無料ブログはココログ

« 寺田村納骨堂のみち | トップページ | NOAH »

2010年10月 2日 (土)

国際協力論講義(8) ~日本 開発援助の潮流形成~

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2010 年 10 月 2 日 国際協力論講義(8)

国際協力の歴史 ~日本 開発援助の潮流形成~
インドシナ地域の情勢が安定化すると、メコン地域開発プログラム(GMS(Greater Mekong Subregion)プログラム)を推進するアジア開発銀行(ADB)と連携して、日本はASEAN新規加盟国を主な対象とするメコン地域開発を積極的に推進しました。
2003年、日本は、ASEAN特別首脳会議でメコン地域開発のイニシアティブを表明しました。
貧困、飢餓、感染症など困難な問題が集中しているアフリカ地域の開発協力についても、国際社会のアフリカへの関心が低下する中、日本は積極的にイニシアティブをとりました。
日本は国際社会の関心を喚起するため、1993年以降、国連と共催で5年おきにアフリカ開発会議(TICAD)を開催しています。
2000年、G8九州・沖縄サミットでは、議長国である日本は初めてアフリカの首脳を招待し、G8首脳との対話を実現しました。
これ以降、アフリカ問題はG8サミットの主要議題の1つとなりました。

G8九州・沖縄サミットでは、日本は、感染症問題を主要議題の1つとして取り上げ、HIV/AIDS、結核、マラリア、寄生虫、ポリオなどの感染症対策への総額30億ドルの支援を実施する「沖縄感染症対策イニシアティブ(IDI:Infectious Diseases Initiative)」を発表しました。
これは、感染症対策に関する国際社会の潮流をつくる契機となり、2002年の世界エイズ・結核・マラリア対策基金の設立につながりました。

1996年に策定されたOECD-DACの「21世紀に向けて-開発協力を通じた貢献(DAC新開発戦略)」には、途上国が自らの問題として開発に取り組むオーナーシップ(自助努力)の原則と、先進国が途上国に援助するという考えではなく共に考え共に実行するパートナーシップの原則が盛り込まれました。
これらの原則は、支援を受けていた経験と東アジアにおける開発経験を踏まえ、日本が重視し、主張してきたものです。

このDAC新開発戦略起案に際し、日本は、具体的な数値目標(国際開発目標(IDGs:International Development Goals))の設定を提案し、各国に積極的に働きかけました。
この日本の動きは、その後のミレニアム開発目標(MDGs:Millennium Development Goals)の数値目標に結実しました。
世界最大の援助供与国であった日本は、その間、世界の援助の潮流を形成し、日本国憲法の前文にある「国際社会において、名誉ある地位」を占めていたのです。

(保健医療経営大学『学長のひとりごと』)

▼かささぎのきわめて個人的な独り言

学長の昨日からの講義を読んで、かささぎの従兄がマラウイ(アフリカの)へ青年海外協力隊の土木技術協力生(多分)として入ったのは、1965年以降だったんだなあと計算してみた。発足がその年と書かれていたからですけど。
今日は弟の命日でありまして、。
私のきょうだいは死んだ弟だけですが、いとこが仰山いまして。
ざりがにおっちゃんの弟の一人がこの横浜のいとこです。
かささぎにとっては、胡椒みたいな役割をしてもらっている。
都会の香りをたまに運んでくれるから。
今何をしているんだろか、どこかの大学で何かの講義をしてるようです、まだジャイカの仕事もしているみたい。年に一回はこちらに帰ってる。よくろいりさんみたいに旅行をしています。こどもがいないからもありますか。
で、かささぎの興味はそんなとこにはなくて。
この従兄の家の血を思っている。
おばあさんがアメリカへ渡った人で、そのおばあさんは寺田村のお宮に田んぼをぽんと一枚か二枚寄贈しておられるんですよね。だから寺田村天満宮は敷地が広いんですよね。
高橋甲四郎先生の先祖に青木なんとかいう偉大な開拓王がいて、その人の係累をたどっていくと、移民のことなどにも繋がっていきますが。もう記憶がきえかかっています。でも、そのころやった連句発句の次の一句はちゃんと記憶に残ってる。これは名句だと思う。

ほととぎす羽根なきものの開拓碑  中山宙虫 

▼昨日のコメント(マッカーサーとトルーマンが逆の続き)

Old soldiers never die, they just fade away.

マッカーサー松毬松坂ころころりん

McArthur=マックは息子、アーサー王の息子。
the Massacre of the Innocents
(ヘロデ王の幼児大虐殺)

連句人は架薔薇を暇な時考えないかんのやよ。↑

にしても、なんと時代はかわったのだろうか。
高校生むけにかかれた、ダグラスマッカーサーとは。
笑えますし、勉強になります。ご一読を。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3253056.html

※上記サイトを開く暇が惜しい人に超簡単(でもないか)まとめ。

高校生「夏休みに歴史人物調べをやるのに、今の日本に最も影響力を及ぼした人物ということで、ネット検索したら、マッカーサーがトップだった。ぜひマッカーサーを調べたい。どなたか教えてください」
回答者その1「「いまいち」「よく分かりません」とおっしゃいますが、もしかすると「いまさん」お分かりになってないのかも知れません。「今三」は死語? すみません……。
マッカーサーが「現在の日本・日本人にどう影響を及ぼしているのか」という視点ですから、ひとまず 1945年~51年4月の 6年間に絞られるわけです。
」小難しいところは中略いたします、すみませんねえ。(かささぎ)
「マッカーサーが日本でどれほど地位が高かったかというと、実質的に天皇より上位でした。当時、マッカーサーのあだ名の一つは「臍天皇」(へそてんのう)です。「へそ」は「ちん」(朕。天皇の自称)より上にあるからです。両者の上下関係を残酷なほど如実に表しているのが、次の写真です。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/potyudamu.html
「昭和天皇 マッカーサーに「全責任を負う」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2192295.html

この回答者が面白いのは蛇足の一文があるから。最高。(かさ)

要するにですね、マッカーサーや昭和天皇は、一筋縄でいくような人物ではないのです。夏休みの坊ちゃん・嬢ちゃんが手を出すと、火傷しますよ。
話は飛びますが、ツィギー(ツィッギー、ツイッギーとも書く。Twiggy)のことをご存知でしょうか。1967年の来日とミニスカートは、日本人に衝撃を与えました。服飾革命の影響は、現在にまで及んでいます。当時、おばちゃんまでもがミニスカートをはきました。
マッカーサーを取り上げる生徒は、たぶん他にもいて、優秀な子が上手くまとめ上げ、ご質問者は差を付けられてしまうのが落ちでしょう。しかし、ツィギーなら他の人とかぶらず、先生の目にも留まって、独走で楽勝できるかも知れません。まあ、ツィギーじゃなくてもいいんですが、要するに発想の転換ですよ。

高校生;回答ありがとうございます!!
なるほど・・ツィギーについて少し調べてみたのですが、
私には、こういうもののほうが、まとめやすいと思いました!!
参考にさせていただきたいと思います。

かささぎがとっても感心したのは、この高校生、どんな方の回答にもきちんとした受け答えをしていることです。素直でいらっしゃる。かささぎの息子にも爪の垢をのませたい。

別の回答者;すみません。いらないことを言うようですが、夏休みの宿題で[マッカーサー)はメジャーすぎて他の人とダブりませんか?

明日夜10時からNHKで東京裁判のパール判事のことがでてきます。この人は日本、日本人にすごく影響を与えた人です。

パール判事のほうならダブることはないし、明日テレビを1時間少々見ていただければわかるかと思います。

課題であれば、一応参考にされてください。

高校生;回答ありがとうございます!!
はい、その通りです。
出来れば、他の人とかぶらず、先生の目にとまるような人物が
良かったのですが、何にしろ知識が浅いもので・・
この回答、とても助かりました!!
(単純ですが・・)明日、早速、その番組を
観てみようと思います!!

また別な回答者;
神と崇められた天皇以上の存在です。
日本の誰よりも上の存在です。察してください。
原爆の権化です。

高校生;回答ありがとうございます!!
まだ、マッカーサーの授業も受けていないので、
マッカーサーについて語れるほどの知識はないのですが・・
やはり、マッカーサーはすごい人物なのですね。。

とどめの回答者;


課題は自分で調べるものですよ。

本屋に行ってマッカーサーの本を探しましょう。

自分の経験から言って、ネットで素人が書いた文章を読むよりも、
書籍で読む内容の方が記憶に残りますよ。

最強です。

高校生;すみません。。。
とにかく時間が無いという焦りから
こういうものに頼ってしまいました。
甘いですね・・自力で頑張ります!!

熊本の母校の校長先生は、訓話で終戦直後の天皇陛下とマックヮーサーを話題にされることが多かったので、母校の同窓生はマックヮーサーになにがしかの影響を受けています。

« 寺田村納骨堂のみち | トップページ | NOAH »

コメント

天皇が私はどうなってもいいから、国民を助けて。とおっしゃったという話は胸をうちます。なんどきいても、あのお写真とともに深い感動を与えるから。
そしてセットのように記憶していることに、美智子皇后の実家のおはなし。どろぼうに追い銭をあげた、という。それも胸を打つ話で、有徳の人達って、はあ~なんてめんめんどんとちがうっちゃろ。

と。崇高な話はおきます。
ツィッギー、ひさしぶりでした。
なつかし。ミニスカート。
グループサウンズ、タイガースのピーさんのことなども思い出されて潔かった、かっこよかった。
(俳句もつくってた。あほみたい。)
ピーといふドラマーのこと豆を剥く  恭子
しらべてみました。なんと、がっこの先生になりんしゃったとは!しらんかったよね。↓

きのうTVのチャンネルをサーフィンしていたら、懐かしい響きが。
変身少女系のドラマのエンディングテーマなのですが、なんと、タイ語。
日本の国際化を感じた次第。
   ↓

子ども番組へのタイ語の進出はトレンドなのですね。ネットで他のタイ語主題歌が拾えました。
タイ語の響きは好きです。
タイの女性も礼儀正しくていいです。
   ↓

きいて、すぐタイ語とわかるなんて。
下の二人組の右側の女の子、とてもきれいです。
にほんじんではないなんてわからないですね。

ところで。今朝、ぐうぜん、テレビで16歳のシベリヤ抑留兵の話をみました。上官に18歳と言えといわれ、嘘をついた結果がなんと収容所送りだったそうです。厳寒の中、なくなっていった友達のことが今も目にすがって離れない、といって泣かれました。でも、その上官(90歳)に取材にいったテレビ局員は、上官から、年を偽らせたことについて、後悔はしていない、当時わたしは少しでも多くの兵士たちを日本本土へ帰還させようとしてやったことである、まさかロシアが平気で条約を破る国であるとは知らず、こういう結果になったが、それはだれのせいでもなかった。といわれました。毅然とされていました。立派でした。
しかたなかった。という結論。生きて帰れたというだけでも、運がよかったと思わねばならなかったんですね。

当時、この歌詞程度のタイ語をカタコトで喋れていました。住んでいたのは田舎だったので、戦争に一度も負けたことのない国の田舎では英語が通じません(戦争に負けていても、日本の田舎では通じませんが・・・)。生きてゆくためには言葉が必要。
「礼儀正しい」というのは、インタビューを通じてずっとよそ行きのふるまいだった彼女たちが、インタビューを終えて素が出た最後の一瞬でわかります。

その昔住んでいたのはタイの東北地方。
こんな音楽に包まれていました。
   ↓

「出て来いミニッツ、マッカーサー、出てくりゃ地獄へ逆落とし」そう言っていた大日本帝国臣民が、占領されたら途端に「マツカサ」元帥を崇め奉る、マッカーサーという人物の功罪は別として、このように180度変われる日本人の心性が気になる。
ここ20数年間の政治的できごとでも、自民党が消費税導入と言えば社会党に票がどっと流れ、政治改革と言えば日本新党にどっと流れ、「郵政民営化」の小泉節で自民党にどっと流れ、「政権交代」で民主党に…その他いろいろ。対外関係などもそうですね。多少の変化は当たり前だが、その変化の度合いが大きすぎる。「生きて虜囚の辱めを受けず」も、俘虜・捕虜になってしまうと、途端に相手のいいなりになる、そんな日本人の心性を考慮して作られたというのを、何かの本で読んだことがあります。
話しはころっと変わって、昨晩野伏間?の「鉄砲」という焼き鳥屋に行きました。チェーン店なんですね、味はそこそこだが値段もやや高め~それにしてもいつの間に久留米にはこんなに焼き鳥屋が増えたのか?B級グルメで名前が売れたから?でも一種の焼き鳥屋バブルという気がしないでもない。
以上、久留米Planetにて。

あら、ろいりーさん。久留米へようこそお帰りなっせ。
そして、焼き鳥鉄砲、行かれたのですね。
若い女性に人気があるんだとか。
ってことはお高い。のだろうと思っていました。
もともとはチェーン店ではなかったらしいです。六つ門に小さなお店があったのがどんどん、人気を博して店舗拡大なさったのだと聞いていますが、どうでした?お店の雰囲気は?って、地元なんだから自分で確かめてこい!ですよね。笑

ろいりさんはもう帰られたようですね。
夏も今回もオフ会の余裕なく、残念でした。

コメントに書いてくださったこと、本当にそうです。
連句的に、これを。秀野ノートの記載より引用。

天にして雲うちひらく朝日かげ
 真澄み晴れたるこの朗ら見よ  北原白秋

人間の常識を超え学識を超えて
  おこれり日本世界と戦ふ    南原 繁

昭和十六年真珠湾奇襲成功。その昂揚した気分から、かような人達もかような歌をよんだ。ストレスたまりまくっていたってことでしょう。それがすうーっとはれた。という心境をすなおによんでおられます。
しかし翌年春にははじめての東京の領空侵犯があってB25による空襲をうけている。

「風が吹けば靡き、踏まれれば屈する。それを耐え難いと思わぬのが民衆である。転向などしょせん民衆にとっては対岸の火事で、あえて転向にこだわるなら、民衆のそれは、向背常なき「振子型転向」とでもいうものだろう」。。。。。という名言を吐かれたのは、長崎の詩人、今村冬三氏でした。
べつにころころかわるからといって、卑下せずともいいのではとおもいます。中曽根さんみたいに、風見鶏結構、足元が固定していることが大事なのだ、。というくらいでいいのでは。
日本の場合の足元は、天皇制がそれにあたるのかもしれない。政治はだめでも皇室がある。みたいなね。
でも、それが最近はあやふいのですよね。。。。

「国際協力、開発援助」検索24万件中13位です。
すごいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/37034738

この記事へのトラックバック一覧です: 国際協力論講義(8) ~日本 開発援助の潮流形成~:

« 寺田村納骨堂のみち | トップページ | NOAH »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31