無料ブログはココログ

« 提出書類たくさん | トップページ | ドイツの社会保障制度(2)                日本がお手本とした制度、日本との相違点 »

2011年5月11日 (水)

3号機のは核爆発らしい。と、遅れて、それも海外から情報がでてくるいやらしさ。

原発推進派元官僚ご推薦海外サイトより、2本ご紹介いたします。


さいごはうつくしい日本のかささぎご推薦、きのうの小出る。
だんだんと深刻度がましてきましたね。
最初から深刻だったのが、はっきりとみえてきた、という意味であります。

« 提出書類たくさん | トップページ | ドイツの社会保障制度(2)                日本がお手本とした制度、日本との相違点 »

コメント

2~3マイル遠方で燃料棒の破片だとか、日本で発表されてないことがたくさん語られているビデオですが、それが本当だとすれば、それを隠している政府はおしまいでしょう。犯罪的隠蔽です。
原発から数キロの医療機関従事者からの個人的伝聞情報でも、原発の「破片」が飛んできたと言ってたので、相当な爆発力だったかも。
ところで、いよいよ日本も茹で上がりそうなニュースです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(前略)
菅首相や枝野幸男・官房長官、各首相補佐官らの執務室が並ぶ官邸の4、5階は記者の立ち入りが禁止されているが、そこでは細野豪志・首相補佐官、福山哲郎・官房副長官らがある部屋に頻繁に出入りしていた。部屋の主は、米国政府から派遣された「アドバイザー」で、名前も身分も一切明らかにされていない。
官邸の事務方スタッフは、その素性と役割についてこう説明する。
「その人物は米原子力規制委員会(NRC)のスタッフとされ、官邸に専用の部屋が与えられ、細野補佐官とともに原発事故対応の日米連絡調整会議の立ち上げ作業にあたった。常駐していたのは原発対応のために横田基地で待機していた米海兵隊の特殊兵器対処部隊(CBIRF)が帰国した4月20日頃までだが、その後も官邸に顔を出している。福島第一原発の水素爆発を防ぐために実行された窒素封入や、格納容器の水棺作戦などは、そのアドバイザーとの協議を経て方針が決められた」
原発事故対策統合本部長を務める菅首相に代わって、“決裁権”を握っていたというのだ。
(中略)
外国の政府関係者を官邸に入れてその指示を受けるなど、国家の主権を放棄したも同然であり、GHQ占領下と変わらない。
しかも、その人物は「ただの原子力の専門家」ではなかったと見られている。
(中略)
「原発事故対応のスペシャリスト」だというなら、統合対策本部や連絡調整会議に参加する方が、情報収集という意味でも効率的な働きができるはずだ。にもかかわらず、その後1か月間も官邸に常駐する必要があったのは、原発対応以外の「特別の任務」を帯びていたからだろう。
米民主党のブレーンから興味深い証言を得た。
「ホワイトハウスが、菅政権に原発事故の対処策を講じる能力があるかどうかを疑っているのは間違いない。だが、すでに原発処理についてはいち早くフランスのサルコジ大統領が訪日したことで、同国の原子力企業アレバ社が請け負う方向で話が進んでいる。
むしろ米国が懸念しているのは、これから震災復興を手掛ける菅政権が危うい状態にあること。オバマ大統領は、普天間基地移設をはじめ、日米間の懸案を解決すると約束した菅政権が続くことを望んでいる。
そのため、ホワイトハウスでは国家安全保障会議などが中心になって、日米関係を悪化させることがないように指導するオペレーションを震災後から展開している。“特別な専門家”の派遣もそのひとつと考えていい」
(後略)

全文はこちら
   ↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/39944578

この記事へのトラックバック一覧です: 3号機のは核爆発らしい。と、遅れて、それも海外から情報がでてくるいやらしさ。:

« 提出書類たくさん | トップページ | ドイツの社会保障制度(2)                日本がお手本とした制度、日本との相違点 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30