無料ブログはココログ

« アメリカの社会保障制度(3)            制度の効率化、ざざっと概観しませう | トップページ | お寺とお宮 »

2011年4月27日 (水)

水抜きパニック

お風呂浴槽はとーとーですがボイラーはノーリツ給湯器です。

最近灯油の水抜きをやってなかったため、お風呂がわかなかったことがありました。

今回またわかなくなったので、たぶんそうだと思い、やったこともないのに適当にネットで調べてやったところ。

たいへんだ!たしかにコップ二杯近くの水がでました。でも、それに続けて灯油までがぽたぽたぽた。。。とまらない!!どうするどうする、ぱにくる!釘をさしてみる(なぜかあった)、とまらない。余計もれる。水抜きねじをいっぱいいっぱいしめたのに、なんでもるんやろ!!という間にもどんどん灯油がもれて、指でおさえたけど、じいっと60リットルを守りきる自信はない。きのう入れたばかりだった。とりあえず受け皿のでかいのをおいて。(写真)給油してくれたJAスタンドのおにいさんにかくかくしかじかで、どうしたら?と聞いてみる、すると、バルブにごみが詰まっているんでしょう、開けたり閉めたりしてるうちに戻りますよ。

ということで、回してるうちに、いっぱいいっぱいねじを緩めきったところで、漏れが止まりました。

給湯機本体っぽい

あれ?もしやこれが閉める定位置?逆にやっていた・・・灯油もったいなかった。

水抜きは左の下にあります。右下にもなにかあって、とにかくしめた。
よくみたら、それは送油口とありました。ということは、これは給油短句で、上がどうも給湯器本体みたいでした。

父が入院してからというもの、お風呂にからむトラブル続出。
いつも父が灯油を注文したり、管理していましたので。

※ノーリツさんは電話したらすぐ、いつでも、24時間対応してくださいますので、ありがたいですよ。というのを付け加えておきます。すんません。水抜きパニック

« アメリカの社会保障制度(3)            制度の効率化、ざざっと概観しませう | トップページ | お寺とお宮 »

コメント

おおごとにならんでよかったね。
水抜き>>したことないよ。給湯器の種類で違うのだろうか。なんかホースが出ていて、給湯器を使うと自然に水が出てくるようになっているので、これが水抜きと言うんでしょうかね。

今日技師にみてもらいました。
大牟田からみえた。
部品をとりかえる必要があるって。
あしたはみんなで温泉にいくことにしました。
連休と重なるんで部品がそろうのに時間かかる。
夜の温泉はまるで、下宿していたころみたいな気分になれるので、これはこれで捨てがたし。

検索サイト Yahoo  検索ワード 灯油ボイラー 水抜き

8位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水抜きパニック:

« アメリカの社会保障制度(3)            制度の効率化、ざざっと概観しませう | トップページ | お寺とお宮 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31