無料ブログはココログ

« 御座の朝の寺田天満宮の銀杏の樹 | トップページ | 医学の基礎(精神疾患の3) 気分障害ーウツとソウ »

2010年12月 6日 (月)

『冬に入る』ナオ7恋離れ句

ナオ

猫の仔のミャアと鳴きたる縁の下   ぼん
      大人を真似てシガレット菓子   乙四郎

だまし絵の階段影が駆けてゆく    宙虫
   遠き潮の匂ひかすかに      恭子
にじむ血をなめて証とする一夜    ぼん
   とろりとろりと溶ける煮凝り    整子
たきもんをくべるふろがま舞ふ雪よ  さくら

さくらさんにつくってもらいました。
たきもんは焚物、くべるは漢字で書けば「焼る」がほんとらしいのよね。
だけど焼るでくべるとはよみたくなく、やけるとよみそう。
ではくべるはどうかけばくべるっぽい?焚べる。

ここは方言をひらがなで。あったかいですね。
前二句を払拭するくりーんえねるぎー、えこ。

8句目。疎句をおねがいします。
まったくちがうところから句をだしてください。
時事句でもいいよ。
「自転車レースにsenngoku48」
こんなのでも、どんなんでも。
あるいは、うんと大景をきりとってもいいかな。
なんでもいいです、ご自由に。季語はいりません。
77.宗教句でも述懐の句でもいいし、

神崎さくらさんのブログ、
デジカメ日記。

http://blog.goo.ne.jp/ssj19430903/e/585f835c8e41ef2b72b9040e5fb61121?st=0

« 御座の朝の寺田天満宮の銀杏の樹 | トップページ | 医学の基礎(精神疾患の3) 気分障害ーウツとソウ »

コメント

おはようございます。
77句>>
弁慶坊の睨み決まらず
ウィキリークスに続く群れあり

ナオ

猫の仔のミャアと鳴きたる縁の下   ぼん
 大人を真似てシガレット菓子   乙四郎
だまし絵の階段影が駆けてゆく    宙虫
   遠き潮の匂ひかすかに      恭子
にじむ血をなめて証とする一夜    ぼん
   とろりとろりと溶ける煮凝り    整子
たきもんをくべるふろがま舞ふ雪よ  さくら
   弁慶坊の睨み決まらず      えめ

前句との間の取り方がいいなと思いました。
えめさん、二句もありがとう。リークスもついていますが、こっちの時事句のほうが面白いのでは。さくらさんの句とよい距離感。弁慶の背中にしょってるものは、たきもんじゃないかと思えてくる。笑
前句でせいいっぱいみえをきろうとしたのに、ここでずっこけた。みたいな。
歌舞伎役者の命の顔をぼこぼこにされて。だいじょうぶなんでしょうかね。
つぎ、雑、575.季語なし。
時事でもなんでもどうぞどうぞ。月がうちこし句です。

ナオ  9

曲り屋の梁は時代をいくつ越え

屋は家に訂正してください。

「縁の下」があるから「梁」はまずいか。

うん。和風物がつづきます。うんとかえてくれても撥はあたらんよ、猫皮三味線本体があたるかもしれんばってんね。
もう一句時事句をだすとすれば、どんな句が。
てきとうに575ならべてみてよ。べたつくの警戒。
こだわりのじじいのひげを孫ひっぱる
嗚呼呼もう時間がないよはよいかな
医療事務緊急人材育成課

てのに、いまからいってくるね!フルタイムで働かねば飯がくえないんで。じゃ。
乙四郎、そらんさん、せいこさん、えめさん、さくらさん、ほか、えいてんやしょうきょはんも、遊びじゃなく真剣になんでもいいんで、つくってみてください。真剣に適当に。っていう線です。

雲が出て指で数えるビルの窓

橋の名の町にない橋弁財天

空映す指で数えるビルの窓

まぶしさは大陸棚を泡立てる

 三分間待てねばウルトラマンが死す

 ネパールで編まれたブルーの綿帽子


ぼんの曲り家の一句。
おぬし、見たな?先週の二時間ドラマ。笑
わたしも曲り家で一句つくったよ。77の冬の季語あり。  
  毛衣かかる南部曲り家

むははは。

目頭をモンテカルロの雨が打つ

たっだいまあっす。
お客を二人のこして帰ってきたのですが、母がシチューとぎょうざを作ってくれていました。いいでしょう。この年でかささぎは楽隠居じゃなかった、えーとこういう場合、なんという。おやじムスメ状態です。あ、しまった。広川工業団地近くのネオンサインががっちゃきれいというゾーンを帰りに見てこようと思っていたのに、すっかり忘れていた。
そらんさん、せいこたん。すごいな。めちゃくちゃおもしろいね。どうしよう。ぜいたくななやみだわ。

せいこさん

見た見た、ドラマ。でもそれじゃなくて、ビフォーアンドアフターの方が記憶に残っていて。築後90年の砂地に立つ別荘のリフォーム。
新婚さん二人で70平米のおうちに住むんですって。掃除が大変でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『冬に入る』ナオ7恋離れ句:

« 御座の朝の寺田天満宮の銀杏の樹 | トップページ | 医学の基礎(精神疾患の3) 気分障害ーウツとソウ »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29