無料ブログはココログ

« 新潟の柿って。 | トップページ | パーフェクトスクラブ »

2010年11月16日 (火)

医学の基礎(筋骨格系疾患の7)痙性斜頚 ・腱鞘炎

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2010 年 11 月 16 日 医学の基礎(筋骨格系疾患の7)

<痙性斜頚>
頚部の筋肉の一部が持続的に、あるいは間歇的に縮み、頭を傾けるような力が働く病態です。
原因は多様ですが、多くは不明です。
理学療法で筋肉を伸ばしたり、薬物で筋肉の緊張を弛緩させたり、外科的に機能障害がある筋肉を切除したりして治療しますが、情緒的な問題が原因である時には、精神科療法が適用されます。
<繊維筋痛症候群(筋膜痛症候群、繊維筋炎)>
筋肉、腱、靭帯にずきずきする痛みや硬直がある病態です。
全身的に出現することもあれば、特定の部位に限局することもあります。
筋肉の酷使が原因であったりしますが、多くは不明です。
ストレスや睡眠不足などが引き金であることもあります。
治療も、薬物治療(消炎鎮痛剤)よりもマッサージやストレッチ、ストレスの軽減、睡眠の改善が効果的であることが多いようです。
<滑液包炎>
腱や筋肉が骨の上を通るところなど摩擦のある場所には、滑液包という扁平の袋があります。
この袋が、持続する酷使や感染などで炎症を起こすと、運動が制限され、痛みを伴います。
滑液包炎上の皮膚は赤く腫れているように見え、触ると痛く、熱感があります。
<腱炎、腱鞘炎>
腱鞘は腱が通るトンネルで、腱が滑らかに動くように腱を覆っています。
腱や腱鞘が炎症を起こすと、腱の腫れた部分がつかえたり、腱鞘が腫れてトンネルが狭くなったりで、腱の動きが妨げられます。
曲がった指を伸ばし、腱の腫れた部分が腱鞘に入るときに、指が跳ね上がるようなぎこちない動きをすることもあります(ばね指)。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』転載)

▼かささぎの独り言

>腱や筋肉が骨の上を通るところなど摩擦のある場所には、滑液包という扁平の袋があります。
筋肉も、ウインナーみたいに膜で覆われているんだよとよく院の先生(柔道整復師)がいっておられますが、それはこれとはまたべつなんですね。
整骨院には骸骨模型がおかれていまして、どこそこの骨がどうなっているから、この痛みが起きて、だからどういう運動や治療をすれば、こうなって。というような説明を、先生はときになさっています。

きのう、車のドアで指をつめた方がみえました。(ひ~)
時間がたつのに痛いとおっしゃって。レントゲンでは折れていないとのこと。
先生は指をまわしたりひねったり、患者さんの恨みを買ってらっしゃいましたが、だいじょぶ、たいしたことない。と、冷蔵庫から保冷剤をもってきて、ほら、しばらくこれを当てておきなさい。帰られるころには、いたみがおさまっていました。
主婦だから、指はもっとも酷使します。痛いはずです。
スポーツあとの筋肉の痛みにも、保冷剤湿布はとても効きます。
アイスノンなどなくても、食品についてくる保冷剤でいいんです。
ぎっくり腰の痛みにも、腰にこれを載せて二十分ほど待ちます。
患者さんは冷たさにギャっと声をあげますが、五分で慣れます。
あたためるのは、よくない。
私は体験ないが、むすこに試したら、即効があった。


▼政治問題へのコメント

きのうの国民放送、みましたか。
立花隆さんが分析されてたように、短時間のうちに流出ビデオがまき散らされた、あっという間に人々が自主的にその情報を分け合い、人にも報せようとした、その事実がなにより重要であって、
それはどういうことかといえば、多数の人たちが、その情報をしることはよいことだと思ったからだ。とおっしゃっていました。全く同感です。
それを捕まえるの罰するのと何をいうだか。とんちんかん
。(か)

« 新潟の柿って。 | トップページ | パーフェクトスクラブ »

コメント

予想通り、海上保安官は逮捕されないことになり、16日未明に海上保安本部を出ました。
非公開ビデオを封じ込めたい闇の勢力としては、この海上保安官が非公開ビデオを持っていたか否かが気になるところ。それを聞き出そうと闇の勢力が送り込んだ弁護士が解任され、ますます焦ることに。この弁護士は、弁護士のくせに、逮捕するならするで早くしろみたいなことを口走っていました。
そもそも、自宅でYoutubeへ投稿する練習をした、という程度のPC操作スキルの人が、尺の長い動画を分割できたというのも少し不自然だし、動画分割のスキルがある人だったらUSBメモリから情報を完全消去するくらいわけないのに物理的に破壊して捨てたというのも不自然。完全消去しなければならない動機もない。
(きっと、そのUSBには残りの映像も保存されていて、同僚に渡しているのでしょう。)
かくなる上は、同僚も含め、海上保安官たちに変な動きをしてもらったら困る、と考えた闇の勢力は、次にどんな手を使ってくることでしょう。
16日午前8時45分ごろ、神戸海上保安部職員(映像を投稿した海上保安官と同じ、巡視艇「うらなみ」の乗組員)のバイクがトラックに当て逃げされました。
幸いにして軽症ですみましたが・・・

事業仕分けなる政治家が官僚を懲らしめるショー。
今回は、過去の仕分けで「廃止」となったのに廃止されていない事業を、再度、吊し上げ。
政治主導なのですから、政務三役が汗をかいて、利害関係のある政治家間を調整して廃止に追い込めばいいだけのことを、調整権限が剥ぎ取られた官僚をいじめても筋違い。
このようなショーこそ、仕分けて数千万円を節約してほしいものです。
ところで、仕分けなければとんでもないことになりそうな事業があります。
農家の戸別所得保障。
米作農家に1hあたり15万円が支給されます。
農地を他人に貸していたらもらえません。
自分で作っているふりをすればもらえます。
他人に貸しても借地料はわずかなので、戸別補償金を15万もらったほうが得です。
それで、どういうことが起きているかというと、隣接農地を借りて大型稲作で効率化を目指す意欲的な農家が、立て続けに、田んぼを返してくれと言われているのだそうです。
このようにして、日本の農業は競争力を失い、壊滅への道まっしぐら。
TPPでとどめ。

>米作農家に1hあたり15万円が支給されます。
農地を他人に貸していたらもらえません。
自分で作っているふりをすればもらえます。
他人に貸しても借地料はわずかなので、戸別補償金を15万もらったほうが得です。

そうなんですか。まったくしらなかった。
ことしから、いとこと一緒につくっています。
また、一枚だけぴょんと離れてる田んぼは管理が煩わしいからと、そこら一帯の田んぼを耕作なさっている山の人にまったく無料で使ってもらっています。こういうのも、自分で耕作しているといえば、お金が入るのですか。それとも、田の持ち主ではなく、こうさくしゃのほうに、入るのですか。ほしいので、くわしくおしえてください。すみません。きっと、よくそういうことを知らない人ばかりではないかなあ。わたしは父のかわりに一度、そういうなんとか補償費の集まりにでかけたことがありますが、驚いたことに、ほとんどがお年寄りで、お役人さんのいいなりでした。なんだかよくわからないまま、はんこをぺたんとおすのですよ。ちょびっとのお金をもらうためにね。
そうこうするうち、きづけば、まるはだかで、あれたたんぼがのこる・・・ようになっているのか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医学の基礎(筋骨格系疾患の7)痙性斜頚 ・腱鞘炎:

« 新潟の柿って。 | トップページ | パーフェクトスクラブ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31