無料ブログはココログ

« この木、なんの木? | トップページ | マダガスカルとの国際協力(12)今回のプロジェクトの成果と展望 »

2011年3月 5日 (土)

北原白秋の写生の一首

この歌に遭遇したのは、神田の書店が送ってくれたカタログの中。

なにかどこかが印象深く、仕事が手すきのときにメモ紙に書き写してました。

バッグの中を整理してたら、それがくしゃくしゃになって出てきたのです。

強霜の朝の畑、それも小川近くの、が、浮かんできます。
深紫の首長のかもが、まるでたおやかな女性であるかのよう。

« この木、なんの木? | トップページ | マダガスカルとの国際協力(12)今回のプロジェクトの成果と展望 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北原白秋の写生の一首:

« この木、なんの木? | トップページ | マダガスカルとの国際協力(12)今回のプロジェクトの成果と展望 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31