無料ブログはココログ

« 自祝 | トップページ | ともだち »

2011年1月11日 (火)

韓国の口蹄疫続報   ソウルよりわが町近し慶州市

保健医療経営大学
 
  橋爪 章
2011 年 1 月 11 日 韓国の口蹄疫続報

殺処分対象数は、8日まで3,305農場、1,282,345頭、9日まで3,358農場、1,339,000頭、10日まで3,499農場、1,404,426頭(6市道、52市郡)となっています。

昨日(10日)、慶尚北道慶州市外東邑活城里で韓牛の感染が確認されました。

http://map.konest.com/dloc/520776/351232/9?ln=1

ソウルから290km地点ですが、本学(みやま市)からは280kmの地点です。

福岡との往来の拠点である釜山からも80kmしか離れていません。

(保健医療経営大学「学長のひとりごと」)

▼かささぎの独り言

こないだ、調べものをしていたら、竈神社がでてきました。
むかしむかし、船で遠い国へ行くのは、命がけであった時代。
最澄も空海も、唐へ渡る前に、しぬほど心配したに違いありません。
では、どこにお祈りにいったか。といいますと。
そこで出てくるのが、太宰府の竈神社です。
いまはもみじがきれいなだけの、地味地味な神社ですが。
昔もそうだったかというと、まったく違っていた、らしい。

さいきん、あちこちのブログを逍遥していて、はっと気づかされたのが、高良さんの三合目ほどにおまつりしてある、高木神社。
これはアンドロメダ星雲をまつる。高牟礼の星。
たかむれ山という名前は、ここから来ていたのですね。
というのも、古代の船乗りは方角を知るのに、北極星を探したのです。
私達はずうっと北極星は同じだと思っていますが、時代によってかわるものだというのです。もちろん、かなり大きな数字を要してかわるのです、ずれていくのです。

http://mblog.excite.co.jp/user/lunabura/entry/detail/index.php?id=13484063&page=2


ここ、よんでください。とっても面白くて、わくわくします。

ぽぽなさん、読んでくださいね。

眞鍋氏が出てきますし、(古代の暦をつかさどる家として)、アンドロメダ星雲、高木の神も出てきます。

そして、モンゴルと日本でおなじ年におなじ理由で改元をしたことも。
アジアの一衣帯水的なこと、普段は忘れていますが、各地に残る遺跡や風習、それから、今日の学長ブログの、ソウルよりみやま市からのほうが慶州は近い、という視点にも、あらためてはっとさせられます。

« 自祝 | トップページ | ともだち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の口蹄疫続報   ソウルよりわが町近し慶州市:

« 自祝 | トップページ | ともだち »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30