無料ブログはココログ

« 気高きもの | トップページ | 歌仙『一行の詩』 満尾 »

2011年2月24日 (木)

マダガスカルとの国際協力(3)  エイズとコンドームの話

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 2 月 24 日 マダガスカルとの国際協力(3)

今朝は7時前に起床し、慌しく身支度を整えたのですが、窓の外にはゆったりとしたアフリカ時間が流れていました。

ホテル周辺の畑には、早朝の涼しい時間に農作業に勤しむ人々の姿が見えます。

畑のまわりのあぜ道には、都心へ向かって歩く通勤の人々の群れが見えます。

今日は、8時半から30分間のアポで保健大臣との会談。

通常ならお会いすることも叶わない立場の方でしょうが、日本との国際協力の協議ということで時間を割いていただけました。

政情不安のためにエイズ対策に必要な予算が確保できない現状を打開するための意見交換です。

9時からは、保健総局長との意見交換。

10時からはエイズ担当課長との意見交換。

11時からはSALAMA(医薬品倉庫)の代表との意見交換。

国じゅうの必須医薬品はこの倉庫から届けられ、現場で過不足が生じないようになっていますが、エイズ対策に必要な検査試薬や治療薬は独自のルートで流通しているために在庫管理上の問題が生じています。

11時半からはUNFPA(国連人口基金)の技術顧問との会談。

コンドームなどUNFPAによる配布物品の在庫管理システムについて意見交換しました。

午後2時からはWHO(世界保健機関)のエイズ対策担当官との会談。

マダガスカルのエイズ対策に関する問題点と解決策についての意見交換です。

午後3時半からはJICA事務所での協議。

今日は、こんな具合に時が流れました。

夕刻からは激しい雷雨。

一時、停電で闇の中での夕食でした。

保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載

▽かささぎの夜の独り言
(※18歳未満お断りにしようかと思ったけど、さほどでもないので、どうぞどうぞどなたでも。

元外交官僚の本領発揮でありますね。
そういう人の話を独占取材している気分。
ところで、コンドームの話が出ています。
わからないけど、エイズでのお話でしょうね。

アフリカだからこそ、できる話です。

かささぎはエッチな話すきですから、ついのってしまいます。
以前レンタル喪服妻の話を書いてたかささぎの旗の記事が、なぜか「喪服妻」検索の一頁目に出るんだよ。知ってた。うわったたたた。どうしてかようなくそまじめな文章が、過激にえっちなサイトの中で健闘しとるんじゃろ。おかしいではないか。
と、心ひそかに抗議しても、ずっと七位くらいをキープ。赤面の至りです。どーかみなさん、やめてください、おくさん。笑。

数年前次男の机の上に無造作に置かれていた。
ひ~ひにんぐ。\\\\と思って、どうしたん。と詰問。

なんということはない、友達にもらった。という。

娘も昔おなじことがあって、おなじことを聞いたら、天神を歩いていて、エイズ撲滅キャンペーンでもらった、と言った。
病気こわいから、気をつけてよね。とくぎをさしたら、うんといった。

日本だけらしい。
先進国でエイズ人口がひそかにふえている唯一の国。

毎晩ラジオを聴きながら、帰ってくるのね。
おやじみたいなきもちで、いい気持ちです。

達成感があるんです、仕事上の。
ほどほどに疲れた躯をくるまでうちまで運んで。
ラジオから小泉今日子がこんな話をしてくれる。

リスナーの、独り暮らしははじめて、さびしいの、どうしたら?
という声にこたえて、青春は思ったよりずうっと短いものなのよ。
あなたもいろんなことをやってみるといいわ。
恋愛も、同棲もね。結婚はいつでもできるから、その前にいっしょに暮らしてみることね。大切なことだとおもうわよ。

(というきょんきょんは、三十代で結婚して、別れたんだったわね。)

一人ひとりの暮らしがあつまって、今の日本を作っている。
親の私たち世代は、前の世代への反発からか、なにかがすぽんと抜けている。どっちつかずで中途半端な、いい言い方をすればニュートラルな生き方しかできなかった。
これ、という精神の核となる決め手が、何もなかった。

視野狭きことは幸せ野水仙   恭子

 

« 気高きもの | トップページ | 歌仙『一行の詩』 満尾 »

コメント

おはようございます。 
乙さんお疲れ様です。 
 
コン>>エイズと避妊にはぜひ必要ですよね。
18歳以下ほど大切な話です。
高校生世代のエイズが増えているのでしょう~、、。
あと、歓楽街でもらってきて配偶者に移すとか、、。
エイズ>>増えている情報は時々聞くけど具体的な対策はあっているのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マダガスカルとの国際協力(3)  エイズとコンドームの話:

« 気高きもの | トップページ | 歌仙『一行の詩』 満尾 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31