無料ブログはココログ

« さくらさんとせいこさん | トップページ | 医学の基礎(筋骨格系疾患の8) 捻挫・骨棘・アキレス腱炎 »

2010年11月17日 (水)

国際協力論講義(40) コミュニティ開発支援無償

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 11 月 17 日 国際協力論講義(40)

コミュニティ開発支援無償

貧困、飢餓、疫病等、人命や安全な生活への脅威に直面するコミュニティの総合的能力開発を支援するもので2006年に創設されました。

複数のコンポーネント(学校、道路、給水、保健医療施設等)の有機的連携を図ることによりコミュニティのニーズに応じた協力を進め、技術協力等との連携を念頭に置いた効果的な協力を行います。

単一分野の支援についても、現地仕様・設計に基づく施工、現地業者・資機材の積極的活用のほか、契約の複数化による競争性の向上等を通じて、一般プロジェクト無償に比して大幅なコスト縮減と効率化をはかることができます。

大使館・JICA事務所のアクセスが困難など、実施体制が困難な国・地域については、国際機関経由の支援を実施します。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▽かささぎの独り言

今朝の西日本新聞朝刊トップに、北九州市が官民一体となってベトナムへ下水道工事の技術を売り込みに行く、というニュースが出ていました。今はそういう時代なのですね。国際的な商談は官民一体でやる時代。エイペックにはベトナムも参加していたのですね。
ところで、先日の国際協力論に連句的に付けた中島くらのすけ一族の経済官僚であられる中島英史さんのお仕事ですが、私は全くぞんじませんでしたので、率直にたずねてみました。以下、そのやりとりをご紹介いたします。現在九州で起きつつある変化の一端を垣間見ることができます。

中島英史様

拝復、
ていねいな返信、ありがとうございました。
おかげで、現在なさっておられるお仕事の片鱗が
垣間見えました。
クラスターということばは、クラスター爆弾しか知らなかったものですから、改めて、勉強させてもらいました。
現在、転載を続けている保健医療経営大学学長の
同級生ブログとともに、一部分を引用紹介させて
もらいました。断りもなく、やってしまいましたが、
お名前をぼかしております。それを明言できれば、
すっきりいたしますが、いかがでしょうか。
11.13付け
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-b6d1.html

では、どうぞお元気で、お仕事がんばってください。
よくわからないのですが、えいぺっくの関税自由化っていうか貿易自由化みたいな問題と、あなたさまのなさっておられるなんとかクラスターとは、関連がございますか。
わたしは、韓国や中国やミャンマー製などの安価な
商品をたいへんありがたいと思っていますが、反面、農作物だけはのべつまくなく入ってくるのは
考え物だとおもうものです。
               ひめのかささぎ

姫野様

メールありがとうございます。
ブログの方は時間がある時は見ているのですが、今回の書き込みは気付きませんでした。
前回は個人的なお願いでしたし、名前を出すのは控えさせていただきましたが、仕事の話で名前が出るのは構いません。

クラスターは米国のシリコンバレーのようにある程度の産業集積があるところで、企業間連携などにより新しい商品やソリューションが生まれていく状況を言います。ただ、九州ではそういった環境にありませんので、地域の特性に応じて人工的に企業の集まりを作り支援してきました。
九州では、環境、半導体エレクトロニクス、バイオ(機能性食品)を立ち上げて、古いものは既に10年近く経ってます。
私達は単なる個別企業の支援ではなく、国際的な競争力の強化の観点から仕事をしてます。
昔でいう殖産興業でしょうか。

まだまだ御説明したいことはありますが、時間がないので、このあたりでやめにしておきます。
中島 拝

▼政治的コメントのまとめ

コメント

予想通り、海上保安官は逮捕されないことになり、16日未明に海上保安本部を出ました。
非公開ビデオを封じ込めたい闇の勢力としては、この海上保安官が非公開ビデオを持っていたか否かが気になるところ。それを聞き出そうと闇の勢力が送り込んだ弁護士が解任され、ますます焦ることに。この弁護士は、弁護士のくせに、逮捕するならするで早くしろみたいなことを口走っていました。
そもそも、自宅でYoutubeへ投稿する練習をした、という程度のPC操作スキルの人が、尺の長い動画を分割できたというのも少し不自然だし、動画分割のスキルがある人だったらUSBメモリから情報を完全消去するくらいわけないのに物理的に破壊して捨てたというのも不自然。完全消去しなければならない動機もない。
(きっと、そのUSBには残りの映像も保存されていて、同僚に渡しているのでしょう。)
かくなる上は、同僚も含め、海上保安官たちに変な動きをしてもらったら困る、と考えた闇の勢力は、次にどんな手を使ってくることでしょう。
16日午前8時45分ごろ、神戸海上保安部職員(映像を投稿した海上保安官と同じ、巡視艇「うらなみ」の乗組員)のバイクがトラックに当て逃げされました。
幸いにして軽症ですみましたが・・・

事業仕分けなる政治家が官僚を懲らしめるショー。
今回は、過去の仕分けで「廃止」となったのに廃止されていない事業を、再度、吊し上げ。
政治主導なのですから、政務三役が汗をかいて、利害関係のある政治家間を調整して廃止に追い込めばいいだけのことを、調整権限が剥ぎ取られた官僚をいじめても筋違い。
このようなショーこそ、仕分けて数千万円を節約してほしいものです。
ところで、仕分けなければとんでもないことになりそうな事業があります。
農家の戸別所得保障。
米作農家に1hあたり15万円が支給されます。
農地を他人に貸していたらもらえません。
自分で作っているふりをすればもらえます。
他人に貸しても借地料はわずかなので、戸別補償金を15万もらったほうが得です。
それで、どういうことが起きているかというと、隣接農地を借りて大型稲作で効率化を目指す意欲的な農家が、立て続けに、田んぼを返してくれと言われているのだそうです。
このようにして、日本の農業は競争力を失い、壊滅への道まっしぐら。
TPPでとどめ。

>米作農家に1hあたり15万円が支給されます。
農地を他人に貸していたらもらえません。
自分で作っているふりをすればもらえます。
他人に貸しても借地料はわずかなので、戸別補償金を15万もらったほうが得です。

そうなんですか。まったくしらなかった。
ことしから、いとこと一緒につくっています。
また、一枚だけぴょんと離れてる田んぼは管理が煩わしいからと、そこら一帯の田んぼを耕作なさっている山の人にまったく無料で使ってもらっています。こういうのも、自分で耕作しているといえば、お金が入るのですか。それとも、田の持ち主ではなく、こうさくしゃのほうに、入るのですか。ほしいので、くわしくおしえてください。すみません。きっと、よくそういうことを知らない人ばかりではないかなあ。わたしは父のかわりに一度、そういうなんとか補償費の集まりにでかけたことがありますが、驚いたことに、ほとんどがお年寄りで、お役人さんのいいなりでした。なんだかよくわからないまま、はんこをぺたんとおすのですよ*。ちょびっとのお金をもらうためにね。
そうこうするうち、きづけば、まるはだかで、あれたたんぼがのこる・・・ようになっているのか。
*はんこをぺたんと押す・・・補償費うけとりとひきかえに有無をいわせずノウサイに加入させられ、保険料をとられる仕組み。もらうのはもらうが、そんなのにゃ入りたかねえ。とはいわせない仕組み。
おお、そういや、丸山消挙の勤め先がのうさいだったなあ。

« さくらさんとせいこさん | トップページ | 医学の基礎(筋骨格系疾患の8) 捻挫・骨棘・アキレス腱炎 »

コメント

現政権による言論統制が危険水域を超えてしまいました。
ニュース(↓)によると、自衛隊のお祭り事に招かれた民間人が来賓挨拶の中で政権批判をしたことに防衛大臣が激怒し、事務次官通達で次の指示をしたと。
(1)政治的行為と誤解されることを行わないよう参加団体に要請
(2)誤解を招く恐れがある場合は参加を控えさせる
知り合いの官僚経験者によると、式典に招いた民間人が不規則発言をし、政策批判や政権批判をすることなど日常茶飯事だが、民間人に対して言論統制をしたり、そのために参加を拒否したりすることはなかったとのこと。
公務員など政治的中立であるべき人だったら注意を促すが、民間人の場合は「いや~痛いことをおっしゃられましたね~、辛いですよ」くらいの応酬はあるにせよ、政治的発言をしないように要請したりはしなかったとのことです。
どんどんナチ化が進んでゆきます。

農畜産業は、今や、我が国の産業の中では隅っこに追いやられていますが、食料自給の要の産業なので、他の産業と同格に扱ってはいけません。
農畜産業は育成すべき産業であり、育成のために必要な保護は特別に行うべきものだと思います。
経団連の言うなりにこのたび打ち出されたTPPへの参加約束はあまりにも無謀です。
消費者にとっては食料品は安いほど有り難いですが、1キロ数十円で流通している海外の米が自由化の美名のもとに日本市場へ乗り込んできたら、日本の稲作をどうやって守るつもりでしょうか。

「国をひらく」というと今はやりの竜馬みたいでかっこいいですが、ちょっとまて。国をひらくこと、すなわち自由化ではありません。これをひらいてみてください。ドイツでの保護例。フランスも同様でしょう。だけど、ここまでもってくるのに、相当な試行錯誤があったんでしょうね。土地がからむだけに、農業問題はややこしや。↓

cap↓

そういえば。
きのう、玄関の落ち葉を掃いていたら、はっぱの下に、あおいあおいばったがふるえていました。うごきませんで、かたまっていました。

先週のことになりますが、海上保安官の出頭直後、よみうりテレビがモザイク入りで出頭前の本人を取材している模様を伝えていました。
保安官本人が放送局へ取材を要請したもの。
当時、sengoku38氏の行動としては奇異な感じがしました。
録画日は明らかにされていませんが、どうもネット流出当日らしい。
ここで「公益通報者保護法」を紐解く。
内部告発の手段として、内部通報以外に、メディア(ネットを含む)を利用した外部通報も正当な手段とされています。
正当な手段での公益通報の場合、次のように通報者が保護されることになっています。
『実名での内部告発者は処罰されない、それを理由に解雇されない、また訴追されないという人権が保護される』
sengoku38は実名ではないので、ネットへの画像流出は「公益通報者保護法」では保護されません。
しかし、その直後に、放送局へ「sengoku38は私です」と実名で申し出た場合、総体として実名による外部通報とみなされ、公益通報者保護法で堂々と保護される可能性が大きくなります。
sengoku38氏の行動が公益通報者保護法を熟知してのことだとすれば、奇異でも何でもなく計算し尽くされたものであろうと想像できます。

そうなんですか。よかった。
専門的なことはわからないけど、だけど、かれの謝罪文だけをみても立派と思いこそすれ、何でこの人が罰されないかんのかと当局に対してあきれる。
物事への対応がとんちんかんで、これでは諸外国にすきをつかれたとて、だれも文句はいえない。いまや民主へ投票した人々ですらあきれはてている。暮れも押し詰まり、人心も押し詰まり。心細いこと、この上なし。日本の終わりだなんて、よくもそのものズバリのなまえをつけましたねぇ。

民主・松崎議員が自衛官を「恫喝」か(産経新聞 11月18日)-要約-
民主党の松崎哲久衆院議員が、航空自衛隊入間基地で行われた納涼祭で、空自側の規則どおりの対応に不満を抱き、隊員に「おれをだれだと思っているのか」と恫喝ともとれる発言をしていた。
防衛省は自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求める事務次官通達を出した。
「納涼祭でのトラブルも遠因になり、異例の通達につながったのでは」(防衛省幹部)との見方も出ている。
松崎氏は7月27日の納涼祭に来賓として出席。帰る際に駐車場から約30メートル離れた場所に自分の車を呼び寄せるよう、車両誘導担当の隊員に要求した。だが、歩行者の安全確保策として片側通行にしていた道路を逆走させることになるため、隊員は松崎氏に駐車場まで歩くよう求めた。ところが、松崎氏は歩行者はいないとして車を寄せるよう指示。隊員が拒否したところ、「おれをだれだと思っているのか」「お前では話にならない」などと発言した。
こうした過程で、松崎氏が誘導担当の胸をわしづかみにする場面もあったという。

「軍の一部がクーデターか 国民投票のマダガスカル」(共同2010.11.18 )
ロイター通信によると、アフリカ南東部の島国マダガスカルで17日、軍の一部が政府の実権を掌握したと宣言した。ただ、軍高官は「反乱は許さない」と鎮圧の構えを見せており、クーデターが起きたかどうかは不明。~後略~

学長はマダガスカルのHIV対策国際協力の支援委員を務めていますので、この国の動向にも目が離せません。
政権交代して1年あまりの新政権への不満が嵩じ、軍人の一部が国を憂えてクーデターを企て、それを新政権が力ずくで鎮圧しています。
日本の海上保安官によるクーデターと響き会うものがあります。

あれ。午前中編集したとき、このコメントはなかったんですが。
コメントが裏の数に反映されなかったり、また滞空時間が長かったり。あれと似てる。ケイタイ写真をブログに送信して、とうとう届かない迷子が出るのと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際協力論講義(40) コミュニティ開発支援無償:

« さくらさんとせいこさん | トップページ | 医学の基礎(筋骨格系疾患の8) 捻挫・骨棘・アキレス腱炎 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31