無料ブログはココログ

« 日本医療経営学会学術総会in福岡 | トップページ | 久留米の焼鳥屋談義&船小屋温泉のコガ・コーラ談義 »

2010年10月 5日 (火)

籾殻山

寺田村の裏の村で、通勤途中にみかけた。

高西風の籾殻山に至らざり     恭子

投擲の籾殻山の大噴火      竹橋乙四郎

秋は来ぬ籾殻山のいただきに   山下整子

急傾斜つけて籾殻山のあり      〃

子の部屋の吸殻山のその向う乳隆き娘のごとき籾山  恭子

籾殻を燻す烟りを嗅ぎにゆく秘密の扉あけにゆくよに  〃

只管に君を護りし外套の打遣灼かる登熟の恩   竹橋乙四郎

もみすりのてっでなつかしあねおとと   恭子
   
(てっで=てつだいの意味の八女方言)


« 日本医療経営学会学術総会in福岡 | トップページ | 久留米の焼鳥屋談義&船小屋温泉のコガ・コーラ談義 »

コメント

籾殻山の季節がやってきましたか。

去年の竹橋乙四郎発句にびっくりしたのを忘れぬために。
ずっと俳句をやってきて、はじめてでした。もみがらやま、という季語にであったのは。うそみたいでしょう。俳人って、どあほうですよ。いつもいつもおなじきせつがめぐってくると、いつもいつも手持ちの季語の句ばかりをよんでいる。あきめくらです。はい、さべつようご。でもそうだからしかたない。目はみていても、それにきづかない。
まだたくさんこういうのがあるにちがいない。

秋は来ぬ籾殻山のいただきに(季語重なり、あえて)
急傾斜つけて籾殻山のあり

はい。おそまつ。

こんにちは。 今日はトラバ断ってごめんなさい。
おわびといっちゃなんですが、さっききた機械屋の営業さんに(同級生)連句会の案内と大学祭の案内をプリントして、宣伝してもらうようにはからいました。
当日はお天気になりますように

えめさんそりゃどうもありがとございます。ぺこぺこり。ではいってきます。

只管に君を護りし外套の
  打遣灼かる登熟の恩
            (乙)

稲藁も籾殻も糠も研ぎ汁も
 知るや知らずや粒棄つる奴
             (乙)

足踏みの脱穀楽し傍らの
 殻山もまた楽しかりけり
            (乙)

やい。たのしそうなのに、みずさしてわるいけどさ。
>登熟の恩
これ、おもわず辞書ひいた。わからんすぎる。
だいたい農業用語はむずかし。
デホとかいて、シュッスイ。しゅっすいのほまれ。ってな、なかったっけ?そんな熟語。
むかし、ぱちんこやの前をとおると、出玉なんとか、ってかいてあって、シュツギョクってよむんだろうとおもいきや、デダマだった。音読み訓読み、むずかし。

>只管に君を護りし外套の
  打遣灼かる登熟の恩

これ、読めたの、「ひたすらにきみをまもりしがいとうの」まででした。
「打遣灼かる」も、「登熟の恩」も読めなかった。
うっちゃりやかる?なの??「とうねつ」と読むのか。へえ。つまり、籾殻が実をまもるさま=愛を読んだわけね。
やっとわかった。笑

出穂、これはライスセンター関連の会議に出入りするようになって覚えた。この時期は水を張らねばならぬと仰せであったっけ。少年期も、親の愛情という水を注がねばならぬのと同じ。ああ、稲もニンゲンもたいしたちがいはない。

乙四郎先生には、こむずかしい歌をよんでくれるな。といいたい。さらさらとよめないよ。
うちやりやかる。ってのも、やかるは、焼かるじゃいかんのか。しゃくねつの灼くだと、かささぎあたまは、間接的な熱でやかれるさまを連想します。
とうじゅくの恩。という恩が本当にあるのかとおもった。孔子の教え7孝5恩のなかに。(そんなのはない!)
出藍の誉れとまちがえました。藍より青し。ですな。

籾を調べていたら「登熟」という語に出会いました。
星野しずるに負けないためには、彼が知らない語彙で勝負するしかない。
「登熟」からイメージが膨らんで詠んだものです。

星野しずるをライバルに据える。
いやはや、あなたさまはどこまでも、負けず嫌いで。
あっぱれというしかない。笑

「登熟」という農業用語、意味が深いのでもっと一般化すればいいのに。
ただ菅さんがひたすら唱えている「熟議の国会」「熟議の民主主義」、いわんとすることはわかるけど、民衆の使い慣れない言葉を使って民主主義を語るなんて・・・

只管の熟議の滑稽未登熟
         (乙)

「やく」を変換(ATOK)したら「焼く」のほかに「灼く」が出たので、じりじりと苦しみを与えるイメージが強そうな「灼く」を選択した次第です。
ATOKでは「灼」は音読み「シャク」、訓読み「や」くと出ます。
しかし、新明解国語辞典「やく」の項では、「(灰になるまで)燃やす」あるいは「火や熱源に直接当て、少し焦げたり部分的に変化を生じたりするまで十分に熱を加える」意味での表記は「焼く」のみでした。「灼く」は出て来ません。
「しゃくねつ」(灼熱)の項では、[「灼」は焼ける意]との注釈がありますが、灼熱は「熱せられて赤くなること」が原義らしく、しからば「灼」は「赤くなること」ですね。
「灼」の意味をオンライン大辞泉で調べたところ、
 あらた【灼た】
  1 はっきりと見えるさま。鮮やか。
  2 霊験が著しいさま。あらたか。
 あらた‐か【灼たか】
  神仏の利益(りやく)が際立ってあるさま。
 いや‐ちこ【灼然】
  1 神仏の利益(りやく)や霊験などのあらたかなさま。
  2 際だって明らかなさま。
でした。焼くという意味は出て来ません。

女だと確かめたのに彼と書く
星野しずるに妬いてミスする
          (乙)

おおそうなんですか。乙四郎のそのとことん調べるところ、連句的。けっこう、きわどい。意味ふかいですね。もみがらを燃やしてしまう一歩手前でふみとどまる。ってのは。
ことばをとことん調べていくと壁をこえる。
その壁は燦爛としていていやちこ。笑。
こえてしまったら、あっちの世界、狂気。

きのう、出穂期というのを調べていて、「稲妻」(秋の季語)のことばの意味を知りました。
出穂は田植えから数えて50日~80日、約半分の稲に穂が出ることをいう。雷光をいなづまと呼ぶのは、古代の人たちが雷が稲を孕ませると考えたから。だそうです。

稲妻や人形原の魂よばい  向井去来
の、よばい、ってのは、なーんだ、夜這いだったの。

この一句、わかったようでわかっていませんでした。たまよばいは、魂を呼び寄せることだろうと思っていた。恐山のイタコのように。
ひとがたばるは、江戸時代には石人石馬が丘のぐるりを二重に取り囲んでいて、とても不気味だっただろう。
まだそのころはイワイの墓だとはわかってはいなかったろうし、去来はどんな思いで街道を通っていたろうか。古代へ心はせながら。野生の雄心をなだめながら。稲妻、という季語はダイナミックに「魂よばい」にふりかかっていたのですね。書かれていませんが、そのあたりには一面のたんぼがひろがっていた、ということでもあります。
やっと腑に落ちました。すばらしい句ですね。ちなみに、いつ詠まれた句かをかささぎは知りません。でも、去来は1650年から1700年ころまでの半世紀を生きた俳人です。杉山洋おんじいに聞けば、ちゃんと資料もびしっとそろえておられて、教えてくださることでしょう。

岩戸山関連記事、杉山洋先生のブログ。

杉山先生のブログも500話を超えられました。
最近の文で、先生も新解さんの愛読者であることを知りました。

かささぎさんから宿題が出ました。

24日の連句の発句を詠むようにと。明るい感じの挨拶句のようなもの。季語の指定がありませんでしたが、秋でいいのかな?

かささぎ、今までうとうきちざ(善知鳥吉佐=杉山洋=紅雨老人)先生のブログをよみふけっておりました。
小林けいじゅ死去の報に触れて書かれた文章の中の菊地千本槍という映画、これに目が釘付けです。以前『大東亜戦争を見直そう』っていう夏越じゃなかった名越ふたらのすけ先生の著書から引用した、あの菊地神社に祭ってあった軍神の方を演じたのが小林桂樹さんであるそうでした。かささぎは菊地神社にいったことがあり、その人の遺品をみたことがあります。
それに、もう一つすごいシンクロ、というのは、池田やで新撰組みだったか、赤穂浪士だったか(このへん、まことに歴史音痴ゆえ、いつもごっちゃになりまする、すんまへん)、に殺される宮部鼎蔵のことがでてきたのですが、その人の子孫が、九州俳句の俳人である、『夜行』(熊本の俳句誌)主宰・宮部鱒太師だったことにハタと気づいたからです。鱒太翁は、自らの句集にそのことを詳しく書かれていましたので、記憶に残っていました。はあ~すごい。

ちなみに鱒太先生も、90くらいではないでしょうか。
今、90歳といっても、とてもお若いのですよねえ。

ところで。ぼん、おそくなってごめんなさい。
ぼんとそらんさんはパソコンメールが通じないんだ。どんこんしょんなか。こまったこまったこまどり姉妹。(このほかに、しまったしまった島倉千代子。ってのもあるよ。利華さんブログより仕入れている。)
ケイタイメール、ちゃんとみてくれた?題をみよ。
秋発句。と打ってました。
こういう興行ではたいがい、当季(いまの季節)であります。ということは中秋を過ぎ晩秋になりますか。

すんません、早とちりのぼんさんです。この手の間違いが非常に多いので、反省はするのですが、ちっとも直りません。

一番乗りかな、いっちょでけた。

はぜ紅し瀬高に残る和ろうそく

ほーー。

今日もまた野菜売り場で菱さがし

銀杏の弾けるまでの三分間

みんな、早いわねえ。これから一句ひねらねばと思ってるところに、どんどん書き込まれちょる。
遅れてはならじわたしも句をひねる。

1、稲刈りの後をついばむ白きもの
2、われからのこゑなき声を聞く耳朶
3、秋耕やかささぎ二羽をしたがへて

こんにちは。
発句>>
☆ 秋高し若人集いファンファーレ
☆ 祝砲に人々の群秋日和
☆ 勝鳥や卑弥呼伝説ある村に

かささぎ、ずけずけと少し書きます。
ぼんの句、悪くないし、どっちかというと、佳句と想うけど、まるでみやまのワろうそくの回し者みたいな、キャッチコピー句で、上の季語と下半身がつきすぎっておもう。つまりさ。こないだの長崎原爆忌の募吟でわたしのもぼんのもえめさんのも、星野のげんばくの残り火をよんでたものは、全ボツでしたでしょ。あれと似て、なにか物足りなさを感じます。はぜもみじ、あ、そうね櫨の実からとれるよね、ろうそくのロウは、えっまだみやまでは作っているの、えらいわね、でチャンチャン、みたいな。
ごめんごめん、口わるくてさ。
みやまの特産品を謳った優等生的句風。

乙四郎句。
説明しすぎか。
1今日もまた野菜売り場で菱さがし
(それがどうした)平板すぎる。芸をみせてよ。
鬼菱や記憶のそこの○○○かな
2銀杏の弾けるまでの三分間
三分間。紙袋は大きめがいいですよ、と細かい指示まで飛んできそうになるレンジでちんの句ですね。時間があるのは川柳で、時間をなくせば俳句になる。レンパイ政権党のかささぎは、まったく種類のちがうことばを下五におけば、この句はきっと現代俳句になるにちがいない、とおもう。
たとえば。
銀杏の弾けるまでのものおもひ
思春期の少年。だめだ。
銀杏の弾けるまでの憤り
これだとあったりめえかな?同義語ふたつ。ハジケルとイキドオリ。これもだめだわ。
そうじゃなく。
なにをここにおけば、断層が生まれ、鮮度のいい詩がうまれるだろうか。というもんだいで。
それ、一晩考えたらデキルようなきがする。ねばって考えすぎるくらい考えたら。諦めが早すぎる。けっつ。夏目漱石のような句のようなたくまざる認識の句を。寺田寅彦のいう、「潜在意識のとらえた事物の正体」を。人にはハードルたかく掲げるかささぎなりき。笑。


ちまき結ふ片手にはさむ額髪(ひたひがみ)芭蕉
寒ければ寝られず寝(いぬ)れば尚寒し 支考
見えない階段見える肝臓印鑑滲む 堀 葦男
鳥に食われぬ先に無花果喰う暁暗  金子兜太
会ひ別る占領都市の夜の霰(あられ) 鈴木六林男
鉄工が縫えば兵めきかなしき手   江崎美実

おのだ。おのだちはる。彼女がくれた「俳句百年の問い」という夏石番矢著の文庫本から引用している。さいごの江崎美実さんにご記憶ありませんか?
九州俳句、宮崎の俳人でありますまいか。ほんっとにいい句。じいんときます。おのだ、ありがと。岐阜へはいけなかったけど、ぜってえ、いつか会いましょう、ね。連句会においでください。

せいこさんの三句、はじめのニ句は、平句。
秋耕やの句は、俳諧の発句だと想う。
これが現在唯一つかえそうな発句か。だけど二羽いる必要があるの。三羽だと「を」が省けるけど。二羽って数はちょっときになる。実景だったんだろうね。でも農業の句が二年続きましてもねえ。もちっと考えてみてください。明日の晩まで時間あります。せっかくだから、おおって発句でやりたいんだよ。せいこもみんなも、まだまだ潜在能力の一パーセントもだしていません。こんなもんじゃないとおもいます。

えめさん句。おしい。めでたくも「ありきたり」。
でも。なにをよめばいいか、学園祭の発句、わかんないですねえ。まだ一晩あるんでじっくり考えてみてください。月の発句でもいいですよ。秋は月だし。

たからさん、そらんさん、ろいりさんや、さくらさん、うたまるさんも、何かありましたら、どうぞ出されてください。秋の一句。ひよこさん、どうぞどうぞ。練習になりますから。俳句は、しんぎんに、くるしむことに、意義があるようです。

銀杏の弾くるまでの缶ビール

元山の太根の間に犬眠る

いざ沼へ一寸法師菱を摘む

もとやまのふとねのあひにいぬねむる。
これ、すごい句だね。どっからこんな発想が。
でも、季語は。ふとねですか。ダイコンですか。
よく意味はわからないのです。でも神話的で暗喩にみちている。
缶ビールはオチ句でしょう。

かささぎ、座五であそぶ。

銀杏の弾けるまでのガリ切りや
銀杏の弾けるまでの静寂(しじま)かな
銀杏の弾けるまでのイドマエア
銀杏の弾けるまでの村雨や
銀杏の弾けるまでの月の番
銀杏弾けるまで月の暈でゐる
銀杏の弾けるまでの生家かな
銀杏の弾けるまでを良人といふ
銀杏の弾ける音や薄原
ぎんなんのはじけてとんでかえらざり
銀杏の弾けるまでの五光年
銀杏の弾けるまでの『九位』かな
ぎんなんの弾けるまでの少女かな

缶ビールは超えた。だけど、決め手がない。
もっと哲学的な衒学的な抽象的な句ができそうなのに。

ああ、ひょっとしたら、もとやまとよんでしまったけど、ガンザン柿ではないのかな。それなら秋です。
これ、すごくいい。
ガンザンは九州の柿を代表する種でした。
かささぎの勤め先の先生は、これが大好きだそうで。ふゆがきはきらいだそうで。

私もガンザン派。
この季節になるとあちこちで「ガンザン、ガンザン」とつぶやきます(誰かがキャッチしてくれるのを期待して^^)
ガンザンのぶーたんが好き
句>>がむばります・・

くくくく、くやしいが、おおせのとおり。
ってことで、つぎ。笑

4、紙が音たつる夜あり人恋し

えめさん、ブータンとは何ですか。
ぶったん柿のことですか。ぶったん柿とはぶよぶよの熟柿だったかな?
せいこさん、4句目、ありがとう!
でも季語はどこさ。
紙が音たつる夜長や人恋し
なら夜長が秋ですが。

というかささぎは、まだできていませーん。とほほ。

はい。ブータンは熟しすぎた柿です。ヘタを切ってスプーンですくって食べます。子どもの頃から大好きな超甘スイーツです♪

エメさん、それって、俗に言う「ぶっだんがき」のこと??

いまからどろやまつり?か、収穫祭かなんかの応援に行ってきます。
ようわからんけど、なんかあるらしい。
若手、応援部隊をたのまれた。
ばっちゃまをやっと送り出したので、いざゆかむ。

せいちゃん、どうでしたか。
盛況でしたか。
収穫祭があちこちであってて、スーパーも創業祭やってるとこが多くて、にぎやかでしたね。
みたい映画しらべたら、15日まで、きのうの午後しか自分の時間とあわないとわかり、突如体調が最悪だったにもかかわらずでかけました。いくとき、どろやを覗いていきたかったけど、時間がなかった。
いい映画で、うたれた。でも帰って寝てしまった。

ひめさんseikoさんおつかれさまです。
>>はい。ブータンガキとぶっだんがきはいっしょです。祖父も私もブータンが好みで、グジュになるまで放置待ちしてました^^
ひめさん、よい映画を見られたようですね。 電車中にすみません(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 籾殻山:

« 日本医療経営学会学術総会in福岡 | トップページ | 久留米の焼鳥屋談義&船小屋温泉のコガ・コーラ談義 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31