無料ブログはココログ

« 『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』 橘玲・著 | トップページ | 韓国の口蹄疫続報                     医療関連法規講義(5) »

2011年1月13日 (木)

おひるの

おひるの

« 『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』 橘玲・著 | トップページ | 韓国の口蹄疫続報                     医療関連法規講義(5) »

コメント

今朝パソコンが天空の彼方に昇天しました
ありがとう
わたしはきみを忘れないから

おいしそう!
でも、これだけでは足りない私です。

これはまかないごはんよ。
私もお弁当をもっていきます。
お弁当はおべんとうでたべて、これをいただきました。
きょうのマーボ豆腐に感動したのよ。インスタントじゃないのです。さすがに残飯とっても少なかった。

病院給食のマーボ豆腐は辛くはないがおいしい。魚料理は太刀魚だろうが鯖だろうが決して骨がない。
知恵と技術と努力に感動します。

医療食の現場がものすごく進化しているようですね。
現場のリポート、よろしくね。

>魚料理は太刀魚だろうが鯖だろうが決して骨がない。

ほえ~。すごいわねえ。
さすがプロだわ。
キッチンバサミ云々どころのレベルではないわね。笑

あのね、さかなにほねがないのは、下処理済みのさかなをつかうからですよ。納入の段階でね。
(あんまりおいしくないよ。冷凍だからね。)

だけど、勤め先の厨房では野菜は国産、今日キャベツ千切りをどっさり包丁でやりました。デザートも手作りです。冷凍はほかに人参の花抜き、まずいっす、ふにゃっとしてます。けれどもさすがに天然ごぼうはおいしかった、ごぼうとこんにゃくと人参乱切りをかつおぶしと淡い醤油味で煮たの、最高でした。

今日の夜のメインの肉料理は、一口大のかしわをママレードと醤油に漬け込み、スチーム入りオーブンで焼いたの。これ、とてもおいしい。つけあわせはレタスとトマトと。小鉢はしば漬けであえた青野菜。これにすまししたてのお汁がつきます。はんぺんとかねぎとかカイワレとか入ってました。遅番ですと検食ができるのですよね。野菜中心主義がってくらい健康的でかつぜいたくな料理だと思います。
わたしは一番したっぱなので、切込みが多いのですが、やっと料理を観察できる余裕が少しできてきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おひるの:

« 『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』 橘玲・著 | トップページ | 韓国の口蹄疫続報                     医療関連法規講義(5) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31