無料ブログはココログ

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(13)            中医協の新旧会長挨拶から | トップページ | チーフとグリーストラップ清掃 »

2011年4月21日 (木)

東京原発

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(13)            中医協の新旧会長挨拶から | トップページ | チーフとグリーストラップ清掃 »

コメント

いい映画を紹介いただきありがとうございました。
この映画は2002年に製作されて賞も獲ったにかかわらず、大手配給会社がつかずにいくつかの劇場で2004年に公開されただけという代物。
裏の力ってすごい。
監督もこの作品が最後みたいです。豪華キャストを揃えたのに興行成績が散々だったのでしょうね。
裏の力は有望な才能も抹殺してしまったようです。

そうでしたか。
そういう背景はなにも知りませんでした。
たまたま拾いました。
今ならよくわかる映画ですよね。

きょうは、あべしげさんところで、佐藤えいさく前福島知事の動画もみせてもらってきました。
大災害がブログ文化を変えましたね。
まさか、映画までアップできようとは、かささぎは思ってもいませんでした。しかも、簡単です。

仕事から帰宅したのが3時半、今まで一気に見てしまいました。
これできまりですね。迷うことなく。

その前に、良いことが良いと認められない事がなんとかしなければなりませんね。
教育が歪むのもそのせいだと思います。


さくらさん。映画面白かったですね。

チェルノブイリでの実際の被曝者はどれくらいかを考察したサイトをみつけました。ぜひ、ごらんください。百万人、だそうで、おそろしい。
でも本当のことを知りたいです↓。
朝日原発問題取材班編集発行の『地球被曝』(1987)、中古本でも3,000円以上しますね。よく調べている。当時はまだ始まったばかりだったので、被害の実際まではみえていませんでした。

映画の内容、CG使ったSFものではない、
ものすごくリアル、笑える場面も実際はああなんだろうなぁと思えます。
プルトニウムを運ぶダンプの運転手役がうまい!
すべて芸達者な俳優をそろえているところがすごいし。

あのくらいダイナミックで大胆な発想をする政治家が必要です。
究極は一人ひとりの命を優先する政治家が。
とは言え、時には全人類のために命をささげる人も必要な場面もあり得る。

5、6年前によく作ったなぁと感心するばかりです。
こういう映画を地道に作る人、これこそアカデミー賞に値します。
それが配給なしだなんてこれこそ笑えるよ!
すべてうそで世界が回ってる。

上映した勇気ある映画館は以下の通りです。

東京/新宿武蔵野館
東京/シブヤ・シネマ・ソサエティ
北海道/シアターキノ
北海道/ディノスシネマズ旭川
青森/八戸フォーラム
仙台/セントラル劇場
山形/山形フォーラム
福島/福島フォーラム
新潟/ユナイテッド・シネマ新潟
新潟/長岡シネマチャオ
長野/上田でんき館
群馬/太田コロナワールド
東京/三軒茶屋中央劇場
神奈川/小田原コロナワールド
愛知/中川コロナワールド
愛知/AMCホリディ・スクエア18豊橋
静岡/静岡東映劇場
静岡/浜松東映劇場
岐阜/AMCリバーサイドモール16シンセイ
大阪/第七藝術劇場
大阪/シネフェスタ
大阪/トビタ東映
京都/京都みなみ会館
石川/ワーナー・マイカル・シネマズ金沢
福井/福井コロナワールド
広島/シネ・ツイン
愛媛/シネマルナティック
福岡/ユナイテッドシネマ福岡
福岡/AMCなかま16
長崎/佐世保エクラン東宝

とりあえず参考まで。
   ↓

今東京大揺れにゆれています。

なんで今日のこの寒さ!
妙な寒さはなに?

間違いの指摘まであるんだ。きっちりしとるねえ。
さくらさん、プルトニウムを運ぶ方法、じっさいもあんな感じだったんでしょうよね。放射性、近づくべからず、でも近づかねば見えないったら。笑。

ところで。
竹橋乙四郎先生、ちょうどよかった。
お聞きしたいことがあります。
おしえてください。
経済問題はちいともわかりません。
経済問題も、だけど。
ファクタ記事、。
復興資金、二十兆円は最低でも必要、そのお金を大至急調達する方法。
増税では消費が冷え込み、最低。
国債ではなんたらでかんたら。
で、この文章の山本議員が白川日銀総裁にこれはどうよとぐいぐいと迫っている、「今やらずにいつやるっていうのか」って方法、これは具体的に何のことじゃろうのう。
ちょっとよんで、かささぎあたまがおもいついたのは、二十兆円のお札をさっさかさっさか、印刷するのだろうかってことでした。うっわーそげなこつしたらいかんやろー!!まさかそういうこととはちがうよね。日銀直接引き受け、っていう意味がわかりません。
でも。国がしっかりしていて、国際的にも信用があれば、どんな非常手段でもいけるのだろうか。
いまの日本はそこまでの信用はないんじゃない。
かんさんはうそばかりついてるし、せこいし。小心者であられますよね。人に責任をおしつけてばかりで。

連句的におもうのは、明治四年の改暦で大隈重信は巨額の財政赤字を埋めたこと。あれはグッドアイデアでしたなあ。

さくらさん、東京が揺れている、って、また地震ですか。地震が地震を呼ぶのですね。大丈夫なんだろうか。

ことしのこの妙なぞくぞくするような寒さは、いったいなに。また暖房つけていますです。

何年も前のことですが、妙にリアルな富士山大噴火の夢を見たことがあります。
前回の噴火は大地震の49日後でした。
嫌な予感がします。

寒さには強くてね、それが今年は気持ちの悪ーい寒気を感じる日が多くて、かんしゃくを起こしたくなるような寒気を背中に感じるのよ。
年をとったからかなあと思ってたけどどうも違うみたいね。

今日もそういう日、暖房つけないでダウンコート着てパソコン打っています。

乙四郎先生の夢で背中のぞくぞくが最高潮です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京原発:

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(13)            中医協の新旧会長挨拶から | トップページ | チーフとグリーストラップ清掃 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31