無料ブログはココログ

« 菜はさはに | トップページ | 災害想定と危機管理   想定を誤った時の対処の仕方に国の命運がかかる »

2011年3月31日 (木)

震災仕様の朝日新聞と、JAL123便墜落事故に絡む元官僚のことば

朝日新聞

コメント

今朝ろいり先生が夢にでてみえました。
だいじょうぶでいらっしゃいますか。
きになってきました。
ここをごらんください↓
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/211ee8c32328626d096fdb506599e848

東京都民の心配の祓い方がかかれていますので、よまれてください。
かささぎの旗の読者はなぜかtokyoが多いのですよね。
竹橋乙四郎エリアであるのかもしれませんが。

さて、今回の原発事故で連句的に出遭ったこのブログ(「日本の黒い霧」)、どうよめばいいか。
むずかしいです。

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/8cb3159e0dd4bdc03cf4253bcf06f118

さくらさんへご紹介してしまい、あとで、果たしてよかったのか。と危ぶまれるほど、物騒なかんじがし、胸騒ぎ。

さくらさんの記事、「赤ちゃんへ」http://blog.goo.ne.jp/ssj19430903/e/8d3e67be2e2cfbf07ba8e819cb48fb15#comment-list

日航機墜落の際に放射性物質が拡散した、というのは「都市伝説」のひとつじゃないでしょうか。
あの日航機に放射性物質が積まれていたのは事実です。
医療用ラジオアイソトープが70個あまり。
医療用のもので飛行機貨物として日常的に輸送しているものは、放出放射線量はごく微量です。
この放射性物質が拡散して被爆者を生んだという事実はありません。
当時、医療用ラジオアイソトープの回収を指揮した担当官として、断言できます。
あと、ジャンボジェットのバランスを取る部品として、劣化ウランの重りが使用されていたことは、ずっと後日になって知りました。
劣化ウランというのは、核分裂反応を起こしやすいウラン235の含有率が天然ウランより少ない(0.2%程度)のウランのことです。天然ウランから濃縮ウランを取り出した後の産業廃棄物みたいなものですが、高密度・高強度の金属で放射能も弱いので、航空機や列車の重心微調整用の重りとして活用されています。
高強度なので墜落事故でばらばらに飛び散ったり蒸発したりすることはありません。
劣化ウランは、高密度・高強度という特性から、弾丸(劣化ウラン弾)や戦車の装甲材など、軍事利用も盛んです。
放射能は小さいのですが、軍事的な使用量が局地的には半端ではないため、劣化ウランの害が議論されています。
放射能はともかくとして、ウランにはヒ素と同程度の腎臓毒性がありますので、環境への拡散が良いはずはありません。

文春の見出し
『菅が机を叩いて絶叫
トップ官僚 総理の顔は1秒も見たくない』

官僚と総理の距離がこうだと、1秒も早く退陣していただかなければ国家の危機です。

こんなに大切な国家機密にも属しかねないことをここに書いて下さったことを感謝申しあげます。
きちんと政府は回答すべきと思ってました。竹橋乙四郎とは天命であるのかもしれません。感動してしまったので一筆。

« 菜はさはに | トップページ | 災害想定と危機管理   想定を誤った時の対処の仕方に国の命運がかかる »

コメント

今朝ろいり先生が夢にでてみえました。
だいじょうぶでいらっしゃいますか。
きになってきました。
ここをごらんください↓
東京都民の心配の祓い方がかかれていますので、よまれてください。
かささぎの旗の読者はtokyoが多いのでした。

このブログ、どうよめばいいか。むずかしいです。

日航機墜落の際に放射性物質が拡散した、というのは「都市伝説」のひとつじゃないでしょうか。
あの日航機に放射性物質が積まれていたのは事実です。
医療用ラジオアイソトープが70個あまり。
医療用のもので飛行機貨物として日常的に輸送しているものは、放出放射線量はごく微量です。
この放射性物質が拡散して被爆者を生んだという事実はありません。
当時、医療用ラジオアイソトープの回収を指揮した担当官として、断言できます。
あと、ジャンボジェットのバランスを取る部品として、劣化ウランの重りが使用されていたことは、ずっと後日になって知りました。
劣化ウランというのは、核分裂反応を起こしやすいウラン235の含有率が天然ウランより少ない(0.2%程度)のウランのことです。天然ウランから濃縮ウランを取り出した後の産業廃棄物みたいなものですが、高密度・高強度の金属で放射能も弱いので、航空機や列車の重心微調整用の重りとして活用されています。
高強度なので墜落事故でばらばらに飛び散ったり蒸発したりすることはありません。
劣化ウランは、高密度・高強度という特性から、弾丸(劣化ウラン弾)や戦車の装甲材など、軍事利用も盛んです。
放射能は小さいのですが、軍事的な使用量が局地的には半端ではないため、劣化ウランの害が議論されています。
放射能はともかくとして、ウランにはヒ素と同程度の腎臓毒性がありますので、環境への拡散が良いはずはありません。

文春の見出し
『菅が机を叩いて絶叫
トップ官僚 総理の顔は1秒も見たくない』

官僚と総理の距離がこうだと、1秒も早く退陣していただかなければ国家の危機です。

こんなに大切な国家機密にも属しかねないことをここに書いて下さったことを感謝申しあげます。
きちんと政府は回答すべきと思ってました。竹橋乙四郎とは天命であるのかもしれません。感動してしまったので一筆。

それはどうもご心配いただき恐縮です、それなのに私は東京抜け出して2泊3日の大阪ミナミ~奈良南部の旅へと出ておりました。それで溜まった年度末の仕事を一気に片づけたりして、このブログにコメント寄せる時間もなかったわけです。
桜の時期には早すぎた吉野から電車で帰る時、日本語の上手なフランス人に、電車の乗換を尋ねられ、帰り道が同じなので「Follow us」と言いつつ少しお話。この青年はWorking Holidayで東京下谷に住んでるけど、地震・原発が怖いので数日間休み取って、こちらに来てるとのこと。外国人の過剰反応が報道されているけど、日本人だって、治安の悪いと言われてる国に行ったら、同じようなもんでしょうね。
旅の途中で、こんな戯れ歌浮かびました。
「世の中に 絶えて杉のこなかりせば 春の心はのどけからまし」(花粉上人)
「世の中に 絶えて女房なかりせば 旅の心はのどけからまし」(浪速旅人)
ちなみに私は花粉症になるようなヤワな人間じゃござんせん。問題は相方です。
国家危機に関わるコメントが多い中、場違いではございますが、これからここ数日間の記事をザッと読んで、下らぬコメントの連射をするかもしれません。平にご容赦を。

なーんだ。いきてたの。
女房ってなきっと飛行機の尾翼の重しみたいなもんだろうね。ほうしゃせいぶっしつ。おしりがひかるよ。

That's great that we can take the home loans moreover, it opens new opportunities.

昨日今日とこちらへみえる人多し

検索は

検索サイト Google  検索ワード 御巣鷹山 放射性物質 123便

検索サイト Google  検索ワード 御巣鷹山 放射性物質 123便


よくみえてるなあ

命日でしたか
数日前からアクセス増えております
消えたり現れたりのサイトとともに


文体はさめきっているが、すごい内容。
打った人全員がこうなるのか気になる。

早期接種者は重症化するリスクが高まる

「CDC長官

イスラエルを含む、海外の研究者からの
報告によると、早期にワクチン接種した
人は、重症化するリスクが高まっている
ことが示唆されています」

そうでしたか、野々村真さんも接種のあとで重症化されてたのですね。
中日の木下投手とおなじようにしてかくされた。

ワクチンでの最大の心配事は、なにを血迷ったか最近は国をあげて若い子や妊婦にまで、
打て打てと言い始めたことです。
おそろしや。ねだやしにされる。

https://ameblo.jp/35itataw/entry-12694257456.html

ところで、話題をコロナからもどすと、ことしはじめてしりました。
日航123便事故で国産osトロン開発にかかわられた技術者が全員なくなられていたことをです。
こやっきースタジオのユーチューブみてて、はじめてしった。
そういえば、あのころ、日本のシステムのほうがずっと優れているのにというニュースをきいたことがあったが、立ち消えになってしまって。
こやっきーすたじおのゆーちゅーぶ、もう一度はりつけます。13分ですみます。ぜひごらんください。
こやっきーさんが母親の腕のなかでみたといわれる話は現実味がある。二歳になる前の記憶だが、あまりに強い忌日だから、毎年毎年母親がかたってきかせただろう。
かささぎもこの事故の当日の行方不明になったニュース、夫の実家がある戸畑へいく途上の車のなかで聞いたから忘れません。おなかには長男がいました。十か月でありました。


911

きょうはこれをみました↓。
長かった。
小型核兵器についての専門的な知識が書かれているコメント欄に劣化ウランに関する知識が披歴されているのに注目した。

あっと、この動画はふうこさんのブログの「911の真実を911直後に見抜いていたトランプ」で知ったもの。

ニューヨークの911

富士山にかかる笠雲の写真が強烈である

123 って、ひふみだったのか!

この動画、ただ向こう岸からとどく声に対して、女性ふたりがはあ~はあ~と感嘆しひれふすのみの動画なんですが、
こちらもみながら、はあ~はあ~!
ぜんぶのなぞがつながった。

このあいだ連載が終わった島田雅彦のパンとサーカス、ほぼ毎日よんでいました。新聞連載小説をよむということはこれまでなかったが、その題名をみたときに、むかしむかしの娘時代に時事英語の佐藤先生からならった、1984ジョージオーウエルの未来小説のことが思い出された。
島国にいると島国にいるとはきづかないし、占領国だったことも今もそれが続いていることもまったく意識しません。これしかしらないから。
しかし、いま、あきらかにおもうことがある。
まわりで人がつぎつぎに倒れていくのに、コロナワクチンの副反応(本反応)をうたがってみることもないこの世の中はとてもとても異常だ。
しんぶん、テレビ、いちばんたいせつなことをまったく報道しない。
国民へのワクチンを拒否して殺された大統領が複数いるらしいし、ちかいかこにものすごいさいがいをこうむったけいけんもあるわがくにではこれしかなかったのか。忠犬ポチをつとめなければ、ころされる。
みえない敵、それをなんとよぶべきか、でぃーぷすてーと?
マグマ大使、今すぐ来て、われらを救いたまえ。
ぶーすたーとかいうなまえのついかせっしゅとかしたひには、ますます脂肪者がふえ、せいぶつへいきのいりょくがますざます。


このまとめ記事↓にたちどまる。

デマだ!!
といって消しにかかるひとがいるのかもしれないが

これぽっちも疑わず国の体制にしたがってワクチンを打たされ、たいせつなこどもを急にあの世に召された
親御さんたちは、どんなにショックでどんなに悲しいことだろうか。

国はワクチンをうつのをやめろ。
いつからこうなった?

上記で見出した人のツイッター↓

ツイッターつながった。ふしぎだわ。
だってツイッターログインしたことない。
はりつけてあるものしかみたことない。

チップ埋め込み計画、これは世界的に有名です。↓

こやすたのとーやくんがたびたび口にする、内閣府のムーンショット計画。
なるほど。↓

このひともおもしろし。


コメントにつけられた動画もみて

https://www.youtube.com/watch?v=isukn3W_z34

こやすたの本気度。
なるほど!
これみてね。

けされるおそれあり。

下のほうにこめんとがあって、
それの中からこれを拾い記録しておく。

「2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件発生後、10月10日放映の「特集・あすを読む“新しい戦争”と世界」で、世界貿易センターで犠牲となった被害者の国籍別人数を調べたところ、本来勤務していたはずの米国とイスラエルの二重国籍を持つ4000人のユダヤ人が1人も死んでいなかったと上記10月10日23時の番組で主張した(その5日後NHK構内で不審な転落死)→長谷川 浩(はせがわ ひろし、1945年または1946年 - 2001年10月15日)は、日本のジャーナリスト。日本放送協会(NHK)政治部記者、国際部記者、解説委員主幹などを歴任した。」


テレビの都市伝説はもうダメだってあちらさんも見限って、ネットに乗り換えたんだろね。
こやすたさん、いきおいがあるし、俳諧でいうところの花があります。
それにしても横浜にふりーめいそん創設者のはかがあるのか?
しらないことがいっぱいだ。

そういえばさ、
かささぎの娘、あかんぼうがうまれるまえに、
わたしのパソコンにもネットフリックスをいれてくれたんで、まず冬休みに『新聞記者』って映画をみたのだが、
それを思い出すようなはせがわひろし記者の紹介記事だった。
一番ぎょっとするのはね、
生年の書き方なのだわ。
〇年またはその翌年、って、こんな漠然とした年譜をはじめてみました。

どうしてなんだろう、って、いろいろ気になります。

実際のお医者さまがワクチンをよく知らないにもかかわらず、そのときの社会のいきおいのまま推進して、あとから後悔にかられ、正直な吐露をされている一連のツイートをまとめた記事を今よみました。
うちの娘、授乳中ですが、ワクチンをうっている。
二回もていねいにりちぎに。
あれほどかささぎかあちゃんはとめたんだが。
生後一か月にもみたないうちから毒入りおっぱいでそだったあかんぼう。どうなるどうする。
マトリョーシカ人形みたいに女児は生まれる前から母親の胎内ですでに卵巣にみらいのたまごが育っているというのに、。
卵巣にたまる毒はどうなるんだろう。
わたしのはなしより、担当の医師のはなしを従順にきいている娘。もうなにもいえなくなってしまった。はかたに行く勇気もなくなってしまった。おそろしくてこわくて。

医師、政治家たちは狂ってしまったのだろうか。
みらいをみてきたわけでもないのに、なぜ、だいじょうぶだなんてことばを平気でいうのか。
いまはよくても、あすをほしょうできるのか。
誰が保証できるのだ。
こたえてほしい。

リアルなわかものの血栓の写真。

きのうたまたまひととはなしていて、ひとりぐらしの初老のひとが最近でてみえないのでたずねると、なくなっていた、という話をききました。
雲真っ赤、というはなしです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 菜はさはに | トップページ | 災害想定と危機管理   想定を誤った時の対処の仕方に国の命運がかかる »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31