無料ブログはココログ

« 放射線・放射能と健康被害(2) 利点と悪影響を天秤にかけること | トップページ | かささぎの怒りー放水自衛隊、肉弾三勇士とどこが違うっていうのか! »

2011年3月18日 (金)

原発事故と危機管理 ー最悪に備えるとは具体的には何を指すか

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 3 月 18 日 原発事故と危機管理

危機管理は、常に、起こり得る最悪の事態を想定した態勢で臨まなければなりません。

目下、燃料棒を冷やすための放水が進行中です。

また、冷却装置の電源確保も着々と進められています。

これらが成功することを祈っていますが、危機管理という観点では、同時並行で成功しなかった場合の方策をスタンバイしておく必要があります。

成功を前提とすれば「取り越し苦労」となってしまいますが、失敗が明らかになった時点で次の策を検討するようでは手遅れです。

特に、原発事故の場合、失敗確認の時点では放射線量が多くなりすぎて次善策を実施しようにも近づけないということになりかねません。

成功か失敗かの早めの見極めも重要なポイントとなります。

「失敗」の目安は、放水に伴って生まれる大量の水蒸気に放射性物質が大量に含まれるような事態となった場合です。

これは格納容器の損傷など、重大な事態への進展を意味します。

こうなると、高熱で気化するような物質で冷やすことは諦めなければなりません

水に代えて、錫などの溶けやすく気化しにくい金属を大量に投入することが次善策となります。

この方法は、チェルノブイリ事故でのノウハウが豊富なウクライナから日本政府に提案されています。

最後の手段としては、チェルノブィリと同じく、大量のコンクリートを流し込んで、原子炉ごと封じ込めてしまうことです。

放射線を遮蔽できる程度に分厚いコンクリートで原子炉を覆ってしまえば、広域の汚染は免れることができます。

いずれにせよ、大量の錫やコンクリートの調達は一朝一夕ではできません。

「取り越し苦労」は願ってもないことで、それを承知で万全の準備が必要です。

保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載

コメント

被爆線量についてこれほど真剣に読んだことはありません。

外国人のほうが厳しく避難勧告が出ていることなど考えるととても不安です。
個人的に測定してネットで流してる人、地元から深刻な事態を報じている人などいて、ネット読んでると非常に深刻ですが、どうなんでしょうか?
また作業員のだんなさんから奥さんに遺言のメールが来たりしているそうです。
息子なんか毎日データ見て行動しなきゃならんな・・なんて言っています。
ちなみに息子の会社ずーっと自宅待機。

コメント

震災から1週間も経つのに、燃料など必要物資の流通は滞り、全国から寄せられた支援の品々も必要とする人々へ届いていません。
背景事情は理解できますが、行政が縦割りであることに起因する省庁間の調整不足も対応の遅れの原因のひとつでしょう。
阪神淡路の時は、霞ヶ関の官僚たちは、震災直後から財務省はじめ省庁間を不眠不休で走り回っていました。縦割り行政の弊害はずっと以前からいわれてきたことですが、それでも省庁間のパイプは保たれていましたので、各省庁が同じ方向を向いている時には官僚たちの調整力は最大のパワーを発揮します。
政権交代を機に、省庁間の調整は、副大臣や政務官など、霞ヶ関に大勢送り込まれた「政権政党」の役割となりました。官僚主導による省庁間調整のシンボルともいえる事務次官会議も廃止されました。
官僚たちは、危機管理ステージになっても、自律的に動くことができません。
政権党の先生方には、今こそ「政治主導」力を発揮していただきたく思います。
もし、その能力がないというのであれば、是非、官僚たちに判断と行動の自由を戻していただきたく存じます。

うん。しきらんならしきらんちはよゆうたほうがよか。

しきるふりするとがいちばんいかん。たくさんの「命」がかかっとるとやけん。

« 放射線・放射能と健康被害(2) 利点と悪影響を天秤にかけること | トップページ | かささぎの怒りー放水自衛隊、肉弾三勇士とどこが違うっていうのか! »

コメント

原発事故 最悪 危機
124,000件中2位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/39280094

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故と危機管理 ー最悪に備えるとは具体的には何を指すか:

« 放射線・放射能と健康被害(2) 利点と悪影響を天秤にかけること | トップページ | かささぎの怒りー放水自衛隊、肉弾三勇士とどこが違うっていうのか! »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31