無料ブログはココログ

« 蜜柑明るい湾岸道路  脇 | トップページ | かみのこゑ »

2010年11月10日 (水)

人材育成研究支援無償

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 11 月 10 日 国際協力論講義(37)

人材育成研究支援無償

人材育成支援無償」は、開発途上国の経済・社会開発にかかわり将来的役割を果たすことが期待される若手行政官などに対する、日本における学位取得(修士)を通じた人材育成事業1999年に「留学生支援無償」として創設されました。

研究支援無償」は、開発途上国の抱える経済・社会開発上の深刻な諸課題(対人地雷対策、感染症、環境破壊等)を解決するために、これらを解決する新技術等の研究・開発を目的とした研究活動を支援するもので2001年に留学生支援無償に追加導入されました。

人材育成支援無償」は、対象者の渡航費、滞在費、学費等に必要となる資金を供与します。

「研究支援無償」は、日本および途上国の研究者等が行う研究活動に必要な渡航費・滞在費・研究費等を支援します。

人材育成支援無償の援助対象国の選定に当たっては、日本との二国間関係を考慮し、アジア諸国を中心に選定されています。

受入れ大学院・コースの選定については、受入れの然るべき体制を整えている大学院の留学コースを調査し、それを対象国に提示の上、対象国側の希望分野に合致したコースに対象者を受け入れます。

受入れ人数は1コース当たり5人程度で、年に300名弱を受け入れています。

各コースは、各国における人材育成分野と日本としての開発重点分野を踏まえて決定されます。

対象者の選考については、公募により広く人材を発掘しますが、相手国政府等からの推薦も考慮し、作成される人材リストの中から、日本と相手国の関係機関等により構成される「運営委員会」が、候補者の学業・勤務成績、語学能力等を踏まえて選考します。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

▼かささぎの旗

人は見ず知らずの人に金は出さない。
それを出そうというのが、この制度。
当然ご恩返しの責任感が付随してる。
保健医療経営大学学長橋爪章氏も又。
以前書いておられた、国の金でアメリカ留学をさせてもらった、と。

あれはこれでしたか。

又又連句的1989年の本からスーさんの引用をやる。

アフリカの政府、エリートおよび経営者は数え切れぬほどの失敗を繰り返してきたが、彼らをとがめる(いくつかは十分それに値する)前に、ザンビアのような人口五百万人の国は、二十五年前の独立当時、百人の大学卒業者がいることを誇りとしていたことを思いおこすべきであろう。1970年代にモザンビークがポルトガルから独立した直後、そこで働いていた私の友人が、文部省に読み書きのできる職員が全部で五人いれば何でも達成できるであろうと驚いていたのである。文部大臣は二十三歳であった。

コメント

ネット情報も危ないようです。
昨日から流れ始めた殉職者名ですが、いろんな書き込みを見ると、誰かの創作っぽい。

短期間でこういう作業をする人がいるということに感激です。
   ↓

http://www.youtube.com/watch?v=Agu8bqMSLjQ&feature=player_embedded

アタタタ
i cannot
open them

なかなかおもしろうござんした。できる人はすごいね。

投稿: ぼん | 2010年11月 9日 (火) 23時14分

やっと今みました。昨夜ひらけなかった。ランタイムアウトになって。
おもしろい!せんごく38.出てきたらいいのに。
英雄だね。それにしても、だ。
政府に五人いれば、というスーさんの話、日本のことかな。
だんだんはずかしくなってきた。

  かささぎ

« 蜜柑明るい湾岸道路  脇 | トップページ | かみのこゑ »

コメント

総督様の映像にはいろんな字幕が付いて面白いです。
この(↓)字幕は、音声のそれらしき取り込みが秀逸でした。

あまりにも不可解なことが多すぎて、これほどあからさまな捏造の証拠が問題にされることもなく忘れ去られようとしています。
下の9月15日の朝日の記事(↓)の1枚目の漁船の写真(拿捕後の8日に撮影)には写っていなかった船首部分の大きな穴が、2枚目の写真(中国の母港寄港時の15日に撮影)にはぽっかりと空いています。
流出ビデオの映像でも衝突後の船首部分に穴はありませんし、そこに穴があくような衝突の仕方でもありません。
大がかりな捏造工作が行われた証拠です。

官僚の分を逸脱していますが、クーデター(政権転覆)を企むエリート官僚たちがいるようです。(噂)
各省庁からのエリート数人ずつで構成されたアンダーグラウンド組織。
防衛省からも海上保安庁からも検察庁からも警察庁からも外務省からも・・・
計画的に、巧妙に、内部情報を流出し、政権にダメージを与え続ける戦術とか。
今回の情報流出が彼らによって仕組まれたものであるかは不明。

神戸の航海士さん、逮捕されるのでしょうか?
罪状は、国家公務員法(第100条)違反らしいですが、それにはあたらないのでは。
この罰則は、業務上知りえた情報の漏洩に対する罰則です。
流出した情報は、神戸の航海士が「業務上」知り得るはずのない情報でした。
これが沖縄の保安官だったら適用できるのでしょうが、神戸の航海士だったら、たまたま私的に入手した情報でしょう。
日本は法治国家なので法を犯した人の擁護には抵抗がありますが、法を犯していない人であれば擁護したく思います。

きょうの夕方のニュースで、仙石長官が言ってたでしょ。
検察の書き換え事件と同等の重要な不祥事件っていよらした。国民の大半はこの不祥事件を憂慮していて、流出させたせんごく38にきちんと罰則を与えることを望んでいるとも言ってたね。
ぜんぜん違うと思うけどね、一般国民は。

ばーか。せーふはのうなし。
こんなさかいめのない時代に、なんばいよらすと。
とうふのかどであたまうってごりんじゅうになられたらよろしおす。(ちょっとていねいにいってみました。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人材育成研究支援無償:

« 蜜柑明るい湾岸道路  脇 | トップページ | かみのこゑ »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31