無料ブログはココログ

« | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(4) »

2011年4月 5日 (火)

情報統制と風評被害  政府は放射能拡散情報をいち早く伝達すべし

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 4 月 5 日 情報統制と風評被害

過日、放射性物質の拡散予測について、情報発出の一元化が日本気象学会の会員に求められていることを述べましたが、昨日、気象庁が連日行っている拡散予測を政府が公開していないことが報道されました。

この報道に対し、官房長官は「少なくとも隠す必要のない情報。誤解を生まない説明を付けて、公表すべきだった」と述べています。

情報は、隠すことで憶測を呼び、それが風評被害を招きます。

『誤解を生まない説明を付けて、公表』することが風評被害を予防するポイントです。

ドイツ気象庁は、日本の気象庁などの観測データに基づいた放射性物質の拡散予測を、連日、天気予報サイトで公開しています。

私もやむなく、ドイツ気象庁のホームページでわが国の気象情報を得るという不自然なことをやっていますが、それによると、今夜から明日にかけて、拡散した放射性物質が薄く西日本全域を覆うという予報が数日前から発出されています。

こういう情報は、新聞報道やネット・コミュニケーションで流れるより早く『誤解を生まない説明を付けて、公表』すべきであると思います。

公表が遅れると、後からいくら政府が『誤解を生まない説明を付け』ても信用してもらえません。

昨日、シンガポールの農畜産物管理庁は、兵庫県で生産された野菜から微量の放射性物質が検出されたため、兵庫県産の野菜と果物を輸入停止にすると発表しました。

放射性物質の拡散情報が知らされていない西日本の県にとっては寝耳に水のことです。

拡散予報が周知されてさえいれば、出荷野菜の放射線モニタリングを万全に行うことができていたはずです。

また、検出された放射線量の正当な評価を即座に発表し、消費者の無用な不安をなくすこともできます。

(保健医療経営大学学長ブログより転載)

▼コメント集成

コメント

今朝、みそ汁をつくるのに、わかめを探しましたら、母が買ってきたばかりの上等のわかめがありました。産地をみて、ぐっとことばにつまった。三陸産。
宮城・岩手と、ごていねいにも打たれています。
いろんな意味で最高級品。
笑ったらいけないんだ。
もちろん、たべました。おいしゅうございました。
春の味です。

えーくそ汚染までもがありがたしというてくらふわかめかな  かささぎ

いましがた、また、学長が危機管理情報をアップしました。
その補足情報です。
天気予報は、今日は全国どこでも晴天ですが、今夜から明日にかけて、西日本は見えない放射能雲にすっぽりと覆われます。
放射線量はごくこく微量ですが・・・。
   ↓

http://www.dwd.de/bvbw/generator/DWDWWW/Content/Oeffentlichkeit/KU/KUPK/Homepage/Aktuelles/Sonderbericht__Bild5,templateId=poster,property=poster.gif

投稿: 学長とりまき | 2011年4月 5日 (火) 09時38分 

報道されている、原子炉建屋を覆う「遮蔽シート」工事800億円ナリですが、報道記事によると、ゼネコンが提案→原子力専門家は反対→政治判断で押し切る→工事を行う方針→東電へ指示、だそうです。
この国の政府の意志決定の仕組みは滅茶苦茶ですね。
シートで密閉すれば内部の放射線量が上昇して作業が困難になります。
たまった水素が再爆発を起こす危険もあります。
ゼネコンの意見よりは専門家の意見を尊重してほしい。
その800億円は、コンクリート密封が必要となった時の備えにとっておいて(とっとって)おいてほしいものです。

   ↑
右上の日時はドイツの日時ですので、日本時間は9時間を足してください。
注意事項として、放出源の濃度が明らかでないので、図では、放射性物質の実際の密度ではなく、希釈の度合いが表現されているだけであるということが書かれています。
赤色の濃淡は、順に、
赤:僅かに希釈されている
黄:かなり希釈されている
白:極めて(薄く)希釈されている
です。

(教養講座)
『茹でガエルの法則』(1887年、スタンレー・ホール)
2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。
すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する。
人間には、ゆっくりとした変化であれば、万一それが致命的なものであっても、受け入れてしまう傾向があることを指す法則だそうです。

げんぱつ賛成論者、必要悪論者のおつしろう先生でも、現在の政府のやっている対症療法はめちゃくちゃだと評されるのですね。じわじわとした緩慢な死、みんないっしょだからだいじょうぶ、こわくないよ。だなんて、絶対にいやだ。
だけど。それほどどうにもならないところまで、原発を暴走させてしまったんでしょう。ほかのだれでもない、かんさんがです。切腹ものだとおもう。

ファクタあべしげさんと手嶋竜一さんの原発対談がただでよめます。みなさん、よみましょう。ここです。

http://facta.co.jp/blog/archives/20110404001000.html

« | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(4) »

コメント

西日本 放射能
3件目に出ます。

茹でガエルの法則>>このコメを見た瞬間ビビリました!
このコメ前夜、孫達が泊まっていて、、風呂場で悲鳴泣き! おどろき行ってみると娘が温度を間違って高温を入れたらしく、風呂にドボンと入った3歳の孫。あまりの熱さに(60度)すっとび出てきたところ・・★ はい。すぐ長く冷やしましたので事なきを得ましたが・・はい、前者の蛙の話がかなりリアルに思えたわけです。

まあ!!
ありがちなことです。無事でよかったですね。
こういう実話をれぎおん留書でよんだことあります。
ご老人が風呂に入っている最中に卒中をおこした、ガスを沸かしている途中だったんで、ゆでられてしまった。・・・検死をされた川野りょうそう氏のおはなしでした。超こわい。

「ドイツ 日本 放射能 風評」
294,000件中1位。
↓2位以下を開くと世界の反応が生でみえます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« | トップページ | 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(4) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31