無料ブログはココログ

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(4) | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(5)  復興財源確保のために削られるものは »

2011年4月 6日 (水)

かくも切羽つまったときに

「今朝6時前に岸壁割れ目からの漏水は完全に止まったと8時のニュースがあった。(8時半追記)

4日夜に始まった低レベル汚染水の海への放出は、わたしも“突然のこと”で少々驚いた。韓国・ロシアなどが驚いて抗議するのは当然だと思う。わたしの感じた疑問は、このことが、時間を争うようなそんなにせっぱ詰まった状況になっていたのかということだ。各国へ、十分な合理的な理由を書面で述べて通告した上で日本の国内法に従って実行する、という手順を踏む数時間さえ待てない状況だったか、ということだ。この点の説明は、まだ、ないと思う。
また、日本国民むけ、特に当該海域の漁業者に対して通告し、東電・政府が共同で説明の記者会見をしたうえで実施してしかるべきであった。被害者は国民であるという認識がおろそかになっていると感じた。」http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/index.htm

「き坊の近況」大江希望さんの今朝のブログから引用させていただきました。

※ところで、「低レベル汚染水」というのは正しい表現でしょうか?
こちらのブログのあるじ↓は、高レベル汚染水と書かれています。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-66e5.html

昨日参照につけたファクタ編集長・阿部重夫氏とジャーナリスト・手嶋龍一氏による福島原発対談(四月四日付)、これは読みごたえがありますのでぜひご一読をお願いいたします。
時系列をおって、何が起き、政府や東電が何をなし、どこに問題点があるかを、現在わかる範囲でびしっとおさえておられるので、全体がよくわかります。全体のなかの日本がよくみえる。http://facta.co.jp/blog/archives/20110404001000.html

そのもっとも印象的な部分を抄出いたしますと、

手嶋 いま日本の政治指導部は、国内だけでなく、国際社会との対話、つまり真摯なコミュニケーションを取れずにいます。日本のフクシマではいま、尋常ならざる事態が起きつつある、と諸外国は疑いの眼差しを向けている。アメリカの統帥部は、第7艦隊の隷下にいた原子力空母「ロナルド・レーガン」を真っ先に東北沖に急派した。むろん、日本を助けたいという善意から出ていることは間違いないのですが、心臓部に原子炉を内蔵した原子力空母「ロナルド・レーガン」を真っ先に差し向けた、その意図はもう少し複雑です。

実は母港のサン・ディエゴに係留されていた「ロナルド・レーガン」に乗せてもらったことがあります。まず見せてくれたのは、炉心溶融が起こった時に対応する防護チームでした。そういう危機対応チームが控えている船員を乗せた原子力空母を差し向けたアメリカの真意はもうお分かりでしょう。

阿部 メルトダウンを起こす可能性について、当事者である日本政府よりも、アメリカのほうが早くその可能性を考えて、ロナルドレーガン空母を派遣したととうことですね。

手嶋 ええ、これほどの危機に立ち向かう日本の政治指導部そのものがメルトダウンしているのではないかと疑っているのでしょう。「アメリカがお手を貸しましょう」と申し入れたのですが、菅内閣はこれを事実上拒否してしまう。ワシントンで正式な外交ルートを通じて日本側に打診したのですが、日本側は明確な返答をしなかったようです。

※お二人の対談中、出てきた専門用語、パーシャルメルトダウン(部分的炉心溶融)。
世界はそう見ているし、実際にそうなんだろうと思われます。でもそういうことは口がさけてもだれもいいませんね。なにもみなかったことにしよう、とでもいうように。

現総理のもとで働いていた前歴をもつ元官僚の言葉を記録する仕事をずっとやってきたかささぎの旗は、手嶋龍一さんの発された、「国民はパニックを起こさなかったが、官邸のほうはメルトダウンしかけている」、という言葉が元官僚が折に触れて発されたさまざまなことばと重なり、じつに真に迫って感じられます。一国の代表とはいつだってどんな人だって叩かれるものではございますが、かくも「ふつうのひと」であった総理には、悲痛な痛々しさしか感じません。まるでかがみにうつったじぶんのすがたをみるようで。そんなかんじであります。

春潮

    西野いりひ

ありとある国と生きとし生くるものわれらの中をめぐり春潮
三陸の若布あじはふ夕鳥の肢に絡まる日知り沖つ藻
底(そこえ)には雪嶺あると人の言ふおほわだつみに咲け紫荊(はなずはう)

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(4) | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(5)  復興財源確保のために削られるものは »

コメント

これが結構よまれてるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かくも切羽つまったときに:

« 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(4) | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(5)  復興財源確保のために削られるものは »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31