無料ブログはココログ

« 国際協力論講義(10) ~国際協力の日に~ | トップページ | 国際協力論講義(11) 首相の演説から »

2010年10月 6日 (水)

おしろい花の群れ咲けば

花咲けば

家妻(いへづま)やおしろい花の群れ咲けば   恭子

▼おしろい花・夕化粧

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Oshiroibana.html

« 国際協力論講義(10) ~国際協力の日に~ | トップページ | 国際協力論講義(11) 首相の演説から »

コメント

中島倶さんのボキャブラリーのなかに、家人(かじん)がありました。それ、実は石橋秀野の句の前書にも付されています。家人に、と題した句がある。
ということは、妻から夫をよぶときにも、その逆にも使えることばのようです。一方、家妻と書いて、ふつうは、「かさい」ですが、河野裕子の短歌に「いへづま」とよませるものがありました。
山形の地名にいえづまがあります。こういうことばをたくさん知っているとなにかと重宝ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おしろい花の群れ咲けば:

« 国際協力論講義(10) ~国際協力の日に~ | トップページ | 国際協力論講義(11) 首相の演説から »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31