無料ブログはココログ

« 茨のやうな | トップページ | 水抜きパニック »

2011年4月27日 (水)

アメリカの社会保障制度(3)            制度の効率化、ざざっと概観しませう

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 4 月 27 日 アメリカの社会保障制度(3)

アメリカ社会も、医療の量と質を満足させながら医療費の伸びを抑制する、という困難な戦いに挑んでいます。
営利を目的とした民間医療保険では病歴価格決定方式が取られており、健康で罹患リスクが少なければ保険料が安くなります。
すなわち、低額の保険商品には、罹患リスクを抱えた人は加入が拒否され、医療保険は「量」的に満足できるほど国民をカバーできていません。
より多くの人が低額の保険に加入できるようにするためには、疾病治療のための医療費支出を効率化しなければなりません
同様に、公的医療保険・医療扶助でも、財政支出を抑制するために医療費支出の効率化が求められます。
PPOでは、低コストの医療を供給するため、事前の審査を行います。
また、主治医の診療が必要か否かを確認するため、別の医師による確認(セカンドオピニオン制度)も実施しています。
HMOでは、提携医療機関に医療費支出の効率化の責任を負わせています。
HMOは、前払い型グループ診療(PGP:Prepaid Group Practice)を導入することにより、入院医療費に枠をはめています。
メディケアでは、疾病をグループ化して定額払いする方式で入院医療費をコントロールしています。
外来医療費についても、包括支払方式の導入が検討されています。
また、社会保障法により、各州にPRO(Professional Review Organization)という医療費審査機構が設置されています。
メディケアの支払については、PROが診断の正確性、提供された医療の妥当性、患者の入院・転院の適切性を審査します。
高額化する医師技術料については包括予算調停強化法(COBRA:Consolidated Omnibus Budget Reconciliation Act)によって連邦議会に医師報酬検討委員会が設けられ、米国厚生省が診療報酬点数表を作成することになりました。
また、国家医療計画・資源開発法(National Health Planning and Resources Development Act)により、病床規制が行われています。
連邦レベル、州レベル、地域医療圏レベルの3つの区分
で医療計画が策定され、州政府が増床許可を行うことを義務づけています。
州政府が交付する増床の必要証明なしに増床した場合は、メディケア・メディケイドの償還を州が削減できます。
自由主義国家のアメリカでさえ、医療については、診療報酬点数表による統制や医療計画による病床規制が行われるようになってきているのは驚きです

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▽かささぎの独り言

なんかむずかしいのう。ttp  ppt ddp・・・ごちゃごちゃいってくれるなよ。
あたまにそんなにはいらない。いっぺんにいわれても。

では、(学長の最後の一行をよんで)日本の保険制度はアメリカから入ってきたものだけれど、独自の道をあゆんできた、ってことなんでしょうか?
アメリカでさえ、という言葉に、それを感じることができる。
まあ、かささぎはなにもしらないから。制度の恩恵を空気のようにこうむるだけ。
おゆだねのたみ。
学長さまはアメリカの用意してくれたお金で留学してかの国の制度を学ばれてきたお方。

そんじゃ、御講まかない、という土着の営々とつづいている真宗門徒の集いさ、いってくるだ。くそう、きょうせっかくの休みなのにな。からだきつくて、休みたいのに、電話かかってきました。私がでなきゃ、だれもでてくれないし。

にょらいだいひのおんどくは
みをこにしてもほうずべし
ししゅちしきのおんどくも
ほねをくだきてもしゃすべし

この歌、でてきた。なんのうた。ほうおんこうの歌?

※まちがいの訂正

以下のコメント参照。

>日本の保険制度はアメリカから入ってきたものだけれど、

日本の保険制度の礎は戦前から。
戦前はアメリカの影響は乏しいでしょう。
日本の保険制度は欧州に原型があります。

>学長さまはアメリカの用意してくれたお金で留学してかの国の制度を学ばれてきたお方。

国際機関(WHO)のお金で米国で研修した、というのが正解です。

« 茨のやうな | トップページ | 水抜きパニック »

コメント

行ってらっしゃい、かささぎ様。
きっとご利益がありますよ。

5月の連休は仕事ですか?私は2・3日が連休です。皆より一足お先に年をとります。

>日本の保険制度はアメリカから入ってきたものだけれど、

日本の保険制度の礎は戦前から。
戦前はアメリカの影響は乏しいでしょう。
日本の保険制度は欧州に原型があります。

>学長さまはアメリカの用意してくれたお金で留学してかの国の制度を学ばれてきたお方。

国際機関(WHO)のお金で米国で研修した、というのが正解です。

ぼん、連休あるんだ、いいね。
こちら、ないかも。五日なんて行事食、超多忙。
こういうしくみ。月に8日休める。
とりたい日は月に二日だけ自由に登録できる。
あとは、おゆだね。
ボスが献立と利用者数をにらみながら、割り振ります。
朝夕は40人ほどですが、昼はデイサービス利用者がみえるので、それはそれは忙しい。百五十食近い。

150食はきついよね。経験在り。でも、あんたは偉い。私は10年ほど前にお勤めしたわけだけれど、4ヶ月で根を上げた。毎日悔し涙を流してた。切るのも配膳するのもできなくて。
でも、かささぎさんは違う。何でも良い方にとらえて、日々精進。えらいわー。見直した。

休み>>パートだからね。月に92時間しか仕事していません。連休は今月、3回もあります。平日だから家族とも遊べないし友人とも。冬物のお片づけでもしましょうかね。

れぎおん届きました。
ありがとう。

れぎおんbook私もです。お忙しい中ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/39770557

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの社会保障制度(3)            制度の効率化、ざざっと概観しませう:

« 茨のやうな | トップページ | 水抜きパニック »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31