無料ブログはココログ

« ナオ6恋句、冬の短句 | トップページ | 御座の朝の寺田天満宮の銀杏の樹 »

2010年12月 5日 (日)

同級生のおじさん

同級生

関東にお住まいの高校時代の恩師が体調が優れないと聞いて、集まりました。
ジョシはらんさん、くにこさんとひめのの三人だけでした。
夏に写真をアップした友達三人です。
ゐの上くんが向こうでお見舞いの色紙を書いています。
老眼鏡を忘れてきたといって、くにこちゃんから借りてました。
手前は時折かささぎの旗にご出演の丸山消挙氏と、二歳の子の父親くまさんです。

まさひこちゃん

じぶんがおばあさんになったことを、同級生がおじいさんになったことで知る。
はあ~。みんなふけたよねぇ。
ショックなのは丸山消挙のアトムはげ(らんちゃんsaid)ではなく、まさひこちゃん(正面向いているおかた)が、いつのまにかおっさん化しとった事です。
高校生のころはとっても愛らしい少年だったのに。

何十年ぶりでした。はなさかじじい浦島太郎ですね。おーまいがっ。

みんな、こころをこめてコメントを書きました。そのときだけ、16にもどった。
ちらりとらんちゃんの書いているのをのぞいたら、「先生、たえこです。やせっぽちの。家庭訪問のとき、姫野さんちまで、先生の自転車の後ろに乗って案内したのを忘れません。先生の服をしっかりと握るのがはずかしかった。なんとかかんとか。どうか早くお元気になられてください。」と書いてありました。

くにこちゃんが、柳川から少し遅れてかけつけて、正面のしょうきょさんを全力でからかっていたのが、可笑しかった。そういえば、みんな、ちいっとも昔とかわらないです。
写し損ねたけど、となりにエイテンがいます。こないだやきそば。
また会う日まで、みんな、くたばるまい。

▼一昨年の記事『服部豊治先生』;
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_c0cd.html

« ナオ6恋句、冬の短句 | トップページ | 御座の朝の寺田天満宮の銀杏の樹 »

コメント

まさひこくん。
確かぶんの病院の近くにお住まいではなかったか。
かわいいダンシNO1でしたよね。
小さかったイメージがあります。
あまりというかほとんど言葉を交わしたことはない。

しんちゃんのまわりには、いつもこのくまもっちゃんとなおきしゃんとエイテンがいるような気がするのは気のせいか??いっつもつるんでるよね、これに、のがみくんも。

はい。つるみ一族。直接話したことはなかったけど、たむろってる姿を遠目にみていた。ちゃんづけが許される男子であったまさひこちゃんは、いまニューオータニ近くの設計事務所のあるじだそうです。みなさんえらくなってらっしゃるんです。しんちゃんは元気がなくショボーンとしていた。で、くんちゃんから、あなたウツじゃないの、何かあったの。あたしに話しなさいよ、なんでもきいてあげるわよ。って励まされて、元気がでない理由をぽつぽつ。
でもね。そんなもん、どうってことないよ。あまえるんじゃないよ。(と、かささぎは思ったが、ぐっとこらえた。えらかろ?)同級生はありがたし。

 この集りの趣旨も理解せず、参加しました。昼間のノンアルコールは、腹にたまりました。姫野さん(ゴメン現在の姓は忘れました)の天然ぶりは素敵です。またお会いしましょう。

うわっととっと。本名でだいじょうぶなん?
もとあやしいきょうさんとういん。あるいはぜんがくれんくずれ。あるいは橋爪章学長のしんせき。笑。
わたしはまったくしらなかったよ。おにいさんは副市長さんだったの。しゅうしょくのせわして。あっはっは。じょうだんだよ。目がほんき。

本日欠席せざるを得なかったぼんです。まさか写真はあるめえと思っていたら、やっぱりありましたな。
えいてん、ようじんしいや。あることあること、かかれるけんね。3人娘とみんなの問答。聞きたかったなあ。
忘年会までには回復すると思うので、そのときに聞かせてね。

お写真は欠席された人のためですよ。
同じ組だった友達がみてくれないとも限りません。
でも何なら、うぃきりーくすに使っちゃってください。
なお、えいてんはきょうさんとうじゃありません、しゃかいとう。かささぎはおちゃとう。ぶちほうばかりする。ぶちほう=不調法。

えいてんの正しい情報ありがとう。
実家の兄嫁からの情報でしたが、間違っていましたね。すまんこってす。

中国共産党の行方は気になるところです。ちょっとだけですけど。

えいてんへ。
わたしは、いまにともうします。
いまじんとかきます。
今日のよき日に、の今、巧言令色すくなきかな仁の仁でいまに。
だれもよめません。説明するのもせからしいので、相手によばれるまま。あるひとはいまじんさん、あるひとはいまひとさん、ある人は・・いまいずみさん。とよばれます。いくらなんでもそりゃないよ。と思いつつ、はいなんでしょうか。と答えている私です。

(なんどやってもココログへログインできない。)
服部豊治先生、というタイトルで文章を書いていました。2008年、探してきました。先生の近況が書かれていました。どうぞごらんください。ログインできたら、これを本文中にはりつけます。↓

今から帰ります。

次男の就職したところは、今日も連休だが、私の工場はカレンダー通り、仕事しました。
ここ、開いて読んでくださったお方、ありがとうございました。
完全に忘れていました。
えいてん先生がコメントしとらっしゃる。
服部先生はお元気だろうか。
お見舞いにも行けず、。
なつかしい高校時代よ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同級生のおじさん:

« ナオ6恋句、冬の短句 | トップページ | 御座の朝の寺田天満宮の銀杏の樹 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31