無料ブログはココログ

« 国際協力論講義(73) 例8・中国の医薬品の信頼性を高めるための協力 | トップページ | 歌仙『一行の詩』 »

2011年2月20日 (日)

病院の人員配置・構造設備の基準

保健医療経営大学学長
  橋爪 章
2011 年 2 月 20 日 病院の人員配置・構造設備の基準

医療法により、病院の病床には、精神病床、感染症病床、結核病床、療養病床、一般病床の5つの種別があり、種別ごとに人員配置や人員配置の基準が定められています。
基準を満たせば、知事の許可を受け、種別の変更が可能です。
病床数を増やす場合、病床過剰地域では都道府県知事の勧告を受けます。
勧告に従わなかった場合は保険医療機関の指定を受けられませんが、病床が過剰かどうかの目安となる「基準病床数」は一般病床と療養病床に関しては両者の合算数を基にすることになっていますので、病床過剰地域であっても、一般病床から療養病床へ、あるいは療養病床から一般病床への種別の変更は、合算病床数が増えない限り、知事の勧告を受けることはありません。
主な施設基準は次の通りです。
医師数は常勤換算数で端数まで計算し、看護職員数は端数を切り上げます。
構造設備基準は既築病棟では緩和されますが、新改築時には基準を満たさなければなりません。
なお、高度医療を提供する特定機能病院については、より厳しい基準が定められています。
(一般病床)
医師:(入院患者)16人に1人
看護師・准看護師:3人に1人
薬剤師:70人に1人
患者1人あたりの床面積:6.4㎡
廊下幅(片側居室):1.8m以上
廊下幅(両側居室):2.1m以上
その他:手術室、診察室、臨床検査施設、処置室、エックス線装置、調剤所等
(療養病床)
医師:48人に1人
看護師・准看護師:6人に1人
看護補助者:6人に1人
薬剤師:150人に1人
患者1人あたりの床面積:6.4㎡
廊下幅(片側居室):1.8m以上
廊下幅(両側居室):2.7m以上
その他:機能訓練室、浴室、談話室、食堂等
(外来)
医師:40人(眼科・耳鼻科は80人)に1人
看護師・准看護師:30人に1人
薬剤師:外来処方箋75枚に1人

保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載記事

▽ブログ内リンク記事:

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-ef0b.html

▽かささぎの独り言

ふうん。いろんなとこまで、細かくきまっていますねぇ。
あっと思うのは、一人当たり床面積です。
あんたはこんだけのスペースで息をしていていいよ、っていう太鼓判をおされたみたいだ。

外来までもあったんですね。
いや、そうじゃなく、あらたにそういう枠ができたのかな。

ふとおもいだす、若き日に勤めていた都会の総合ビルの中にあった心療内科クリニック、そこでは多い日には80人近く、少ない日も三~四十人ほどの患者さんが見えていました。
外からの先生も毎週一回ずつ見えていました。九大の先生が二人。
担当される曜日がきまっていました。
また、次男が聖マリア小児科外来に行けなくなって(高校生になって)先生がご紹介くださった久留米の医院も、多い日はかなりの人たちで椅子が埋まります。
くすりだけ頂いて帰りたい場合でも、普通の受診者とおなじように待たされる。
それが忙しい身にはつらいんです。これは病院によって、やり方がまちまちです。
昔勤めていたところでは、薬だけの方にはささっと処方箋を書いて手渡していました。
そのかわり(という言い方も妙なんですが)、慢性疾患指導料はちゃんと計上して請求していました。
先生にお会いになるため待っておられる患者さんとの順番とは別途にして。
けれども本来は、薬だけをもらう場合(あるいは代理の者であっても)、先生に会わせて病気の近況を聞く、というのが正しいのでしょうね。それでこそ、慢性疾患指導料が生きてくるんですよね。

少ししらべてみました。
すると、こういう問答がでてきます。お急ぎでない方はご覧ください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3791280.html
割合にどこの医院でもよくあることなのでしょう。
保険料は大きなお財布なので気づかないことですけれど。

« 国際協力論講義(73) 例8・中国の医薬品の信頼性を高めるための協力 | トップページ | 歌仙『一行の詩』 »

コメント

ここでひとつお尋ねです。

先日、完全看護であるはずの大きな病院で、認知症気味の母親を入院させるなら、術後24時間家族が付き添っていただきたいと言われました。それも、退院するまでずっと。看護士に余裕がないから、という説明でしたが、これって、拒否できます?付き添えないけど入院させたい。という要望は出せるのでしょうか。今後の参考までにお聞きしたいのですが・・・。

追伸。
術後は認知が進むからという説明も付加されてました。

認知症の患者さんを責任をもって看ることの大変さは、言語を絶する。たまにニュースでみます。どこそこ老人介護施設の前の道路に飛び出してきた老人が事故死した話。介護責任者のご心痛はいかばかりかとそういうニュースをみるたび心が痛みます。

せいちゃん、たいへんだねえ。どっこもそうではあるが。
先週、南極物語とソルトと食堂かたつむりの三本DVDを見ようと思って借りてきてたのに、とうとう一本もみれないまま、今から返却にいきます。つらいわ。
南極物語は、高倉けんさんのね。みたこと、ある?

seikoさん

参考まで
   ↓

乙さん。ありがとう。大変参考になりました。
書類保存しました。

医療法 外来構造設備基準
検索での1位です。

検索サイト Yahoo  検索ワード 医療法 人員配置基準一覧 精神病床

8位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院の人員配置・構造設備の基準:

« 国際協力論講義(73) 例8・中国の医薬品の信頼性を高めるための協力 | トップページ | 歌仙『一行の詩』 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31