無料ブログはココログ

« 道を雲 | トップページ | 国際協力論講義(54) 青年海外協力隊派遣事業 »

2010年12月20日 (月)

賢順記念くるめ全国筝曲祭ー市政だよりから

筑紫筝を生み出した久留米善導寺の僧・諸田賢順の顕彰と筑紫筝の普及のため、「賢順記念全国筝曲祭」というコンクールが毎年行われているそうです。

(賢順賞を受賞した東京都調布市の木村麻耶さんの写真です。)

記事を読みたかったので、写真にとりました。クリックで大きくなります。
筑紫筝と筑前琵琶と、いくぶん関係はあるんでしょうか?

« 道を雲 | トップページ | 国際協力論講義(54) 青年海外協力隊派遣事業 »

コメント

筑前琵琶は、過日のキャンドルナイトで初めて聴きました。奏法が独特でした。(といっても、普通の琵琶の奏法は知りませんが・・・)

諸田賢順。もろたけんじゅん。とよむようです。
うわ・・・まいったなあ。
かささぎの勤め先とおなじ名前ですわ。
きっとよしのぶ、とよむんだろう。と思ったのに。
けんじゅん。

今日、「御宇田神社」でかささぎの旗へおこしくださった奇特な方がいらっしゃいます。それで、はたときづいた。みうたじんじゃは、かささぎがいつも、いつもったって年に二~三回ほどですけど、山鹿の奥の菊池近くのあいらかんのんにいく途中、必ず道に迷ってうろうろする、そのとき、左にある鳥居にそう書かれていて、入ってみたいなあ。と思いながらいつも断念するおやしろでした。
で、いろいろみて、おもった、うたっていうくらいだし、うたのに関係してないかな。京都の。え。奈良の宇田。そっか。でも。
よくわからんが、かなり古いし。これ、みてください。いろいろシンクロしてるような。↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賢順記念くるめ全国筝曲祭ー市政だよりから:

« 道を雲 | トップページ | 国際協力論講義(54) 青年海外協力隊派遣事業 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29