無料ブログはココログ

« 国際協力論講義(70) 例5)タイ国外傷センタープロジェクト | トップページ | 動かない »

2011年1月31日 (月)

昨日えめさんとたからさんと乙四郎さんちへれぎおんを届けた。

えめさんちと乙四郎さんちはポストにいれました。

たからさんちは、ピンポンならしたら、すみ先生がでてみえました。
あっそうか、日曜だったのね。で、今朝。
公立病院へ母を送った帰り、積文館から442号線へ出ようとしたら、すみ先生みたいな人がくさば病院前のバス停近くにぽつねんといらっしゃいました。あれはたぶんそうだったんじゃないかな。(雪で道は凍結して車がのろのろと流れないし、どうやって黒木まで行かれたのでしょうね。)ちょっと気になって。どなたさまもご安全に。

雪

« 国際協力論講義(70) 例5)タイ国外傷センタープロジェクト | トップページ | 動かない »

コメント

やはりあのグラサンおやじはすみ先生でした。
バスで出勤されたよし。バス停で一時間も待って、堀川バスにゆられて一時間。黒木のバス停ではかんごふさんが白衣をもって待ち構えておられた。(逃げるかって。)あはれスミ~くんはしょっぴいてゆかれ職務を全うされたのでありました。めでたしめでたし。。。(奥様の話をもとに勝手に構成しました。)
(※スミーくんとは・・・ピーターパンでフック船長の身の回りの世話をしている水夫長のおじいさん。とってもやさしい。争いを好まない。)

その前に、グラサンおやじとは?

わからん

さくらさん、ぐらさんとはサングラスのことですがな。笑。

↓この子がおしえてくれました。オークリーって有名なスポーツ用品店が有名なグラサンをチリ落盤事故のときに寄付して名を挙げた話もね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 国際協力論講義(70) 例5)タイ国外傷センタープロジェクト | トップページ | 動かない »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31