無料ブログはココログ

« 春の連句興業のご案内 | トップページ | »

2011年3月22日 (火)

福島原発の人的被害   実際の数字はいかほどか

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 3 月 22 日 福島原発の人的被害

チェルノブイリ原発事故の死者数については諸説ありますが、はっきりと確認されているのは33名の運転員と消防士だけです。
しかし、このほか、この事故による被曝で4千人ががんで死亡するという推計(IAEAの公式見解)がなされています。
チェルノブイリでは多量の「放射能」が広域に放出されたためです。
30キロ圏に居住していて移住を強いられた16万人の視点では、がんで死亡した人はすべて被曝が原因だと考えます。
そういう感情に起因し、チェルノブイリ事故被曝による死亡数を数万人と見積もる説も生まれています。
現代社会では数人に1人はがんで死亡する運命ですので、被曝しなかったとしても16万人のうち数万人はがんで死亡するのです。
その原因をすべて被曝に求めたくなるのは、自然な住民感情かもしれません。
福島原発の場合は、現在発表されている程度の「放射能」の放出で、今後も放出が抑えられれば、被曝によるがん死亡は確率的影響を考えてもゼロに近いと考えられます。
しかし、原発周辺住民の視点では、今後、がんを発病した人はすべて被曝も原因のひとつだと考えます。
日本では、がんで死亡するのは3人に1人以上です。
無用な混乱を避けるためにも、放射線の健康影響についての知識の普及が望まれます。
なお、福島原発について、現時点において公表されている人的被害は次の通りです。

http://www.kantei.go.jp/saigai/
<第一原発>
11日

行方不明    2名
両足骨折    1名
負傷の程度不明 1名
軽症      2名
急病      2名
不調      2名
12日(1号機爆発)
負傷      4名
14日(4号機爆発)
負傷     11名
<第二原発>
11日
死亡      2名
重症      1名
軽症      2名

▼かささぎの独り言

こないだ、チェルノブイリ事故のことに言及したとき、ソ連が避難させたのは13万5千人と書きました。でもちがってましたか。
引用は朝日新聞の取材班の出した本からでした。まだ当時は正確な数字が出ていなかったのでしょうね。
災害が大きければ大きいほど、「目通り」の数字も膨らみますね。

コメントまとめ

金曜から久留米に疎開しています、というのは嘘で、明日また東京に戻りますが。
放水自衛隊と旧日本陸軍の肉弾三勇士の違い…ここにコメント書いてる方の多くが、反論を持つかもしれないけど、肉弾三勇士は、彼らは爆弾置いたらすぐ引き返すつもりだったのに、それが失敗した(もちろん彼らのせいではなく作戦ミスです)。それを当時の軍部が英雄に祭り上げたというのが真相だと思います。あれ、防水自衛隊にもその作戦ミスの危険性があったという意味ですか?それならそのとおりになった恐れはある。
それよりもっと私が怒りたいのは、原発事故の対策で危険な目にあわされている多くの人が、実は東電の正社員ではなく、下請け業者の従業員であることです。昔「原発ジプシー」という本を読んだことがあるけど、下請け企業や臨時雇用者が、いかに低賃金で、安全基準以上の放射線を浴びせられているかということが書いてあったと思う。広瀬隆の本にもそれと同じようなことが書いてあったかな?その電力会社や、それとつるんだ政府の体質が、このような状況下でもまだ続いている~自民党・民主党に関係なく、しょせんは同じ穴の狢であるということです。
それにしても、農作物などの問題も、風評被害なのか本当に放射線で危ないのか?テレビでちょこちょこ見る限りでは何が真実かわからない。食料品については、疑わしきは無害ではなく、疑わしかったら体内に入れないのが当たり前ではないか。菅さん、以前カイワレ大根大食いパフォーマンスがあったけど、少しでも危険性があったらそう言うしかない。今度の原発事故だって、想定外ではすまされん。だいたい私は最近よく聞かされる「あってはならないこと」、「想定外」という言葉が好かん。それぞれ、「あり得ること」であり、勝手に誤って想定していた、それが外れた=想定者のミスということではないか。
今日も東京では相変わらず米・水・レトルト食品・ティッシュ&トイレットペーパーの買いだめが続いているらしい。これだけの自然災害を受けても、整然と規律ある行動をしている、と賞賛してくれている外国人に対して、恥ずかしい思いを持つ東京都民の1人です。

あれ?呂伊利さん、このコメントいつ送信されたのですか。みれば記録は三時半ころ。きづいたのは夜九時過ぎでしたよ。そういうことが何度かあります。早い時間に送信したものがずいぶん遅れてつくんです。
こないだも、次男が送信した「今鳥栖、もうすぐつくから迎えにきて」というメールを受信したのは、彼がついてからしばらくたってからのことでした。でも記録は送信した時間です。
呂伊利さんのコメントでは何度か同じような時間差着信がありました。場所は関係ないのかな。理由はよくわかりません。

わたしの送信したメールが空中で消滅したことが何度かあります。これもふしぎですが事実ありうることで。

あすは帰京されるのであれば、今日のうちに図書館へ本を戻しにいくついでに本をもっていけばよかった。ザ・ヴァイオリン。香川宜子著。http://www.tsutaya.co.jp/works/40759103.html
はよいうてくだされ。せっしゃはきづかなかった。

この文章、ひさびさに結構いいとあとで自分で読み返しておもった。
投稿族だったころの香りがします。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-b53d.html
なんかわからんが、無性に腹が立ったし、きちきちばったさんがコメントされたごとく、英雄伝説に祭り上げられた隊員たちに非常に感動もした。なぜわたしはこんなにはらがたつんだろう?と考えてみて、おつしろうが書いたように、かんさんへの怒りだ、というのは、わたしは直接乙四郎みたいにはかんさんをしらんですけん、それはちょっとニュアンスが違うとおもった。だけど、よく整理してみますと。

原発は安全です、というばかりで、じっさいのところは、このような事故を想定さえしていなかったことがわかって、あったまにきたんだ。
だってそうでしょう。
無人ロボット、チェルノブイリのとき西ドイツから輸入し除染作業や調査をしてくれた、それすらない。国内に50基以上も原発のある国で、それはあまりにも無責任ではないでしょうか。
これほど進んだハイテクをもった国なのに、放射能のなかをかいがいしく動き回る、お手伝いロボットさえ常備していなかったとは。
「カメラ映像は三十キロ以上離れて撮影しております。」ってテロップがでますし、原発上空は非常に高い数値でジェットが飛べない、なんてよくもぬけぬけとまぬけなことをいうもんだ。いままでいったい何してたの。って思って。
結果、上司に逆らえない隊員さんたちは最も原始的な水での鎮静化にむかう。これ、あきれてものがいえません。気の毒でなんとも申し訳がなくて。
ありがたいし、りっぱ、ですが、そうであればあるほど、いままでとうでんは、くには、なにをやってきたのですか。といいたくなります。

肉弾三勇士は、敵陣へ確実に爆弾を打ち込んで戻ってくるはずだった。だけど先頭の人に着弾、したのでしたよね?けれどもそのまま勇敢に爆弾ごと突進した。そうなるには偶然もあったけど、もっと残された時間があると兵士たちは思っていたのではなかったか、でも、上司にはわかっていた。っていうのではなかったでしょうか。ろいりさん、あの聖地へいかれたことありますか。御井町の山川招魂社。いちどいってみたいものです。わたしは数年前、あのふもと近くでどういう縁によるものか、警備をしていたことがあり、そこに碑があるっていうような話を近所のなかよくなったおばあさんから聞きました。まだよく調べていません。

それから、「原発でのバイト、たくさん募集している、そのどれもがとても安い賃金だよ、ひどいもんだねえ、被曝覚悟で、それでもいくんじゃろうかね。」とつい最近長男がぼそぼそっといっていた。
何をみて云ったことばだったんだか。

久留米山川招魂社↓

http://yfm24651.iza.ne.jp/blog/entry/1437500/

(以前此処のサイトにつながったことがありました。グーグルアースの写真をみて、これは降参とおもった。ピンポイントです。)

ハローワーク相双 整理番号 07120-00584811
募集職種 作業員(福島第1・第2原発)
仕事内容 原子力発電所内の定期検査・機械・電気・鍛冶溶接及び足場作業
雇用形態 正社員以外
勤務時間 08:00~17:00
給与 日給9,000円~11,000円
a 基本給(月額平均)又は時間額189,000円~231,000円
b 定額的に支払われる手当
a + b 189,000円~231,000円
c その他の手当等付記事項
皆勤手当 8,000円
休日・休暇 休日: 土 日 祝  週休:毎週 年間休日:113日
募集年齢 不問
応募資格 不問
スキル・経験 不問
特徴 学歴不問 年齢不問 通勤手当あり 各種保険あり マイカー通勤可能
雇用期間 雇用期間の定め あり(4ヶ月以上)又は12ヶ月
契約更新の可能性の有無 あり
求人条件にかかる特記事項 増員募集・正社員登用への可能性あり

a 基本給(月額平均)又は時間額189,000円~231,000円
b 定額的に支払われる手当
a + b 189,000円~231,000円

元官僚さんご紹介のハローワーク求人の情報。
みなさん、ここで注意をせねばなりませぬ。
abをたしてもaにかかれている額と同じです。
これは目の錯覚ではありません。そういうふうにわざと書いてあるのです。太陽光発電の宣伝にある図解、売電の日中の余分な電気の図とどこか似て、みょうな誤解を与えます。じっさいに支払われるのは、おそらく、いや、かささぎは警備員の会社で働いた経験から確信をもっていいますが、低いほうの賃金しか支払われない。危険手当込の賃金がこれでしょう。
それでも、このきんがくだけをみれば、地方のなにも職がない者の目には高く映ります。安くはありませんよ。かささぎの前の職場の警備員の繁忙期の収入(夜昼ぶっつづけで働いてという日も含む)とほぼおなじだけど、いのちをなげうつのですから。その危険性を注記していなければいけない。
だけど、みな知っていて働いているのですよね。なにをいまさら、ってものだろうか。

« 春の連句興業のご案内 | トップページ | »

コメント

“「こころ」はだれにも見えないけれど、「したごころ」は見える。”
昨日、FMラジオから流れてきたフレーズ。
嘉門達夫さんでした。
“「小田原」っていうと、「通過」っていう。「豊橋」っていうと、「通過」っていう。「新大阪」っていうと、「停車」っていう。 こだまでしょうか。いいえ、のぞみです。”
と、公共広告機構のCMのパロディの連発。
この方、不真面目に見えて、阪神淡路大震災の時は誰よりも速く被災者支援に立ち上がった方です。
こんな歌も。
   ↓

やはり震度6には耐えられない設計だったようです。
それにしても「行方不明」の2人はどうなったのでしょう。

ずれた配管、やばい水!…原発作業員の恐怖証言(読売)
   ↓

嘉門達夫さんの歌、元気出ますね。何回もききたい歌ばかり。CD買ってみようかな。

私が送信したのは、その時間のとおりです。考えたらこのパソコンたらインターネットたらも、その原理や構造がほとんどわからんまま使ってるから、なんか思わぬ「事故」があってもおかしくないのに、それをあまり気にせんで使いよる。
嘉門達夫、一時期よく聴いていたけど、この歌は初めて聴きました。関西人の怒り爆発!実は現在、東京および近県での「計画停電」も23区は例外扱いで、特に都心部は停電にならないとか。現在の勤め先は東京都下にありながら、練馬区と埼玉県の境目あたりだが、埼玉県側は停電になりやすいというので、そっち方面から通勤して来る同僚が怒ってた。
最近読んだ本に書いてあったこと、以前は海外で事故とかがあると「幸いにも日本人の死傷者はいませんでした」とアナウンサーが言っていて、それに違和感を抱いたいうことだったけど、確かに被害者やその関係者が聞いたら無神経な発言で、嘉門達夫や同僚の埼玉県人の怒りの矛先とも相通じる部分があると思う。

みなさんおこんばんは。よれよれかささぎです。
やれやれ。ねむたいよ。しにそうかも。七時半過ぎに帰宅後、ごはんをたべてりんごヨーグルトを二人分たべていたとき、遅番のセットの、納豆禁さんたちのセットを間違えてしまったことにふいに気づきました。わたしはこの納豆がだめな人たちへはパン食を用意するんだろうと思って、パン皿とジャムをセットしてきたのです。ところが、どうもそうじゃない。ごはんでいいのだ、ではなにが違っていたのか、それはおかずです。かれらは葱納豆ではなく、べつのジャガイモきんぴらのベーコンソテーを添えるのでした。はあ~・・・で、かささぎはまたまた愛車にのって山奥の中央大茶園までいきましたとも。八時、まっくら、まるで泥棒さんみたいなんだけど、間違えてしまったんだからしようがない、明日の朝早く独りで朝食を作る人に悪いので、。この責任感、われながらすごい。えらい。

すみません。いきなり、所帯じみたみみっちい話でごめんなせい。仕事、三か月たつのに、まだまだこんな調子です。がんばっています。

ということで、はい、おまたせしました。
アクセス解析をみていた。それはそれは。すごいことになってきた。これをごらんください。乙四郎もまっさおです。↓

チェルノブイリのときの本。新聞社からもらっていたのに、わたしは当時読む暇がありませんでした。
今、よまねばならんと思って、少しずつ読み始めた。
しらなかった。どうして事故がおきたのかを。
それは運転員のちょっとした人為ミスと偶然が重なったから。
建屋が爆発したとき、かけつけた消防士たち28人は放射能をあびると知っていながら防御服すら来ていなかった。必死で鎮火にあたる。おかげでよりひどい事態はさけられた。しかし、かれらは若くしてなくなった。(とかいてある。)国を守るため、いのちをささげた。
『地球被曝―チェルノブイリ事故と日本』朝日新聞社 原発問題取材班著
1987・4・30第一刷 索引つき
※資料として、また今起きていることの参考書として、たいへんに価値があります。

たとえば。


放射能汚染されたミルクは、地下にうめられた。
と・・・かかれている。

参考映画(長いよ)
   ↓

いまからみる。ありがとよ。

はりつけることがどうしてもできません。
デバイスマネジャーをみたりウインドウズアップデイトをやったりもした、でもできません。なにか問題があるのでしょうか。

「福島原発 実際」 2,080,000 件中8位。

このような書き方は、かささぎはとっても恐ろしい。数字だけがある。こまごまとした説明がなにもない。
どういう数字ですか。ときいてみたいが、、、、

放射能 人的被害

692,000件中5位。

福島 原発 実際
2,650,000件中1位

上記の二位の記事↓

福島原発 実際
2,880,000件中2位

7月5日、国会の事故調査委員会(黒川清委員長)が報告書を発表しましたが、その中に、原発事故の原因(電源喪失)は、津波来襲の前に起きていたらしいことが書かれています。
事故原因が津波でないということになると、これまでの政府説明は嘘で塗り固められていたことになります。
あらためて、この記事に注目。
~~~~~~~~~~~~~~
ずれた配管、やばい水!…原発作業員の恐怖証言(2011年3月16日 読売新聞)
強い横揺れで天井のパイプがずれ、大量の水が漏れてきた――。
 東日本巨大地震が発生した11日、東京電力福島第一原子力発電所で、稼働中だった1号機棟内にいた男性作業員の証言から、建物内が激しく損壊した様子が初めて明らかになった。
 この作業員は、同原発の整備などを請け負う会社に勤務。昨夏からたびたび同原発で作業しており、地震があった11日は、稼働していた1号機の建物内のうち、放射能汚染の恐れがなく防護服を着用する必要がないエリアで、同僚数人と電機関係の作業をしていた。
 「立っていられないほどの強い揺れ。横向きに振り回されている感じだった」。地震発生の午後2時46分。上階で作業用クレーンや照明などの機器がガチャンガチャンと激しくぶつかり合う音も聞こえた。「これは普通じゃない揺れだと直感した」
 建物内の電気が消え、非常灯に切り替わった。「その場を動かないように」という指示が聞こえたが、天井に敷設されていた金属製の配管の継ぎ目が激しい揺れでずれ、水が勢いよく流れてきた。「これはやばい水かもしれない。逃げよう」。誰かが言うのと同時に、同僚と出口がある1階に向けて階段を駆け降りた。
~~~~~~~~~~~~~~
この記事によると、午後2時46分(大震災発生時刻)直後から漏水が発生しています。
政府発表の1号機の電源喪失は「午後3時35分から36分ごろ」
当時、津波の第一波は午後3時27分ごろ、第二波は午後3時35分ごろとする政府発表がありましたので、大きな第二波が来襲した直後に電源喪失したことになります。
ところが、黒川報告書により、政府発表の津波来襲時刻は沖合1.5キロに設置された波高計の記録だったことが曝かれました。沖合1.5キロから海岸に到達するのに1分以上かかるので、報告書では、第二波が原発を襲った時刻は「15時37分より相当程度遅い可能性がある」と指摘しています。
あれあれ、津波じゃなかった。

ん?
黒川清がなぜにまた?と思ってかちゃかちゃやっていたら、じぶんは黒田清と間違えていたことにきづきました。いつのまにか黒田さん、なくなっていたんですね。ざんねんです。投稿族だったころ、こころが通い合った記憶あり。二千年にはなくなっていた。いまごろきづいた。おくやみもうしあげます。

ああ、まったくかんけいないことを。すみませぬ。

原発事故 実際 被害

513万件中4位。
上位ブログ、ほとんどが去年の事故後ほどなくして書かれたもののようです。
今朝、ニュースで言ってましたが、福島の子供たちの三人にひとりが甲状腺にハレがみつかった。
ひさびさのここ↓、みてください。

ここでした。↓

それとお暇な方は、マリクレールの翻訳サイトもみてね。

あら。まちがえました。
こっちをはりつけたつもりだったのですが。
↓なつかしいでしょ。

検索サイト Yahoo  検索ワード 福島原発 作業員 実際の被害

なんと1位

福島原発実際の人的被害

検索でいまもなお、高位(二位)です。
一位は、この記事☟

ふくしま原発事故以前のぷるとにうむ汚染値

上のサイトの数字は興味深い。
長野県がとても高くて、だけどあそこはたしか、全国一の健康指数(だったっけ)を誇るところでは。

ほかにこんなサイトをみつけました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/39320827

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の人的被害   実際の数字はいかほどか:

« 春の連句興業のご案内 | トップページ | »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31