無料ブログはココログ

« マダガスカルとの国際協力(11)  セネガル人の助言者 | トップページ | 三月初旬の茶畑 »

2011年3月 5日 (土)

免許合宿

何かが足りなかった。
それはわかっていた。
本人も直観していた。

受験直後、次男が島根に免許合宿に行きたい。
と言い出したとき、いいよ、行っておいで。と即答した。
甘い親だな。と思う。先生からもそういわれた。

でもね。島根の呪力はとっても強かった。
島根はどうしても行ってみたい地の1つだった。(すみません母がです。)
だから子がネットで偶然そこを探し出しほんとに唐突にそこへ行くと言い出したとき、なんの思慮も躊躇もなく、え、しまね?いいよ。と賛成してしまった。さらに説明書で合宿の全容を見てみるにつけ、これはいい。と思った。これから大人になる子どもたちにまさにぴったり。

んが。入校七日目。

合宿中に子の大学受験校不合格が判明、担任の先生から電話があり、途中で連れ戻されてしまった。
これは予想もしないことだったけど、卒業もした今、残りの三日間の教習を受けに又早朝から子は島根に向かう。しまねはとーっても田舎だったそうだ。

高校卒業後、とてもさびしそうだ。
しかし、一人に耐えられなければ浪人とはいえない。
これまで六年間もおなじ面々と楽しい生活を送ってきた。
物事はすべてちゃんと帳尻があうようになっている。
さあ、きみの受験はこれから。
タクロウではなく、兄も通った予備校にバイクで通おうね。

« マダガスカルとの国際協力(11)  セネガル人の助言者 | トップページ | 三月初旬の茶畑 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 免許合宿:

« マダガスカルとの国際協力(11)  セネガル人の助言者 | トップページ | 三月初旬の茶畑 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31