無料ブログはココログ

« 立春すぎの雪 | トップページ | 「未来はここから始まる」 大牟田高校 »

2011年2月13日 (日)

スミの娘

大宮から友達が帰省。幼馴染四人が集まり、ガストに二時間。
算盤塾を34年もやっている彼女は、多くの優秀な弟子を育てました。

独り埼玉からついてきた、とてもきれいな娘。
わたしたちおばさん四人のためにコーヒーをいれてくれました。
もうすぐ保母さんになるそうです。

話をしていて気付いたこと。
彼女も、もう一人のがん闘病中の友達(きもの愛好家の友)の息子も、かささぎの長男と同じく、久留米の御井町にかつて絶大な人気を誇って繁盛していた園田産院(いまはもうない)で生を享けたのが共通していました。
なにか、ふしぎな気がしました。
そこに園田先生がいらっしゃらなければ、うちの息子も、スミの娘も、カズの息子も、この世には来れなかったのだ。ということが。

スミの娘

« 立春すぎの雪 | トップページ | 「未来はここから始まる」 大牟田高校 »

コメント

凛としたまなざしのすてきなお嬢さんですね☆

産院>>いつのまにか廃業されましたね。ほんとに有名でした。
この隣のレストラン、なんでもおいしいですね。
なかでもチャンポンがおすすめです♪ぜひ^^

そのだ先生のむすこさんは別の科のおいしゃさんになられている、とも伺いました。医院はどこにもなくなったけれど、あの牛がいる限り、思い出します。
うちの長男は丑年です。うしみたいにゆうっくりしている。しすぎじゃ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スミの娘:

« 立春すぎの雪 | トップページ | 「未来はここから始まる」 大牟田高校 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31