無料ブログはココログ

« ハイビスカス | トップページ | 国際協力論講義(12)               国際協力の仕組み(1)資金のながれ »

2010年10月 7日 (木)

ポン酢

ポン酢

今夜はもつなべでした。
出かける前にだし汁をしこんでいった。
うちの畑にニラができていたので。

もつなべのだし汁・・・こんぶ、しいたけ、いりこ、かつおぶし。
これらで正統的にだしをとる。
それにみりん(多目)も酒もたっぷり入れて、薄口と濃口醤油で味付けする。
にんにくスライスをたくさんと鷹の爪をいれてだし汁出来上がり。
こどもが野菜を食べないのですが、これだけはニラもきゃべつも大丈夫だから。
と思っていたのですが、帰宅後、なべをみたら、野菜の緑色は皆無。
食卓の上のボールには入れなかったニラと春菊がどっさり。
「なんで韮いれてくれなかったん?!そのために作ったのに!」
とつい詰問調になってしまいました。
母は、野菜を入れたら食べないだろうと遠慮した、といいます。
じゃ、いつ青い野菜を食べるの。食べさせてよ、ちゃんと食べるから。
と、せっかくお世話をしてくれた母に文句をいってしまって。あーあ。

« ハイビスカス | トップページ | 国際協力論講義(12)               国際協力の仕組み(1)資金のながれ »

コメント

我が家は昔からこの憤怒-菌?・・じゃなくて、フンドーキンカボスぽん酢が大大大のお気に入り♪
とってもまろやかでおいしいよ~。

えめさん。分銅金のと密柑味ポン二本買いました。
成分表示によると、憤度金のほうが密柑より塩分が少なく、たんぱく質も少ない。だれもポン酢にたんぱく質は期待しないが。よく見ると味ポンも「かんきつ果汁」入りだって。でミツカンのにはぶどう糖果糖液糖が入っていてふんどうきんには異化液糖って書かれていた。どっちもおんなじかな?砂糖も入っているねどっちも。これから沢山ポン酢使いますよね。・・・納楚マルキョウで。(レジ、中位の蛇の列でした。)

もつ鍋はしたことも食べた事も無い。いや、ちょろっと食べたな、送別会で。
ふーん、きちんと出汁をとるのですね。えらいなあ。いつかごちそうしてね。

はいな。
ぼうねんかいでもしますかい。ごちゃごちゃのわがやで。

もつなべ。
わが家でも、出番が多いです。
人がおおいときは鍋は簡単手軽でべんりだから。

ところで、ひめにあらためて、感心した。
きっちり食生活を大切にしてるのね。
だしのとり方も本格的。手を抜いてない。
基本的にはきちんとだしをとろうと思ってるけど、専業主婦のわたしのほうが、手抜きだなあと反省。ちなみに、もつなべのだしはインスタントのかつおだしと固形スープのもとで、はいできあがり。とほほほ。

もつなべは、博多時代にまだら島出身の年下の友達が教えてくれました。彼女は料理が好きで上手で、なにかあるといつも沢山の料理をこさえてふるまってくれた。むすめが登校拒否になって裏返っていた日々があったのですが、そのつらい日々をかげながら支えてくれた大事なだいじなともだちです。
ああ、どちらさまにも不義理している。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポン酢:

« ハイビスカス | トップページ | 国際協力論講義(12)               国際協力の仕組み(1)資金のながれ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31