無料ブログはココログ

« 花散れり | トップページ | 卒業式が済んだあと »

2011年3月 1日 (火)

マダガスカルとの国際協力(8) HIV検査カウンセリング要員育成はJICA担当

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 3 月 1 日 マダガスカルとの国際協力(8)

昨日は、国際機関関連の協議が続きました。

マダガスカル政府の援助調整機関、世界基金担当、世界銀行、ユニセフなど、この国のHIV対策のための援助をしている機関等です。

地域の最前線ではHIV検査と検査結果に応じたカウンセリングが行われていますが、これらは適切な研修なしには行えません。

国土が広いので研修を数多く行わなければなりませんが、これらの機関が分担して研修を実施しています。

わが国(JICA)は、これらの研修を行う者を育成する講師の研修を実施しました。

これまでに40名を育成していますが、彼らが他の援助機関が行う研修をサポートするという形の援助協調です。

夕刻は、首都圏隣接郡のHIV担当部局の統計担当を訪問しました。

HIV関係の統計の要となる人々ですが、各HIV検査実施機関からの報告の信頼性など課題が多く、HIV統計の改善のためにも研修が必要です。

保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載

▽エイズとHIVウイルス

http://aids-hiv.jp/tisiki/

県別罹患者数

(はっきり、hiv感染者数とエイズ罹患者数はわけてあります)
http://aids-hiv.jp/data.html

« 花散れり | トップページ | 卒業式が済んだあと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 花散れり | トップページ | 卒業式が済んだあと »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31