無料ブログはココログ

« 韓国の口蹄疫続報 拡大が止まらない! | トップページ | 総合医療論講義(終) 医療の将来展望 »

2010年12月28日 (火)

クリスマスとはケーキのことなり、我が家では。

ケーキもないクリスマスか?と非常に危ぶまれたが、25日、前夜からのバイトから戻った長男の手にはケーキの箱があった。
モロゾフのチーズケーキ。去年は二個買わされてたけど、今年は一個。
戸畑へ行く次男へ食べていくよう進める優しさ、長男にちゃんとあった。

まるいものをきりわけてみんなでいただくというのが、いいんですねえ。
とってもケーキはおいしかったよ。長男、ありがとう。

単位が足りないとか。
どうするつもりか、拝見させていただきましょうか。

« 韓国の口蹄疫続報 拡大が止まらない! | トップページ | 総合医療論講義(終) 医療の将来展望 »

コメント

単位が足らない。
まるで、うちの次女みたいだ。
就職内定したにもかかわらず、卒業が危ぶまれた。んがっ、なんとかしんしゃったばい。

しかし。よか息子じゃん。
モロゾフのケーキ抱えてくるなんて。

せいちゃん。どげんよかむすこね。涙んでるごたる。ケーキはノルマたい。しゃっち買わやんと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスとはケーキのことなり、我が家では。:

« 韓国の口蹄疫続報 拡大が止まらない! | トップページ | 総合医療論講義(終) 医療の将来展望 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31