無料ブログはココログ

« せせらぎの薄氷  歌仙「一行の詩」第三 | トップページ | 旬刊アクセス解析 1月上旬 »

2011年1月10日 (月)

医療関連法規講義(3) 医師法・歯科医師法          医師の義務

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 1 月 10 日 医療関連法規講義(3)

<医師法・歯科医師法>
それぞれの法の第一条により、医師は医療と保健指導を、歯科医師は歯科医療と保健指導を行うことによつて、公衆衛生の向上と増進に寄与し、国民の健康な生活を確保することを任務としています。
「医師は医療を、歯科医師は歯科医療を行うこと」を任務としている職業であるというのが一般的に持たれている医師、歯科医師のイメージですが、実際は、保健所や行政機関でも、診療に従事しない医師・歯科医師が「公衆衛生の向上と増進」「国民の健康な生活の確保」のために働いており、医師・歯科医師の任務の幅はかなり広くなっています。
ヘビースモーカー医師など、公衆衛生の向上と増進に反する生活習慣の医師・歯科医師は、厳密には医師法・歯科医師法に抵触しているということもできます。
医師・歯科医師は、大学で医学・歯学を修了し、国家試験に合格し、医籍に登録することによって免許が与えられます。
医師については、2004年度から、免許取得後2年以上臨床研修を行うことが義務付けられています。
歯科医師については、2006年度から、免許取得後1年以上の臨床研修が義務付けられています。
義務化以前に免許を取得した医師・歯科医師は、実践的臨床技術が専門科に偏っている可能性がありますので、たとえば救命救急処置ができない医師がいたとしても制度上おかしくはなかったのですが、義務化以降は、医師・歯科医師として最低限必要とされる技術については研修で身に付けることとなりました。
なお、医師・歯科医師には次の義務があります。
応召義務:診察や治療を求められたとき、正当な理由なく拒んではなりません。
証明文書交付義務:診断書(または検案書、出生証明書、死産証書)の交付を求められたとき、正当な理由なく拒んではなりません。
無診察治療等の禁止:みずから診察しないで治療をしたり証明文書を交付してはなりません。
刑事上の協力義務:死体や死産児を検案して異状を認めたとき、24時間以内に警察署へ届け出なければなりません。
処方箋交付義務:患者に薬剤を調剤して投与する必要があるとき、治療上の正当な理由がある場合などを除き、処方箋を交付しなければなりません。
保健指導義務:診療したとき、本人または保護者に対し、療養の方法など必要な事項を指導しなければなりません。
診療録の記載義務:診療したとき、診療に関する事項を診療録(カルテ)に記載しなければなりません。
診療録の保存義務:診療録は5年間保存されなければなりません。
届出義務:隔年ごとに12月31日現在の業務種別などを厚生労働大臣へ届け出なければなりません。
守秘義務刑法により、医師は業務上取り扱った人の秘密を漏らしてはなりません。歯科医師には刑法上の規定はありませんが、他の医療職にも各身分法等に守秘義務規定がありますので、解釈上、医師同様に守秘義務があるとみなすのが当然でしょう。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

▼かささぎの独り言

応召義務:診察や治療を求められたとき、正当な理由なく拒んではなりません。

正月六日、父が転んで4箇所に怪我をしました。
血がだいぶ出てたし、ふらふらして歩けないというので、母が先生を呼んでました。
わたしはとってもびっくりしました。先生はきて下さったから。
あんたが医院にきなさい。とは81の爺にはおっしゃらなかった。
瀕死の病人ならまだしも、です。
だけど寒い、よほど行きたくなかったのでしょう。
また、先生も気晴らしになられたのではなかろうか。
・・・これは竹橋乙四郎を観察していてそう連句的に思ったのと、先生自身がどこかちょっとたのしげだったから。
「二十年前くらいにきた時の道を忘れとった」とおっしゃいました。
まちがって前の亡き伯母の家にいったんだそうです。
父の怪我、四肢に四箇所。やけどしたみたいに皮がめくれ。
ソフラチュールを張ってくださいました。くっつかず直りが早い。
ずうっと篭る仕事は、ときに外へ出ることがあるといい。
事務をしていたとき、ときに専務が外にだしてくださった。
それがとてもうれしかったこと、その有り難さを思いました。
ああそうか。だから木曜午後は休診、医師会なのかな。

▲連句的、こうていえきの韓国で獣医師たちが殺処分業務に耐え切れず次々と脱落していく。というのをみました。もともと助けるのが仕事なのに、虐殺の手をくださねばならないのですから。すごいストレスに違いない。医師も人間、だれよりまっとうなにんげんなんだな。とおもった。韓国の獣医師さんたち、がんばってください。負けないで。

守秘義務:刑法により、医師は業務上取り扱った人の秘密を漏らしてはなりません。歯科医師には刑法上の規定はありませんが、他の医療職にも各身分法等に守秘義務規定がありますので、解釈上、医師同様に守秘義務があるとみなすのが当然でしょう。

これはつらい。守る方も守られる方も。
たとえば、父が週一で通うケアハウス、ご近所の人がだれかみえていますか?という質問に、はっきりとした返事がいただけません。教えてくれてもいいんじゃない。と私など粗雑な人間は思ってしまいます。守秘義務なのですよね。

ヘビースモーカー医師:多いです。気持はよくわかるです。

« せせらぎの薄氷  歌仙「一行の詩」第三 | トップページ | 旬刊アクセス解析 1月上旬 »

コメント

レースドクターで大怪我の処置の機会が増えましたが、備品として準備してあるソフラチュールは愛用していません。ガーゼの代用とはなりますが、ガーゼが必要な時はもっぱらガーゼを使っています。
大勢を一度に処置しなければいけない時のためにサランラップも常備しています。傷口をよ~く洗ってラップでくるりんです。
ソフラチュール使用の際は、ガーゼと同じく、こまめな交換が必要でしょう。
    ↓

   ↑
この著者は「ガーゼ」撲滅も唱えられている方です。
科学的検証は専門家に委ねます。
ガーゼは長く留置するものではありませんが、それなりに有用だとは思うのですが・・・

拝復、れーすどくたー乙四郎先生。おことばではございますが。ひとこと。
ソフラチュール、大好きなんです。なつかしかった!
若かりし日、医院勤めをしていたころ、やけどしたら、必ずこれを貼って直しました。ほかのは何日もかかるのに、これだと数日できれいになりました。魔法のようでした。
でも、そふらちゅーるは、体にあまりよくない、と聞いたことがありました。それで気にはなっていましたが、調べたことはありませんでした。そういうことだったんですか。
くろいわせんせいも、あんまり薬をだしたがらない先生ですが、どうも乙四郎先生もそうみたい。(そのぎゃくよりうんと信じられます。

橋爪章さん。
本名で失礼します。
中島さんからメール。いえ、そっちの中島さんじゃなく、こっちの中島さん、佐野のおスミのほうです。
「橋爪章、」で最初に書いていたあの幼馴染の。
実はだれにもなんにもしらせていなくて、いくらなんでもひどい気がして、すみちゃんのおかげで橋爪さんとも連句会ができるようになりました、どうもありがとう。とやっとお礼を申し上げました。今日の朝のことです。
そしたら、彼女のそろばん教室(大繁盛かつすごい優秀な子達が育っているらしくて何度も優勝してます)大宮教室と北本教室二つのこどもたちが沢山わっと集っている写真メールが三つ届きました。
で、それをここに転送したかったのですが、これまた、かささぎの未熟な腕ではできませんでした。しかも写真が横向きでした。
ですが、。
すみ、ここ、みてくれたんだね。ありがとう。
あと、きものすがたの友だち、という名前のかずと、たっこに、まだなにもいってない、めんどくさい。(ひどいか?内緒にしてくれないかな。)前の職場でもその前の職場でもそんな話はまったくしてなかった。するべきでもなかった。しゅひぎむ、というやつです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« せせらぎの薄氷  歌仙「一行の詩」第三 | トップページ | 旬刊アクセス解析 1月上旬 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31