無料ブログはココログ

« 後期高齢者医療制度の財源(2) みやま市を例に | トップページ | 今、見るべき、広瀬隆。 »

2011年3月24日 (木)

放射能の風評被害と健康被害(1) 大雑把な規制をかけるな

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 3 月 24 日 放射能の風評被害と健康被害(1)

食品衛生法は「飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止」することを目的としています。

食品衛生法第6条第2号により「有毒な、若しくは有害な物質が含まれ、若しくは付着し、又はこれらの疑いがあるもの」の流通は禁止されます。

放射能については、原子力安全委員会により示された「飲食物摂取制限に関する指標」が暫定規制値とされ、これを上回る食品については食品衛生法第6条第2号が適用されることとなりました。

ところが、原子力災害対策本部長(総理大臣)から都道府県知事へ「当分の間、出荷を控えるよう関係事業者に要請すること」という指示が出され、県内で食品衛生法の暫定基準値を超える放射性物質が検出された場合、その農産物が生産された都道府県全域を対象として出荷が停止されました。

食品衛生法上の出荷制限は該当する農家に限定されます。

今回の措置は、原子力災害対策特別措置法に基づく指示だということです。

事故原発が立地する福島県も、隣接する茨城県も栃木県も群馬県も面積が広い県で、県内から出荷される農産物のほとんどは、食品衛生法上は出荷停止の必要がないものです。

根拠の乏しい出荷制限は風評被害を招きます。

「基準値を下回っていることが確認された地域で生産された農産物については出荷停止を解除、産地名を明示して出荷することを認める」ということですが、後の祭りでしょう

これらの県では、これから沿岸部の被災者を受け入れていただく大事な役割を担っていただかなければなりませんので、風評被害によって無用の経済低迷を招くようなことは避けなければなりません。

農産物の放射能汚染を警戒しているのは、それを長期間ずっと摂取し続けた場合に健康被害を起こす可能性がある、という点ですので、一刻一秒を争う事項ではありません。

汚染されているか否かを丁寧に検査し、該当するものについては着実に規制してゆく体制を整えることで、食品の安全は守られ、国民にも安心を与えることができます。

汚染されていることを前提とした措置を大雑把に実施するようでは、あえて風評被害を作っているようなものです

保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載

▼かささぎの独り言

真っ先にやり玉にあがった、ほうれんそう。
きれいにそろえて、一つ一つ束にして、箱詰めまでしたものを。
どんなに無念だったことだろう。

ほうれんそうを作って出荷していたことがあり、生産者の気持ちがわかります。

コメント

コメント

広瀬隆さんを見たのははじめてです。

はりつけたのは、ユーチューブでさがしてきたものですが、ここ↓(あとで直接はりつけます)をクリックしてひらいてごらんください。
この太平洋プレートが連動してたくさんの大きな地震を引き起こしているという説明、真に迫っていて、こわいです。それと原発の説明も、政府や電力会社は決していわないことをずばずばといっている。今、日本に必要なのは、まっとうなパニックである、ということば、たしかにそうだとおもう。

うん。けっこう初期から思ってたことと一致する。
今年は特に塩工場見てきたし。。。

チェルノブイリのときの本。新聞社からもらっていたのに、わたしは当時読む暇がありませんでした。
今、よまねばならんと思って、少しずつ読み始めた。
しらなかった。どうして事故がおきたのかを。
それは運転員のちょっとした人為ミスと偶然が重なったから。
建屋が爆発したとき、かけつけた消防士たち28人は放射能をあびると知っていながら防御服すら来ていなかった。必死で鎮火にあたる。おかげでよりひどい事態はさけられた。しかし、かれらは若くしてなくなった。(とかいてある。)国を守るため、いのちをささげた。
『地球被曝―チェルノブイリ事故と日本』朝日新聞社 原発問題取材班著
1987・4・30第一刷 索引つき
※資料として、また今起きていることの参考書として、たいへんに価値があります。

たとえば。

放射能汚染されたミルクは、地下にうめられた。
と・・・かかれている。

参考映画(長いよ)(これもあとで貼り付けます。)
   ↓

いまからみる。ありがとよ。

いま、なにがおきているのか、が、よくわかりません。
渦中にあることだけだ。わかるのは。(かささぎの旗)

ど~してこんな重要なことを黙ってる?
   ↓
中性子線検出、12~14日に13回
(読売新聞)
東京電力は23日、東電福島第一原発の原子炉建屋の約1・5キロ・メートル西にある正門付近で、これまでに2回だけ計測されたとしていた中性子線が、12~14日に計13回検出されていた、と発表した。
観測データの計算ミスで見落としていたという。

« 後期高齢者医療制度の財源(2) みやま市を例に | トップページ | 今、見るべき、広瀬隆。 »

コメント

「放射能 風評被害 健康被害」の検索で、学長ブログもここも揃って、百万件中ベストテン入りしていますね。
あと「農と島のありんくりん」ブログも。

(訂正)
10万件中でした。
それにしてもすごい。

検索上位の「農と島のありんくりん」ブログが素晴らしいのは、生産者の生の叫びが書かれているところです。ブログ主は茨城県在住の方です。
今日の記事から一部抜粋引用します。
「風評被害は度止まるところを知りません。東京市場では「茨城県産」とあるだけで忌避されるというニュースも出始めましました。今や茨城県の復興を妨げる最大の障害は、他ならぬ放射能風評被害です。昨日、村の仲間と連絡を取り合いました。まだ集まって会議をする余裕がないのが現状です。農業関係者はパニック状態です。ようやく地震の直接的被害から立ち直ろうとした矢先に力一杯ぶん殴られたといった心境です。ともかく畑のものがピタリと動かなくなりました。東京の流通は政府通達を楯にして茨城県産のホウレンソウ、パセリ、水菜、牛乳を出荷停止としました。そればかりか、関係のない野菜まで出荷を止めている流通も多く、被害は甚大です。本来はうれしい春の種撒きの時期なのに、先行きを考えると撒いていいものか迷っています。撒いても、売れなければなんにもなりません。ホウレンソウは各地で一斉にトラクターで潰しにかかりました。手塩にかけた野菜をトラクターでひき潰していくのです。ある農家は、ひき潰すトラクターの上から携帯を地元の議員(民主党)にかけて、「お前らの親分に言っとけ。これが野菜の悲鳴だ!」と啖呵を切ったそうです。近所の牛乳農家は、絞った牛乳を牧草地に捨てています。毎日絞らないと牛が苦しがるので、毎日絞りますが、引き取りのローリーは来ません。牧草地にいた放牧牛からの放射能検出だったので、放牧を止める農家が増えました。」
「風評被害とは、何も悪くない真面目な農家が被害を受けることです。風評被害とは、人災です。震災は天災でしたが風評被害は人為的災害です。おいしく本来なんの問題もない農畜産物が買ってもらえない、食べてもらえないという人災です。一方風評被害とは、被災した農家を支援しようとして通常通り商品調達した流通事業者にとっても持ちきれない在庫を抱えてしまうかもしれない話です。消費者も震災以降の不足しがちな食が更にタイトになることです。だれひとり得をする人はいません。繰り返しますが、風評被害は人災です。天災ではありません。ですから人為的に起きた以上、人の知恵で抑え込む事が可能なはずです。」
「ぜひマスコミは正しい報道をしてください。制限品目以外の農産物では暫定基準値以下の品目が沢山あって、まったく問題がないことを伝えて下さい。おもしろおかしく被災農家を取り上げないで下さい。私たち被災農家にはもう力が残っていないのですから。消費者の皆さん、これ以上いじめないで下さい。正しい被曝知識を知って下さい。大震災の時、皆さんは私たちに「決してあなたがたは孤独ではない」と言ってくれました。その言葉を信じています。」

日本の終わり、さん。この呼び名なんとかしてください。ほんとうになりそうでおそろしいではないですか。
あれこれ巡遊してて、はっとした、きのう、ドイツのサイトで、福島原発からの放射能、死の灰が偏西風にのってくるっと地球をとりまいてる映像データをみました。なにも隠せない時代、知らなくていいことまで知ってとてもこわくなる時代です。

>中性子線検出、12~14日に13回
(読売新聞)

日本の終わりさん、なぜこれがそんなに大事な情報なのですか。素人にはさっぱりわかりません。からっぽあたまにもわかるように、おしえてください。

中性子線は核分裂反応の生成物なので、どこかで核分裂反応が進行中というサインです。
多少の中性子線は停止原子炉から出てくるかもしれませんが、基本的には格納容器を囲むコンクリートの外には出てこないはず。じゃないと、怖くて発電所内で仕事ができません。
それが、原子炉から遠い発電所正門で検出されるというのは、異常事態です。

そうなのですか。
かん総理も予断を許さないといっておられました。

さむいさむい春ですねえ。

中性子をあびるということがどういうことか、チェルノブイリ事故の本にもありました。

『物理学者たちは知りたいことがあった。患者が被曝したとき、彼らは、核分裂生成物だけでなく、中性子線も浴びたのだろうか。もし中性子線をかなり長い時間浴びていたとしたら、核反応の暴走は、爆発によって炉の構造物の破壊が進んだ後でもなお部分的に続いていたことにもなる。なにしろこの炉は核分裂の連鎖反応を起こすウランの臨界量の数十倍もの格燃料を集めた大型炉だ。となれば、事態はいっそう深刻で、炉内の高温が続き、収拾がつかなくなるおそれがあった。
患者の尿にナトリウム24と同22が生じていれば、中性子を大量に浴びた証拠だ。検査の結果、いずれも発見されず、炉の暴走自体は爆発と同時に止まっていることが確認できたのは、事故発生から約三十五時間後のことだった。』

こないだ、福島原発作業員の行方不明二名、とありましたよね。
チェルノブイリでの事故の際にも、高汚染区域で作業員一人が行方不明と書かれています。やけどや吐き気などの放射線障害での(作業員の)死亡のほかに、行方不明というのが、どうしても解せません。どなたかわかる方、おしえてください。
おそろしくても知りたいのです。

首相「農家や酪農家への補償に万全期したい」
(読売新聞)

そりゃ当たり前。でも、補償ったって、その財源は我々の税金です。
補償対象者を無意味に増やした分くらいは民主党で負担してください。

それから、菅さんはこの2週間、原発のことでしか記者会見してません。原発に入り浸りで震災対策から逃げてる。
補償に万全を期す、以前に、被災者救援に万全を期し、被災地復興に万全を期すというメッセージと行動が先であるべきでは。
そもそも被災地にガソリンや水や食料が届かない問題は、原発へ自衛隊を向かわせたみたいに、自衛隊にピストン空輸を命じれば解決できたはず。
放射能が飛んでくるからと被災者を尻目に福島の被災地から自衛隊を引き上げさせた(噂)らしいが何をかいわんや。

事実でないなら行方不明者を冒涜することになるので引用は控えますが、このような情報もあります。
   ↓

現場を放ったらかしにして、逃げたという意味でしたか。
強い被曝で命が惜しくて?でしょうね。
普段から不満がたまっていたのでしょうか。
あのお方も酒をのんでごまかす日々だった、と手記には書かれていましたね。被曝するのが仕事、というの、自虐的になるんだろうか。

自衛隊は命がけでがんばっています。
逃げるような人たちではありません。
内閣の命令ではいたしかたありません。
    ↓

今 最も急ぐべき事は下記の対策と思われます せめて梅雨前に・・・
放射能飛散物質が田畑や土壌にしみこまないように
(現在行うべき緊急提案 日本は開発途上国に堕ちた! 土壌改善の方法提言20110417 )
http://www.youtube.com/watch?v=q4Yudxt6qAQ&feature=related

*原発について・・

京都大学の小出裕章氏は
原発の熱変換効率は少なく 大量のほとんどの熱は
海洋へ放熱され 海水の温度を上げ 魚への悪影響を語られてます

また CO2と温暖化の相関関係はNHKで捏造 洗脳教育されている事を
 中部大学 武田教授は"現代のコペルニクス"で語られてます

**国民が見逃している重要な事・・・・
原発は1955年頃に旧政権と
報道機関(正力氏の読売新聞や日本テレビ)による国民洗脳政策を
行うことで始まりましたが  核兵器の開発が目的の事業でした。
(1961年制定の原子力損害賠償法では事故の場合は現在1200億円までが上限額で
著しい天災時は電力会社は被害者へは 損害金は支払わなくて良いと
旧政権で立法化されてましたが 現政権では制限無しとされた事は救いでした)

"高速増殖炉もんじゅ"でプルトニュームを大量に産む計画ですが
他国は1975年頃に失敗して中止したことを
失敗しても数兆単位の多額の税金を費やしても行う事は
今でも核兵器の開発をあきらめていない証拠とも執れます

原口一博 民主党議員はこの"もんじゅ"の核燃料リサイクル事業
(プルトニューム大量生産)は破綻したと述べられてます。

《国防は当然大切ですので 核兵器作る予算が有るなら
個人的には射程範囲数十Km地対空レザー 
200Km以上射程範囲空対空航空機搭載レーザー防衛兵器で
カツドン,天ドンは当たるでしょうが 攻撃兵器は宜しく有りません
東北震災で20人ほどの中国人を救われ亡くなった男性も報われません

やっぱりでました 原発事故避難訓練 点検OK もう大丈夫? 
風評被害はやめて産地に協力し
皆で食べても今すぐ死なない放射能汚染食品・・・(国が買い上げるべきです) 
地方自治体へは4/4に放射能自主検査依頼を厚生省は行ってます 
地方自治体は政府からの要請が無いので検査は行ってません(京都 新潟以外は)
そのうちに風化を待つ原発推進の
電力会社と毒饅頭食った巨大利権組織
放射能障害は因果関係は認められないと"決まり文句"の最高裁》
・・・ 失礼しました 本題に戻ります

原発による電気の発電コストは安いイメージを植えつけられてますが
原発1機が毎月排出する 核燃料廃棄物は約1トンです

玄海原発だけでも使用中+使用済み 核燃料は1000トンを超えてます

この核燃料放射性廃棄物の処理方法は有りません
 処理すれば途方も無い費用が発生するからです
また保管方法を間違えると地震大国日本の国全体に及ぼす高濃度汚染の危険性が毎年増してます
・・この点が国民が知るべき 最も追求するべき問題です

・・・今後もしばらく国は取り巻きの方と共に
   したたかに  原発は推進の方向へ向かうでしょう
 まず 風評被害防止と
  現地の方々の生活を守るとの名目で生産物を全国民で食する活動
*(厚生省は4月4日に地方自治体へ形的に"放射能汚染食品の検査依頼"を行ってますが
  自主的の食品検査を行っている県は"京都府と新潟県"のみと
  5月16日電話で厚生省は言われてました 
   またあくまでも強制権は無い 自治体の考えで・・を強調されてました
・・・・要するに責任のたらい回しでした

尚、グリンピースが5月12日北陸の海草の放射能汚染を日本政府へ報告し
   16日の厚生省もそのことは受理し知ってました
http://www.greenpeace.org/japan/monitoring/


最後に・・・
 今最も取り返しが出来ない危険なことは 海洋と田畑の放射能汚染 
すなわち農作物 海産物が
無検査で市場に出回り消費者がなにも知らずに食したことによる内部被爆です
放射能核種は数百種類といわれてますが 
公表されてない核種による汚染も危険です

**国に頼らず誤報 偽報 無報に迷わされず
  各国民の方が助け合って 食品検査用の放射能測定器を入手しで実際に抜き打ち検査されますと
     事実が判明しますが・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/39346513

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能の風評被害と健康被害(1) 大雑把な規制をかけるな:

« 後期高齢者医療制度の財源(2) みやま市を例に | トップページ | 今、見るべき、広瀬隆。 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30