無料ブログはココログ

« 放射性降下物の増減(1)               逃れられぬ核の時代の降物(ふりもの) | トップページ | 病名 »

2011年4月16日 (土)

四人部屋の病室のロッカーの作り

はからずも、短期間で三つの病院を転々としましたので、目につくものをパシャパシャと。
ここは、筑後の公的病院。
広くてきれい。
病室のドアをあけると、片側にトイレ、対岸(写真では右部分)にご覧のような洗面台とロッカー上下式が四人分。
各自のベッドサイドにも写真左部分のような一式がついてますので、収納空間は広いです。
いま、テレビは薄型の折り畳み式、カード方式のです。ほとんど見てませんね。

« 放射性降下物の増減(1)               逃れられぬ核の時代の降物(ふりもの) | トップページ | 病名 »

コメント

父は6人部屋から、手術前、病棟を変わらなければいけないけど大部屋が空いてないからという理由で2人部屋へ。大部屋が空いたらどうしますか?と聞かれ、差額高いけどそのまま2人部屋でと希望したのに、手術後なぜか4人部屋に移され、さらに同じ部屋の中でベッドの場所を移された。
更に言えば、最初の移動の際、誤って髭剃り用の剃刀・替刃・特別仕様の櫛?・タオルなどを捨てられてしまったようす。
この際だから更に苦情。面会時間は1時からと言っておきながら、実際は午前中から出入り自由で、不審者が入り込む隙だらけ。今まで使っていた喘息用の喉スプレー?が切れたので、それをほしいと言ってるのに、発作が出てもいつまでも持ってこない、やっともらったのは常用してるのと違い効き目が悪い。製薬会社との癒着、とは言わんが、少なくとも説明ぐらいせぃ!一般人向け食堂は喫煙自由、味付けは塩分高そう。これじゃ病人増えるではないか!!
いったいマリア様は何をしておるのだろうか!!!

苦笑。
(どこの病院ですか、そこは!)

それでは、悩めるろいりさんへ、勝手におこたえします。
1、
聖マリアで子たちがもらっていたぜんそくの吸入剤は、紫とオレンジ色の丸いのだったかなあ。それとも緑だったっけ。高かったけどよく効いてました。

2、プライベートな品は、絶対に持ち主の許可なく捨てないと思います。きっとどこかカバンの中かどこかに、患者さんの知らない間に、ビニール袋にいれてしまっているに違いない、看護師さんがね。
かくいう、かささぎの父も、ひげそりがない、ないとうるさくいうので、枕元の机の引き出し、収納庫のなか全部さがしたけど、ない。で、よくよくみれば、おや、こんなところにロッカーがある!ってんで、そこを探したら、ありました。
洗面台のところで、父の携帯の充電もできます。
此処の病院はリハビリ病院とおなじくらい設備がきれいです。あちこちベンチが配置してあり、腰をおろせるし。
ただ、それでは八女の公立はわるいのかといえば、そんなことはございません。たしかに建物は古いですし、きれいでもない、けれども、看護師さんや介護士さんたちのハートがとってもあったかい。これほんと。いちばんよくしてくださいました。忘れません。
たてものがきれいなのと、ひとのこころとは比例しません。

3、部屋の移動は、たぶんにあちら都合の空き具合だとおもいます。
二人部屋と四人部屋と五人部屋(三人ってのはきいたことないですね)がどう値段が違うのか知らないのですが、父の申すには、さびしいから四人か五人がいい、って。独り部屋は何もすることがないので、ぼけそう、って。
それから、父はいつも、大部屋では一番手前のベッドですので、なぜかなと思っていたら、看護師さんたちの手が届きやすいから、のようでした。というのも、真夜中に起きているし、よく粗相をしたり、落ちたりする、のです。

4、料理の味付けが塩分濃い。
これ、料理を作った人の体調によります。
かささぎの勤務先でも塩分が濃い時があります。もうめちゃめちゃからくて、思わずまっすぐ何の気づかいもせず、からい!って言ってしまったことが一度あります。
でも、糖尿の人や減塩の人もおられるのですよね。体調が悪いと味覚もおちるのか、意外と気づかれていません。でも、こういうことはぜひとも言うべきです。声をあげましょう。からいぞからいぞ、殺す気か。ってね。笑。
なお、かささぎ厨房では、なるべく患者様のご希望通りにいたしております。たまねぎやねぎはだめ、って人にはいれないし、薄味で、って人には、平常の味をだし汁で割ります。めんどうでも、いつでもご希望に沿います。

というところで。
元の話題に戻って、みっつの病院を転々。どこの食事がいちばんおいしかったでしょう。
意外にも、八女公立は健闘しています。昔とまったくかわってます。病院食の世界は競争が激しいのでしょうねえ。

まあ病院にしろ何にしろ、評判は人それぞれというのはわかります。担当医や看護士にも当たりはずれがあって、いい人に当たればその病院そのものがいいことになる。実際、義母が倒れた時に同じ病院で手術をしてくれた女医さんは、手術前後の説明もわかりやすく、家族みんなが、いい先生でよかったと言ってました。
1.については、人それぞれの体質があるのだから、患者が今まで使っていて効いていたのをなぜ持ってこなかったのか、少なくとも説明はすべきだし、喘息の発作の苦しみは私にはわからないが、本人は一刻を争っている時に1時間もかかるというのは問題でしょう。
2.については、どこをどう探しても見つかりません。父はレジ袋みたいなのに入れて、その上にタオルを置いていたので、おそらくゴミと間違われたのだろうと諦めてます。
3.については、差額が生じても2人部屋のままにしておきますか、4人部屋が空いたらそっちに移りますかと問われて、2人部屋のままにしておいてくださいと答えたにも関わらず、なんですよ。だったら最初から訊くな、と言いたいのです。
4.について、今時、市役所や都庁の食堂でさえ、カロリーがどんだけとか書いてあることが多いし、少なくとも、公的機関では禁煙席・喫煙席に分けるのがほぼ常識です。一般人利用とはいえ、病院の敷地内の食堂なのですよ。
最後にかささぎさんからのお答えになかった、病室出入りフリーの件、実はこれが一番の問題だと思ってます。なんせ、ろくでもない事件が続く犯罪都市(もちろん半分冗談だけど)久留米市なのだから。

「4人病室」検索 112万件中11位。
一位はここ↓ひろいですね。

ここ、ときどき、読まれています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四人部屋の病室のロッカーの作り:

« 放射性降下物の増減(1)               逃れられぬ核の時代の降物(ふりもの) | トップページ | 病名 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31