしゃのうとはなんであるのか、は、まだよくわかりませんが、。

みまもりながら、しんぱいしながら、かんがえながら、まなびながら。

3号機のは核爆発らしい。と、遅れて、それも海外から情報がでてくるいやらしさ。

原発推進派元官僚ご推薦海外サイトより、2本ご紹介いたします。


さいごはうつくしい日本のかささぎご推薦、きのうの小出る。
だんだんと深刻度がましてきましたね。
最初から深刻だったのが、はっきりとみえてきた、という意味であります。

提出書類たくさん

提出書類たくさん


2011年5月10日 (火)

雨の日の転院

今朝は久々の雨の音で目がさめた。
台風の影響で、ときに激しく吹き降りをしている。
出そろった麦の穂があおくけぶって、丘陵は白いもやの中。

六日ぶりの休日、父が明日、大腿頭骨の人工頭骨置換手術をすることになり、朝からリハビリ病院へ母と向かう。
荷物をまとめ、書類を書き、父は車いすでそのまま病院の車にのせられ、看護師さんも一人付き添いをしてくださって、再び隣町の病院へ。わたしはそのあとから車でついていく。

前回とおなじように、主治医の先生の説明をうける。

「このひと月、様子をみていた。父上には脳にがんがあったので、それを考慮して、なるべくならば手術をしないですむようにと考えていたが、痛みがとれないし、思うように骨折した部分に肉もまいてくれなかった。これではリハビリも思うようにいかず、寝たきりになる恐れがある。そこで、手術をしたほうがよかろうと思う。」

とおっしゃった。

たしかに父は左足にちょっと触れただけでも、痛いと叫ぶ。
これではなにもできなかったはずです。

転倒して大腿骨を折るお年寄りは多いそうです。
父が明日うける手術は、毎日数人にやっておられるようなものらしくて。
お見舞いにもらった週刊新潮のゴールデンウィーク号にもこの手術の特集記事が載っていました。それほどここ最近、ポピュラーな手術なんでありましょうか。

麻酔医の先生からは麻酔の説明を受けた。
話の途中、ふと壁際をみると、乙四郎先生に学んだとおぼしきことが、病院の名をあげて書きだされていたので、はっと目が覚める。(疲れていたため居眠りしそうでした。すみませんでした。)
そこには、こんな注意書きが。

当院で大腿骨人工頭骨置換手術をするような場合は、紹介先の病院との間で地域連携料が請求できます。
○○リハ、○○院、○○リハ、からの紹介の患者の場合・・・当院へ600点、先方に900点。

・・・。
なるほど、と納得しました。
かささぎあたまもまんざらからっぽではなかった。かすかに覚えていました。
ここです。去年学んでいました。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/22-a44b.html

ところで、放射線。
父は短期間に三つの病院を移動し、そのたびにスキャンされました。
毎月何度も。だいじょうぶなんでありましょうか。

今日もまた、家に帰りたがったチチ。
痛みがとれなければ、動かせません。
もうしばらくがまんして、と言い聞かせました。

あしたは手術、痛みが治るよ。と。

ドイツの社会保障制度(1)              しっぺいきんこ。ってのが、あるのです。

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 10 日 ドイツの社会保障制度(1)

ドイツの社会保障制度は、救貧制度(地方自治体)と中世のギルド(同業者組合)を母体として発展しています。

1870年代、生活・労働条件の劣悪化とともに社会主義運動が高揚したため、1880年代、ビスマルクは社会主義運動の弾圧と産業労働者の生活保障の充実(ムチとアメ)戦略を打ち出し、疾病保険(1883年)、事故保険(1884年)、年金保険(1889年)を導入しました。

失業保険は1927年に導入されています。

これらの保険に、介護保険を加えたものがドイツの社会保障制度の全容であり、ほぼ日本と共通です。

公的年金保険は、被雇用者と一定の職業(手工業者など)の自営業に就いている者は、強制加入です。

事故保険(労災保険)は、雇用者が保険料を全額負担します。

自営業者の加入は任意です。

失業保険は、雇用者の下で週18時間以上就労する被雇用者であれば、強制加入です。

介護保険は、疾病保険に強制加入している者は自動的に介護保険加入者となりますが、民間の疾病保険に加入している者は、民間の介護保険と契約します。

これらの保険料の徴収には疾病保険(後述)を管理する「疾病金庫」が関与します。

雇用者は、被雇用者から年金保険、疾病保険、失業保険、介護保険の保険料を源泉徴収します。

そして、それと同額の年金保険、疾病保険、失業保険、介護保険の保険料を雇用者負担分として上乗せし、さらに全額雇用者負担である事故保険の保険料をあわせて、被雇用者が加入する疾病金庫に納付します。

雇用者からの納付を受けた疾病金庫は、徴収したうちの19.7%を年金保険者に、6.5%を失業保険当局に配分し、残りを疾病保険と介護保険の保険料に充てます。

自営業者自身の公的年金保険の保険料は、自分で保険料額を決定する方法と、自分の所得に応じた保険料を支払う方法のいずれかが選択できます。

保険料の未納(滞納)には罰則があります。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

2011年5月 9日 (月)


東のかた

東のかた

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(19)              外来医療の役割分担について

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 9 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(19)

病院勤務医の負担軽減に関し、医療機関間での役割分担については、退院調整の評価、がんに対する地域連携診療計画の評価、大腿骨頚部骨折・脳卒中に対する地域連携診療計画の評価などが行われています。
外来医療における役割分担については、「軽症の場合は、近隣の診療所を受診してほしい」勤務医が79.4%、「軽症の場合は、休日・夜間の受診は避けてほしい」勤務医が81.1%でした(平成21年度「勤務医の負担の現状と負担軽減のための取組みに係る調査」)。
外来診療とりわけ救急外来は医師にとって負担が大きい業務です。
「地域全体の連携で効率的な外来医療を行い、医師の負担軽減に資するよう地域の拠点病院が一般外来の機能を縮小する取組みへの評価について検討するため、我が国の現状を把握することが必要ではないか」ということが中医協の論点となっています。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

▽かささぎの独り言

軽症の場合は近隣の診療所を受診してほしい。
軽症の場合は休日夜間外来を避けてほしい。

どちらもごもっとも。
だけど、残念ながら、軽症かどうかを判断できる力がないのです。
たいがいこどもの突発的な病気の場合はそうです。
かささぎの知人のことを書きます。
幼児のとき、高熱でひきつけを数回おこしました。
熱性けいれんと処理されました。
ところが12歳ころまたたおれました。
こんどは大きな病院へ、するとてんかんの診断。
幼児のときに脳波まで調べておくべきだったのではないでしょうか。
隠れている病気をみつけるのもだいじな医師の仕事です。
ふだんとちがうサイン、なかなかむずかしいですね。




2011年5月 8日 (日)

放射線、放射能と健康被害(10)              新樹光被曝に過去形未来形

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 8 日 放射線、放射能と健康被害(10)

昨日の私の記事について、被曝の健康被害についての考え方がますますわからなくなったという意見をいただきましたので補足します。
昭和20年代、30年代に生まれた日本人であれば、学童期に、大気圏内核実験や医療被曝などで、自然被曝以外に20ミリシーベルトを上回る被曝をしているかもしれないというのに、福島の校庭の当面の線量基準を20ミリシーベルト/年に設定することになぜ喧喧囂囂の議論があるのか、という混乱です。
この混乱を解く鍵は、低線量放射線管理に「確率的影響」仮説を適用するICRPの、
「すでに起こったわずかな線量の被曝についてのリスクを評価するために用いるのは適切ではない」
という見解にあります。
被曝を過去形の被曝と未来形の被曝とに切り分ける考え方です。
過去形の被曝であれば、200ミリシーベルト以下であれば杞憂でしょう。
なぜなら、これまでの膨大な研究の蓄積により、200ミリシーベルト以下での健康影響は実証されていないからです。
しかし、未来形の被曝については、1ミリシーベルトいえども余計な被曝をしなくてすむよう警戒すべきです。
なぜなら、これまでの膨大な研究の蓄積によっても、数ミリシーベルトでは健康影響がないことが実証されていないからです。
同じ「実証されていない」という事実であっても、それを適用する場面が過去形であるのか未来形であるのかで、その解釈は大きく異なります。
現在の混乱は、過去形の被曝線量と未来形の被曝線量とが混在して発表されていることに起因します。
福島の校庭については、今現在の土壌や大気からの放射線量で今後の被曝リスクを推計し、それが許容線量(たとえば年1ミリシーベルト)を超えるようだったら警戒すべき、というのが本来あるべき放射線管理の考え方です。
福島の校庭の過去形の累積線量についてはすでに相当量に達しているところがありますので、累積線量として20ミリシーベルトという線量基準を設定せざるを得なかったのかもしれませんが、本来的には過去形と未来形とを切り分けて放射線管理を行わなければ、学童に余計な被曝を許してしまうことになりかねません。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▽かささぎの独り言

ということは。
これからどう推移するかが問われている、ということですね。
すべては原発従事者たちの命がけの仕事にかかっている。といっても過言ではありません。
ゆっくり時間をとって、橋爪章と竹橋乙四郎のあいだ、の続編を書きたいのですが、なかなかできません。徹底的に、いい意味で、官僚でありますよねえ、このおかたは。

西山審議官ってかたがいらっしゃるでしょう。あのたびたびの原発会見で四角い顔でめがねの、まるい素朴なかんじの信頼できるいんしょうの。てっとりばやくいえば、ラーメンの小池さんみたいな。あの人のあの役割がにあいそうな橋爪学長さんではありますよ。

では、こんなところでなんですが、つい一句。

新樹光5句

  姫野恭子

フクシマの海女の見てゐる新樹光
靡かじな蜑の守る火発電所
大母音推移かそけき放射能
捨てられし小女子愛づる新樹光
フクシマの欅若葉のひかりかな
新樹光被曝に過去形未来形

コメントまとめ

学長。
200ミリシーベルトと20ミリシーベルト。
なぜ福島での数字に小出助教たちがあんなにもおののいているのか、学長のこの文章をよむことでそのわけがわからなくなるおそれがあります。わたしも混乱します。どうかそこのところをなんとかしてください。
いまおきていることの、この不安の正体はなんなのでしょう。

>すでに起こったわずかな線量の被曝についてのリスクを評価するために用いるのは適切ではない

というICRPの主張をよく味わい、理解することが必要でしょう。
すなわち、過去形の被曝であれば、200ミリシーベルト以下であれば杞憂で、未来形の被曝については1ミリシーベルトいえども余計な被曝をしなくてすむよう警戒すべき、という割り切った考え方。
現在の混乱は、過去形の被曝線量と未来形の被曝線量とが(意図的に?)ごっちゃになっていることに起因します。
福島の小学校については、今現在の土壌や大気からの放射線量で将来を推測し、それが1ミリシーベルトを超えるようだったら警戒すべきです。
ところが政府は、原発事故当時からこれまでの過去形の累計線量まで考慮するものだから20ミリシーベルトを線引き基準にせざるを得なかったということ。
小出先生ほか反原発の立場の人は、過去の被曝も含めて問題視されていますので過去形と未来形との区別なく危険性を強調されていますので、情報を受け取る側で過去形と未来形を切り分けて熟考するしかありません。
過去形の被曝にウェイトを置くのであれば、昭和30年代以前に生まれた私たちは、皆、アウトです。
広島・長崎に居住している人々もです。

   ↑
この補足説明は、学長ブログにも必要でしょうか?

とうぜん必要です。
どっちをどう信じていいのか混乱しますし、わけがわかりません。
それに加え頭をよぎるのが、チェルノブイリ事故での先例です。学長の御意見では、今現在ぎりぎりまで被曝してしまった年齢の人は、もうそこでこれ以上の被曝は避けた方が無難なのですから、結局は反原発御一行様とおなじことを別の言葉で遠回しにおっしゃっているのですよね。

というところで、これをごらんください↓
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1548.html

こんなことになっていたなんてあわわです。
ごぞんじでしたか。やはり目でみるのが一番ですね。
想像以上に被曝している都民、というサイトもありますね。目でみえないことはおそろしいことなのか、それとも見えないからこそありがたいことなのか。
これもわからないことのひとつです。

コメント(動画「東京はすでに被曝していた」http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-f35c.html#comment-83159422についたものです)

α線を放出しない放射性物質については、日本の法体系(医療法を除く)では、管理区域の設定基準は40ベクレル/cm2ですが、このビデオでは4ベクレル/cm2といっており、それをもって、3ベクレルの測定地点があった東京都は管理区域同等だと主張しているのは誤りです。
4ベクレルはα線を放出するプルトニウムなどの放射性物質の場合の基準ですから、その区別を意図的に曖昧にして危機感を煽っているとしか思えません。
なお、医療法の場合は、管理区域にごく隣接して一般患者が往来する廊下や病室があったりするという特殊事情を加味して、基準を一桁厳しくしています。従って、4ベクレルというのは医療法の管理区域だと言えば間違いではないということになりますが、病院の廊下や病室と同等だから危ない、という主張はいただけません。

いたずらに危機感を煽る誤った主張は風評被害を招きます。

2011年5月 7日 (土)

動画 『東京はすでに被曝していた。』         管理区域同等レベル

事故を憂うる科学者有志による管総理への提言書

政府への提言書を転載いたします。

提言書

内閣総理大臣
菅 直人殿

 東北沖に起こった巨大な地震と津波の激甚災害、その対策に尽力されていることに敬意を表します。その上、福島原発に空前の放射能拡散の巨大惨事が発生し、日夜、苦慮、対策に奔走されておられるご苦労とご心痛を拝察申し上げます。
 私どもは多年、原発の技術的危険性と事故発生による放射能の恐怖を指摘し、原発に依存しない社会をと願ってきました。今回の惨事には言葉も出ません。「安全神話」にすべてをゆだね、疑問と批判を無視して原発推進してきたことに対しては機会をあらためて論ずることとして、当面の緊急対策について私たちの危惧と提言をさせて頂きます。
 すでに信じがたいほどの放射能が拡散しています。その上、事故原発の状況も不透明、収束の見通しも立っておらず、今後も異常事態の重なる危険はいまだ消えていないようです。この状況の中で、近隣住民への放射線被曝の不安解消への真剣で具体的対策を強める必要があります。とくに子供と妊婦には慎重な配慮と施策が求められています。

(1) 現在、公表されている大気中の放射線量や甲状腺の内部被曝量は恐るべき高水準にある。30㎞圏外飯舘村や川俣町、いわき市などでも、その現状は危惧ですますことのできない高レベルの汚染である。まず緊急対策として幼児・妊婦の疎開に政府は責任をとり、そのために経済的支援を用意すべきである。

(2) 学校敷地、通学路、公園など子供の生活空間・敷地については、早急なる除染の作業を行い、被害軽減の対策を進めることが必要である。

以上提言するに当って、現状の放射能汚染の深刻さに注意を重ねて喚起しておきたいと思います。従来より、放射能の危険から従業員と公衆を守るため、法令によって、「管理区域」を定め、事業者に業務遂行上の必要のある者以外の立ち入りを禁止させています。管理区域は「3ヶ月につき1.3m㏜を超えるおそれのある区域」と定められていますが、時間当たりにすると0.6µ㏜となります。公表されている大気中の放射線量だけに限っても広範囲の地域が長期にわたって、高濃度の汚染です。たとえば浪江町(赤宇木)では25.3µ㏜/h(4月16日現在)ですから、規制レベルの実に40倍を超えています。遠く福島(1.87µ㏜/h)、郡山(1.82µ㏜/h)でも約3倍の高水準の汚染です。妊婦や幼児がその地域に生活し続けている事実に注目し、深く憂慮いたします。
 現実的政策には多くの困難のあることは承知しておりますが、妊婦と幼児への対策として、高濃度汚染地域から可及的速やかに実施されることを、重ね重ね強く提言したいと思います。
                                 
2011年 4月 18日

    
原発事故と今後を憂うるサイエンティスト有志
     石田 紀郎、今中 哲二、荻野 晃也、海老沢 徹、川合 仁、川野 眞治、小出 裕章
     小林 圭二、柴田 俊忍、高月 紘、槌田 劭、中地 重晴、原田 正純、松久 寛

連署者紹介

石田 紀郎   元京都大学教授 現市民環境研究所代表理事
今中 哲二   京都大学原子炉実験所助教
荻野 晃也   元京都大学講師 現電磁波環境研究所主宰
海老沢 徹   元京都大学原子炉実験所助教授
川合 仁    現代医学研究所代表 医師
川野 眞治   元京都大学原子炉実験所助教授
小出 裕章   京都大学原子炉実験所助教
小林 圭二   元京都大学原子炉実験所講師
柴田 俊忍   京都大学名誉教授(機械工学)
高月 紘    京都大学名誉教授(環境保全学)
槌田 劭    元京都精華大学教授 使い捨て時代を考える会
中地 重晴   熊本学園大学教授 環境監視研究所代表
原田 正純   元熊本学園大学教授(水俣学)医師
松久 寛    京都大学教授(機械理工学)

引用元:http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/06/scientists-apr18/

放射線、放射能と健康被害(9)                 200ミリシーベルト以下の被曝の真実

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 7 日 放射線、放射能と健康被害(9)

小佐古敏荘教授が政府の放射線管理方針が看過できないとして内閣官房参与職を辞任されました。

国民の立場からは、政府の方針が誤っているのではないかと不安になる出来事です。

小佐古教授の抗議事項のひとつは、福島県の小学校等の校庭利用について、年間20ミリシーベルトの被曝を基礎として導出された線量をもって線量基準が決定されたことに対し、放射線管理上、受け入れられないということでした。

「年間20ミリシーベルト近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです」(小佐古教授)

これに対し、政府側は、年間20ミリシーベルトの被曝を基礎としても問題はないという姿勢を崩していません。

政府と小佐古教授の立ち位置の違いが浮き彫りになっています。

この争点に関し、学問的に、あるいは科学的に明らかになっていることは、このブログでも再三述べてきた通り、

「200ミリシーベルト以下の被曝については、健康影響があるという実証も、健康影響がないという実証も、いずれもない」

ということです。

200ミリシーベルト以下の被曝について実証研究がなされていないということではなく、むしろ、原爆や原発事故の被曝者、放射線従事業務者について数万人、数十万人が調査されているのですが、健康影響が実証されるような研究成果は出ていない、ということです。

それならば20ミリシーベルト程度では健康影響はないと言えるのでないか、というのが現実問題として利害調整の妥協点を見出すことに日々腐心している人々の立ち位置であるとしてもおかしくはありません。

しかし、ICRP(国際放射線防護委員会)の放射線管理の考え方は違います。

実証が難しい極めて低い線量であったとしても被曝線量と健康影響の出現頻度は確率的に比例すると考え、被曝線量については、合理的に達成可能な限り低く(ALARA:as low as reasonably achievable)管理するべきであるというのがICRPの立ち位置です。

低線量被曝の場合に確率的影響があるというのは「仮説」に過ぎないのですが、そもそも安全管理は、起こりうるリスクを最小化するということが立脚点ですので、科学的にあるいは論理的に「仮説」が棄却されない限りは、起こりうることとして想定しなければならないのです。

この最も慎重な考え方は、ICRP勧告第26号で採用されて以来30年以上を経過し、現在は、人間の健康を守るために最も合理的な放射線管理指針として、各国の法的規制に取り入れられ、定着しています。

私もかつて、小佐古教授はじめ専門家の御指導を仰ぎながらICRP勧告第26号を厚生省(当時)の関係法令に取り入れる作業を担っていたことがあるのですが、このような慎重な放射線管理が行われてきたからこそ、私たちは、今日、放射線の医学利用の発達の恩恵を享受することができています。

以前は、病院内での治療用放射線源の紛失事件がしばしば起きていましたが、最近は希有です。

放射線管理習慣の定着の賜でしょう。

ICRP勧告がないがしろにされていれば、医療不信が爆発していたかもしれません。

ICRPは、低線量被曝健康影響「仮説」の適用について、

この仮説は放射線管理の目的のためにのみ用いるべきであり、すでに起こったわずかな線量の被曝についてのリスクを評価するために用いるのは適切ではない

としています。

なお、この「仮説」については原爆症認定訴訟の争点ともなっており、裁判所の判例では、「仮説」が棄却されていない以上、健康影響(原爆放射能に起因する健康障害)は低線量でも起こりうることとされています。

これはICRPの仮説採用の論拠とは異なり、日本の裁判所の独自の判断です。

このほか原子力利用を推進する人、反対する人、それぞれの立場で「仮説」が一人歩きして「定説」化していたりします。

この際、私たちは真実を知り、確かな知識として普及すべきです。

「200ミリシーベルト以下の被曝については、健康影響があるという実証も、健康影響がないという実証も、いずれもない」

これが真実です。

いずれ研究が進み、私たちはより深い真実に近づけると思いますが、誤った理解によって必要以上に恐怖感、不安感を助長し、結果として風評被害を拡大してしまうような愚は避けなければなりません

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

参照記事;http://newtou.info/entry/5063/

▽かささぎの独り言

このところ、毎晩のように、小出裕章助教という話題の反原発学者の話を聴いてきました。
先日は小出助教の若かりしころのフィルムまでが動員されていました。(動画・牛乳が飲みたい)
そして今朝。ヤフーをひらくと、見出しのところに、浜岡原発の停止の話題。
わがブログをひらくと、さっそく元官僚の以下のコメントがありました。

コメント

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/1988-20da.html#comment-83143726

   ↑
冒頭(と最後)の寸劇がいいですね。

ところで首相、稼動中の浜岡原発の停止を要請とか。
関係者は寝耳に水。
世論を窺って、思いつき命令なのでしょうね。
どんなに優れた判断であっても、こんなやり方だと現場は付いてゆけません。

総理の談話は以下のとおり。

http://www.tweetdeck.com/twitter/nhk_kabun/~CrQCs

同じ話題への波紋記事。

「6日夕、突然発表された中部電力浜岡原発の運転停止要請で、これまで環境問題やエネルギー安全保障の面から「化石燃料だけに依存できない」としてきた日本の原子力政策は真っ向から否定され、関係者に衝撃が走った。菅直人首相が自ら原発を捨て去ったことに、監督官庁の経済産業省幹部からも「海外に誤ったメッセージを送りかねない」との声が上がった。」

2011年5月 6日 (金)

四月下半期アクセス解析

かささぎの旗へのご訪問、ありがとうございます。
いつも貴重な学びの場を提供してくださる保健医療経営大学学長橋爪章先生、ありがとうございます。ブログ転載を許してくださっていることに感謝しております。それがなければ、かささぎの旗はただのむだめしぐいでございますからね。笑。
肉体労働者かささぎには連休などないのですが、世間様は連休体制でございましたので、休みがおわるのをまっておりました。

連休もおわりました。さあやりましょう。
生ログはまたこんど折をみはからって。

累計アクセス数: 541798 1日当たりの平均: 276.15
(平成23年5月6日午前4時48分現在)

2011年4月16日(土) 347 726
2011年4月17日(日) 322 507
2011年4月18日(月) 537 822
2011年4月19日(火) 594 934
2011年4月20日(水) 557 820
2011年4月21日(木) 528 876
2011年4月22日(金) 476 927
2011年4月23日(土) 388 651
2011年4月24日(日) 345 638
2011年4月25日(月) 496 822
2011年4月26日(火) 414 642
2011年4月27日(水) 446 734
2011年4月28日(木) 379 738
2011年4月29日(金) 302 628
2011年4月30日(土) 282 581

集計対象アクセス数:11,748

検索ワード/フレーズ 割合
1 かささぎの旗  G Y M 262 2.2%
2 小出裕章  G Y M 152 1.3%
3 退院調整加算  G Y M 147 1.3%
4 平成24年度診療報酬改定  G Y M 146 1.2%
5 許容被ばく線量  G Y M 124 1.1%
6 世界の終わり 幻の命  G Y M 77 0.7%
7 幻の命  G Y M 76 0.6%
8 平成24年度介護報酬改定  G Y M 57 0.5%
9 医師事務作業補助体制加算  G Y M 55 0.5%
10 小出裕章 4月22日  G Y M 52 0.4%
11 上原春男  G Y M 51 0.4%
11 小出裕章 4月24日  G Y M 51 0.4%
13 小出裕章 ブログ  G Y M 50 0.4%
14 世界の終わり 深瀬  G Y M 48 0.4%
15 平成23年度介護報酬改定  G Y M 46 0.4%
16 中医協 診療報酬改定 2011  G Y M 42 0.4%
17 放射性降下物  G Y M 41 0.3%
18 保健医療経営大学 かささぎ  G Y M 36 0.3%
19 一生許容線量  G Y M 34 0.3%
20 京都大学 小出裕章 ブログ  G Y M 33 0.3%
21 小出裕章 ラジオ  G Y M 32 0.3%
22 放射能 健康被害  G Y M 31 0.3%
23 世界の終わり 深瀬 生い立ち  G Y M 29 0.2%
23 医師事務補助体制加算  G Y M 29 0.2%
23 退院支援計画  G Y M 29 0.2%
23 平成23年度診療報酬改定  G Y M 29 0.2%

滞在時間ランキング

訪問者がどのページを長く見ているかがわかります。

1人当たりの平均滞在時間

ページ 割合
1 かささぎの旗: 連句的 1 4時間41分15秒 9.4%
2 かささぎの旗: かさ鷺と鷹尾と  対話篇5 3時間30分36秒 7.0%
3 かささぎの旗: 岸本マチ子の詩「祈り」 2時間42分54秒 5.4%
4 かささぎの旗: 八女工業高校は筑後市にあります。談義 1時間38分27秒 3.3%
5 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(36)        認知症対応型共同生活介護 1時間38分02秒 3.3%
6 かささぎの旗: 放射線・放射能と健康被害(1)  放射線と放射能の違い 1時間37分56秒 3.3%
7 かささぎの旗: 福島原発の人的被害   実際の数字はいかほどか 1時間09分26秒 2.3%
8 かささぎの旗: 仏映画 『パリ20区、僕たちのクラス』 51分15秒 1.7%
9 かささぎの旗: 高良山十景歌 42分02秒 1.4%
10 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(33)          地域医療貢献加算新設 41分27秒 1.4%
11 かささぎの旗: 日本一きれいな菜の花 35分05秒 1.2%
12 かささぎの旗: 山下家の庭 平成23年晩春 31分46秒 1.1%
13 かささぎの旗: 江崎悌三夫人・シャルロッテ 31分03秒 1.0%
14 かささぎの旗: Ballads 30分57秒 1.0%
15 かささぎの旗: 原発再臨界のサイト幾つかと、無知な総理へ元官僚の進言 30分36秒 1.0%
16 かささぎの旗: 放射線・放射能と健康被害(2) 利点と悪影響を天秤にかけること 29分28秒 1.0%
17 かささぎの旗: トランシッド 29分03秒 1.0%
18 かささぎの旗: マダガスカルとの国際協力(11)  セネガル人の助言者 26分14秒 0.9%
19 かささぎの旗: 大石政則日記  最後の遺書 24分58秒 0.8%
20 かささぎの旗: 暖房をつけネットで反原発見ながらマルナガのアイスまんじゅうを戴いてしまった。 23分51秒 0.8%
21 かささぎの旗: 原発事故放出放射能の医療への影響             それはともかく、この寒さ、『核の冬』ではないの?(かささぎ) 23分50秒 0.8%
22 かささぎの旗: 2009年11月 23分46秒 0.8%
23 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(1)  福岡市の国保ー何が問題なのだろうか? 20分54秒 0.7%
24 かささぎの旗: アメリカの社会保障制度(3)            制度の効率化、ざざっと概観しませう 19分52秒 0.7%
25 かささぎの旗: 四人部屋の病室のロッカーの作り 19分13秒 0.6%
26 かささぎの旗: 「学長室の窓から」謹賀新年 19分02秒 0.6%
27 かささぎの旗: 高良大社のなぞー音火子の答え1 18分19秒 0.6%
28 かささぎの旗: 福島原発設計者上原春男氏かく語りき 17分42秒 0.6%

アクセス地域

訪問者がアクセスしている都道府県がわかります。
集計対象アクセス数:5,518

都道府県 割合
1 東京 1,183 21.4%
2 福岡 515 9.3%
3 大阪 391 7.1%
4 愛知 287 5.2%
5 神奈川 253 4.6%
6 兵庫 212 3.8%
7 埼玉 205 3.7%
8 千葉 169 3.1%
9 北海道 160 2.9%
10 長野 138 2.5%
11 京都 134 2.4%
12 静岡 130 2.4%
13 茨城 125 2.3%
14 福島 112 2.0%
15 広島 107 1.9%
16 三重 83 1.5%
17 熊本 77 1.4%
18 鹿児島 71 1.3%
19 大分 67 1.2%
20 宮城 64 1.2%
21 新潟 63 1.1%
22 長崎 61 1.1%
23 岐阜 57 1.0%

国・言語

訪問者が利用しているブラウザの言語設定がわかります。

集計対象訪問者数:11,390
言語 割合
1 [ja] Japanese 10,846 95.2%
2 [en] English 476 4.2%
3 [zh] Chinese 33 0.3%
4 [ko] Korean 15 0.1%
5 [fr] French 8 0.1%
6 [de] German 4 0.0%
7 [ru] Russian 2 0.0%
7 [fi] Finnish 2 0.0%
9 [pt] Portuguese 1 0.0%
9 [it] Italian 1 0.0%
9 [es] Spanish 1 0.0%
9 [ar] Arabic 1 0.0%

※[ ]内は生ログに記録されているデータです。

リモートホスト(プロバイダ)

訪問者が接続しているプロバイダがわかります。

集計対象訪問者数:12,112

ホスト名 割合
1 ocn.ne.jp 2,275 18.8%
2 bbtec.net 790 6.5%
3 plala.or.jp 540 4.5%
3 dion.ne.jp 540 4.5%
5 mesh.ad.jp 456 3.8%
6 infoweb.ne.jp 432 3.6%
7 so-net.ne.jp 295 2.4%
8 home.ne.jp 266 2.2%
9 eonet.ne.jp 263 2.2%
10 nttpc.ne.jp 218 1.8%
11 ucom.ne.jp 212 1.8%
12 yournet.ne.jp 204 1.7%
13 bbiq.jp 175 1.4%
14 panda-world.ne.jp 169 1.4%
15 googlebot.com 158 1.3%
16 vectant.ne.jp 150 1.2%
17 asahi-net.or.jp 146 1.2%
18 zaq.ne.jp 110 0.9%
19 e-mobile.ne.jp 108 0.9%
20 wakwak.ne.jp 82 0.7%

ページ別アクセス数

どのページが多く見られているかがわかります。

解析対象期間: 2011年4月6日(水) ~ 2011年5月5日(木)

アクセス数: 21,254
訪問者数: 16,111
解析ページ 訪問者 アクセス
1 かささぎの旗: トップページ 6462,250 4.0% 10.6%
2 かささぎの旗: 放射線・放射能と健康被害(3) 許容被曝線量ってあるの? 8881,074 5.5% 5.1%
3 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 568642 3.5% 3.0%
4 かささぎの旗: 診療報酬のおおもとにある人員配置基準数を求める数式 440501 2.7% 2.4%
5 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(14)         退院調整加算見直し 366442 2.3% 2.1%
6 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(8)    新規事業 279318 1.7% 1.5%
7 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(6)   それでも今やらねばならぬ改定 204243 1.3% 1.1%
8 かささぎの旗: 数字で生きているわけではない、とはいえど。杞憂の意味を考える。    広瀬隆+小出裕章vs 竹橋乙四郎 162228 1.0% 1.1%
9 かささぎの旗: プルトニウムの検出  原発由来と原爆由来の違い 170217 1.1% 1.0%
10 かささぎの旗: 京都三条ラジオカフェでの小出裕章先生のお話を聴く。 174212 1.1% 1.0%
11 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(4) 184211 1.1% 1.0%
12 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(11)   社会保障と税の一体改革ー経産省の声 169205 1.0% 1.0%
12 かささぎの旗: 放射性降下物の増減(1)               逃れられぬ核の時代の降物(ふりもの) 171205 1.1% 1.0%
14 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(13)        医師事務作業補助体制加算 134198 0.8% 0.9%
15 かささぎの旗: この酷い政権を倒さねば世界は日本は滅亡するかもしれない恐怖 148184 0.9% 0.9%
16 かささぎの旗: 放射線、放射能と健康被害(8) 累積放射線量を考慮すれば 154177 1.0% 0.8%
17 かささぎの旗: 原発事故避難者からの被曝             放射能は移るの? 105161 0.7% 0.8%
18 かささぎの旗: 原発再臨界のサイト幾つかと、無知な総理へ元官僚の進言 110153 0.7% 0.7%
19 かささぎの旗: 福島原発設計者上原春男氏かく語りき 130152 0.8% 0.7%
19 かささぎの旗: 小出裕章 『隠される原子力』          チェルノブイリと福島というニガヨモギ 129152 0.8% 0.7%
21 かささぎの旗: 情報統制と風評被害  政府は放射能拡散情報をいち早く伝達すべし 115141 0.7% 0.7%

今日の一本・1988年                『牛乳が飲みたい 原発 勇気ある撤退』

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(18)         医師と他職種との役割分担

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 6 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(18)

22年度診療報酬改定では、病院勤務医の負担の軽減と処遇の改善に資する体制を要件とする項目が3項目から8項目に拡大されています。
「医師事務作業補助体制加算」「急性期看護補助体制加算」「栄養サポートチーム加算」「呼吸ケアチーム加算」などのチーム医療の推進項目がそれにあたります。
医師と他職種との役割分担(チーム医療)については、中医協答申書の附帯意見においても、「薬剤師の病棟配置の評価を含め、チーム医療に関する評価について、検討を行うこと」とされています。
薬剤師が病棟で実施することができる薬剤関連業務のうち、診療報酬上で評価されているものは薬剤管理指導業務(薬剤管理指導料)等、一部の業務に限られています。
薬剤師の病棟勤務については、「薬剤師による積極的な処方の提案等により、医師等の負担がどの程度軽減され、それが患者の恩恵にどのようにつながるのか、また、どのような病棟においてどのような業務を薬剤師が担うことにより医療安全及び薬物療法の質が向上するのかについて我が国の現状を把握することが必要ではないか」ということが中医協の論点となっています。
看護職員の勤務の負担軽減については、22年度診療報酬改定において、急性期入院医療機関においても看護補助者の配置が評価され、その結果、急性期入院医療機関の看護補助者の総数は増加しています。
看護師の勤務実態については、「看護職員の夜勤体制は二交代勤務における長時間連続勤務や三交代勤務における短時間間隔の勤務等の一部について、今後、患者及び看護職員にとって安全な環境となるよう、適切な運用等についての検討や役割分担を推進するため、我が国の現状を把握することが必要ではないか」「急性期病院における看護補助者配置によって役割分担が進み看護職員および勤務医の負担軽減等が推進したか検証を行う」ことが中医協の論点です。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▽かささぎの独り言

父はもう四か月ほど入院しています。
市内の公立病院で脳外科手術をうけ、リハビリ専門病院へ転院、その後院内転倒で股関節を折り隣町の病院へ転送、が、手術はしないとまたリハビリ専門へ。
その継ぎ目の間も一度も家に帰らぬままです。
とても帰りたがっているのですが、痛がるので無理です。
今のままであれば、大腿の人口頭骨をうめこむ手術をするほうがいいという風に医師の意見も変化してきました。
自宅近くに良い外科医院があるので、そこなら家族も大いに助かるのですが、そうもまいりません。流れから、隣町の病院で手術をすることになるようです。
母はくたびれてしまって、あんなに遠いならわたしはもう行かない。
といっています。
助けてくれる親戚もございますから、なんとかなるとおもいますが。

2011年5月 5日 (木)

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(17)          病院医療従事者の負担軽減

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 5 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(17)

大震災を挟んで3月と4月の中医協では「病院医療従事者の負担軽減について」の審議が行われています。
病院医療従事者の負担軽減については22年度改定の重点課題でしたが、改定の答申にあたっての中医協意見で、更なる取り組みについて検討を行うこととされています。
病院勤務医の負担軽減のための取り組みとしては、病院内での取り組みと、他の医療機関等との間の取り組みに大別されます。
病院内での取り組みとしては、業務量そのものを軽減させる、人的資源を効率化させるなどの方策が考えられます。
急性期医療機関の入院基本料等の評価、病院勤務医の負担を軽減する体制の構築、医療関係職種の役割分担と連携(チーム医療)の推進、病院勤務医の事務作業を補助する職員の配置等が平成22年度診療報酬改定で配慮されていますが、その効果の検証が必要です。
病院常勤医の平均従業時間は週48時間で、休憩・研修・研究の時間を併せた滞在時間だと週63時間です平成18年度「日本の医師需給の実証的調査研究」)。
週に100時間以上勤務している医師が15%という調査報告もあります(平成20年度「病院勤務医の負担軽減の実態調査」)。
医師の平均当直回数は2.78回/月で、小児科では3.48回/月、産科・産婦人科では4.51回/月、救急科では5.48回/月です。
多くの場合、当直翌日に仮眠をとれる配慮はなされていません。
医師の長時間連続勤務は医療安全上も問題です。
長時間連続勤務については、「広く長時間連続勤務への対応策やその導入状況、具体的な形態等について調査を行うことにより、我が国の現状を把握することが必要ではないか。」「最も負担が重いと医師が考える業務は当直業務であり、さらに産婦人科や救急、外科等では勤務時間が長時間かつ不規則になる傾向があるが、当直明け勤務免除や交替制勤務への評価についてどのように考えるか」が中医協の論点となっています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

小出助教にまなぶ瀬戸際の現実

http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/hiroshima_nagasaki/fukushima/20110327.html

小出助教へのインタビュー記事、今夜はこの三回分をよみました。

よめばよむほど、政府には怒りがこみ上げる。

ことに、この部分。

―B:余裕もない?

 はい。ただ、隠している情報もあるんですよ。昨日だったかな、一昨日だったかな、はじめて「SPEEDI」という放射能影響予測評価シュミレーションのデータが出て来ましたよ。』

「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について」と題する3月23日付内閣府・原子力安全委員会発表のプレスリリース(<http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf>)を参照のこと。

あんなもの、今出してどうするんだ。あれは事故が起きたら刻々と公表して、放射能がどっちへ流れていっているかを知って、対策を取るためのものだった、わけですよ。
 
 それを事故が起きて2週間もたって、「こうでした」なんて云っても意味ないわけです。彼らはそのためにほぼ20年近い時間をかけて研究してきたわけです。時間をかけて、厖大なお金をかけて作ってきて、今使わなければ一体いつ使う(声が裏返っている)のかというようなものなのに、それをずーっと秘密にして口をつぐんでここまで来ている。』

―C:もうオーストラリア気象庁とか他の国はインターネットで予測を公表している・・・。

 そうですよ。どんどん流しているのに、日本の「SPEEDI」だけがデータを公表しないまま、来た。ホントに情けない連中だと私は思います。』

―C:本当に一言もないですね、その批判には。

 ええ、本当に悲しい国ですよ。』

2011年5月 4日 (水)

山下家の庭 平成23年晩春

山下家の庭

何年たっても 年下のひと                キャンディーズ『微笑がえし』

この歌がすきでした。
歌詞がすごいとおもいました。
春らしく明るくてものがなしい。さびしさのなかには見知らぬ希望がつまっている。
軽快なメロディー、ものに語らせた歌詞。
これまでのヒット曲をぜんぶ入れ込みつつ、よくもこんだけの季節感あふれる歌詞をかかれましたなあ。
あきようこさんは天才ね。

すうちゃんのご逝去をいたみ、ご冥福をお祈り申し上げます。

神津呂伊利氏一件落着の顛末から、小出助教のお話に耳を傾ける。

しつこくてすみませんが、巳(ヘビ)年生まれは執念深いので、お許しを。
お見舞い金行方不明の件は、TVもなければ鍵のついた引き出しもない、集中治療室で起きた出来事です。再三再四再五言いますが、説明責任が果たされていません。

よく書いてくださいました、というべきなのでしょう。
たまにあることかもしれません。
探偵ものではこんなかんじ。
1そこにいただれかの犯行。これはまちがいない。
2ではだれか。
3とおりすがりのプロのすり、お銀。いやなんとなく。
4とおりすがりのプロではないができごころのお銀。いやなんとなく目に留まったんで。やっちまいました。
5おいしゃさんの犯行。いやなんとなく目にとまって。ちょうどおかねがなくて。こまっていた。
6かんごふさんの犯行。ポケットにいれてあるのが床におちていた。あとで届けようとおもったけどいいそびれた。
7介護士さんの犯行。おむつをとりに隣の部屋にはいったら、その場にいきあった。できごころです。おゆるしください。
8臨床心理のたまごの犯行。同上。
9麻酔医の犯行。同上。
10えーとあとだれがのこっていますかいな。もう最近の職種の多彩さはざっといきまっせんがね。
11黄色い部屋って手がある。探偵自身の犯行。ろいりさん、犯人はあなただ!

これでどうだ。さあ、おすきなものをえらびなされ。
(疑心暗鬼の鬼と化す呂伊入さん、へびの道はなんとやら。隙があったってことです。そんなとこに収納してはだめだったのですよね。でも、たぶんかつてそんなことはなかったんでしょう。だからついそういうことをされたのだとおもいます。もうしやなかたい。うんめいたい。りようしくみあいからのおみまい金といえば、公金の一種そうもいかないでしょうから、御返しもしなければなりません。きまずいでしょうが、あきらめるよりほかありません。天のいましめとおもうこっですな。ふん。

結婚式のとき、たくさんご祝儀をいただきました。
一人ののしぶくろになにも入っていませんでした。
そんなとき、親戚であればそれとなく伝えたと思います。でも、上司でした。いえませんでした。いくらとちゃんとかいてあるのに、なにもはいってない袋。いまだになつかしくおもいだされます。おなじことをやりかねない。きをつけようとおもいます。
以上、おはり。

事実は小説よりも奇ではなし。いくら何でも聖マリアさまの僕(しもべ)だから、5~9はあり得ない。まず私の文をよく読んでください、集中治療室に入って数日後のできごとだから、7~9は来ない。
11.もあり得ない、なぜなら父母の全預金を今は私が管理しているので、そんな端金に手を出す必要がない。
私の推理は可能性の高い順から
1.ポケットの中から落ちて、蒲団の中かベッドの下に紛れ込んでいる
2.パジャマを着替えた時、それをそのまま洗濯してしまった(しかし弟がそれを知らないからといって彼やその嫁の責任とも思えない)
3.看護師が預かっていて、それを見舞いに来た親族に伝えていない

正解は3でした。昨日弟が病院で訊いたら、そういう答が返ってきたらしい。再六言います。様々なことが説明不足に尽きる!ホウレンソウ(報告・連絡・相談)がなってない。放射性物質に犯されているのだろうか。
でも義母や母の主治医の下川先生は、ちゃんとそれができる人。この病院は、ちょっと良くなるとすぐ退院させるという「悪評」を数名から聞いたが、それはカクカクシカジカでと、最初にちゃんと説明してくれて、なるほどそれなら仕方ないと納得できた。だから退院後に行くべき病院も、あらかじめ考えておいたほうがいいですよと、適切なアドバイスあり。
もうこのへんで、この病院関係のことは打ち止めにしたいが、最後に1つ。私は「業界の方々」としか言っておりません、理容組合からのお見舞い金とは言っておりませぬ。

「浜の真砂は尽くるとも、世に盗人の種は尽きまじ」
(盗賊、石川五右衛門、辞世の句)

※呂伊利さんのコメントはhttp://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-e0cb.htmlからの編集です。

米国は「米国につくかテロにつくか」と世界に踏み絵を迫った。敢えて問われるのであれば、私は躊躇なく「テロ」に付く。そんな問いをするのであれば、一番悪いのは世界最強国による国家テロである。しかし、真に問うべきは「正義」か「テロ」かではなく、米国に対する底知れぬ憎しみが沸いてくる、その理由である。途方もない金満・飽食、自らは安全地帯にいてTVゲームをするかのように「敵」を殺す自由すらある米国。そして、一方には10億に達する人々が飢餓に苦しむ。一握りの強者達が、絶望的な格差の上に成り立つ「自由」と「平和」をむさぼり続け、地球環境の破壊などものともせずに、さらなる享楽を求め続ける。そのために、あらゆる軍事的、経済的な力を行使するというのであれば、故なく虐げられた人々による抵抗は必ずやまた起きるであろう。
「暴力で平和はえられない」という人々がいて、彼等はもちろん米国の報復戦争に反対する。しかし、その彼等でさえ枕詞のように、今回の攻撃自体は「いかなる理由があっても、決して許されないテロ」だとして非難する。しかし、現在の世界秩序、強者達だけの「平和」こそ、暴力によって維持されている。たしかに、暴力の行使を認めてしまえば、力の強いもの達が常に勝つことになる。リトルビッグホーンでカスター部隊を殲滅したクレイジー・ホースも翌年騎兵隊に捕えられ殺された。そして、彼の抵抗自体が米国にさらなる虐殺の口実を与えることになった。その意味では、弱者による物理力の行使は、それ自体を取り上げれば決して弱者自身のためにならない。それ故、徹底的な非暴力による抵抗を試みることにももちろん意味があるであろう。しかし、連綿と続いた先住民の戦いは、それが絶望的な戦いであったとしても、圧倒的な暴力を行使する白人に対するやむにやまれぬ抵抗であった。それを「テロ」として非難することは当たらない。また、そうした先住民の抵抗によって騎兵隊以外の白人移民が犠牲になったとしても、「罪のない一般市民が殺された」として、その責任を先住民の抵抗に求めるのは誤りだと私は思う。今回の米国に対する攻撃についても、それを犯罪として規定するところからしか始まらない思想や運動には、私は与さない。
 最後になったが、「国際紛争を解決する手段としては、武力の行使を永久に放棄した」はずの国が、早々に米国の武力行使に全面的な支持を与えるなどおよそ言語道断である。米国の腰巾着になって自国の利益を求めるこの国は、それを夜の人工衛星から見ると不夜城のごとく浮かび上がるという金満・飽食の国でもある。そのような国で安閑と生活している私自身も無罪であるとは思えない。かりに私が虐げられた人々の攻撃の標的になったとしても、罪のない市民が殺されたなどとは口が裂けても言いたくない。
                         (小出裕章・2001年10月22日・記)

※小出裕章京大助教のコメントはhttp://hiroakikoide.wordpress.com/からの抄出です。

小出助教のお話と小佐古内閣参与の訴えに真剣に耳を傾ける。


緊急時には様々な特例を設けざるを得ないし、そうすることができるわけですが、それにも国際的な常識があります。それを行政側の都合だけで国際的にも非常識な数値で強引に決めていくのはよろしくないし、そのような決定は国際的にも非難されることになります。
 今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSvの被曝を基礎として導出、誘導され、毎時3.8μSvと決定され、文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準に近いもの(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2,3日あるいはせいぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するのは、全くの間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10mSvの使用も不可能ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。年間10mSvの数値も、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべきであります。
 小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20mSvの数値の使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。
 また、今回の福島の原子力災害に関して国際原子力機関(IAEA)の調査団が訪日し、4回の調査報告会等が行われているが、そのまとめの報告会開催の情報は、外務省から官邸に連絡が入っていなかった。まさにこれは、国際関係軽視、IAEA軽視ではなかったかと思います。また核物質計量管理、核査察や核物質防護の観点からもIAEAと今回の事故に際して早期から、連携強化を図る必要があるが、これについて、その時点では官邸および行政機関は気付いておらず、原子力外交の機能不全ともいえる。国際常識ある原子力安全行政の復活を強く求めるものである。(小佐古敏荘氏4・29)

平成24年度診療報酬・介護報酬改定(16)             24年度改定の力点を予想するために

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 4 日 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(16)

前回の診療報酬改定答申以降、中央社会保険医療協議会(総会)は次の日程で計20回開催されています。
平成22年3月31日、4月21日、5月26日、6月2日、6月23日、7月14日、7月28日、8月25日、9月8日、9月29日、10月15日、10月27日、11月10日、11月26日、12月15日、23年1月21日、2月2日、2月16日、3月2日、4月20日
4月20日の議事は、大震災中断がなければ平成22年度中に行われるべき議事でした。
次期改正に向けての主な課題は22年度中に出尽くし、23年度は、22年度に提起された諸調査の結果報告に基づいてより具体的な検討が進められることになります。
すなわち、22年度の議事を一瞥すれば、24年度改定の力点が予想できます。
随時の薬価収載項目や保険適用項目に関する議事を除く22年度の議題は次の通りです
・平成22年度診療報酬改定の結果の検証について
・平成20年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成21年度調査)報告について
・平成22年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成22年度調査)の実施について
・平成22年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成23年度調査)の実施について
・医療経済実態調査について(2回)
・診療報酬調査専門組織医療機関のコスト調査分科会からの報告について
・後発医薬品に係る検証調査票について(2回)
・歯科技工加算創設の影響調査に係る検証調査票について
・療養病床再編に係る調査及び慢性期入院医療に係る調査・検証の進め方について
・検証に係る調査票の検討について(2回)
・医療費の動向について
・主な施設基準の届出状況等について
・在宅自己注射について(2回)
・初再診料や外来管理加算、入院基本料等について(3回)
・医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議における検討状況等について
・医療保険における革新的な医療技術の取扱いに関する考え方について(7回)
・医療技術の評価・再評価に係る評価方法等について
・新医薬品の処方日数制限について
・DPC調査について
・DPCの特別調査票について
・DPCに係る医療機関別係数について
・DPCの基本的考え方について
・医療と介護の連携(その1:介護保険制度の見直しについて)
・医療と介護の連携(その2:在宅医療、訪問看護)
・医療と介護の連携(その3:リハビリテーション、退院調整)
・医療と介護の連携(その4:在宅歯科医療、在宅における薬剤師業務)
・診療報酬と補助金について(意見)
・有識者からのヒアリング
・病院医療従事者の負担軽減について(2回)

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの独り言

こんなことを今さらなんでありますが。
学長ブログで24年度改定とあるのをみて、えっ23年度の間違いじゃないの。
ってちらっと思ったのですが、そうじゃなかったんですね。
常に先をにらみながら全てが準備されているんですね。
→平成24年度の同時改定にむけて
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-cc45.html

2011年5月 3日 (火)

フィンランドの社会保障制度                   学力世界一の国では予防医学に力を注いでいる

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 3 日 フィンランドの社会保障制度

フィンランドは19世紀初頭までスウェーデンの支配下にありましたが、その後、ロシアに統合され、ロシア革命後に独立はしたものの第二次世界大戦の敗戦で国土の一部がソビエト連邦に割譲されるなど、国境線が周辺国家の盛衰に翻弄されてきた歴史があります。

このような歴史的背景にかかわらず、現在のフィンランドにはフィンランド語とルーテル派プロテスタントを共通基盤とした文化的均質性があり、高い教育水準を保っています。

フィンランド人は世界で最も図書館を利用する国民だとされています。

人口500万人にすぎない小国でありながら、携帯電話端末では世界一のシェアであるなどハイテク産業が盛んです。

保健医療については、他の北欧諸国同様に自治体が運営する病院が主ですが、全病院の3割近くは私立病院です。

また、自治体病院で働く公務員医師には勤務時間外の自由診療で収入を得ることが許されています。

公務員医師の給与を抑制すると、医師は給与の高い他国へ流出してしまいます。

医師は貴重な人材資源ですので、他国へ流出させるより、個人開業医あるいは私立病院の医師として国内に留めておいたほうがいいのです。

私的医療サービスであれば、患者は医師を自由に選択でき、都合のよい時間に受診できますので、自己負担であるとしても代え難い利便性があります。

さらにフィンランドでは疾病保険法により、個人開業医や私立病院を受診した場合でも、医療費の半額近くは保険から償還されます。

このように医療へのアクセスの自由度が高まった結果、1970年頃には他の欧米諸国と同様、フィンランドでも医療費が急騰し、医療財源の90%が専門的な病院サービスに消費される事態となりました。

そこで1972年、フィンランドでは「プライマリヘルスケア法」が施行されました。

医療財源の予算配分を初期医療対策と予防対策へと大きく振り向ける政策転換です。

結果として、医療費の伸びは先進工業国の平均以下となっています。

たとえばフィンランドは、交通機関や屋内では全面禁煙とするなど、禁煙キャンペーンの先駆けの国です。

煙者の保険料は高く設定されています

(保健医療経営大学学長ブログより転載)

フィンランドはなぜ世界一学力テストの成績がいいのだろう?

コメント

 東京電力福島第一原子力発電所の事故対策を巡り、4月30日に内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘(こさことしそう)・東京大学教授が2日夕に予定していた報道関係者向け説明会が中止された。
 民主党の空本誠喜・衆院議員によると、小佐古教授が官邸から守秘義務の指摘を受けたことが、中止の理由だという。(読売新聞)

口封じ。

まとめてくださってありがとう。新聞を取っていないので、情報が偏っています。私は日々脳天気に暮らしていますが、現地の方たちの怒りはうなづけるものがありますね。

いつまで日本という島国に住んでいられるのか・・・という事を考えざるを得ません。何時までも住んでいたい。子や孫の世代、いえそれから先も。

枝野長官「小佐古先生は原子炉が主に専門とうかがっている]

枝野さんの立場ではこう言わざるを得ないのでしょうが、これを情報操作といいます。この長官発言で、大衆に、小佐古先生は専門外のことに首を突っ込んでいるとの印象を植え付けることができます。
小佐古先生は放射線の人体影響の国際基準づくりにずっと関わってこられた、放射線の人体影響評価の第一人者でもあります。小佐古先生には、広島・長崎・チェルノブィリ・スリーマイル・原発作業者の実際のデータの裏付けがあります。
たとえば小出先生の政府批判に対してだったら、長官は「小出先生は○○○が主に専門とうかがっている」と一蹴しても許される(小出先生はあまり被爆者健康影響の原データにタッチさせてもらえていませんので・・・)かもしれませんが、小佐古先生の助言、発言の重さは他の人とは違います。

木香薔薇

2011年5月 2日 (月)

今夜の小出助教のお話は。

希望さんと乙四郎さんの原発コメント、まとめました。

今日の大江希望さんのブログから引きます。以下引用文です。

東京電力福島第1原発事故の際、1号機の原子炉格納容器の弁を開けて放射性物質を含む蒸気を排出した緊急措置「ベント」が、敷地内で働く一部の作業員に知らされないまま始まり進められていたことが1日分かった。現場にいた東電社員が共同通信に証言した。

ベントは格納容器の内圧を低下させて破損を防ぐことなどが目的だが、周辺の放射線量を一時的に急上昇させることが確実で、作業員らは最も重要な情報を与えられないまま、大量被ばくの危険にさらされていた。
現場の線量管理をめぐっては、東電の女性社員2人が国の線量限度を超え被ばくしていたことも相次いで判明、ずさんさが明らかになっている。

最初のベント着手は3月12日午前9時ごろ。当時、放射性物質の漏えいにより敷地内の線量は既に上昇を始めていたが、証言によると、ベントに着手する方針や着手の時期、作業の進行状況などについて、これ以前も以後も、この社員や同僚には一切の情報が伝えられていなかった。
情報は免震重要棟2階の対策本部や、中央制御室でベントに当たった要員に限定されていたとみられ、実施の事実さえ「うわさ」として事後に別の社員から知らされただけだったという。

政府や東電が明らかにした経過によると、格納容器内の圧力の異常上昇は12日未明に判明。政府は午前3時ごろベント実施を発表して東電との協議に入り、事態が深刻な1号機で午前9時すぎ、二つの弁のうち、最初の弁の開放作業が始まった。
二つ目の弁の開放着手は午前10時すぎだったが、実際に蒸気の排出が確認されたのは午後2時すぎ。データによると、午後2時20分の線量は通常の約180倍で、午後2時の線量から2倍以上に跳ね上がっていた。
一方、正門での東電のモニタリングによると、線量は午前4時40分の計測で初めて上昇し(13日午前4時すぎの意味か)、約2時間後には通常の70倍以上に。線量の急上昇に気付いた作業員が建物に避難する騒ぎも起こっていた。

ベントをめぐっては、決定から実施まで時間がかかり、事態が深刻化したとして国と東電が批判を浴びた。東電は「当時の詳細な状況は確認中で、今後整理された段階で説明させていただきたい」としている。(共同通信5/1)


ここでいう「ベント」は「ドライ・ベント」で、格納容器の破壊を防ぐために内部の気体を直接環境へ放出すること。格納容器の基本的役割は、原子炉(圧力容器)を隔離し環境に高濃度の放射性物質が出ないように障壁となることであるから、ベントはその基本の否定である
つまり、格納容器が破壊しかねないので圧力を逃がして格納容器の損傷を避ける、しかし、環境への高濃度汚染物質の放出というリスクを犯す、というものである。

・・・つづきは、ここで。き坊の近況  大江希望ブログhttp://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/kinkyo1105.htm#saisin

つぎに、元官僚のコメントをご紹介いたします。

コメント

天網恢恢
政府が隠していたことが次第に漏れてきています。
政府はどうしても「未曾有の津波」を原因とし、他の原発の地震脆弱性に議論が及ぶのを避けたかったようです。

○1号機冷却水の水位低下の原因
 当初発表:全電源喪失により、水蒸気を水に戻す冷却機能が働かず
 最近公表された震災当日の水位データ:急速に水位低下(→地震による配管損傷?)
(水位データ非公表理由釈明「データに欠落が多く、公表すべきでないと考えていた」)
○全電源喪失の原因
 当初発表:未曽有の大津波
 東電資料で判明:地震による受電鉄塔の倒壊
○鉄塔倒壊の原因
 原子力安全・保安院の寺坂信昭院長:「津波の及ばない地域にあった」と認める。

ゆで日本さん、こめんとありがとうござんす。
早番でして、帰宅後夜にでもまとめたいとおもいます。ではいってきます。

菅直人首相は2日午前の参院予算委員会で、お盆(8月中旬)までに希望者全員が仮設住宅に入居できるようにするとの目標について「私が強く指示すれば実現できると、私なりの見通しで言った」と述べ、大畠章宏国土交通相ら関係閣僚と事前の擦り合わせをせずに打ち出したことを明らかにした。(時事通信)

行政の動かし方を知らない人が首相をやってる、ってことですね。

 

コメントhttp://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-787f.html#comments

被爆線量についてこれほど真剣に読んだことはありません。

外国人のほうが厳しく避難勧告が出ていることなど考えるととても不安です。
個人的に測定してネットで流してる人、地元から深刻な事態を報じている人などいて、ネット読んでると非常に深刻ですが、どうなんでしょうか?
また作業員のだんなさんから奥さんに遺言のメールが来たりしているそうです。
息子なんか毎日データ見て行動しなきゃならんな・・なんて言っています。
ちなみに息子の会社ずーっと自宅待機。

さくらさん、ご心配なこととお察し申し上げます。
今日仕事場で応援のおばちゃんから、知り合いがあっちにいて、どうもとてもひどいらしい、報道されていないことが山ほどあるようで。という話をなさいました。具体的にわからないからこそ、とてもかわいそうで気の毒で。
と言っているうちに、こちらでもいろんなところでつながっていて、。きのうはプレナスというほか弁やさんが炊き出し部隊を出発させていた。わが社も福岡から数名を派遣しています。全国組織だから、被害に遭った事業所もあるはず。まだ全貌がつかめないけど。
この一年が天王山だとおもいます。また、貴重な情報をおしえてください。
なお、すぎなみバッグ、息子から奪還し、わたしの通勤かばんとしてお弁当や制服を入れていきます。どうもありがとうござんした。

学長の放射線学のお師匠さんの動向
   ↓
小佐古敏荘(こさこ・としそう)内閣官房参与(東京大大学院教授)が29日、官邸を訪ね菅直人首相宛に辞表を提出した。小佐古氏は29日夕記者会見し、菅政権の福島第1原発事故への取り組みについて「その場限りの対応で、事態の収束を遅らせた」と批判した。(産経新聞)

そのニュース、今朝みました。
涙を、ながしておられたのがとっても印象的でした。
原発作業従事者でさえどうだろうかと思える数値を乳児や児童にまで適用する政府には、とても耐えきれなかった。。。とのべておられましたね。

NHK科学文化部ブログからの転載です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
平成23年4月29日
内閣官房参与の辞任にあたって(辞意表明)
内閣官房参与
小佐古敏荘

 平成23年3月16日、私、小佐古敏荘は内閣官房参与に任ぜられ、原子力災害の収束に向けての活動を当日から開始いたしました。そして災害後、一ヶ月半以上が経過し、事態収束に向けての各種対策が講じられておりますので、4月30日付けで参与としての活動も一段落させて頂きたいと考え、本日、総理へ退任の報告を行ってきたところです。
 なお、この間の内閣官房参与としての活動は、報告書「福島第一発電所事故に対する対策について」にまとめました。これらは総理他、関係の皆様方にお届け致しました。
 私の任務は「総理に情報提供や助言」を行うことでありました。政府の行っている活動と重複することを避けるため、原子力災害対策本部、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、文部科学省他の活動を逐次レビューし、それらの活動の足りざる部分、不適当と考えられる部分があれば、それに対して情報を提供し、さらに提言という形で助言を行って参りました。
 特に、原子力災害対策は「原子力プラントに係わる部分」、「環境、放射線、住民に係わる部分」に分かれますので、私、小佐古は、主として「環境、放射線、住民に係わる部分」といった『放射線防護』を中心とした部分を中心にカバーして参りました。
 ただ、プラントの状況と環境・住民への影響は相互に関連しあっておりますので、原子炉システム工学および原子力安全工学の専門家とも連携しながら活動を続けて参りました。
 さらに、全体は官邸の判断、政治家の判断とも関連するので、福山哲郎内閣官房副長官、細野豪志総理補佐官、総理から直命を受けている空本誠喜衆議院議員とも連携して参りました。
 この間、特に対応が急を要する問題が多くあり、またプラント収束および環境影響・住民広報についての必要な対策が十分には講じられていなかったことから、3月16日、原子力災害対策本部および対策統合本部の支援のための「助言チーム(座長:空本誠喜衆議院議員)」を立ち上げていただきました。まとめた「提言」は、逐次迅速に、官邸および対策本部に提出しました。それらの一部は現実の対策として実現されました。
 ただ、まだ対策が講じられていない提言もあります。とりわけ、次に述べる、「法と正義に則り行われるべきこと」、「国際常識とヒューマニズムに則りやっていただくべきこと」の点では考えていることがいくつもあります。今後、政府の対策の内のいくつかのものについては、迅速な見直しおよび正しい対策の実施がなされるよう望むところです。
1.原子力災害の対策は「法と正義」に則ってやっていただきたい
 この1ヶ月半、様々な「提言」をしてまいりましたが、その中でも、とりわけ思いますのは、「原子力災害対策も他の災害対策と同様に、原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災マニュアルにその手順、対策が定められており、それに則って進めるのが基本だ」ということです。
 しかしながら、今回の原子力災害に対して、官邸および行政機関は、そのことを軽視して、その場かぎりで「臨機応変な対応」を行い、事態収束を遅らせているように見えます。 
 とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基づく手順遂行、放射線防護の基本に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました。例えば、住民の放射線被ばく線量(既に被ばくしたもの、これから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)によりなされるべきものでありますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されていない。法令、指針等には放射能放出の線源項の決定が困難であることを前提にした定めがあるが、この手順はとられず、その計算結果は使用できる環境下にありながらきちんと活用されなかった。また、公衆の被ばくの状況もSPEEDIにより迅速に評価できるようになっているが、その結果も迅速に公表されていない。
 初期のプリュームのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、その数値を20、30km圏の近傍のみならず、福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、他の関東、東北の全域にわたって、隠さず迅速に公開すべきである。さらに、文部科学省所管の日本原子力研究開発機構によるWSPEEDIシステム(数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)のデータを隠さず開示し、福島県、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである。
 また、文部科学省においても、放射線規制室および放射線審議会における判断と指示には法手順を軽視しているのではと思わせるものがあります。例えば、放射線業務従事者の緊急時被ばくの「限度」ですが、この件は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、数年間にわたり行われ、審議終了事項として本年1月末に「放射線審議会基本部会中間報告書」として取りまとめられ、500mSvあるいは1Svとすることが勧告されています。法の手順としては、この件につき見解を求められれば、そう答えるべきであるが、立地指針等にしか現れない40-50年前の考え方に基づく、250mSvの数値使用が妥当かとの経済産業大臣、文部科学大臣等の諮問に対する放射線審議会の答申として、「それで妥当」としている。ところが、福島現地での厳しい状況を反映して、今になり500mSvを限度へとの、再引き上げの議論も始まっている状況である。まさに「モグラたたき」的、場当たり的な政策決定のプロセスで官邸と行政機関がとっているように見える。放射線審議会での決定事項をふまえないこの行政上の手続き無視は、根本からただす必要があります。500mSvより低いからいい等の理由から極めて短時間にメールで審議、強引にものを決めるやり方には大きな疑問を感じます。重ねて、この種の何年も議論になった重要事項をその決定事項とは違う趣旨で、「妥当」と判断するのもおかしいと思います。放射線審議会での決定事項をまったく無視したこの決定方法は、誰がそのような方法をとりそのように決定したのかを含めて、明らかにされるべきでありましょう。この点、強く進言いたします。
2.「国際常識とヒューマニズム」に則ってやっていただきたい
 緊急時には様々な特例を設けざるを得ないし、そうすることができるわけですが、それにも国際的な常識があります。それを行政側の都合だけで国際的にも非常識な数値で強引に決めていくのはよろしくないし、そのような決定は国際的にも非難されることになります。
 今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSvの被曝を基礎として導出、誘導され、毎時3.8μSvと決定され、文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準に近いもの(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2,3日あるいはせいぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するのは、全くの間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10mSvの使用も不可能ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。年間10mSvの数値も、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべきであります。
 小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20mSvの数値の使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。
 また、今回の福島の原子力災害に関して国際原子力機関(IAEA)の調査団が訪日し、4回の調査報告会等が行われているが、そのまとめの報告会開催の情報は、外務省から官邸に連絡が入っていなかった。まさにこれは、国際関係軽視、IAEA軽視ではなかったかと思います。また核物質計量管理、核査察や核物質防護の観点からもIAEAと今回の事故に際して早期から、連携強化を図る必要があるが、これについて、その時点では官邸および行政機関は気付いておらず、原子力外交の機能不全ともいえる。国際常識ある原子力安全行政の復活を強く求めるものである。
以上

理にかなった訴えであると思います。
公共の事業は、理に叶い法に叶い、情に叶うものでなければならない。
という名言を残されたのは、室原知幸氏でありましたね。かんけいないけど、関係ありますよね。
この最後の情に叶う、ってのはとくにだいじなんだ。

コメント

学童の深呼吸する校庭に
黄砂とともにセシウムも降る
(乙)

おそらく、今は100ミリベクレル/平米くらいだと思う。
我々が幼い頃と、チェルノブィリ爆発の頃は、ミリがつかない100ベクレル/平米くらい。
蓄積線量は相当なものですが、一応、たくましく生きています。

小佐古教授が涙の抗議をした福島県の校庭は、年20ミリシーベルトに及ぶのであれば、このレベルよりはるかに多いことになります。
たばこの害ほどではないにせよ、子どもたちをタバコの煙の充満した職員室に出入りさせた場合くらいの健康影響はあるでしょう。
そういえば、小学校の頃、職員室の煙たかったこと・・・・

ほら、そこで単位をかえる。
だからわからなくなるんだ。
けむに巻かれるとはこの事。

百姓の家に育ったカササギが思う、それよりずうっとひどい毒は、農薬でした。すごかった。むかしむかしの稲の消毒の匂い、まだおぼえています。
ポリドール?あ、それはれこーど会社だったっけ。そんななまえの。気分がわるくなっていたそうです。吐き気がして。ちち、はは、いわく。

気になること or 気にくわないこと

このところずっと、福島の土壌汚染の値が、キログラムあたりのベクレルで発表されています。
これだと、表面がら数ミリの表土を薄~~く削って測定すれば大きな値が出るし、深く掘って測定すれば、小さな値になります。
1平米の土を1センチの厚さで削った場合、土の量は10キログラムになりますので、キログラムあたりだと、平米あたり測定値の10分の1の数値になります。
10センチの厚さだと、100分の1です。
すなわち、キログラムあたりのベクレル数は、情報操作がやりやすい数値だということになります。
空からの降下物を測定するのであれば、平米あたりの量を発表すべきと思います。
そうすれば、昔の記録との相対化もしやすくなり、より客観的にリスク判断ができます。

なぜ、政府はキログラムあたりの数値を発表するのでしょうか?

婚姻届 少ししわしわ

はじめてみました。

こんなふうになっていたんだ。

夫になる人。妻になる人。

それに、証人が二人必要です。

婚姻届 少ししわしわ

黄砂の空

黄砂の空

ノルウェー王国の社会保障制度               日本と同じ皆保険制度

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 5 月 2 日 ノルウェー王国の社会保障制度

ノルウェーは、軍事など、スウェーデンの影響を強く受けていた時代がありました。

スウェーデンからの移民も多いようです。

ノルウェーの特色は、電力すべてが水力発電によって供給されており、また、世界有数の石油産出国、天然ガス産出国として、エネルギー危機とは無縁な国家だということです。

漁業資源、森林資源、鉱物資源も豊富な資源大国でもあります。

高齢者や貧困者に対する施策には19世紀なかばから取り組んでいます。

ノルウェーの社会保障は、産業活力に立脚し、雇用者拠出を軸とした「保険」制度が中心です。保険を税による公的扶助が補足するという制度構築は、スウェーデンやデンマークとは異なり、むしろ日本に近いともいえます。

ノルウェーの保険は、日本と同じく、国民全員が強制加入する皆保険制度です。

医療保険は、加入者拠出と雇用者拠出と国庫補助と患者負担を財源として運用されています。

加入者拠出額は所得に基づいて決定され、低所得者や所得のない場合は免除されます。

公的扶助制度と福祉サービス、初期医療サービス、看護、リハビリ、予防医療などは市町村に運営責任があり、国の役割は専門医療の調整や財政調整です。

医療施設は公営の機関が多く、地域ごとの医療センターが一般医療の中心です。

受診の際は、医療センターか一般開業医か救急病院の一般診療医の診察を受け、その紹介によって検査機関や一般病院の専門医を受診します。

このような自由アクセスを制限した制度運用の場合、医療費の高騰を抑制することができますが、他の北欧諸国と同じく、予約受診の待ち期間が長くなりがちです。

ノルウェーでは、公営病院に診療予約すると、優先順位を加味したウェイテイングリストが作られ、最優先の患者はすぐに治療が開始できる仕組みになっています。

逆に、優先度が低い患者は半年以上も受診を待たされることがあります。

そのため、予約なしで受診できる自由診療の民間医療機関も増えてきています。

救急の場合は、救急病院が対応します。

ノルウェーは島が多いため、救急ヘリコプターが活躍しています。

稀な病気の場合は、海外での受診を保険がカバーします。

専門的処置ができる体制を国内で整備するよりは海外で受診していただくほうがコスト安ですので、合理的な制度運用です。

制度運用の効率化とともに平均在院日数は半減して7日未満となり、病床数も半減しています。

(保健医療経営大学学長のひとりごと転載)

2011年5月 1日 (日)

東日本大震災をよむ (1)  「樹」の俳句

地震禍で消えし街並氷雨降る    宮川三保子
氷雨降る瓦礫に残る親子犬

麦青む被爆の国の被曝者たち    瀧 春樹
洋館も舎宅も瓦礫目刺焼く      
被曝地に咲いて菫はスミレかな

画面から溢れる津波只見ている   太田一明
少なくてごめんね義捐金入れる

津波後の日本半壊涅槃西風     依田しず子
春の日があまねく注ぐ津波後(あと)

山河喪失慟哭の犬ふぐり        林 照代
雪が降る被災地に嗚呼雪が降る

鈍痛の張りつく壁よ春の地震      堀井芙佐子
春怒涛千変万化のごとくなり

震災の爪あと今朝のやぶ椿       魚返サツ子
大津波風に狂いし春の雪

東妙寺らんの俳句~俳句誌『樹(たちき)』より

鬼籍への転居届は冬日和    東妙寺らん

鑑賞文:広重静澄

 私は二年間に四回も引っ越した経験があるだけに、転居届は毎回提出したものだった。
しかし鬼籍へも転居届を出す人がいたことは知らなかった。閻魔様も転居届を受け取ることになっているなんて、ご存知なのだろうか。
 生まれたら出生届が必要なのだから、鬼籍への届けもあるのが当然と、思ってしまうから不思議な句である。冬日和の下五が、鬼籍というショッキングな上五を包み込んで、ついニヤリとしてしまったのは私だけではあるまい。
 博多に引っ越した息子よ、転居届はちゃんと手続きしているか。父はもうすぐ鬼籍に入るのだぞ。

鑑賞文:足立 攝

 ご自身の願望でしょうか、それとも実際に親しい方がなくなったのでしょうか。あっけらかんとした表記なのに、しみじみとした情感を呼びさます一級品の俳句です。
 鬼籍とは閻魔様が死者の名を記す帳面のこと。〈わたおに〉というドラマのせいか「鬼籍に入る」を長男の嫁になることと勘違いする人が多いそうです。

※わたおに?ああ、渡る世間は鬼ばかり、橋田壽賀子ドラマですね。(かさ)

鑑賞文:かささぎの旗

鬼籍への転居届、これには二つの読みが可能です。
死んだ者へ自分が引っ越したことを報告した、という意味が一つ。
今一つは、鬼籍に入る通知=死亡通知が届いた、あるいは届けた。
冬日和という季語がぴたりとはまる、どこか泰然としたおおどかな句風。
死にからむ句でありつつ、悲哀をさほど感じさせないのは、うんと時間がたっているか、それとも来たるべき遠い未来をよんだものだからか。
この一句を作者が得たのは、まず課題となる言葉があって、それを核として詠んだからのようです。
「鬼」。課題はこれでした。
ちなみに、太田一明先生選の鬼、いくつかご紹介いたします。

南天もミモザも咲くや鬼門角   東妙寺らん

鬼の首とってわびしき蓬餅    八山呆夢

きもんずみ、と読みたい、鬼門角。いいね、あかるいね。

(辞書に確認、「きもんかど」です。わが家ではきもんずみ、といいます)
ぼんの句、淋しき、のほうがよかったんじゃないかな。いや、これは人それぞれ。

ちなみに、同題の特選句、太田一明選句、

鬼やらい誰も拾わぬ豆を煎る   林 照代

餓鬼大将消えて三池の夏薊    足立 攝

鬼千匹死語となる蚊帳春隣     井上ちかえ

選者詠

吾が鬼の飼い慣らされて涅槃西風   太田一明

『樹』主宰詠

餓鬼骨も透けて菜の花畑かな      瀧 春樹

※用語:餓鬼骨とは
障子やふすま、屏風などの芯にする細い粗末な骨。


 ひさしぶりのたちき、瀧先生、らんちゃんから一部いただきました。
 ありがとうございます。
 うえだひろし画伯の死をしりました。鍬塚聰子先生の鑑賞欄でです。
 うえだ先生、一度ゆっくりお話をお聞きしたかったのです。
 一回だけ、巻いた半歌仙。鍬塚さんとうえださんとの三吟、です。
 なぜ先生が入っておられるのか、きっと私がお誘いしたんでしょうか?
今となっては謎なのですが、その作品の花がずうっとわたしに問いかけるのです。

癩院へ続くよ花の天蓋は  うえだひろし

あたまがくらくらするような一句。
実景を御存じなのだろう。
またそうでなくとも、生と負とのバランスが絶妙で、くっきりとした傷をつけていく句です。 
うえだ先生、「竹騒ぐ」のリトグラフ、ありがとうございました。
あれは傑作です。ずうっとだいじにします。
また、半歌仙もわすれません。一期一会、お誘いしてよかった。

ご冥福をお祈りいたします。合掌

『樹』229号 2011・5月号より引用いたしました。

安らぐために小出助教の不安な話をまた聴く

デンマーク王国の社会保障制度

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 5 月 1 日 デンマーク王国の社会保障制度

16世紀初頭まではスウェーデンを支配していた国ですが、第二次世界大戦ではドイツの占領下に置かれ、戦後も中立政策を放棄してNATOに加盟するなど、国としてはまったく違う道を歩んでいます。

しかし、保健医療サービスが税によって公的機関で運用されていること、自治体に責任の主体があることなどはスウェーデンと共通です。

病床数の削減、予約受診の待ち期間が長いことなどの問題点も共通です。

税金で賄われる基本的な医療(救急医療を除く)は、すべて登録医による診察、あるいは登録医による紹介が必要です。

ほとんどの医療は税金によって賄われていますが、患者負担が要求される付加的な医療については医療保険が発達してきています。

割高な保険料を払ってでも、より充実した医療を求める傾向がデンマーク国民に見られます。

医療分野への市場原理の導入、病院選択の自由による競争促進なども検討されています。

自由経済基調の欧州諸国と国境を接した国としては抗しきれないことかもしれません。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽スウェーデンの場合についたコメント

福祉問題では何かとすぐに持ち出されるスエーデンなので、どうなっているんだろ?単に税金が高いだけだろうぐらいに思っていました。

無駄のない考え方税金の使い方を実行し、みんなが助け合えるシステムが出来ているんですね。

中立国であること、戦争をしない国であること、教育が大事であることが鍵のようですね。
移民が多いのにいさかいも起きないのは、生活が安定して不満の起きようがないということでしょうかね。
そうすると軍隊はあるのだろうか?と思ってしまいます。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31