無料ブログはココログ

« 国際協力論講義(8) ~日本 開発援助の潮流形成~ | トップページ | 月刊俳句界10月号から高木一惠の句をどうぞ »

2010年10月 2日 (土)

NOAH

NOAH

かささぎの旗はちっとも色気がない。
すこし色気出そう。え。気持悪い。それもそうだなあ。
ファンデーション、昔はちゃんと化粧品店で買っていた。
資生堂とかカネボウとかソフィーナのとか。
それが今や、コンビニでファンデーション買ったりする。
でもね。コンビニの資生堂の千五百円くらいのファンデはね、ポーチにいれてたら、バラバラになって、肌色の洪水状態になるんです。いっしょに入れてる口紅も頬紅もアイシャドウもぜんぶが肌色まみれで汚い。なんとかしなきゃと思って、探しました。

あった。ドラモリでみつけた。
写真のように下にスポンジがついていて、ミラーもついてる。
しかも、ファンデーションは崩壊しない。
よかった。ノアってかいてあったので、しらべてみたら、岐阜の斧田の近くにある。
えーーーこらやっぱり岐阜に行けってことかいな。とぎふり。
でもよーくみたら、ノアは、コーセー化粧品の商品名だったよ。
1300円くらい。安価。かささぎは安上がりだわ。

« 国際協力論講義(8) ~日本 開発援助の潮流形成~ | トップページ | 月刊俳句界10月号から高木一惠の句をどうぞ »

コメント

珍しいねえ、化粧品の話なんて。
わたしも安上がりなお人です。ドラモリ専門。皆お昼休みにファンデーションパタパタやっているけど、わたしはしない。油分をとって口紅を塗りなおすだけ。
お風呂上りもほとんど何もしないし。

やってる?

らんちゃんから前にパックをもらっていたけど、まだ使っていない。いる?

いらん。笑。

目の下にちょっとしみができてしまったんで、たぶん、これおおきく育ちそうで、。それで、コンビニで買ったパックがあるんだけど、買ったことさえ忘れて。ああついに、一度もせずに老いにけり。日が沈む前っていうのは、こんなかんじなんだね。秀野さんなんて、三十そこそこでもうそんな心境の句を書いてるってのに、。自覚がまったくなかった。若かったんだろね。気分だけは。逆説的にいえばよ。

追伸。
ノア、のサイトがない、コーセーのブログに。
これはなぜかな?
これよかワンクラス上のは、あの人、松本潤クンが宣伝してました。
かささぎの推測。
安価なのは宣伝しなくても売れるからじゃないかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOAH:

« 国際協力論講義(8) ~日本 開発援助の潮流形成~ | トップページ | 月刊俳句界10月号から高木一惠の句をどうぞ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31