無料ブログはココログ

« どうにんし三つ。 | トップページ | 霧の朝ー立冬 »

2010年11月 7日 (日)

医学の基礎(筋骨格系疾患の3) 骨関節症、関節リウマチなど

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 11 月 7 日 医学の基礎(筋骨格系疾患の3)

<骨関節症>
骨関節症は関節の軟骨と隣接した骨が変形する関節障害です。
関節の障害では最も一般的で、ヒトのみならず脊椎動物全般に起こります。
滑らかであることが関節の役割ですが、損傷などでその機能が損なわれると関節が変性し、曲がった状態で固まることがあります。
関節の硬直を起こし、動かすと痛みを伴います。
原因のひとつに関節の酷使があります。
指の関節症はよく起きます。
特定の関節に繰り返し負担がかかる人はリスクが大きく、肥満もリスク要因のひとつです。
股関節、膝関節など体重を支える関節で起きることがあります。
関節の周囲の筋肉が衝撃を吸収するので、適度な運動で筋肉を強化することが必要です。
関節を動かさないことは骨関節症を悪化させる可能性もあり、ストレッチなど無理のない適度な運動が推奨されます。
過度に柔らかいチェアやマットレスは症状を悪化させることがあります。
脊椎の関節症が進行して神経を圧迫すると、しびれや痛み、筋力低下を招きます。
<慢性関節リウマチ>
免疫反応は異物を攻撃する反応ですが、間違って自分自身の正常な組織を攻撃することがあります。
この場合、免疫反応は「炎症」としてあらわれますが、自分の組織は常在しますので、長期化します。
慢性関節リウマチは、このような自己免疫疾患のひとつです。
慢性関節リウマチは、多くの関節が左右対称的に炎症を起こします。
指や手首、足首など小さな関節から炎症が起き、痛みやこわばりを起こします。
骨関節症と同じく関節の硬直を予防するために時に関節を動かすことも必要ですが、慢性関節リウマチの場合は、なるべく関節を休養させることが優先されます。
関節を使うと炎症を悪化させるからです。
<全身性エリテマトーデス>
自己免疫疾患で炎症が起こる組織や器官は患者によって異なります。
慢性関節リウマチは関節を形成する「結合組織」という組織が侵される自己免疫疾患ですが、同じく結合組織が侵される自己免疫疾患に全身性エリテマトーデスがあります。
全身性エリテマトーデスは若い女性に多く起きる自己免疫疾患で、発熱や倦怠感で始まり皮膚に発疹が出現するのが特徴ですが、多くの患者に関節炎の症状が見られます。
<強皮症、多発筋炎、皮膚筋炎>
全身性に結合組織が侵される疾患がいくつかあります。
いずれも圧倒的に女性に多く、自己免疫疾患であろうと考えられています。
強皮症は血管が侵される疾患ですが、初期症状は指の末端の肥厚で、指が青白く感覚に異常を感じます。
多発筋炎は筋肉の脱力と痛みをもたらす疾患です。
腕を上げたり階段を昇り降りすることが困難になります。
皮膚筋炎は皮膚の炎症を伴う多発筋炎です。
これらの疾患はしばしば関節炎を伴います。
<強直性脊椎炎>
結合組織疾患には圧倒的に男性に多い疾患もあります。
強直性脊椎炎はそのひとつで、脊椎と股関節、膝関節、肩関節のような大きな関節の炎症が特徴です。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

政治的局面をめぐるここ数日のコメント

コメント

こんなのまで流出しちゃってます。
映像ではありませんが、関係者説明の録音。
(10月25日霞ヶ関)
    ↓

http://www.youtube.com/watch?v=XJuxv-8_dG4&feature=player_embedded

マスコミ各社が一斉に報道するのは、何かを隠そうとして注目をそらそうとしている時。たいてい、NHKが、まず頑張る。
口蹄疫や普天間の時に学習しました。

一般人としましては、流出経路はともかく、この映像は広く世界中に発信されるべきものだったのではないのかと思います。だって、これが真実なんでしょう?中国側の一方的見解をくつがえす一石になるのではないのでしょうか?どこに問題があるのかわからない。
どんどん流せ、流してしまえと思うのはやっぱり世間を知らずすぎますでしょうか?

元官僚様
遺骨収集団にかかる費用がそこまで行ってしまったのでしょうか?
私も若い体力のあるうちに一度は参加したいと思ったものです。
行きたい旅行先は?と聞かれたら遺骨収集と答えるほど切望しました。
遺骨収集は極寒の地や酷暑地ばかりで硬い地面を掘り起こす作業で体力勝負らしいので、若い大学生たちがかかわっているのはあまり知られていませんよね。
この大学生たちの体験談を集めた「今、何を語らん」の冊子はだいぶ読みました。
     ↓

http://jyma.org/

おお、さくらさん、遺骨集集団のこと、ジャイマっていうのですね。ジャイアンやジャイコのきょうだいみたい。折鶴のマーク。そういうこと、はじめてしりましたよ。以前、ほら、あのひと、なごしふたらのすけさんがなくなったとき、教えてもらっていたような気がしますのに、そこまでは調べませんでした。
それにしても、こんなに世界中に。なんという民族なんでしょう。どうもよくわからんちおもうとですたい。

世間知らずの一般人さま。
まったく同意権。いったい政府は何を恐れ、何で隠しまくっているのですか、オシエテクダサイ。
いかにも、こくみんはあかんぼうなみのあつかいではないでしょうか。それとも、そうやったほうが早く情報が流布するってことかな、隠せば隠すほど。

使用後は消去すべし。

↑もし、このコメントに気づいて、かささぎに連絡がとれるひと、そらんが落書きしていると緊急連絡してくれるとありがたい。

じゃ、こっちで保存します。ありがとうございました。
(この三つ前に留書を送稿して下さっていたことをさします。)

この際、国会議員に公開された7分弱の編集ビデオも国民へ公開してほしい。
ビデオを視聴した議員が「車が道路でちょっとコツンとぶつかるような、あてて逃げるという映像だ」ったと言ってるので、ずいぶん印象が違います。
情報漏洩と情報隠匿と、どちらが国を傾けるものか。
仙菅ヤマトは既に傾いていますが。

かささぎはふとばくぜんと不安になる。
こどもたち、昔の学生だった私たちは、こういう話題にとても敏感に反応していました。でも最近の学生は反応が薄い。政治のことはわからないから。と次男などいいます。あれ?へんだぞ。なぜくいついてこないんだ。と思う。
学生運動に大人がしんからこりて、首をつっこまれたくないとあがいた結果なのだろうとは思うけど。
この状態と、中国の若者の暴徒化と、どっちがいい。といわれたら。それはこっちがいいけどさ。
次男はこんなこともいってた。「最近とっても中国人が増えている気がする。それも女の人たち。」
こんな田舎町でもふえているんだね。知らない間に、どんどんなにかがかわっていってる。
おかしの値段、さがりっぱなしなの、しってた?
スーパーの売り上げがおちてるの、しってた?

すごいスピードで、海保と地検へ情報流出の責任転嫁の流れが出来てきました。
一方、グーグルは捜査依頼があれば映像提供者のアクセス記録を提供協力すると言っているのにかかわらず、現時点において、まだ依頼がないのだそうです。
海保や地検とまったく関係ない、米国からの発信だったりしたら大変だからでしょうか。

ところで、今日の東京のデモ、NHKの7時のニュースで流れてました。原口大臣から片山大臣に変わったからでしょうか、何か情報統制の流れが変わってきたように感じます。

そうですか。情報分析、いつもありがとうございます。まさにナマで進行形のものをみていってるわけですよね。口蹄疫からもじつに多くのことを学びました。いかに何も知らないことかとおもいます。
わたしは、牛というのは狭い厩舎でぎゅうぎゅうづめに飼われているのがかわいそうと思っていたのですが、牛ブログをみていたとき、それが間違っていたことに気づきました。牛というのは、馬と違って、野に放っても、一箇所に固まって横一列になってしまうものなんだそうです。手前勝手な同情論はいかんです。宮崎ではこないだ牛や豚の慰霊祭が行われたそうです。
いつもピントはずれなとんちんかんな受け答えばかりしてますが、辛抱ねがいます。
罪ほろぼしに、大江希望さんのブログから引用。

「中国漁船が意図的に衝突してきていることが、映像として明瞭にとらえられている」という説明が、当初からあった。したがって、わたしはこの映像を公開しない政府の判断は外交的な配慮に基づくもので、当方が決定的に有利な証拠を持っているが、それを公開しないで中国にあたることで、中国に後退する余地を残しておく、という戦術によるものと考えていた。決定的な証拠を突きつければそのあとはケンカしかなくなるわけで、それを避けるということ。要するに、外交カードとして残しておくということである。国会での視聴を非公開にしたのもその判断に出ているもので、“なかなか、やるなあ”と思っていた。
ところが、その映像をおそらく“中国への屈辱的な外交をやっている日本政府への不満”や“日本国民に事実を見せて日本が正義の側にいることを自覚せしめる”というような、短慮に出た意識的な映像流出を行った者があった。つまらない扇動政治をこととする勢力につながる者なのだろうと、わたしは思っている。石原慎太郎都知事は「よくやった。国民はしっかり映像を見るべきだ」というような発言を昨日していた。・・・(大江希望さんの日記から) 」

どのお方も途上の見方をなさっています。
意見は情勢によって常に揺れ動きます。

この、ロイター通信の6枚目の写真に注目!
中国漁船に海保隊員が乗り込んでいる写真です。
ビデオの後半部分を持っている人が海外にいます!!
やった!!!
http://jp.reuters.com/news/pictures/cslideshow?sj=2010092884254-2165-JP.js&sn=%E5%B0%96%E9%96%A3%E6%B2%96%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%BC%81%E8%88%B9%E8%A1%9D%E7%AA%81%E6%98%A0%E5%83%8F%E3%81%8C%E6%B5%81%E5%87%BA%E3%81%8B&sl=19

   ↑
5枚目までの写真の出所は「Youtube」とありますが、6枚目は「Japan Coast Guard/Handout」とありました。ビデオのコピーじゃなさそうです。

« どうにんし三つ。 | トップページ | 霧の朝ー立冬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医学の基礎(筋骨格系疾患の3) 骨関節症、関節リウマチなど:

« どうにんし三つ。 | トップページ | 霧の朝ー立冬 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29