無料ブログはココログ

« 入団記念 | トップページ | 国際協力論講義(58) 基金等への出資 »

2010年12月28日 (火)

箱を組む

箱を組む
見本を作ってくれてる。

これどす。

これね、名浮子の980円、三段ラック。
組み立て、力いります。がば重荷。
8・2キロもありまする。
これらどこで作ってんのかなあ。→メイドインタイランド
つい数日前学んだばかりの国際協力出資金1位に
熱帯木材協会みたいなんがあったのを思い出した。

あった!http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-7f02.html
ふうん。いっとー。国際熱帯木材機関(ITTO)
http://www.itto.int/ja/(日本政府がタイ・カンボジア越境地帯の保全プロジェクトに資金供与)

2個入れたとこ。(うわわわ荑

三段ラック四個くみたてるのが精一杯でした。
螺子回しで右中指第一・二原の皮がむけた。

3個目

ここで『くずし字解読辞典 付・かなもじの解読』普及版発掘。
(学習院大学名誉教授 文学博士 児玉幸多 編) 
東京堂出版 初版昭和45年11月20日
     新装7版平成9年7月31日 定価2,200円
このおかげで八女戦国百首和歌がよみとけました。

また、長谷川櫂『俳句の宇宙』二冊そろった。
どちらも花神社の新装版1993年7月1日初版。
私のは帯がなく、山下整子から貰ったものは帯つきで透明フィルムがけ。
これもふしぎなのよねえ。
長谷川櫂さんは1954年2月20日生まれと書かれていますので、同級生ではないんだ。
一つ上ですね。

« 入団記念 | トップページ | 国際協力論講義(58) 基金等への出資 »

コメント

私はこの手の仕事は得意です。夫にしてもらったことはありません。台所で使っているレンジを乗せているラックも自分でくみ上げました。もし今度男に生まれてきたら、大工か家具職人が良いかなと思っております。高いところに上るのもあまり怖くありません。

一個目、次男。
二個目、私。ゆびの皮がむけた。
いまから三個目にとりかかりる。
これが無駄に重たいのなんの。
そうだ、きのうみえた同い年の主婦、一人で大掃除して、トラック一台分の不用品をもっていってもらった。レンジ台とか動かし火事場の馬鹿力をだしたので、あちこちがとてもいたい。その上眠れず、あたまもいたい。。。。と訴えられました。お疲れお疲れ。

電動ねじ回しを買いなされ。
かなり楽です。
私は貴方と同じ手動式。

伝道ねじ?そこまではまりません。
5個目はからだが拒絶反応。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/38250441

この記事へのトラックバック一覧です: 箱を組む:

« 入団記念 | トップページ | 国際協力論講義(58) 基金等への出資 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30