無料ブログはココログ

« 日本一きれいな菜の花 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(3)   震災復興・原発補償財源の捻出のために »

2011年4月 3日 (日)

久留米椿・正義

久留米市山本町の蕎麦屋さん『筍(じゅん)』にて

正義

« 日本一きれいな菜の花 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(3)   震災復興・原発補償財源の捻出のために »

コメント

お店の名前で検索しましたら、全国第三位にあがっていたよ。ここ、みて。↓
そばはおいしかった。もっとたべたかった。またせるのが難点ですけど、お店は落ち着いてるし、てんぷらえびが衣じゃなくて海老がおおきくぷりぷりしておいしい。ゴマ豆腐もおいしい、そば粥もおいしい、ただ甘味のかるかんがいまいちいまに。
そば定食にあうおかしって、なにがあるんでしょね。

久留米椿 正義
検索での一位、かささぎの旗の話題とつながっているところがありましたので、どうぞご覧ください。
ぼんが話してくれた子供時代のまりつきうたの歌詞が出ています。↓

ご紹介ありがとう。
読んでみました。歌詞はすこし違っていましたね。うちはたぶん福井県からの流れです。こちらは四国のようですので、このくらいの差は当然でしょう。八女市出身の川崎洋さんの御本でも違ってましたし。

四国の。阿波の人なんですね。
香川宜子先生はお元気でしょうか。

日露戦争のときの歌だっけ?一列談判破裂して。
その歌詞ですうっと目にうかぶのはね、むつむねみつ。なんでじゃろうか。
下関の赤間神宮。下関ってな、本州だったっけ。
そこに会議室が保存してあった。たしかそうです。

じゃーん!さがしてきました。ここです。↓

ぼんがコメントにいちれつらんぱんはれつして、の歌詞をかいてくれたのをさがしだしてきました。↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久留米椿・正義:

« 日本一きれいな菜の花 | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(3)   震災復興・原発補償財源の捻出のために »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31