無料ブログはココログ

« 一月中旬アクセス解析 | トップページ | ちょっとのってきた、(さばきだけか)苦笑。歌仙「一行の詩」 »

2011年1月21日 (金)

医療関連法規講義(10) 薬剤師法

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 1 月 21 日 医療関連法規講義(10)

<薬剤師法>
薬剤師は、薬事衛生をつかさどる国家資格です。
薬剤師免許を取得するためには大学で6年以上の薬学の課程を修めることが必要となりましたので、薬剤師養成を目的とする大学学部は医師・歯科医師・獣医師養成学部と並んで6年制となりました。
薬剤師でない者は、販売または授与の目的で調剤してはなりません。
ただし、医師・歯科医師・獣医師は自己の処方箋で調剤できます
薬剤師の義務は次の通りです。
調剤の求めに応ずる義務:正当な理由なく拒んではなりません。
調剤の場所の制限:薬局、病院・診療所・飼育動物診療施設の調剤所以外で調剤してはなりません。
処方箋による調剤義務:医師・歯科医師・獣医師の処方箋によらなければ、販売または授与の目的で調剤してはなりません。
調剤したときは、処方箋に調剤済みであること、調剤年月日などを記入し、記名押印または署名をしなければなりません。
処方箋に疑義があるときは、処方箋を交付した医師・歯科医師・獣医師に確かめたあとでなければ調剤してはなりません。
処方箋を交付した医師・歯科医師・獣医師の同意を得ずに処方箋を変更して調剤してはなりません。
薬剤の用法などの表示義務:調剤した薬剤の容器または被包には、患者の氏名、用法・用量・調剤年月日・薬剤師の氏名、薬局または病院・診療所・飼育動物診療施設の名称・所在地を記載しなければなりません。
情報の提供義務:調剤したときは、患者または看護者に対し、薬剤の適正な使用のために必要な情報を提供しなければなりません。
処方箋の保存義務:薬局の開設者は、調剤済みとなった処方箋を3年間保存しておかなければなりません。

保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載

« 一月中旬アクセス解析 | トップページ | ちょっとのってきた、(さばきだけか)苦笑。歌仙「一行の詩」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療関連法規講義(10) 薬剤師法:

« 一月中旬アクセス解析 | トップページ | ちょっとのってきた、(さばきだけか)苦笑。歌仙「一行の詩」 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31