無料ブログはココログ

« 黒木近くの苗ものやさんまで、母と | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(13)            中医協の新旧会長挨拶から »

2011年4月20日 (水)

福島原発の作業員の被ばくに頭を垂れつつ、今夜はこれを聞きましょう。

4月19日 燃料の溶融は部分的と推測 小出裕章

2011年4月20日

毎日放送ラジオ(MBS)のたね蒔きジャーナルに、2011年4月19日(火)も小出裕章氏が出演されました。

2011年4月19日【火】
上田崇順アナが被災地の声を伝えます
福島第一原発、収束に向けた工程表に沿った作業がスタートしました。一定の目途が見えてきたのか?きのうも京都大学の小出さんに聞きましたが、きょうも福島第一原発をめぐる動きを解説してもらいながら、この工程表を確認していきます。
そして、被災地では上田崇順アナウンサーが取材をしています。被災地の人たちが抱える問題を具体的に聞きます。

小出先生出演部分を録音して公開してくださっている方がいます。

【福島原発】2011/4/19/火★1.作業員からも工程表に疑問-2.Meltdownとは 1/2

【福島原発】2011/4/19/火★1.作業員からも工程表に疑問-2.Meltdownとは 2/2

※ 東電が4月17日に配布した工程表そのものは日経新聞ウェブサイトにて入手できます。(こちら

以下、要約です。

・(東電の工程表について、作業をしている方から、100ミリシーベルトを超える被曝をした人が続出していたり、防護服が紙製ですぐに壊れるということから、工程表の見通しは甘いという声が上がったが?)防護服にはいろいろあり、紙のものもある。紙も布も宇宙服のようなものもある。汚染がひどくない場合は紙のものを着ることはあし、破れることもある。今回は防護服が足りないという事情もあるのかもしれない。

・(工程表については安全委員会の斑目委員長も実現にはバリアがあると言っているが?)安全委員会は推進側のやることをチェックするのが仕事。いままで影にいたが今回そういうことで登場したならありがたい。安全委員会は事故以降機能をほぼ停止していた。かわりに新たに任命された内閣の参与の意見が参照されるということが起こっていた。

・(斑目委員長は3月12日にヘリで菅総理に同行時に、爆発しませんと言ったと伝えられるが?)彼は元々楽観的な見通しをたてることで有名な人だった。安全委員会は原子力安全宣伝委員会と呼ばれていたが、私もそうだと思っていた。彼らが安全を守る仕事をしたことがあるとは思わない。

・(工程表自体、政府におされて東電が練らずに作った?)たぶんそうだろうと思う。

・(工程表発表の後、4号機の地下の汚染水が高さが20cmから5mに修正されたが、工程表の前提が変わっているのでは?)そう思う。水を入れ続けている以上、汚染水は増え、その水の処理をめぐって作業が増えるだろう。

・(核燃料が溶け出していることを保安院がようやく認めたが、感想は?)馬鹿らしくてコメントしたくない。とっくの昔に分かっていた。私が分かることは原子力の専門家なら誰でも分かる。溶融にしても損傷にしても専門家なら分かっていたはず。

・(なぜ今さら?)レベル7も、分かっていたのに最近になってやっと認めた。都合の悪いことは言わないということ。

・(メルトダウンに至るのか?)一部の溶融だと思う。どの程度の範囲かが問題だが、まだ一部分だと思う。広範囲に溶けるとメルトダウンになり、そうなると事態は破局に至る。現状そこには至っていない。

・(メルトダウンを避けるには水で冷却しかない?)そう。ただ水が外に漏れ続けているので循環の仕組みを作らないといけない。が、作業には被曝が伴うし、その前に汚染水の処理も立ちはだかっている。

・(2号機の汚染水を集中廃棄物処理施設に移す作業が始まり、26日かけて2万5千トンのうち1万トン移すと発表されたが?)どっちにしても現在ある施設では足りない。タンカーも必要と思う。仮設タンクも必要だろう。汚染水が漏れ続ける状況がいつ止まるか分からない状態。

・(移しても処理しなければ仕方ないが、ゼオライトの効果は?)ゼオライトは放射能を処理するのではなく、水を吸収する。除去するというより、そこにくっつけておくもの。それで終わりということではなく、緊急避難措置。

・(空冷案が出ているが?)炉心の発熱が少なければいいが、これから半年たってもほとんど発熱は減らないと思う。現在の崩壊熱を考えるとすぐに空冷に移行できるとは思わない。少なくとも何ヶ月か後。

・(過酷な作業環境だが?)完璧な安全は無理。基準の中でどれだけ被曝を少なくしながら作業員の方たちが頑張ってくださるか、そしてどれだけの数の作業員の方がこの仕事をしてくださるかということ。

(以上転載記事です。ありがとうございます。)

蛇足) かささぎの不思議

今日、「枝野 家族 デマ」検索でかささぎブログへいらした人々がいます。
しかし、ほとんどかすりもしていません。あのニュースが嘘だったらしいこと。
なぜ市場では枝野さんの家族が外国へ避難中と書いているブログにばかり、アクセスが集中するのでしょうか。
これではフェアではありません。
かささぎは民主党が嫌いですが、それとこれとは別です。

« 黒木近くの苗ものやさんまで、母と | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(13)            中医協の新旧会長挨拶から »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/39688700

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の作業員の被ばくに頭を垂れつつ、今夜はこれを聞きましょう。:

« 黒木近くの苗ものやさんまで、母と | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(13)            中医協の新旧会長挨拶から »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30