無料ブログはココログ

« 寒菊(黄色) | トップページ | 「冬に入る」ナオ11句目、月 »

2010年12月 9日 (木)

冬に入る ナオ10、11、月前句と月句

ナオ

歌仙「冬に入る」

素牛の育つスピード冬に入る   姫野恭子
  蜜柑明るい湾岸道路      中山宙虫
泥饅頭まるめならべてきりもなし  山下整子
  古地図片手に歩く楽しみ    青翠えめ
あなたには月虹見ゆと人の言ふ   竹橋乙四郎 
  厚岸草は枝を広げて       八山呆夢


俗縁のひっぱりこっぱり秀野の忌 東妙寺らん
  らふそくゆらり影もゆらめく    整子
風の日は貴方の視野のなかにゐる  宙虫
  愛を引き継ぐサファイアリング    えめ
真っ白いシャツとパンツのたたみ方 神崎さくら
   積木は崩れ夏燕飛ぶ        宙虫
いつのまに巣立ちて静かな午後なりき  澄たから
   足が攣りますあいたたたたた   恭子
黄海の島たからかに交戦し       整子
   伝言ダイヤル役にたちしか     ぼん
月までも誰が知らせた花便り          杉浦兼坊
   草の褥に春の露降り        えめ

猫の仔のミャアと鳴きたる縁の下   ぼん
 大人を真似てシガレット菓子   乙四郎
だまし絵の階段影が駆けてゆく    宙虫
   遠き潮の匂ひかすかに      恭子
滲む血をなめて証とする一夜     ぼん
   とろりとろりと溶ける煮凝り    整子
たきもんをくべるはしから舞ふ雪よ   さくら
   弁慶坊の睨み決まらず      えめ
医療事務緊急人材育成科        恭子
   錦市場に並ぶ笊あり      えめ
満月の林芙美子もゐた○○○    宙虫

10案

錦市場にうねる波あり
錦市場に飛び交う威勢
錦市場に威勢飛び交ひ
100年ぶりの銀閣修理

にしきいちばってのは、京都の市場の名前だそうです。
にしき専門に売っているのかとおもいました。

えめさん、どうもありがとうございました。
なんとなく盆正月っぽいけど、いつもそうなんですか。
波が近くにある、うしおがある、なので、笊をならべた。

恋句をごらんください。
だまし絵とにじむ血の表記が似通っていたので滲むと漢字にした。
どこにも恋らしい言葉がなく、まるでぶつけて血がでちゃった。
みたいなので、どうしようかと思案、さくら句を叙情的に化粧塩しよう。と思いまして、ふろがまを「はしから」「そばから」とかえてみた。これ一句で印象がかわる。もっといいことばがあれば、どうかおっしゃってください。

月の句ですが、どなたかよみたいですか。

前の月は、おもてが乙四郎の月の虹。裏のは花と同居の杉浦先生の月。
そんなら、ここはそらんさんにだしてもらいましょうか。
こないだ出された中にいいのがあった。ちょっとまって。捨てたの探してくる。

1恐竜が寝返り打って月満ちる
2満月の影に平家の宴あと
3満月の林芙美子もゐた市場
4月極のビルが伸びゆく先の月

以上のうち、前句とのつき具合がいいのは、3か4だと思います。
生活感漂うのは林芙美子。でも、市場は前句にあるので、なにか別の名詞をください。

人名の入った句、ほかに初裏一で秀野がでていますけど、離れているし、いいと思います。

« 寒菊(黄色) | トップページ | 「冬に入る」ナオ11句目、月 »

コメント

こんばんわ。 今日は院で大変お世話になりました。
最後に「目が・・」と言ったのでおまけの治療をしてもらいました。ありがとうございます。一週間ほど数字ばかり見ていたので目がぼんやりしてて、昨夜は運転に自信がなかったのです。
ところが今夕~夜は視界がくっきりとして驚きの視力回復です☆まるで全然違います。あらためて、「先生すご!」感謝
錦市場>>地元の人や観光客で、きっと年中混んでいるのでしょうね^^
京都は孟宗竹や筍の本場。「笊」はぴたりとはまりますね。ありがとうございます。
ちなみに京都塚原の赤土の筍は有名ですが、これに匹敵するのは八女北丘陵・赤土の筍です♪うまいのなんのって! もちろん全然負けていません
以上、ミニトリビアでした(^_-)-☆

時々驚かされる、ひめのあたま。
錦市場は超有名でしょうが。暮れには必ず中継が入るほどのばしょでっせ。行った事はありませんが・・・

当たり前の線

満月の林芙美子もいたカフェー

満月の林芙美子といた鉱夫

満月の林芙美子もいた木賃

満月の林芙美子がいた鉄橋

満月の林芙美子がいた小路

などなど・・・・。

満月の林芙美子もいた小路


かな?

満月の林文子もいし奈落
漢字でてこぬケータイぼんくら

奈落>>にしたら、姫野の世界。そらんワールドならば、私はカフェーがいいかなと思う。

一巻のながれ、あと一句で裏に入ることを思っても、カフェーでしょうね。そらんさん、いろいろ再考してくださってありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬に入る ナオ10、11、月前句と月句:

« 寒菊(黄色) | トップページ | 「冬に入る」ナオ11句目、月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31